カードローンの審査や申込みについて

記事一覧

自分の情報を整理するには!ローンにまつわる情報は信用機関に聞こう

審査に落ちたら見直したい事

大切な事と言えど、人間が意図して思い出せる、覚えている記憶の量というのは限られてきます。数日前ならともかく数か月前くらいの事というのは、曖昧になっていてもおかしくはありません。

カードローンの審査というのは、今までのローンに関わる行動が影響してきます。ローンに関わる情報というのはお金に関する事なので簡単には忘れないと思いますが、それでもある程度過ぎたら「いつ申し込んだっけ?」などという風に忘れる事も珍しくありません。

カードローンを申し込んだ時、落とされた経験はありませんか?それが一度だけでなく連続して数度となれば、あなたが把握しきれていない情報が足を引っ張っている可能性があります。

信用機関の情報は教えてもらえる

カードローンにおいて重要な審査基準となる情報は信用機関に保管されています。借り入れ状況や返済の遅れといった情報から、さらにはローン会社への申し込み状況や契約の有無まで、リアルタイムに保管されています。

ローン会社は審査の際にはここから情報を閲覧し、そして申し込み内容との相違や今までのローンにおける信用を計るのですが、ここの情報は、実は私たちも閲覧可能なのはご存知でしたか?
(⇒カードローンの申し込み用紙は正しい情報を書くべし

信用機関という少し重苦しそうな名前を聞くと門外不出の情報に聞こえますが、自分の情報であれば照会する事は可能で、最初にご説明した通りあなたの忘れていた重要な情報…例えば使わないまま更新だけを続けているカードローンの契約や、数か月前の審査落ちなど、今から審査を受ける際に問題となる情報が思い出せるきっかけになります。

こうしたカードローンの申し込みから借り入れ状況は、可能であればご自分でも記録しておくのが望ましいですが、私生活が忙しいとついつい毎日の中で忘れがちです。そんな時にカードローンを申し込むなら、予め信用機関に情報開示を求めて、確認の上で申し込むのもいいでしょう。

カードローンに影響する事は意外と多い

カードローンの審査に影響する事は意外なところに多く、それこそ固定電話といった見落としがちな部分など、例を挙げていけば驚くほど出てくる事でしょう。
(⇒固定電話がカードローン審査に影響する理由

そんな中で信用機関に残されている情報はある程度の保存期間があるとはいえ、リアルタイムであなたのローン情報を記録している機関です。うっかり忘れていた事もここに問い合わせれば分かる事が多いので、入り組んだ借り入れの自覚があるなら、一度情報整理も兼ねて問い合わせておきましょう。

自分に関わる情報は可能な限り自分で把握するようにし、申し込みから借り入れ、完済に至るまでしっかりと覚えておきたいですね。

どうして早いの?二つに分かれたカードローンの審査の仕組みを学ぶ!

カードローンの二つの審査

カードローンの審査の速度には銀行系カードローン消費者金融系カードローンで差がありますが、それでも昔の貸付に比べて審査の速度は大幅に向上しています。銀行でもカードローンなら翌日に電話がかかってくる事も多いのですから凄いですよね。

その審査の速さはどうやって成り立っているのか?それはカードローンの審査が二つに分かれている事も関係しています。仮審査と本審査に分かれている、と言えば多くの方がピンとくるかもしれませんね。

カードローンに仮審査と本審査があるのは比較的有名な情報ですが、その大まかな内容に関しては全容が知れていない方も多いでしょう。そこで仮審査と本審査の違いについてご説明していきます。審査の内容を理解し、どっしり構えて申し込みを行いましょう。

機械的な仮審査

仮審査というのは最も基本的な要素を調べて、そもそも融資は可能なのか否かを篩(ふる)い分ける段階です。金利や融資枠というのは本審査の役目となる事が多いです。

この審査においては機械が担当する事が多く、特にインターネットなどで申し込んだ場合、申し込み数分で仮審査の合否が分かる事があります。この仮審査をスピーディに行うメカニズムがあってこそ、審査の効率化が進んだと言えましょう。
(⇒インターネットを利用して行う審査のメリット

