目的が無くても利用できるカードローン

カードローンには使用目的不要! その代り利率がちょっと高めです

ローンには、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、旅行ローン、フリーローン、カードローン、などいろいろな商品が用意されています。これらを大きくわけると、何のためにお金を借りるのか、という使用目的がはっきりしているものと、特に目的は無くいろいろな用途で使用することが目的という2つに分けられます。

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは、その名の通り、使用目的が決まっているローンです。ローンを申し込む際には、その使用目的を明確に示す必要があり、申込書には明確な使途の記入、そして証明する書類等を併せて提出することになります。

一方、特に使用目的を限定することなくお金を借りることができるローンとしてフリーローンなどがあります。カードローンもその一つになります。前述の使用目的が決まっているローンと比べ金利が少し高いこともありますが、自由にお金を使えるという点で大きなメリットがあります。

ローン会社は、お金を貸す以上は、必ず返済をしてもらわなければいけません。申込者の返済能力があるのか、ないのか、といった点が審査のポイントになるわけで、同時にリスクとなるわけです。

このリスクについて、ローン会社は、金利や保証人の設定、借入限度額などで担保を取りますが、前述の目的別ローンも、そういう意味で使用目的を定める代わりに、カードローンと比較して金利が低めであったり、融資可能額が高額であったりするわけです。

カードローンは、どんな目的で使っても良いわけですから、カードローン会社にとってみると何らかリスク回避のための担保や設定が必要になります。上限無くキャッシングされては、返済してもらえなくなる恐れがあります。

そこで、カードローンは、使用目的は限定されず、全国のATMでキャッシングができる、申込みも全国でいつでも可能、保証人は不要であるといった気軽さ、簡便さを売りにする代わりに、目的別ローンに比較して、金利が高めに設定されたり、融資限度額が低めに設定されていたりします。

このエントリーをはてなブックマークに追加