金融機関によるカードローンの違い

記事一覧

まずは金融機関選びから!三種類の中からカードローンの方針を選ぶ!

豊富な選択肢から

カードローンには主に銀行系カードローン消費者金融系カードローン信販系カードローンの三種類があります。

三つとも個性があり、同時に線引きなどの都合で初めて選ぶ時などはどうしても迷ってしまいますよね。そこで今回は三種類のカードローンの大きな特徴を記載しますので、まずはこの三つの金融機関から絞り込む為のお手伝いを致します。初めて借り入れを行う方は是非参考にしてみて下さい。

大きな借り入れに特に強い銀行カードローン

金利といったカードローンにおいて基本となる基準で優れているのは、やはり銀行系カードローンです。どこよりも低金利というのは大きなポイントであるのは言うまでもありませんね。

そして低金利が最も活きるのは大きな借り入れが必要な時です。借り入れ額が大きいと必然的に返済も長期間に及び、金利もかさんできます。低金利はそんな負担を軽減してくれるし、充実した限度額を用意してくれるのもやはり銀行です。
(⇒限度額と金利の変動について

反面、審査は厳しく時間もかかるので、急いでいる時の借り入れ時には間に合わない事も予測されます。欲しい時に借り入れ出来ない事は時には致命的です。銀行カードローンは余裕をもっての申し込みをオススメします。

とにかくスピーディーな消費者金融系カードローン

今はとにかく急いでいて、一刻も早い融資が欲しい!という方は消費者金融系カードローンを選ぶと良いでしょう。消費者金融系カードローンと言うと一時期の悪いイメージを抱きがちですが、それは昔の話と思っていただいて構いません。
(⇒イメージ回復に努力した消費者金融

基本的な条件緩和もそうですが、やはり最大の魅力はその審査の速さです。無人機も導入して24時間借り入れ返済といった業務にも対応させているので、即日融資をどんな場合でも行ってくれるのは消費者金融だけでしょう。悪いイメージにとらわれず、急いでいれば是非利用したいところですね。

一枚で使い道多数の信販系カードローン

先に紹介した二つのカードローンに比べてどっちつかずにも見える条件の信販系カードローンですが、クレジット機能も持ち合わせているという唯一の特徴があります。

これは買い物といった普段使いの枠に加えて借り入れに使える枠もあるという事で、用途によって二つの役目を使い分ける事が可能です。買い物に関してはクレジット機能がお得な事もあって、これ一枚で随分と他のカードの整理が可能です。スマートに収支を管理したいという方には最適な一枚になってくれるでしょう。

三者三様、自分の用途に合わせて

以上が各金融機関毎における特徴です。皆さんの用途に即したカードローンはありますか?どこを選んだとしてもそれなりのメリットはありますが、やはり自分に合った場所を選ぶことにより、そのメリットはさらに増大します。

金融機関で全てが決まるわけではありませんが、大まかな方針は決まります。無理の無い返済も含めた金融機関選びをしましょう!

クレジットカードと違う?定義が曖昧な信販系カードローン真の姿とは

より間違いそうになるカード

カードローンとクレジットカードは別物とはいえ、カードの見た目や金融機関発行という共通点がある為、ファイナンス知識が無いと多少分かりにくのは事実です。

中でも銀行系カードローン消費者金融系カードローンはまだクレジット機能が付いていないから分かりやすい部類にはなりますが、信販系カードローンになればクレジットカードとしても使える為、より違いが不鮮明と言えます。

クレジットカードが欲しい、信販系カードローンが欲しいと思った時に、この二つは意外と間違いやすく、違いを見抜けるかどうが不安な方も多いでしょう。そこで違いや特徴について学んでおきましょう。

買い物ならクレジットカード、借り入れなら信販系

まず最初の結論を言うのであれば、クレジットカードが欲しいだけで現金借り入れ機能が必要無いなら、キャッシング機能を外す事により普通のクレジットカードになり、キャッシングを付ける事で信販系カードローンになると言えます。