仮審査は確かに機械化が進んでいますが、さすがにこれだけで審査が終わる事はありません。大事なところはちゃんと人間が確認しています。

人間が行う本審査

仮審査で融資の可否が決まれば、今度は本審査に移行します。仮審査の時には通った書類の内容も本審査のチェックで落とされる可能性も考慮に入れておきましょう。

本審査というのはやはり有名なのが在籍確認の電話でしょう。こればかりは機械が行うわけにもいかず、担当の方が最終確認の意味も込めて会社などに電話します。
(⇒仮審査後の在籍確認とは

基本的にはそれで大体審査は終わりとなりますが、先に申し上げた通り、本人確認書類をチェックするのはやはり人間の作業となります。電話がかかってきても審査が終わったわけでは無く、正式な契約が通達されるまではきちんと構えておきましょう。

効率化と確実性が兼ね備えられた審査

このように人間の手間を機械がある程度担当している事で、今現在の審査は成り立っています。他にも審査基準などもあるのですが、この基準は門外不出で流出があればすぐさま変更される為、内容に関しては職業や年収といった大まかな部分さえ押さえておけば構いません。
(⇒審査に有利な職業について考える

仮審査も本審査も両方パスしないとカードローンは作れません。区分して考えるのより、どうすれば通過できるかの基本から押さえてみましょう。

審査の緩さは問題じゃない?カードローンの真に必要とされる事

審査の緩いカードローン

審査の厳しくなった金融業界においては、申し込む前から「自分は融資を受けられない」と諦めてしまう方も増えてしまいました。実際度重なる不況はさらに貸し出しにも厳しい条件を生み出さざるを得ず、金融業界と言えどやはり冷え込みは隠しきれません。

とはいえ、全てのローン会社が厳しくなりすぎてしまう事はありません。「こっちではだめだったけど、あちらの会社では融資が受けられた!」という具合に、審査基準に違いがあれば基本的な緩さにも差があります。闇金などは審査が無いも同然ですが、間違ってもその緩さとは意味合いが違うのは先にご説明しておきます。
(⇒無審査ほど怖い物はない闇金の秘密

こんな時代だからこそ借りやすいカードローンが知りたい…そんな方向けに、ざっくりと審査が緩いカードローンについてご説明していきます。

消費者金融は何故審査が緩い?

大体想像されている方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融系のカードローン銀行系カードローンに比べて、全体的に審査は緩めとされています。だからと言って当然違法な金利ではあるはずもないです。

とはいえ、やはり銀行系カードローンに比べれば金利はやや高めに設定されており、限度額を増やしても銀行系カードローンのような安さにはなりません。まずその点だけは理解しておきましょう。
(⇒限度額の金利の関係

しかし、審査が緩いという事と同時に結果も早く出るというのは、急ぎの金策で頼る事もあるカードローンにおいては得難いメリットと成り得ます。即日融資も可能な会社の場合、審査の速さもあって銀行とは別次元の存在とも言える価値が見出せるでしょう。
(⇒急ぎの方は即日融資を使おう

最初のメリットと後からのメリットは=では無い

審査が緩いけど金利が高いのでは意味が無い…と思われるのは急ぎの金策でない方のご意見であり、時にはスピードこそが結果の明暗を分ける事があります。つまりは金利が安いだけでも、審査が早いだけでもというのは同軸で考えるのは少し間違っていると言えるでしょう。

最終的に自分が今何を必要としているかがポイントです。自分が一番必要としている事こそ一番の価値があります。消費者金融を選ぶならそこを重要視してみましょう。

その借り入れ、本当に増やして大丈夫?総量規制を常に意識したい理由

複数の借り入れ前にしておきたい事

カードローンを使っていると「この限度額じゃ足りない」と思ってしまう事はあるかもしれません。収入以上に使うのは関心できませんが、返せる範囲でローンを使い、ある程度大きな買い物などにも駆使していれば、場合によっては心許なくなるでしょう。

カードローンの中には希望すれば増額してくれるところもありますので、作った時よりも収入が増えているなどの要素があれば、希望してみるのが限度額を拡張する近道であり堅実な方法と言えます。

ですが、ポイントなどの独自の優待が欲しい場合、使い分ける意味でも別のカードローンを契約して、総合で限度額を増やすという方法をとられる方もいらっしゃいます。そうなると一つ注意してもらいたいのが総量規制の存在です。

