カードローン審査二つの仕組み

どうして早いの?二つに分かれたカードローンの審査の仕組みを学ぶ!

カードローンの二つの審査

カードローンの審査の速度には銀行系カードローン消費者金融系カードローンで差がありますが、それでも昔の貸付に比べて審査の速度は大幅に向上しています。銀行でもカードローンなら翌日に電話がかかってくる事も多いのですから凄いですよね。

その審査の速さはどうやって成り立っているのか?それはカードローンの審査が二つに分かれている事も関係しています。仮審査と本審査に分かれている、と言えば多くの方がピンとくるかもしれませんね。

カードローンに仮審査と本審査があるのは比較的有名な情報ですが、その大まかな内容に関しては全容が知れていない方も多いでしょう。そこで仮審査と本審査の違いについてご説明していきます。審査の内容を理解し、どっしり構えて申し込みを行いましょう。

機械的な仮審査

仮審査というのは最も基本的な要素を調べて、そもそも融資は可能なのか否かを篩(ふる)い分ける段階です。金利や融資枠というのは本審査の役目となる事が多いです。

この審査においては機械が担当する事が多く、特にインターネットなどで申し込んだ場合、申し込み数分で仮審査の合否が分かる事があります。この仮審査をスピーディに行うメカニズムがあってこそ、審査の効率化が進んだと言えましょう。
(⇒インターネットを利用して行う審査のメリット

仮審査は確かに機械化が進んでいますが、さすがにこれだけで審査が終わる事はありません。大事なところはちゃんと人間が確認しています。

人間が行う本審査

仮審査で融資の可否が決まれば、今度は本審査に移行します。仮審査の時には通った書類の内容も本審査のチェックで落とされる可能性も考慮に入れておきましょう。

本審査というのはやはり有名なのが在籍確認の電話でしょう。こればかりは機械が行うわけにもいかず、担当の方が最終確認の意味も込めて会社などに電話します。
(⇒仮審査後の在籍確認とは

基本的にはそれで大体審査は終わりとなりますが、先に申し上げた通り、本人確認書類をチェックするのはやはり人間の作業となります。電話がかかってきても審査が終わったわけでは無く、正式な契約が通達されるまではきちんと構えておきましょう。

効率化と確実性が兼ね備えられた審査

このように人間の手間を機械がある程度担当している事で、今現在の審査は成り立っています。他にも審査基準などもあるのですが、この基準は門外不出で流出があればすぐさま変更される為、内容に関しては職業や年収といった大まかな部分さえ押さえておけば構いません。
(⇒審査に有利な職業について考える

仮審査も本審査も両方パスしないとカードローンは作れません。区分して考えるのより、どうすれば通過できるかの基本から押さえてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加