カードローンで嘘が厳禁な理由

嘘は厳禁!カードローン審査で嘘が付けない真実に迫る!

ついてはいけない嘘

嘘も方便…とは言ったもので、大人になると私たちの社会が必要悪とも言える嘘で溢れているのが分かってきます。とはいえそれに絶望する事無く、必要に応じて建前と本音として使い分ける事も時には必要です。

さて、嘘をついていい場面…と言うと身も蓋もないですが、それでもやはり嘘は良くない、嘘を付く事で重大な問題になる場面はあります。特に何か面接や審査といった場面において、嘘というのはその場は凌げたとしても、やがて自分の首を絞める事になりがちです。

カードローンはあなたを信用してお金の融資枠を設ける仕事です。それゆえに嘘は厳禁であり、信用を損なう事は重大な規約違反にも繋がるのです。

カードローンでの嘘はばれるもの

カードローンを作る際、いい条件で作りたいと思うあまり「これくらいは大丈夫だよな」と提出書類などで年収や勤務歴を水増ししたりしようと思う事があるかもしれません。しかしながらそれらは嘘が発覚する可能性が高い、リスクが大きすぎる事なのです。

まず大前提として、カードローンを作る際に必要とされる身分証明証となる物の控えを提出する事が求められます。そうなるとあなたがパーソナルデーターの記載が違えば当然発覚しますし、大きな融資枠が欲しいなら収入証明証の送付も求められる事が多く、これで年収などの記載も確認されます。つまり、あなたに関わる重要な事項であればあるほど、ローン会社はしっかり調べる事になるのです。
(⇒カードローン申し込み時に必要とされる物

さらにデメリットとして大きいのが「この人は嘘をついている」とローン会社に思われる事です。嘘をつくくらいなのだからカードローンを作るのに何かしら不都合な事実があるとは思われますが、それでも本当なら融資をしてくれそうだったところに嘘をついていたと思われると、その融資枠ですら取り上げられてもおかしくありません。それほどカードローン審査について嘘が及ぼす影響は大きく、借り入れる人には誠実さを求められているのがよく分かりますね。

誠実に審査に挑む

嘘をついて限度額などを増やそうとするよりも、今現在の自分が「いったいどれくらいの条件なら狙えるか」という風に、素直に自分の状況を照らし合わせて貸してくれる場所を探すのが建設的です。申し込み前に絞り込むならカードローンの一括審査をしてくれるサイトを利用するなどして、まずは自分にちょうどいい条件でカードローンを初めてみましょう。

どんなローン会社でも嘘をつくくらいなら、不都合な情報でも正直に話してくれる方のほうがまだ検討をしてもらえます。ローンの審査は誠実に向かい合い、後腐れなく利用できるようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加