総量規制によって制限される事

総量規制はかつて金融業界に蔓延していた高金利時代に、払えなかった人が続出した際に制定された決まりです。今では考えられませんが、グレー金利という上限額スレスレの金利も珍しく無く、バブル時の弊害とも言える風習でした。
(⇒グレー金利から改定されるまでの歴史

総量規制の概要ですが、これは借り入れ額は年間の収入の三分の一までとする法律であり、無理な借り入れを抑制する法律として定められました。確かに借りてでもギャンブルをしてから返そうとする人には効果があるといえ、この決まりが出来てからはより使い道を慎重に考える事が必要とされました。

ゆえに、新たなカードローンを組むにしても、この総量規制に規制される額であれば申し込み自体が無意味になる可能性は十分にあります。年収などもローン会社はきちんと把握しようとする為、申し込む前には自分の年収と今現在の借り入れ、及び限度額なども考慮してから申し込みを決めましょう。
(⇒カードローンへの申し込みは正しい情報を記載しよう

また、銀行のローンは総量規制の対象外という利点があります。使い過ぎるのが目的であれば控えたいですが、止むを得ない大きな借り入れの際には覚えておくといいでしょう。

総量規制は常に意識する

総量規制という単語とその意味は無理に覚える必要はありませんが、年収から見たローンの借り入れ額というのは、総量規制は置いておいても非常に大事な将来を見据える能力です。例えば収入が安定しないなら自分の中で「借り入れは平均年収の四分の一までにしておこう」といったルールを決めておけばより安定感は増すので、年収と借り入れの比較はいつでも頭で大雑把にでもいいので考えておきましょう。

ローンは返さないといけないお金であり、年収はあなたの支払い能力に直結しています。どんな場合でもそれを忘れないようにしておきましょう。

審査が厳しいローンのメリット!銀行カードローンは何故厳しい?

審査が厳しいカードローン

カードローンの審査はバブルの頃に横行していたグレー金利以来、全体的に厳しくなったと言えるでしょう。
(⇒高金利が低金利に変わるまで

審査が厳しくなった事で借り入れが出来る人がある程度絞られる事になりましたが、だからこそ今現在の改定された金利…一昔前に比べて全体的に下げられた金利にて、貸し出しを行えるようになったのでしょう。

そんな金融業界ですが、全体的に厳しくなった事を踏まえても、審査の厳しい緩いはあります。今回は厳しいと言われるカードローンについて軽く触れておきましょう。大まかな厳しいかどうかの基準を知っておくだけでも、申し込みに際してスピーディーな判断が出来るでしょう。

厳しさの信頼の銀行系カードローン

カードローンにおいて厳しい審査と言えば、やはり銀行系カードローンにおいて他ならないでしょう。そもそも私たちのお金を預ける機関なのですから、緩い方がむしろ心配になると言えますね。

従って○○銀行と銘打ってある場合、ほとんどの場合において審査基準は厳しいと見ていいでしょう。中には銀行の名前を出していても貸し出しは違う業者が行っている場合もありますが、やはり銀行の名前を使う以上、ある程度以上の審査基準はあると思った方がいいですね。

審査が厳しいとなるとやはり申し込みに気後れが起きそうですが、それは少々怯えすぎとも言えるでしょう。実際銀行系カードローンには低金利を初めとしたメリットが豊富で、長い目で見ていく場合にも、一番最初に持つにしても銀行系カードローンにしておけば、使用するにあたって困る事はほとんど無いと言ってもいいでしょう。
(⇒銀行系カードローンを優先して申し込みたい理由

ただ、銀行であるのに違いは無いのですが、インターネットオンリーのネットバンクのカードローンである場合、これよりも審査が緩めだったり早く終えたりします。金利も銀行の物と遜色ないので、ネットバンクを利用されているなら選択肢に入れておきましょう。

厳しさは長く使う為の試練

カードローンを使い過ぎる人にとっては審査が厳しいというのはマイナスな面が多く見えがちですが、ここぞという場面でしか使わない人にとってはさほどマイナスにも感じず、そして銀行系カードローンはそのような人に向けられたカードローンと言えるでしょう。