言葉にすると分かりにくいかもしれませんが、要はキャッシング機能がカードローンとしての似たような機能であるとされ、同時にカードローンとしてカウントされれば信用系カードローンになると言われます。これに関しては業界においても線引きが曖昧で、特に一般の方であれば持て余している表現になりがちです。

強いて言うなら、キャッシングは翌月の一括払いの借り入れ、それをリボルビング払いで借り入れて返済する事でカードローンと呼ぶとも言われています。そうした借り入れ形態だけでしか判断できない事が、カードローンとキャッシングの違いの曖昧化を招いていると言えましょう。

定義化はそれぞれ人次第

クレジットカードにキャッシング機能を付ける=信販系カードローン、という定義が一番近いかもしれません。それでも一括りでキャッシングと言っている方も多く、人の見方によって答えは様々です。ただ、お金を借り入れる行為であるとの認識さえあれば大丈夫ですので、深く考えず、必要なタイミングで使うのが大切です。

クレジットカードの枠と借り入れの枠は別々に用意されていますので、いっしょくたに考えないようにして利用していきましょう。

財布を整理する信販系カードローン!クレジット機能も付いたその魅力

得難い独自性

銀行カードローンには低金利と信頼性、消費者金融系カードローンにはスピードや豊富で活発なキャンペーンといった、住み分けとも言える特徴が独自性として存在しています。この二つは場合によって使い分けられるように、カードローンの両雄として長らくその知名度を上げてきました。

そしてその間に位置するように存在していた信販系カードローンはご存じでしたか?両社の中間のような性能で、悪い意味でどっちつかずと言われてきましたが、実際はかなりの汎用性を持っているのです。

今回は銀行と消費者金融の間に割って入り、尚且つ選択肢としても選べる信販系カードローンの最大の特賞をお教えいたします。

クレジット一体型のカードローンは信販系のみ

一般的にカードローンとクレジットカードは別物です。双方とも金融機関が発行している事もあって似たようなものと勘違いされがちですが、機能に関しては別物と思った方がいいでしょう。

ですが、そこが信販系カードローンの強みです。信販系カードローンは何と、クレジット機能が付いているカードローンなのです。

クレジットカードにカードローンと聞くとキャッシング機能を想像しますが、キャッシングとは定義により変わると言われています。同一の存在であるにも関わらず、少々ややこしい呼称と言えましょう。
(⇒キャッシング機能とローンの違い

本来であればカードローンとして現金を借り入れるだけなのがもっともな姿なのですが、そこにクレジット機能が付いているという事で、カード単体で買い物が可能となっています。これは本来の用途以外の役割を付加できるという事で、他のカードローンとはまさに一線を画する一枚であり、所持するカードを可能な限り減らしたい場合、その存在は無視できないものとなるでしょう。

クレジットカードとも住み分けられている一枚

ローン枠を設ける事でクレジットカードが信販系カードローンになるとも定義があり、クレジットカード単体とキャッシング付では見られ方も違い、今後の審査にも影響があるとするとクレジットカードとも違いと言ってもいいかもしれませんね。

オールインワンのカードローンは他に例がありません。スマートなカードライフを送りたい方は必見ですよ!

あまり聞かないとは言わないで!信販系カードローンの他にはない魅力

第三の勢力

今のローンと言えば昔ながらの銀行系カードローン勢いのある消費者金融の二つが有名で、ほとんどこの二つの利点を見比べてから、利用者の方は申し込みを決めていると言っていいでしょう。

しかし、このどちらにも属さない、ある意味では第三の勢力とも言えるカードローン、その名も信販系カードローンの存在はご存知でしたか?すでにご利用されている方には少々失礼な物言いになってしまうようで恐縮ですが、こうして聞くまで知らなかったという方も少なくありません。

しかしながら、調べてみると思いのほか個性があり、尚且つ銀行と消費者金融の二強の金融業界に入り込むだけあって、選択肢に加えるには十分なポイントがあるのです。今回はその信販系について簡潔にご説明いたします。

良くも悪くも中間な信販系

まず一言で表すなら、信販系カードローンは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの中間をいく特徴を持っていると言えます。ここでの中間とは、基本的な条件を差します。

