カードローンの審査や申込みについて

記事一覧

審査無しは危険!?違法ローンの甘い嘘に気を付けるべき理由

無審査はありえるのか

カードローンを申し込むとなると、まずは審査を受ける事になります。この審査においてはカードローンは無担保でありますので、申し込んだ方にお金を貸せるか、そしていくら貸せるかという信用の度合いを計ると言えましょう。
(⇒信頼実績が必要とされる由縁

ローンと言うのは様々な形態があれど、お金を貸し出す以上は審査が必要となります。お金と言う存在の重みが分かる事実ではありますが、やはり「審査も無しにぽんと貸してくれるところはあるのかな?」と想像してしまいますよね。

それが夢絵空事で有り得ないと分かって考えるならともかく、追い詰められてそう考えられている方は、注意が必要です。

タダより怖い物は無い

まず、最初に言うなれば、審査が一切無いカードローンというのはあり得ません。ヤングローンであれば在籍確認の電話はありませんが、審査が無いとまでは当然いきません。

もしも『審査無し!』と大々的に書いているローンがあれば、それはほぼ十中八九闇金と呼ばれる違法なローン業者を疑った方がいいでしょう。

闇金に頼った場合、確かに審査はありませんが、法外な金利と取り立てに追われ、まずまともな返済をする事は不可能です。それほどとんでもないところからお金を借りているという事なのです。

タダより怖い物は…と昔から言いますが、審査というのはいわばタダでは貸せないから行われている事であり、それをスキップするという事は別の要求、違法行為が待っていると肝に銘じておいてください。

逆に考えれば審査がちゃんとあり、同時に厳しいとなると、それは信頼のある業者という事です。審査が無いなんていう目先の甘い餌には決して騙される事無く、例え時間がかかったとしても厳しい審査を受ける事が、安全な融資を受ける為のファーストステップだと思いましょう。

心の隙間にご用心

普通に考えればそんなところに引っ掛かるのがおかしいと一笑できそうですが、お金に困って追い詰められた状態と言うのは、人によっては正常な判断力を奪うのに十分な状態です。自分は大丈夫と過信せず、そういった状況になった時こそ落着き、通常のカードローンにおいても即日融資はあるという事や消費者金融ならば審査は優しめという事を思い出し、闇金に走らないようにしましょう。

審査が無いという事は安心には繋がりません。審査があるという事の安心を思い出し、正しいカードローンを作りましょう。

カードローン申し込みは慎重に!一回一回を大事にしたい理由とは?

引き際を見極めるべき理由

カードローンを申し込んでいると、時には融資側の基準にそぐわず、審査落ちする事だってあるでしょう。審査に落ちる事で落ち込む方もいらっしゃますが、カードローンの審査は昔と違って厳格化しており、スムーズにいく事の方が減ってきたのも事実です。落ちたといっても諦めず、悪かったと思う点を改善していきましょう。
(⇒カードローン審査が厳しくなった理由

とはいえ、諦めずにもう一度チャレンジするにしても、同じ場所にすぐ申し込むのは控えた方がいいでしょう。例えばそこがいかに魅力的で是非欲しいカードローンであったとしても、むしろそうした良い条件のカードローンだからこそ控えたい理由があるのです。

同じ場所に連続で申し込むべきでない理由

何故連続で申し込むべきでないのか?それにはまず理由を簡単に明らかにするとしたら、一度落ちたところにすぐ申し込んでもまず落とされるからなのです。

まずカードローンに申し込んだ時点で履歴が信用機関に登録されるので、もう一度送ったとしてもすぐさま信用機関の情報を参照され、仮審査の時点ですぐに落とされるでしょう。
(⇒仮審査と本審査の違い

また、可能であるなら他の場所に申し込むのも数を絞るか、本命があるとしたら避けておくのもいいでしょう。これも前述した信用機関に審査落ちの情報も登録されている為、他の場所にも数多く申し込むなら「よほどお金に困っている」と判断され、審査においてマイナスポイントになってしまう事でしょう。

審査に落ちてどうしてもお金が必要!という場合には消費者金融系のカードローンを優先的に申し込んでもいいでしょう。銀行系カードローンに比べて審査基準が緩めなのが魅力で、尚且つ審査速度も速いのが特徴です。急いでいる融資には力を発揮してくれる事でしょう。
(⇒消費者金融はスピーディな審査が魅力

時には申し込みから離れるべし

申し込みというのはするだけなら何度でも、何か所でも可能ですが、記録が残る以上は回数は絞って確実な場所に申し込むのが理想的です。だからといって基本的な条件を無視していい事にはなりませんが、作れない事が分かっている申し込みはデメリットしかありません。その事だけは理解しておきましょう。

