三つの金融機関から欲しい物を絞り込む

まずは金融機関選びから!三種類の中からカードローンの方針を選ぶ!

豊富な選択肢から

カードローンには主に銀行系カードローン消費者金融系カードローン信販系カードローンの三種類があります。

三つとも個性があり、同時に線引きなどの都合で初めて選ぶ時などはどうしても迷ってしまいますよね。そこで今回は三種類のカードローンの大きな特徴を記載しますので、まずはこの三つの金融機関から絞り込む為のお手伝いを致します。初めて借り入れを行う方は是非参考にしてみて下さい。

大きな借り入れに特に強い銀行カードローン

金利といったカードローンにおいて基本となる基準で優れているのは、やはり銀行系カードローンです。どこよりも低金利というのは大きなポイントであるのは言うまでもありませんね。

そして低金利が最も活きるのは大きな借り入れが必要な時です。借り入れ額が大きいと必然的に返済も長期間に及び、金利もかさんできます。低金利はそんな負担を軽減してくれるし、充実した限度額を用意してくれるのもやはり銀行です。
(⇒限度額と金利の変動について

反面、審査は厳しく時間もかかるので、急いでいる時の借り入れ時には間に合わない事も予測されます。欲しい時に借り入れ出来ない事は時には致命的です。銀行カードローンは余裕をもっての申し込みをオススメします。

とにかくスピーディーな消費者金融系カードローン

今はとにかく急いでいて、一刻も早い融資が欲しい!という方は消費者金融系カードローンを選ぶと良いでしょう。消費者金融系カードローンと言うと一時期の悪いイメージを抱きがちですが、それは昔の話と思っていただいて構いません。
(⇒イメージ回復に努力した消費者金融

基本的な条件緩和もそうですが、やはり最大の魅力はその審査の速さです。無人機も導入して24時間借り入れ返済といった業務にも対応させているので、即日融資をどんな場合でも行ってくれるのは消費者金融だけでしょう。悪いイメージにとらわれず、急いでいれば是非利用したいところですね。

一枚で使い道多数の信販系カードローン

先に紹介した二つのカードローンに比べてどっちつかずにも見える条件の信販系カードローンですが、クレジット機能も持ち合わせているという唯一の特徴があります。

これは買い物といった普段使いの枠に加えて借り入れに使える枠もあるという事で、用途によって二つの役目を使い分ける事が可能です。買い物に関してはクレジット機能がお得な事もあって、これ一枚で随分と他のカードの整理が可能です。スマートに収支を管理したいという方には最適な一枚になってくれるでしょう。

三者三様、自分の用途に合わせて

以上が各金融機関毎における特徴です。皆さんの用途に即したカードローンはありますか?どこを選んだとしてもそれなりのメリットはありますが、やはり自分に合った場所を選ぶことにより、そのメリットはさらに増大します。

金融機関で全てが決まるわけではありませんが、大まかな方針は決まります。無理の無い返済も含めた金融機関選びをしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加