クレジットカードになる信販系カードローン

財布を整理する信販系カードローン!クレジット機能も付いたその魅力

得難い独自性

銀行カードローンには低金利と信頼性、消費者金融系カードローンにはスピードや豊富で活発なキャンペーンといった、住み分けとも言える特徴が独自性として存在しています。この二つは場合によって使い分けられるように、カードローンの両雄として長らくその知名度を上げてきました。

そしてその間に位置するように存在していた信販系カードローンはご存じでしたか?両社の中間のような性能で、悪い意味でどっちつかずと言われてきましたが、実際はかなりの汎用性を持っているのです。

今回は銀行と消費者金融の間に割って入り、尚且つ選択肢としても選べる信販系カードローンの最大の特賞をお教えいたします。

クレジット一体型のカードローンは信販系のみ

一般的にカードローンとクレジットカードは別物です。双方とも金融機関が発行している事もあって似たようなものと勘違いされがちですが、機能に関しては別物と思った方がいいでしょう。

ですが、そこが信販系カードローンの強みです。信販系カードローンは何と、クレジット機能が付いているカードローンなのです。

クレジットカードにカードローンと聞くとキャッシング機能を想像しますが、キャッシングとは定義により変わると言われています。同一の存在であるにも関わらず、少々ややこしい呼称と言えましょう。
(⇒キャッシング機能とローンの違い

本来であればカードローンとして現金を借り入れるだけなのがもっともな姿なのですが、そこにクレジット機能が付いているという事で、カード単体で買い物が可能となっています。これは本来の用途以外の役割を付加できるという事で、他のカードローンとはまさに一線を画する一枚であり、所持するカードを可能な限り減らしたい場合、その存在は無視できないものとなるでしょう。

クレジットカードとも住み分けられている一枚

ローン枠を設ける事でクレジットカードが信販系カードローンになるとも定義があり、クレジットカード単体とキャッシング付では見られ方も違い、今後の審査にも影響があるとするとクレジットカードとも違いと言ってもいいかもしれませんね。

オールインワンのカードローンは他に例がありません。スマートなカードライフを送りたい方は必見ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加