カードローンにおいて重要視される金利に関して、消費者金融ほど高く無く、銀行系カードローンよりは気持ち高いといった平均値です。これをどう見るかは人によって変わるところでありますが、同時に審査においても双方の中間です。消費者金融よりは厳しいけど銀行に比べれば緩いというように、基本的な要素はまさに中間なのです。

悪く言えば中途半端なイメージがありますが「消費者金融よりは安い金利がいいけど銀行系は自信が無い」という場合にはマストとなる条件であり、審査時間もそこそこ早いので判断に迷うようなら選択肢に入れてみてもいいでしょう。

ここまで見るとメリットを感じないという方もいらっしゃるかもしれませんが、信販系の最大の武器はクレジットカード機能を備えているというところです。それでいて双方の中間程度のカードローン条件という事を合わせれば、見方はまた変わってきます。
(⇒信販系カードローンのクレジット機能について

幅の広さが最大の魅力

買い物にも使えてカードローンとしても使えるレベルにあるという事は、この一枚で金融関係の役目を大体備えているという事と同義です。カードローンだけなら中間、クレジットだけなら普通のクレジットカードでも良いとなるかもしれませんが、その役目を併せ持っていて、幅広い使い道があるのがこの信販系カードローンです。カードの枚数を減らしてスマートに運用したいなら、むしろ好都合と言えるでしょう。

このように、信販系カードローンにも独自の住み分け領域が存在している事は確かです。オールインワンに魅力を感じるなら、他のカードローン以上に輝く存在となってくれる事でしょう。

イメージだけで決めるべからず!信頼回復の為の消費者金融の努力とは

何故悪いイメージが生まれたのか

カードローンだけでなく、ローンという行為自体には、未だに悪いイメージが植えつけられています。便利で頼らざるを得ないにも関わらず、どうしてそう思われるのか?そこには一昔前の高金利による貸付、その後の経済悪化による破産が背景として存在しています。
(⇒高金利が蔓延していた時代からの変遷

中でも消費者金融というのは銀行に比べてより高金利であり、一部の業者においては法定外の高金利を騙して押し付けていて問題になった事もあり、銀行に比べてさらに危ないという印象を持たれる事になってしまいました。

かく言う私も調べるまでは正直消費者金融のメリットについて懐疑的になっていたものですが、やはり自分で見た情報以外は時に事実と異なる部分もあります。今回は消費者金融が行ってきた信頼回復の軌跡を見ていきましょう。

悪いイメージがあったからこその企業努力

失敗があってこその改善と言うと世間からの目は厳しくなってしまうのですが、それでも何もしないよりはよっぽど良く、そして消費者金融の信頼回復の為の企業努力は、銀行系カードローンと住み分けをするくらいにまで発展していました。

まず無人審査と親切な窓口対応の双方を兼ね備えているというのがポイントです。お金を借りるという行為ゆえに人目を気にする方向けの無人機導入に加え、それとは逆に相談できないと不安という方向けに窓口による応対、この二つを併せ持たせているのは多くの顧客のニーズに応えてくれているという事です。初めは無人機で借りたけど返済プランを練り直したい…そんな場合にぴったりな万能スタイルの応対です。
(⇒無人機で人目を気にせずローンを始める
(⇒窓口対応も利用してみたい理由

さらに積極的にインターネットからの申し込みを始めとした操作を取り入れたのも消費者金融です。あらゆる顧客に快適に使ってもらう為の努力は惜しまず、家に居ながら操作できる時代の先駆けとなったと言えるでしょう
(⇒ネットでも審査可能なカードローン

イメージだけで決めつけず、まずは相談してみよう

このように、悪いイメージだけを持ってしまって申し込みをしないのは勿体ないくらい、今の消費者金融は努力を重ねて使いやすく進化していると言っていいでしょう。むしろ厳しい時代があったからこそ今は大幅に良くなっているので、場合によっては銀行系以上の丁寧な応対をしてもらえます。

イメージで金融機関を選ぶ時代は随分前に終わっていると考えていただき、いかに自分に合っているか否かでカードローンを決めるようにしたいですね。

咄嗟の用入りに対応する!消費者金融の速さの仕組みとは!

