外国人でもカードローンを作る為に必要な事

外国人でも作れるカードローン!まずは最低条件を確認しよう!

外国人の方はカードローンが組めるのか

カードローンは今や学生の方でも主婦の方でも組む事ができるほど門戸が広がっており、ご自身の状況に関わらず申し込めるものとなり、より一層便利になりました。
(⇒学生でも組めるカードローン
(⇒主婦がカードローンを組む時の審査の違い

そうなると申し込めない人の方が少ない…と思われますが、やはり外国人の方であれば「本当に自分も申し込めるのだろうか?」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか?

外国人の方は特にある程度の期間日本に住む場合、カードローンやキャッシングといった『日本円』を引き出せる物があると非常に便利で、私も日本に住まう外国人の友人が居て、同様の理由でたくさんのカードローンを持っていました。やはり通貨の換金というのは手間もコストもバカにならず、借り入れを利用した方が総合的に便利なのが分かります。
(⇒カードローンとキャッシングはどちらがいいの?

条件さえ整えば作る事は可能

この事から分かるように、外国人でも申し込む事は可能であり、尚且つ発行してもらう事も可能です。しかし、当然のように制約や条件はあります。

まず、これからも日本に住むという点が重要視されます。ローン会社側からすればいつ祖国に帰ってもおかしくない外国人の方にお金を貸すのは通常以上にリスキーです。それゆえに永住権が有るか無いかで審査の厳しさは変わってきます。帰化でも同様ですね。

似たようなもので外国人登録証があれば申し込めますが、こちらの方は期間が決まっており、身分証明証にはなりますが、永住権に比べて審査はやや厳しくなります。やはり外国に帰られてしまっては利用も見込めませんし、更新やその他の理由から倦厭されがちなのは否めません。

永住権や帰化に加え、日本における安定した身分というのも当然求められる事から、日本人に比べて満額といった条件は出にくいのが実情です。比較的外国人の方にも平等な日本ではありますが、金融に関してはシビアにならざるを得ませんね。

ハンデがあるのを理解しよう

このように、国内のカードローンは国内に住まう方が、国内で使う事を想定して作られた物です。外国人の方は日本人であれば満たしている条件が無い状態から考えられてしまうので、作れても多少の条件の縛りがある事は予め理解しましょう。

もちろん日本においてある程度の地位があれば話は変わりますので、該当される方は申し込んでみてはいかがでしょうか。諦めるには惜しいくらい便利なのが日本のカードローンなのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加