消費者金融の信頼回復の為に行った事

イメージだけで決めるべからず!信頼回復の為の消費者金融の努力とは

何故悪いイメージが生まれたのか

カードローンだけでなく、ローンという行為自体には、未だに悪いイメージが植えつけられています。便利で頼らざるを得ないにも関わらず、どうしてそう思われるのか?そこには一昔前の高金利による貸付、その後の経済悪化による破産が背景として存在しています。
(⇒高金利が蔓延していた時代からの変遷

中でも消費者金融というのは銀行に比べてより高金利であり、一部の業者においては法定外の高金利を騙して押し付けていて問題になった事もあり、銀行に比べてさらに危ないという印象を持たれる事になってしまいました。

かく言う私も調べるまでは正直消費者金融のメリットについて懐疑的になっていたものですが、やはり自分で見た情報以外は時に事実と異なる部分もあります。今回は消費者金融が行ってきた信頼回復の軌跡を見ていきましょう。

悪いイメージがあったからこその企業努力

失敗があってこその改善と言うと世間からの目は厳しくなってしまうのですが、それでも何もしないよりはよっぽど良く、そして消費者金融の信頼回復の為の企業努力は、銀行系カードローンと住み分けをするくらいにまで発展していました。

まず無人審査と親切な窓口対応の双方を兼ね備えているというのがポイントです。お金を借りるという行為ゆえに人目を気にする方向けの無人機導入に加え、それとは逆に相談できないと不安という方向けに窓口による応対、この二つを併せ持たせているのは多くの顧客のニーズに応えてくれているという事です。初めは無人機で借りたけど返済プランを練り直したい…そんな場合にぴったりな万能スタイルの応対です。
(⇒無人機で人目を気にせずローンを始める
(⇒窓口対応も利用してみたい理由

さらに積極的にインターネットからの申し込みを始めとした操作を取り入れたのも消費者金融です。あらゆる顧客に快適に使ってもらう為の努力は惜しまず、家に居ながら操作できる時代の先駆けとなったと言えるでしょう
(⇒ネットでも審査可能なカードローン

イメージだけで決めつけず、まずは相談してみよう

このように、悪いイメージだけを持ってしまって申し込みをしないのは勿体ないくらい、今の消費者金融は努力を重ねて使いやすく進化していると言っていいでしょう。むしろ厳しい時代があったからこそ今は大幅に良くなっているので、場合によっては銀行系以上の丁寧な応対をしてもらえます。

イメージで金融機関を選ぶ時代は随分前に終わっていると考えていただき、いかに自分に合っているか否かでカードローンを決めるようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加