急ぐほどでもない余裕がある方は、是非一度急な用入りに備えられる銀行系カードローンを作ってみてはいかがでしょうか。

思わぬカードローン審査の対象!?固定電話を残しておきたい理由

意外な審査の基準

カードローンの審査というのは基本的には同じであれど、基準となると各社において違いがあり「片方は通ったけど片方は落ちた」という事は十分あり得ます。
(⇒カードローンの審査において必要な基本的要素

審査の基準は変化する可能性もあり一概に言えませんが、それでも昔から残っている基本的要素は消えることなく残っており、時に「どうして関係あるんだろう?」と思う事もあるでしょう。

そして今回は今では姿を消しながらも、あれば有利とされる審査要素についてご説明いたします。必要無いと思われがちな『アレ』が実は大事なのです。

固定電話は財産の一部

それは携帯電話の普及に伴い姿を消しつつある固定電話です。会社などを経営するなら固定電話もかなり重要なポジションを占めていますが、一般家庭においては携帯電話の方が有用性が高いとされています。特にお子さんに持たせる事で連絡が容易になり、犯罪の抑制にもある程度の効果がありますね。

しかしこの固定電話、何故カードローンの審査に重要なのか?それは固定電話とそれを使えるようにする電話番号の存在が大きいのです。

様々な技術の発展により電化製品は随分とお手頃になってきましたが、その中でも固定電話、そして電話番号というのはカードローンの信用において特別な存在です。携帯電話の世代の方には少々ピンと来ないかもしれませんが、固定電話の番号を手に入れるという事はそれなりの手間と費用も必要になるのです。つまりそれの所持自体もある程度のステイタスと言えるでしょう。

そして固定電話を備えているという事は、その住居に根付いている…つまりは住所変更といった事が少ないと判断され、安定を好むローン会社側からすれば好ましく映ります。持ち家などに固定電話を備えるという事は、多少古めかしいと思われがちな考え方ですが、安定の証拠としては十二分の力を今でも備えているのです。
(⇒居住形態と審査の関係

固定電話はまだまだ必要

携帯が便利に手軽になり過ぎたせいで固定電話の解約も進んでいますが、通話料は固定電話に掛ける場合は格安であるように、ローン審査を受ける場合の事も考えればまだまだ重要な存在で、要らないからとすぐに手放さない方が良いのが分かりますね。可能であればきちんと残しておき、次の世代へとしっかり残してあげましょう。

このように、カードローンにおいては財産と判断される要素がまだまだたくさんあります。物が少ないシンプルな生活も良いですが、財産だけはしっかりと管理しておき、残し続ける事も大切ですね。

嘘は厳禁!カードローン審査で嘘が付けない真実に迫る!

ついてはいけない嘘

嘘も方便…とは言ったもので、大人になると私たちの社会が必要悪とも言える嘘で溢れているのが分かってきます。とはいえそれに絶望する事無く、必要に応じて建前と本音として使い分ける事も時には必要です。

さて、嘘をついていい場面…と言うと身も蓋もないですが、それでもやはり嘘は良くない、嘘を付く事で重大な問題になる場面はあります。特に何か面接や審査といった場面において、嘘というのはその場は凌げたとしても、やがて自分の首を絞める事になりがちです。

カードローンはあなたを信用してお金の融資枠を設ける仕事です。それゆえに嘘は厳禁であり、信用を損なう事は重大な規約違反にも繋がるのです。

カードローンでの嘘はばれるもの

カードローンを作る際、いい条件で作りたいと思うあまり「これくらいは大丈夫だよな」と提出書類などで年収や勤務歴を水増ししたりしようと思う事があるかもしれません。しかしながらそれらは嘘が発覚する可能性が高い、リスクが大きすぎる事なのです。

まず大前提として、カードローンを作る際に必要とされる身分証明証となる物の控えを提出する事が求められます。そうなるとあなたがパーソナルデーターの記載が違えば当然発覚しますし、大きな融資枠が欲しいなら収入証明証の送付も求められる事が多く、これで年収などの記載も確認されます。つまり、あなたに関わる重要な事項であればあるほど、ローン会社はしっかり調べる事になるのです。
(⇒カードローン申し込み時に必要とされる物

