カードローンをさらに好条件で使うには

今あるカードローンを利用した、好条件へのステップアップ法紹介!

カードローンはステップアップを狙う

カードローンをお申込みになられた方で、このような経験はありませんか?それは「発行は出来たけど求めた条件に比べて物足り無い内容になってしまった」という状態です。そんな状況のご当人になれば複雑な気持ちかもしれませんが、実際のところ、これは非常に良くある事と言っても過言ではありません。

カードローン発行にあたってはローン会社が厳正なる審査を経て、その人の職業や信頼実績を考慮して融資枠を決定します。こちらの希望はあくまでも希望であり、最終的には希望と信頼実績のバランスによって決まります。ゆえに信頼実績が足りない場合は多少枠が狭まるか、あまりにも大きな要望であれば落とされる可能性が十分にあります。
(⇒信頼実績でカードローンの条件は決まる

では、信頼実績を一番確実に得る方法とは何なのか?信頼を得る為には、まずは希望条件内で無くとも作ってみる事から始めてみましょう。

信頼実績をステップアップさせるには

カードローンを作る事が何故信頼実績を得る方法となるのか?それはカードローンの返済実績が大きく関わっているからなのです。千里の道も一歩から、とは言いますが、それにも当てはまる事になります。

信頼実績で大きいのは、やはり何があれ「遅延無く返済をしてきたか」に集約されます。期日に返済をするというのは当然の事ではあるのですが、その当然を守ってもらわないとカードローンというビジネスは成り立たず、遅延が酷い人には貸し出しすら行ってくれなくなるでしょう。
(⇒カードローンの返済期日を守るべき理由

しかし、返済期日を守る事でそれは確実に『貸したら返してくれる』という信頼に繋がり、より多く借り入れてもらう事でローン会社の利益にもなるのですから、限度額に関しても増額に応えやすくなるのです。

もっと極端な話をするなら、用入りになった場合にまずは審査が通りやすいカードローンを作って借り入れ、それを着実に返済していって信頼が十分になったら、そのカードローンは解約して、本命とも言えるカードローンをより良い条件で作る、という方法があります。カードローンを複数所持するのは微妙だし、どうせならずっと使える一枚が欲しい!という場合にはこれも有効な方法と言えましょう。
(⇒解約してカードローンを整理してみよう

信頼実績があれば広がるカードローンの幅

このように、発行したカードの限度額が少なくとも悲観する事はありません。最初にカードローンを発行できた事である一定以上の信頼はあるという事を自覚し、今のカードローンを利用してさらなる好条件の足掛かりにする、くらいの前向きな気持ちでも問題無いでしょう。

信頼があればカードローンの条件も良くなり、さらに便利さは増します。その為の準備期間を手堅く過ごす事も大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加