カードローンの審査から分かる必要な事

審査の緩さは問題じゃない?カードローンの真に必要とされる事

審査の緩いカードローン

審査の厳しくなった金融業界においては、申し込む前から「自分は融資を受けられない」と諦めてしまう方も増えてしまいました。実際度重なる不況はさらに貸し出しにも厳しい条件を生み出さざるを得ず、金融業界と言えどやはり冷え込みは隠しきれません。

とはいえ、全てのローン会社が厳しくなりすぎてしまう事はありません。「こっちではだめだったけど、あちらの会社では融資が受けられた!」という具合に、審査基準に違いがあれば基本的な緩さにも差があります。闇金などは審査が無いも同然ですが、間違ってもその緩さとは意味合いが違うのは先にご説明しておきます。
(⇒無審査ほど怖い物はない闇金の秘密

こんな時代だからこそ借りやすいカードローンが知りたい…そんな方向けに、ざっくりと審査が緩いカードローンについてご説明していきます。

消費者金融は何故審査が緩い?

大体想像されている方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融系のカードローン銀行系カードローンに比べて、全体的に審査は緩めとされています。だからと言って当然違法な金利ではあるはずもないです。

とはいえ、やはり銀行系カードローンに比べれば金利はやや高めに設定されており、限度額を増やしても銀行系カードローンのような安さにはなりません。まずその点だけは理解しておきましょう。
(⇒限度額の金利の関係

しかし、審査が緩いという事と同時に結果も早く出るというのは、急ぎの金策で頼る事もあるカードローンにおいては得難いメリットと成り得ます。即日融資も可能な会社の場合、審査の速さもあって銀行とは別次元の存在とも言える価値が見出せるでしょう。
(⇒急ぎの方は即日融資を使おう

最初のメリットと後からのメリットは=では無い

審査が緩いけど金利が高いのでは意味が無い…と思われるのは急ぎの金策でない方のご意見であり、時にはスピードこそが結果の明暗を分ける事があります。つまりは金利が安いだけでも、審査が早いだけでもというのは同軸で考えるのは少し間違っていると言えるでしょう。

最終的に自分が今何を必要としているかがポイントです。自分が一番必要としている事こそ一番の価値があります。消費者金融を選ぶならそこを重要視してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加