職業による審査の有利と不利

あなたはどっち?審査における職業の有利不利を調べてみた!

審査において重要な点

カードローンにおいて審査というのは融資の有無だけでは無く、融資に際しての条件を決定する重要な物です。具体的には仮審査において融資可能かどうかを見て、本審査で融資内容を決定するといった具合ですが、審査の種類よりも自分がどれくらいの条件なら通るか考える方がいいでしょう。
(⇒本審査と仮審査の違い

そこで借り入れの際に少しでも有利になる条件とは何なのか?それはやはり今現在のご職業が関係しています。簡単に変えられるものでは無いのですが、やはりどういった職業が有利か知っておくのは大事な要素と言えますね。

審査において有利と言われる職業

やはり一般的にも安定している、就くのが難しいと言われている仕事の方が全体的に給与にも優れ、カードローン審査においても有利となります。こうしたご職業であればさほど用入りの際にも困らなさそうに見えますが、やはり仕事柄大きな出費の可能性もあり、その際に大きく借り入れをしてもらいたいとローン会社は考えるのです。

安定と言えばやはり公務員ですね。昔に比べて給与削減や人員も減らす方針が著しいですが、それでも安定した地位というのには変わりありません。リストラといったものが基本的に無縁なのが大きく、ローン会社側も安心して貸し出しを行えるでしょう。

そして弁護士や医者といった仕事もかなり有利です。この二つは安定に加えて基本的な年収の高さから、場合によってはローン会社側から誘いが来るほどになっています。従って自分から申し込んでも特に問題無し、ローン会社側も十分な条件を用意してくれる事でしょう。

審査においてやや厳しくなる職業

続きまして、審査の際に若干厳しくなる職業です。これらの仕事は無理とは言いませんが、やはりローン会社側が求める安定性に疑問を持たれがちで、少々難しくなるといった感じになってしまいます。

まず、自由業…俗に言うフリーランスの方は、会社からの保障などを受けていない事から、やはり審査の際に疑問視が強くなります。さらに職場などへの確認電話も出来ない事から、どうしても会社勤めに比べて不利になりがちです。

そして少々意外かもしれませんが、自営業の方も少々難しくなります。一昔前で言えば企業すると言えば融資が受けられる時代でしたが、不況による倒産が相次ぐ時代になってしまっては、一部上場などでも無いと難しくなります。事業者の方は事業者向けカードローンを申し込めばわりと受かりやすく、そして条件も良くなると言われます。一度検討してみてもいいでしょう。
(⇒グレー金利によるばら撒きの時代

職業以外にも目を向けてみる

カードローン審査においてはやはり職業が重要な審査基準になりますが、何事にも例外はつきものです。例えお仕事をされていなくても資産家であったりすれば状況は変わる事がありますし、学生向けカードローンなどもあります。

仕事以外でも有利になる条件が揃えばあなたの審査結果は変わります。仕事を理由に審査前に諦めるのではなく、もう一度自分の身の回りを見返してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加