同時申し込みがもたらす審査への影響とは?

同時申し込みを控えるべきカードローンの審査基準とは?

同時に申し込む事の意味

カードローンを申し込まれる方には大きく分けて二つの場合があるでしょう。最近多いのは今は用入りじゃないけどいざという時に備えて、という理由が多いですが、やはりカードローンは用入りの方が必要としている物です。借り入れが今すぐ必要という方も中には多いでしょう。

そうなるとカードローンに申し込むのは当然ですが、やはり審査落ちを危惧して対策をしている方もいらっしゃるでしょう。その対策として『同時に複数のカードローン会社に申し込む』という物があります。そうすれば一つが落ちても他が受かれば…と思うかもしれませんが、この方法、若干本末転倒とも言える結果になりやすいのはご存じでしたか?

同時申し込みはデメリットが多い

まず申し込む前に理解していただきたいのは、カードローンの申し込み状況はリアルタイムで記録されているという事です。信用機関に問い合わせてみればすぐに分かる事でしょう。

そして申し込み履歴においても、短期間に様々な場所に落ちては申し込んでいるとなると「お金に困っている」と見なされてしまいます。カードローンを申し込む以上何らかの用入りが発生しているのは事実かもしれませんが、ローン会社側としてはどちらかと言えば金銭的に余裕がある方に多く貸し付けたいので、余裕が無いと判断されるのは審査においてはマイナスでしょう。
(⇒連続して申し込む事の問題

そしてそれは同時申し込みでも同じです。同時に他のローン会社にも申し込んでいるというのはすぐさま向こうにも伝わります。そうなると当然上記のように余裕が無いと思われてしまいますので、最悪通ったとしても用入りの金額には程遠い限度額になる可能性があります。

対策としては審査の可否を見てから再度別の場所に申し込むかどうか決めるべきですが、審査落ちした場合ではそれは少々難しくなってきます。諦められない場合でも申し込みは一か所ずつにしておき、可能であれば期間は開けておきたいところです。

焦るほど条件は悪化していく

とはいえ、急ぎであればそんな悠長な事は言っていられません。その場合は比較的審査の緩めな消費者金融に絞り、さらに即日融資に対応しているカードローンを探すのが手っ取り早いです。それでも審査によりけりですが、限られたチャンスを活かすなら可能性を考慮してみましょう。

同時に申し込むのも短期間で何度も申し込むのもリスクがあります。その点も踏まえて最初から絞り込んでおきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加