さらにデメリットとして大きいのが「この人は嘘をついている」とローン会社に思われる事です。嘘をつくくらいなのだからカードローンを作るのに何かしら不都合な事実があるとは思われますが、それでも本当なら融資をしてくれそうだったところに嘘をついていたと思われると、その融資枠ですら取り上げられてもおかしくありません。それほどカードローン審査について嘘が及ぼす影響は大きく、借り入れる人には誠実さを求められているのがよく分かりますね。

誠実に審査に挑む

嘘をついて限度額などを増やそうとするよりも、今現在の自分が「いったいどれくらいの条件なら狙えるか」という風に、素直に自分の状況を照らし合わせて貸してくれる場所を探すのが建設的です。申し込み前に絞り込むならカードローンの一括審査をしてくれるサイトを利用するなどして、まずは自分にちょうどいい条件でカードローンを初めてみましょう。

どんなローン会社でも嘘をつくくらいなら、不都合な情報でも正直に話してくれる方のほうがまだ検討をしてもらえます。ローンの審査は誠実に向かい合い、後腐れなく利用できるようにしておきましょう。

優先すべきカードローンの申し込み順!その基準と理由を知っておこう

申し込みの順番を考える

カードローンの申し込みは基本的に申し込むだけなら回数に限りはありません。しかし申し込みが信用機関に残る以上、期間で見てみれば回数はある程度絞られていると思った方が良いでしょう。
(⇒カードローンの申し込みの機会は大事にしよう

そうなると次に考えるべきは『まずどこのカードローンを優先して使いたいか』ですね。カードローンを選ぶ際に特定のブランドを優先して選ぶというのも一種の手ではありますが、やはり物を言うのは基本的な条件である金利などですよね。
(⇒カードローンを選ぶ際にまず優先したいポイント

そうなると申し込むべき優先順位は限られてきます。

まずは欲しい銀行系カードローン

やはり私としては最優先で作ってもらいたいのは銀行系のカードローンですね。どうしても確実性を優先したいなら消費者金融系のカードローンもいいですが、よほど問題が無ければ銀行から申し込んだ方が良いでしょう。

まず最初に言ったような基本的な条件…特に金利に関しては非常に優秀です。上限に関しても下限にしても同じで、金利は平均的に消費者金融よりも大幅に低く、やはり昔ながらの金融機関ならではの魅力があります。

そして昔ながらの、と言えるように銀行系カードローンを所持しているという事は、一定以上の信頼があるという事にも繋がります。カードローンの複数所持に関しては少々微妙なラインになってしまいますが、それでも先に持っていたカードローンが銀行系となると信頼の度合いも違います。それを利用しながら返済も滞り無く行っていれば、より信用は確固としたものになるでしょう。

優先順位はいつでも頭の隅に置く

カードローンにおいて優先順位と言えば、返済の順番など様々な面で決めておく事で、借りる場合も返す場合も役に立つ事が分かりますね。とりわけ今回は申し込みに限定してお話しさせていただきましたが、予め優先順位を決めておく癖はどんな場合においても有効であると覚えておきましょう。

ケースバイケースではありますが、申し込みの順番においてはやはり銀行系カードローンが魅力的です。自信があればなおさらオススメと言えるでしょう。

同時申し込みを控えるべきカードローンの審査基準とは?

同時に申し込む事の意味

カードローンを申し込まれる方には大きく分けて二つの場合があるでしょう。最近多いのは今は用入りじゃないけどいざという時に備えて、という理由が多いですが、やはりカードローンは用入りの方が必要としている物です。借り入れが今すぐ必要という方も中には多いでしょう。

そうなるとカードローンに申し込むのは当然ですが、やはり審査落ちを危惧して対策をしている方もいらっしゃるでしょう。その対策として『同時に複数のカードローン会社に申し込む』という物があります。そうすれば一つが落ちても他が受かれば…と思うかもしれませんが、この方法、若干本末転倒とも言える結果になりやすいのはご存じでしたか?

