カードローンにおける多重債務のデメリット

複数から借入のある人は注意 カードローンの利用に「多重」は禁物

お金を借りる、カードローン、という商品の市場では「多重」という言葉は、借りる側にとって非常に重要な言葉になります。どのように重要かというと、借りる側が多重にお金を借りている、ということになると、貸す側にとってみるとそれはリスクとなって捉えざるを得ない、ということです。

一般に、いろいろな消費者金融やカードローンからお金を借り、返済が複数になってしまった結果、支払うことができなくなる、いわゆる多重債務者は、金融業界の信用機関に金融事故を起こしたということで登録されてしまいます。

このような人は、数年間経過してその登録が消滅するまでは、再びカードローンなどを利用することはほぼ不可能です。このように多重債務者が審査に通らないというのはよくある話ですが、実は、一般の人がカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。

その原因は、「無茶な申込み、利用をしている」多重申込の人が該当します。多重申込みとは、短い期間でカードローンなどの商品に何度も申込みを重ねることを言います。つまり、申し込んでも審査に通らないため、何度もいろいろなところに申し込むといことになるのです。申込件数が多ければ多いほど、どんどん審査には通り難くなるので悪循環になっていることになかなか気づけないのかもしれません。

そもそも、借りる側はお金に困っているので一生懸命、申込みを繰り返すわけですが、カードローン会社からみると、この多重申込みはとても悪い印象、リスクが高いとみなされるわけです。個人信用情報機関というところに登録されてしまうのです。

いろいろな会社に多重申込みをするということは、とにかくお金を計画的に用立てることに困っている、自転車操業、自己破産などを企んでいるといったように映ってしまうのです。カードローン会社も、利益を出さなければいけない企業ですから、貸したお金はしっかりと回収し、そして利息もきっちりと回収しなければいけません。つまり、少しでもリスクのある人には、お金を貸すことはできないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加