信販系カードローンの意外な魅力

あまり聞かないとは言わないで!信販系カードローンの他にはない魅力

第三の勢力

今のローンと言えば昔ながらの銀行系カードローン勢いのある消費者金融の二つが有名で、ほとんどこの二つの利点を見比べてから、利用者の方は申し込みを決めていると言っていいでしょう。

しかし、このどちらにも属さない、ある意味では第三の勢力とも言えるカードローン、その名も信販系カードローンの存在はご存知でしたか?すでにご利用されている方には少々失礼な物言いになってしまうようで恐縮ですが、こうして聞くまで知らなかったという方も少なくありません。

しかしながら、調べてみると思いのほか個性があり、尚且つ銀行と消費者金融の二強の金融業界に入り込むだけあって、選択肢に加えるには十分なポイントがあるのです。今回はその信販系について簡潔にご説明いたします。

良くも悪くも中間な信販系

まず一言で表すなら、信販系カードローンは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの中間をいく特徴を持っていると言えます。ここでの中間とは、基本的な条件を差します。

カードローンにおいて重要視される金利に関して、消費者金融ほど高く無く、銀行系カードローンよりは気持ち高いといった平均値です。これをどう見るかは人によって変わるところでありますが、同時に審査においても双方の中間です。消費者金融よりは厳しいけど銀行に比べれば緩いというように、基本的な要素はまさに中間なのです。

悪く言えば中途半端なイメージがありますが「消費者金融よりは安い金利がいいけど銀行系は自信が無い」という場合にはマストとなる条件であり、審査時間もそこそこ早いので判断に迷うようなら選択肢に入れてみてもいいでしょう。

ここまで見るとメリットを感じないという方もいらっしゃるかもしれませんが、信販系の最大の武器はクレジットカード機能を備えているというところです。それでいて双方の中間程度のカードローン条件という事を合わせれば、見方はまた変わってきます。
(⇒信販系カードローンのクレジット機能について

幅の広さが最大の魅力

買い物にも使えてカードローンとしても使えるレベルにあるという事は、この一枚で金融関係の役目を大体備えているという事と同義です。カードローンだけなら中間、クレジットだけなら普通のクレジットカードでも良いとなるかもしれませんが、その役目を併せ持っていて、幅広い使い道があるのがこの信販系カードローンです。カードの枚数を減らしてスマートに運用したいなら、むしろ好都合と言えるでしょう。

このように、信販系カードローンにも独自の住み分け領域が存在している事は確かです。オールインワンに魅力を感じるなら、他のカードローン以上に輝く存在となってくれる事でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加