咄嗟の時の対応力

カードローンを必要とするパターンに、急ぎの融資を求める場合があります。そんな時に魅力的なサービスと言えば即日融資の存在ですね。
(⇒即日融資の存在を知る

即日融資というのは、審査が終わればその日のうちに貸し出しを行ってくれるという事です。かなり魅力的なサービスですが、それを行うには必要とされる事があります。

それは審査の速さですね。様々な技術の導入によりカードローンの審査はどんどん早くなっていますが、それでも銀行系のカードローンは低金利など条件が良い分、審査にはしっかりと時間をかける傾向が顕著です。

となると即日融資を頼るにはどうすれば…と思った時こそ、普段は避けられがちな消費者金融のカードローンの出番です。

速さは時にどんな条件よりも優先される

消費者金融と聞くと金利の高さといった要素でどうしても避けられがちですが、急な用入りですぐに必要な場合、銀行系カードローンは対応しきれない事が多いです。銀行系カードローンは予め作っておいていざという時に備えるのが望ましい使い方です。

その点消費者金融というのはとにかく審査の速さが魅力的です。店舗によっては無人機によって24時間審査と借り入れを可能にしている事もあり、まさに即日融資と抜群の相性を持っていると言えます。
(⇒カードローンの無人機について

そういう意味では、急ぎの時は銀行に申し込む場合、速さの都合で申し込み自体が無意味になる事も考えられます。申し込み自体が無意味になるのは痛手であり、そうなると消費者金融に申し込んで間に合わせる方が、よっぽど有意義と言えるでしょう。

速さと安定は使い分ける

速さという点で特化すればやはり消費者金融のものですが、金利といった長く使う面ではやはり銀行系カードローンに軍配が上がるのも依然とした事実です。この二つを検討するのに求められるのは、自分の状況において最も適切な物の判断という事でしょう。

即日融資と無人機の組み合わせと言えばやはり消費者金融です。このメリットが活きるタイミングは思いのほか多いので、万が一の状況を想定するなら是非覚えておきましょう。

あなたの知らない消費者金融のメリット!銀行と住み分けるその実力!

どうしても、な印象があるカードローン

金利などの条件で見ればやはり銀行系カードローンに注目が集まり、カードローンを組もうとしている誰もがその存在を意識してしまう事でしょう。低金利というのはローンにおいて抗えない魅力なのです。

反面、消費者金融と呼ばれる金融機関は銀行に比べると、どうしても基本的な要素…金利などで劣っているのが事実です。そもそも元々は銀行というお金が集まる場所がローンというビジネスを展開し、銀行と言う存在が一般企業以上の存在になっていたのと違い、消費者金融というのはいわゆる一般企業の一部です。お金を扱う為規模が大きいとはいえ、銀行と言う存在とは一線を画していると言えるでしょう。

それゆえに金融危機から悪いイメージが集中していますが、そのままの存在であれば今も残っているとは思えません。つまり、銀行とは違うメリットもしっかりあるという事を理解してもらいたいのです。
(⇒何故ローン業界に悪いイメージがあるのか

住分けられた消費者金融

金利や限度額で劣っているならそもそも消費者金融を選ぶメリットが無い…そう一蹴される方は多いのですが、カードローンは何も基本的な条件だけで選ぶ事はありません。時には独自のサービスが生み出す付加価値が、思わぬメリットに繋がっているのです。
(⇒カードローンはサービスで選ぶ事も検討する

まず消費者金融のメリットは審査がとても速い事です。これは審査通過に要求される条件が銀行に比べて引き下げられているという事もあって実現されており、借り入れを急いでいる方にとっては非常に嬉しい点です。場合によってはこの点だけで銀行よりも役立つ場合もあります。

そしてキャンペーンが多いのも消費者金融の特徴です。キャンペーンというのは様々な種類がありますが、やはり多いのは金利に関わる類です。金利が一定期間の間安くなっていたり、或いは一か月の間無利息といった、ちょっとの間だけで十分な場合はリスクが無くなるという、破格ともいえるキャンペーンを行っている事も少なくありません。審査の速さとキャンペーンを合わせる事により、緊急時の対応力は時に銀行を上回っていると言っていいでしょう。
(⇒無利息期間を賢く利用しよう!

