消費者金融の銀行とは違うメリット

あなたの知らない消費者金融のメリット!銀行と住み分けるその実力!

どうしても、な印象があるカードローン

金利などの条件で見ればやはり銀行系カードローンに注目が集まり、カードローンを組もうとしている誰もがその存在を意識してしまう事でしょう。低金利というのはローンにおいて抗えない魅力なのです。

反面、消費者金融と呼ばれる金融機関は銀行に比べると、どうしても基本的な要素…金利などで劣っているのが事実です。そもそも元々は銀行というお金が集まる場所がローンというビジネスを展開し、銀行と言う存在が一般企業以上の存在になっていたのと違い、消費者金融というのはいわゆる一般企業の一部です。お金を扱う為規模が大きいとはいえ、銀行と言う存在とは一線を画していると言えるでしょう。

それゆえに金融危機から悪いイメージが集中していますが、そのままの存在であれば今も残っているとは思えません。つまり、銀行とは違うメリットもしっかりあるという事を理解してもらいたいのです。
(⇒何故ローン業界に悪いイメージがあるのか

住分けられた消費者金融

金利や限度額で劣っているならそもそも消費者金融を選ぶメリットが無い…そう一蹴される方は多いのですが、カードローンは何も基本的な条件だけで選ぶ事はありません。時には独自のサービスが生み出す付加価値が、思わぬメリットに繋がっているのです。
(⇒カードローンはサービスで選ぶ事も検討する

まず消費者金融のメリットは審査がとても速い事です。これは審査通過に要求される条件が銀行に比べて引き下げられているという事もあって実現されており、借り入れを急いでいる方にとっては非常に嬉しい点です。場合によってはこの点だけで銀行よりも役立つ場合もあります。

そしてキャンペーンが多いのも消費者金融の特徴です。キャンペーンというのは様々な種類がありますが、やはり多いのは金利に関わる類です。金利が一定期間の間安くなっていたり、或いは一か月の間無利息といった、ちょっとの間だけで十分な場合はリスクが無くなるという、破格ともいえるキャンペーンを行っている事も少なくありません。審査の速さとキャンペーンを合わせる事により、緊急時の対応力は時に銀行を上回っていると言っていいでしょう。
(⇒無利息期間を賢く利用しよう!

消費者金融のメリットもしっかり理解しておく

このように、金利などで劣っていても状況に応じて銀行と使い分けられるレベルには、消費者金融は独自性があると言っていいでしょう。一言で締めくくるなら審査の緩さも加わった素早さに特に秀でているのが消費者金融です。急いでいる方は敢えてこちらを選ぶというのも賢い選択でしょう。

長い目で見れば一考の余地がありますが、それでも頻度によっては消費者金融でも問題はありません。使い分けも意識してみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加