固定電話のカードローン審査に与える影響

思わぬカードローン審査の対象!?固定電話を残しておきたい理由

意外な審査の基準

カードローンの審査というのは基本的には同じであれど、基準となると各社において違いがあり「片方は通ったけど片方は落ちた」という事は十分あり得ます。
(⇒カードローンの審査において必要な基本的要素

審査の基準は変化する可能性もあり一概に言えませんが、それでも昔から残っている基本的要素は消えることなく残っており、時に「どうして関係あるんだろう?」と思う事もあるでしょう。

そして今回は今では姿を消しながらも、あれば有利とされる審査要素についてご説明いたします。必要無いと思われがちな『アレ』が実は大事なのです。

固定電話は財産の一部

それは携帯電話の普及に伴い姿を消しつつある固定電話です。会社などを経営するなら固定電話もかなり重要なポジションを占めていますが、一般家庭においては携帯電話の方が有用性が高いとされています。特にお子さんに持たせる事で連絡が容易になり、犯罪の抑制にもある程度の効果がありますね。

しかしこの固定電話、何故カードローンの審査に重要なのか?それは固定電話とそれを使えるようにする電話番号の存在が大きいのです。

様々な技術の発展により電化製品は随分とお手頃になってきましたが、その中でも固定電話、そして電話番号というのはカードローンの信用において特別な存在です。携帯電話の世代の方には少々ピンと来ないかもしれませんが、固定電話の番号を手に入れるという事はそれなりの手間と費用も必要になるのです。つまりそれの所持自体もある程度のステイタスと言えるでしょう。

そして固定電話を備えているという事は、その住居に根付いている…つまりは住所変更といった事が少ないと判断され、安定を好むローン会社側からすれば好ましく映ります。持ち家などに固定電話を備えるという事は、多少古めかしいと思われがちな考え方ですが、安定の証拠としては十二分の力を今でも備えているのです。
(⇒居住形態と審査の関係

固定電話はまだまだ必要

携帯が便利に手軽になり過ぎたせいで固定電話の解約も進んでいますが、通話料は固定電話に掛ける場合は格安であるように、ローン審査を受ける場合の事も考えればまだまだ重要な存在で、要らないからとすぐに手放さない方が良いのが分かりますね。可能であればきちんと残しておき、次の世代へとしっかり残してあげましょう。

このように、カードローンにおいては財産と判断される要素がまだまだたくさんあります。物が少ないシンプルな生活も良いですが、財産だけはしっかりと管理しておき、残し続ける事も大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加