消費者金融のメリットもしっかり理解しておく

このように、金利などで劣っていても状況に応じて銀行と使い分けられるレベルには、消費者金融は独自性があると言っていいでしょう。一言で締めくくるなら審査の緩さも加わった素早さに特に秀でているのが消費者金融です。急いでいる方は敢えてこちらを選ぶというのも賢い選択でしょう。

長い目で見れば一考の余地がありますが、それでも頻度によっては消費者金融でも問題はありません。使い分けも意識してみるといいでしょう。

信頼をそのまま反映!取引のある銀行でカードローンを組むメリット!

普段の縁は大切に

人間の縁というのは巡り巡ってくるものであり、昔の縁が今になって役に立つ…という事はわりと珍しくありません。ゆえに情けは人の為ならず…という言葉が日本に広まったのかもしれませんね。

少し本題とずれてしまいましたが、カードローンにもそれに近いものが役立つ事があります。極端な話をしてしまえば、例えば仕事の関係で銀行の口座を作る事になってしまったとしたら、それは銀行との縁が出来たと言っても構いません。特に事業者の方であれば、大きな取引ゆえに銀行の役員の方とも懇意になったりする事も珍しくありません。

そして、そんな仕事での大きなお金を預けているとなると、銀行からすればお得意様と言える存在です。特別待遇というと何だか不正な聞こえにもなりますが、カードローンを作る上で大切な印象というのに影響するのは不思議ではありません。

大きな取引は向こうにとってもプラス

事業者であればやはり大きなお金を銀行に預けるわけですし、それと同時に資金源というのはいくつあっても無駄ではありません。そんな時に、銀行系カードローンを作る事を検討してみましょう。事業者向けカードローンを作るのも手ですが、限度額によっては銀行系カードローンの方が金利面で好都合の場合も少なくありません。

銀行系カードローンと言っても、何も取引の無い他行のローンを作ろうというわけではありません。そこの普段からお世話になっている銀行にさり気なく相談する形で、カードローンを作るかどうかの事を聞いてみましょう。

審査の厳しくなったローン業界において効果を疑う方も多いですが、こうしたコネクションというのは想像以上に効果を発揮する事があり、さらに普段の信頼においてもダイレクトに銀行側に伝わっているというのは、非常に大きなポイントです。何の接点も無いところであれば把握も時間がかかりますが、普段の付き合いがあればどういった状況かも分かってもらえますし、ある程度の算段は付けてもらえる事でしょう。

取引を増やし、より親密に

公平であるのが審査の条件ではありますが、普段からの取引があれば向こうから勧めてくる事も珍しくなく、勧めてくる以上はそれなりの条件を用意してもらえる事も十分考えられます。普段の付き合いというのは社会において重要なファクターになりますが、カードローンにおいてもまさにそれが言えますね。

銀行と仲良くしておくのは決してマイナスではありません。下心をあからさまにするのは問題ですが、支障が無い程度の関係は築いておいてそんは無いと言えましょう。

銀行系カードローンの隠れた魅力!信頼を損なわない借り入れを利用!

銀行系カードローンの隠れた利点

カードローンというのはお金を『借りる』という行為です。ビジネスとして成り立っているし、そのおかげで生活が回っている方もいらっしゃいますが、世間体という目で見るとどうしてもお金を借りる行為には負のイメージが付き纏います。
(⇒何故ローンには悪いイメージがあるのか

当然すでに借り入れの有無があるかもカードローンの審査基準に加えられており、信用機関を参照した上で、借り入れ状況を調べて重要な判断材料となります。借り入れがすでにある場合、やや審査は厳しくなると言わざるを得ません。
(⇒信用機関に保管されている情報

