審査に使われる信用機関からの情報について

カードローン審査は誤魔化せない!?信用機関から分かるあなたの情報

あなたの情報を記録する機関とは

カードローンを作るという事は審査を受ける必要があります。審査にあたっては申し込む方の名前を始めとした住所などのパーソナルデータを記入し、身分証明証のコピーを送る必要があります。つまりは私たちの個人情報を伝えないといけないわけですね。

しかし言い方は悪いのですが、これらの情報はアバウトであったりとか、事実と違っていたとしても調べられる限度があります。嘘を付くという事はカードローン審査において後に大きなマイナスとなるのですが、やはりローン会社側もそれは想定しないといけません。
(⇒カードローン審査に嘘の記述が良くない理由

そこで最低でも今までの借り入れといった、ローンに大きく関わる情報だけは正確に把握する必要があります。そこでローン会社が利用しているのが、信用機関と呼ばれる場所です。

あなたの信用情報が集まる場所

信用機関というのは、カードローンと言った審査への申し込みから借り入れ状況、さらには過去に支払いに遅延があったのかどうかなど、まさにあなたのローンにまつわる情報がリアルタイムに記録されています。従って同時申し込みや同じ場所への再度の申し込みなどが不利になるというのが良く分かりますね。
(⇒同時申し込みを控えるべき理由

従っていくら自分で記入する部分を飾ってもローン面に関しては一切虚飾が出来ない為、まさに今までの行動が審査時に反映されるのです。特に遅延と言った事故に関しては致命的なマイナスとなり、酷い場合では仮審査の時点で常に落とされ続けるだけとなります。

そして世間ではブラックリストと呼ばれる破産宣告をされた方ですが、このブラックリストという単語自体は専門用語では無く俗称です。とはいえ破産宣告の記録は残り続ける為、当然カードローンやクレジットカードなども審査に関しては不可能となるでしょう。

ただ、こうした悪い情報も含めた全ての記録は保存期間が決まっています。この期間を過ぎれば白紙に戻る為、そこからはまたチャンスはあります。白紙の状態というのはローンの信頼実績も存在していないという事なので厳しい部分もありますが、カードローン審査に有利な職業など、条件を満たせばチャンスはあります。気を取り直して申し込みをしてみましょう。
(⇒信頼実績を得てさらに良いカードローンを目指す!

あなたの行動によって登録される情報も変わる

カードローン審査に通ったとしても、そして落ちたとしても信用機関のせいではありません。信用機関に記録されている情報は全てあなたの行動であり、あなた次第でその情報は有利にも不利にも働くのです。

信用機関にお願いすれば自分の信用情報を閲覧する事が可能です。もしも借り入れなどが多岐に渡っていれば、一度は確認しておく事も大事です。
(⇒自分の信用情報を確認してみるには

このエントリーをはてなブックマークに追加