カードローンに良くある疑問三つを解決

カードローン申し込み前の疑問を解決!主な質問三つを徹底解説!

カードローン申し込みに際して思うのは

カードローンの申し込みはある程度クレジットカードやキャッシングの申し込みの経験があれば要領は掴めていると思います。どのカードもそれぞれ特徴はあるのですが、必要記入事項における情報は似通った部分も多いです。
(⇒カードローンのクレジットカードの主な違いとは?

しかし、初めての方の場合は説明文通りに書いて申し込むだけでいいとはいえ、見落としがちだったり、根本的な部分で分かりにくい部分や勘違いがあったりしてもおかしくはありません。利用規約にしてもそうですが、こうした申し込みに関して分かりにくい部分は、ある程度慣れた方でも疑問に思うものです。

そこで今回はカードローン申し込みにおいて、よくあると言える疑問について見ていきましょう。初めて申し込む方は是非ご参考にして下さい。

カードローンによくある疑問3点

最初に最も初歩的な疑問ですが、カードローンが申し込める年齢に関してです。カードローンは何歳以上から申し込みが可能になるのか?

それは二十歳から可能となっています。成人してからが社会的な責任が増す代わりに自分の自由も増えますが、まさにそれと同じと思っていただいていいでしょう。従って二十歳であれば在学中、つまり大学生などでも申し込みは可能です。学生用カードローンもあるように、今では職業に関わらず幅広い層からの申し込みが可能です。

しかし一応条件には書かれていませんが、上は七十歳くらいまでだと思っておけばいいでしょう。さすがに年金暮らしでも作れるカードローンもあると言えど、高齢にも限度があるのです。

次に身分証明証が必要である事です。これは公的な物であれば比較的何でもいいと言え、運転免許証やパスポート、健康保険証など自分に都合の良い物で構いません。より手軽に作れる住民カードでも問題無いでしょう。

しかし、このコピーを送る場合でも若干ではありますが、物によって少し印象が変わります。例えば運転免許証や住民カードは誰でも作れるといえますが、健康保険証、それが会社から発行されている物なら、仕事の証明に加えて正社員やそれに準ずる役職以上であると証明できますので、そちらを優先して送ってみましょう。

最後に保証人についてですが、これは勘違いされている方が多いのですが、基本的にカードローンにおいては必要ありません。だからこそカードローンが手軽で人気のある理由と言えますね。

やや例外としては、主婦の方であれば旦那の方の収入が参照されますので、旦那の方の同意が必要となります。保証人は必要無いとはいえ、お金に関わる事です。家族とは予め話し合っておきましょう。

これらを先に踏まえておく

以上の3点が比較的良くある疑問です。初めて申し込まれる方のうち、いくつが疑問として残っていましたか?それが今回の内容で解決していれば光栄です。

カードローン申し込みにはまだまだ注意点はありますが、今回の基礎を踏まえておけば、記入自体は例もあるので大丈夫でしょう。記入事項はきちんと読み。利用規約に関しても長いとはいえ、最低一度は目を通しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加