しかし、実は借り入れ先によってその印象も変わるという事をご存じでしたか?その点において言えば、銀行系カードローンには一種の優位性があると言えるでしょう。

信用のある機関からの貸し出し

銀行系カードローンについてどんな印象をお持ちですか?やはり審査前に思い浮かぶ点と言えば審査が厳しいという事ですね。審査が厳しいと当然時間もかかってしまう為、お急ぎの方にとっては倦厭してしまいそうなイメージです。
(⇒銀行系カードローンの審査の厳しさとメリット

しかし、それこそが今回解説する、銀行系カードローンの隠れた利点なのです。厳しいという事は審査に通りにくいという面も備えており、必然的に持てる人と良い条件で使える方というのは、限られてしまうのが当然の流れです。

そして、それこそがメリットです。最初に借り入れがあると悪いイメージが…とお話しさせていただきましたが、その借り入れ先が厳しい審査のある銀行だとしたら、どうなるでしょうか?

そう、例え借り入れがあったとしても、銀行の厳しい審査を潜り抜けられた方となると、相応の信頼があって借り入れを行っているという事になり、借り入れがあるという事実でもかなり印象が違うのです。簡潔に言うなら、銀行系カードローンを持っていて使っていても、それなりの信頼はあるという見方に繋がるのです。

印象はローンにおいて非常に大事

印象なんかでどうにかなる問題じゃない…とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実際はそうした建前も、カードローンにおいては審査の時でも条件見直しの時でも、きちんと反映されてしまうものなのです。普段の行動が大事という事は社会においても共通している事項ですね。
(⇒条件を見直してもらうには

印象の与える力についてはご理解していただけたと思いますが、特別構える必要はありません。誠実に対応していけば、信頼のある銀行カードローンもいつか手に入っている事でしょう。

最終的にはやはりこの一枚!最も人気のある銀行系カードローンとは?

借り入れはお金を扱うところから

カードローンを初めて申し込む方にありがりな勘違いとして「お金を借り入れるならどこでも同じでしょう?」という考え方があります。ある程度カードローンの経験や知識があるならまずそうは思わないでしょうが、何も知らないとそう思ってしまうのは仕方がない事であるとも言えます。

ですが、カードローンというのは借り入れ先の金融機関によって、かなり差が出てきます。差というと大まかな表現になりますが、実際に細かく分けてしまえば、それこそ書ききれないくらいの差も出てきます。目に見えて分かりやすいものと言えば、金融機関毎による独特なサービスの違いでしょうか。
(⇒カードローン選びは様々な選択肢がある

そして他にも分かりやすい条件で選ぶとしたら、やはり一番に挙げられるとしたら、銀行系のカードローンでしょう。元々銀行と言えば私たちのお金を扱っているところであり、信頼のおける機関というイメージがありますが、決してイメージだけに留まらない魅力があります。

基本に優れているのが銀行系カードローン

様々なサービスが展開されていると目移りしてしまい、ついついキャンペーンなどが行われていれば魅力が増しているようにも見えますが、基本的な条件だけで見れば、銀行系カードローンの優位性は今も昔も健在と言えます。

基本的な魅力の中でも最大のものとなれば、とにかく金利の安さが目立つでしょう。ローン会社の名前ではなく金利だけで絞り込んだ場合、候補として残ったのが全て銀行系カードローンだったという事があるくらい、基本的な金利の安さに関しては消費者金融は及んでいません。低金利というのはどんな場合においてもローンを役立たせる要素の一つです。最初に作りたいカード候補としても優秀です。
(⇒初めての申し込みで金利を抑える方法

反面で言えば、審査がカードローンの中でもとりわけ厳しく、そして時間がかかるとされています。借り入れにおける条件が良い分、相応の信頼が無いといけないという事でしょう。申し込み前にある程度自分の状態を把握し、要求条件などの見直しをしておきましょう。

最終的にも狙いたい一枚

キャンペーンなどの優待は基本的に一時的な物であり、金利や限度額といった基本的な条件は経済状況にもよりますが、変わる事はそこまで想定しなくても大丈夫です。そういう意味でも安定しているとなれば銀行系カードローンであり、長く使える一枚としての魅力も兼ね備えています。

最終的にカードローンに求められる条件は銀行が備えている事が大半です。まずはそこを念頭に入れ、カードローンとの付き合い方を考えてみましょう。

1