カードローンの申し込みは慎重に行うべし

カードローン申し込みは慎重に!一回一回を大事にしたい理由とは?

引き際を見極めるべき理由

カードローンを申し込んでいると、時には融資側の基準にそぐわず、審査落ちする事だってあるでしょう。審査に落ちる事で落ち込む方もいらっしゃますが、カードローンの審査は昔と違って厳格化しており、スムーズにいく事の方が減ってきたのも事実です。落ちたといっても諦めず、悪かったと思う点を改善していきましょう。
(⇒カードローン審査が厳しくなった理由

とはいえ、諦めずにもう一度チャレンジするにしても、同じ場所にすぐ申し込むのは控えた方がいいでしょう。例えばそこがいかに魅力的で是非欲しいカードローンであったとしても、むしろそうした良い条件のカードローンだからこそ控えたい理由があるのです。

同じ場所に連続で申し込むべきでない理由

何故連続で申し込むべきでないのか?それにはまず理由を簡単に明らかにするとしたら、一度落ちたところにすぐ申し込んでもまず落とされるからなのです。

まずカードローンに申し込んだ時点で履歴が信用機関に登録されるので、もう一度送ったとしてもすぐさま信用機関の情報を参照され、仮審査の時点ですぐに落とされるでしょう。
(⇒仮審査と本審査の違い

また、可能であるなら他の場所に申し込むのも数を絞るか、本命があるとしたら避けておくのもいいでしょう。これも前述した信用機関に審査落ちの情報も登録されている為、他の場所にも数多く申し込むなら「よほどお金に困っている」と判断され、審査においてマイナスポイントになってしまう事でしょう。

審査に落ちてどうしてもお金が必要!という場合には消費者金融系のカードローンを優先的に申し込んでもいいでしょう。銀行系カードローンに比べて審査基準が緩めなのが魅力で、尚且つ審査速度も速いのが特徴です。急いでいる融資には力を発揮してくれる事でしょう。
(⇒消費者金融はスピーディな審査が魅力

時には申し込みから離れるべし

申し込みというのはするだけなら何度でも、何か所でも可能ですが、記録が残る以上は回数は絞って確実な場所に申し込むのが理想的です。だからといって基本的な条件を無視していい事にはなりませんが、作れない事が分かっている申し込みはデメリットしかありません。その事だけは理解しておきましょう。

申し込みに失敗してすぐにカードローンが必要無いなら、敢えてしばらく申し込みはしないのも未来の為になります。余裕があるなら焦らず、長く付き合えるカードローンに備えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加