クレジットカードと信販カードローンの違い

クレジットカードと違う?定義が曖昧な信販系カードローン真の姿とは

より間違いそうになるカード

カードローンとクレジットカードは別物とはいえ、カードの見た目や金融機関発行という共通点がある為、ファイナンス知識が無いと多少分かりにくのは事実です。

中でも銀行系カードローン消費者金融系カードローンはまだクレジット機能が付いていないから分かりやすい部類にはなりますが、信販系カードローンになればクレジットカードとしても使える為、より違いが不鮮明と言えます。

クレジットカードが欲しい、信販系カードローンが欲しいと思った時に、この二つは意外と間違いやすく、違いを見抜けるかどうが不安な方も多いでしょう。そこで違いや特徴について学んでおきましょう。

買い物ならクレジットカード、借り入れなら信販系

まず最初の結論を言うのであれば、クレジットカードが欲しいだけで現金借り入れ機能が必要無いなら、キャッシング機能を外す事により普通のクレジットカードになり、キャッシングを付ける事で信販系カードローンになると言えます。

言葉にすると分かりにくいかもしれませんが、要はキャッシング機能がカードローンとしての似たような機能であるとされ、同時にカードローンとしてカウントされれば信用系カードローンになると言われます。これに関しては業界においても線引きが曖昧で、特に一般の方であれば持て余している表現になりがちです。

強いて言うなら、キャッシングは翌月の一括払いの借り入れ、それをリボルビング払いで借り入れて返済する事でカードローンと呼ぶとも言われています。そうした借り入れ形態だけでしか判断できない事が、カードローンとキャッシングの違いの曖昧化を招いていると言えましょう。

定義化はそれぞれ人次第

クレジットカードにキャッシング機能を付ける=信販系カードローン、という定義が一番近いかもしれません。それでも一括りでキャッシングと言っている方も多く、人の見方によって答えは様々です。ただ、お金を借り入れる行為であるとの認識さえあれば大丈夫ですので、深く考えず、必要なタイミングで使うのが大切です。

クレジットカードの枠と借り入れの枠は別々に用意されていますので、いっしょくたに考えないようにして利用していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加