同時申し込みはデメリットが多い

まず申し込む前に理解していただきたいのは、カードローンの申し込み状況はリアルタイムで記録されているという事です。信用機関に問い合わせてみればすぐに分かる事でしょう。

そして申し込み履歴においても、短期間に様々な場所に落ちては申し込んでいるとなると「お金に困っている」と見なされてしまいます。カードローンを申し込む以上何らかの用入りが発生しているのは事実かもしれませんが、ローン会社側としてはどちらかと言えば金銭的に余裕がある方に多く貸し付けたいので、余裕が無いと判断されるのは審査においてはマイナスでしょう。
(⇒連続して申し込む事の問題

そしてそれは同時申し込みでも同じです。同時に他のローン会社にも申し込んでいるというのはすぐさま向こうにも伝わります。そうなると当然上記のように余裕が無いと思われてしまいますので、最悪通ったとしても用入りの金額には程遠い限度額になる可能性があります。

対策としては審査の可否を見てから再度別の場所に申し込むかどうか決めるべきですが、審査落ちした場合ではそれは少々難しくなってきます。諦められない場合でも申し込みは一か所ずつにしておき、可能であれば期間は開けておきたいところです。

焦るほど条件は悪化していく

とはいえ、急ぎであればそんな悠長な事は言っていられません。その場合は比較的審査の緩めな消費者金融に絞り、さらに即日融資に対応しているカードローンを探すのが手っ取り早いです。それでも審査によりけりですが、限られたチャンスを活かすなら可能性を考慮してみましょう。

同時に申し込むのも短期間で何度も申し込むのもリスクがあります。その点も踏まえて最初から絞り込んでおきたいですね。

若いあなたの強い味方!学生でも社会人でも持てるヤングローンとは!

若い方は色々と用入り

学生さんはお金が無い…とは昔からよく聞き、カードローンには学生向けのプランもありますが、やはり学生は終わってもお若いうちは色々とお金が必要になる場面が多いでしょう。

若くして起業なら事業者向けカードローンを検討してもいいですが、お若いうちに起業を目指す方はやはり少数派ですし、そうなると学生カードローンのような若い方向けの優待があるカードローンが欲しいですよね。それならば、ヤングローンを検討されてみてはいかがでしょうか?

若いあなたの懐をサポートするヤングローン

ヤングローンはその名の通り、若い方で借り入れが必要な場合にオススメのカードローンです。基本的にお若い方のほうが審査も有利とは言われますが、社会人経験が浅いうちは用入りになりやすい上にローン審査において信用もまだまだ心許ない為、このヤングローンの審査を受ける事も考えておいた方が良さそうです。

まず最初の特徴としては、およそ34歳までなら誰でも審査が受けられる事でしょう。つまりは大学生といった学生の方でも申し込める為、学生カードローンと同等の特徴も持ち合わせていると言えます。そして学生が社会人かによって審査が変わるのも特徴的で、審査もさほど厳しくありません。まさに若ければ誰でも申し込めるのがいいですね。

そして肝心の金利といった待遇ですが、基本的に消費者金融のカードローンよりも安めに設定されており、それでいて審査が緩めとあれば、若いうちはこちらに申し込むがお得になる可能性は高いと言えますね。

総じて若い方に特化しているのが分かりますが、若い方向けにありがちな保証人や担保もカードローンと同様に必要ありませんので、借り入れのしやすさはそのまま残っています。

さらに、カードローンに必須と思われている電話での在籍確認も原則として行われないのが驚きですね。電話の確認があると思うと気負ってしまう方も多く、お仕事をされているとどうしても気を揉んでしまう方がいらっしゃいますので、こうした配慮も嬉しいですね。
(⇒カードローン審査の在籍確認について

若いうちに持っておきたい存在

カードローンはある程度社会で落ち着いてから持つのが当然と思われていて、若いうちは申し込めないと勘違いされがちですが、このヤングローンしかり学生カードローンしかり、最近のローン業界は年齢問わずカバーしようとする動きも活発です。度重なる不況により経済が落ち込みがちですが、こうした所得に関わらない配慮が出てきたのは幸いと言えそうです。

若いうちから節約に励むのは素晴らしい事ですが、ある程度の出費は必要経費と割り切るのも必要な事です。ヤングローンで無理の無い借り入れと返済をして、有意義な青春を送りましょう!

1 2 3 >