申し込みに失敗してすぐにカードローンが必要無いなら、敢えてしばらく申し込みはしないのも未来の為になります。余裕があるなら焦らず、長く付き合えるカードローンに備えておきましょう。

良い条件は利用実績から!焦らずカードローンの条件を変えていく意味

予め知っておきたい事

カードローンを作るにあたり、より良い条件を求めるのは当然の事ですね。カードローンをより使いやすくする為には金利と言った基本条件が優れている事が第一であり、それこそ条件が悪いカードを作っていても、使う機会はほとんどありません。
(⇒カードローン選びの基本的なポイント

それは恐らく初めてカードローンを作る方でも同じことを考えるでしょう。初めてカードローンを作るという事は少なからず使う事を想定しての事だと思うので、使うなら当然良い条件を要求する事でしょう。

しかし、いきなり最初から最高の条件のカードローンを作るのは、特別な事情でも無い限り少々難しいと言わざるを得ません。

最高の条件にする為には

まず最初にカードローンにおいて求める点として、十分な枠、借り入れ限度額があります。これは少ないよりは多い方がいいの典型例とも言える項目で、多ければよりたくさんの使い道が思いつく事でしょう。

しかし、今まで一切ローンを組んだ事が無い方は信頼実績に欠けると判断され、最初から十分な枠を用意してもらえる事は少なく、まずはお試しという意味でも低めの限度額が用意される事は珍しくありません。もちろんその枠内で利用しつつ問題無く返済していけば、今後の限度額増枠に繋がります。
(⇒申し込みに重要な信頼実績とは

そして同様に、最初から低金利というのも難しくなります。というのもこの金利と言うのは限度額と密接に関係しており、一般的に限度額が大きくなればなるほど金利も下がっていく仕組みになっています。(⇒金利と限度額の関係

ゆえに限度額と金利に関しては、まずは返済などによる信頼実績を積む必要があります。焦らず提示された条件で使っていき、徐々に条件を良くしていくつもりで利用していきましょう。

例外として、弁護士や公務員といった特定の職業などであれば、最初から十分な条件で用意してもらえる事があります。該当するお仕事に就かれているなら、それを当て込んで申し込んでみるのはいかがでしょうか。
(⇒カードローン審査に有利な職業とは

焦らない事も最高のカードローンにする条件

信頼というのは交友関係にも当てはまるように、借り入れに関しても時間をかけた積み重ねが重要となります。最初から良い条件ばかり求めすぎるのは良くありません。焦らない事も最高のカードローンに出会う為の第一歩と思っておきましょう。

信頼実績は難しいようで、普通の事をしていけば自然と積み重なっていくものです。余裕のあるうちにしっかりと借り入れと返済をこなし、次に備えておきましょう。

外国人でも作れるカードローン!まずは最低条件を確認しよう!

外国人の方はカードローンが組めるのか

カードローンは今や学生の方でも主婦の方でも組む事ができるほど門戸が広がっており、ご自身の状況に関わらず申し込めるものとなり、より一層便利になりました。
(⇒学生でも組めるカードローン
(⇒主婦がカードローンを組む時の審査の違い

そうなると申し込めない人の方が少ない…と思われますが、やはり外国人の方であれば「本当に自分も申し込めるのだろうか?」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか?

外国人の方は特にある程度の期間日本に住む場合、カードローンやキャッシングといった『日本円』を引き出せる物があると非常に便利で、私も日本に住まう外国人の友人が居て、同様の理由でたくさんのカードローンを持っていました。やはり通貨の換金というのは手間もコストもバカにならず、借り入れを利用した方が総合的に便利なのが分かります。
(⇒カードローンとキャッシングはどちらがいいの?

条件さえ整えば作る事は可能

この事から分かるように、外国人でも申し込む事は可能であり、尚且つ発行してもらう事も可能です。しかし、当然のように制約や条件はあります。

まず、これからも日本に住むという点が重要視されます。ローン会社側からすればいつ祖国に帰ってもおかしくない外国人の方にお金を貸すのは通常以上にリスキーです。それゆえに永住権が有るか無いかで審査の厳しさは変わってきます。帰化でも同様ですね。

似たようなもので外国人登録証があれば申し込めますが、こちらの方は期間が決まっており、身分証明証にはなりますが、永住権に比べて審査はやや厳しくなります。やはり外国に帰られてしまっては利用も見込めませんし、更新やその他の理由から倦厭されがちなのは否めません。

永住権や帰化に加え、日本における安定した身分というのも当然求められる事から、日本人に比べて満額といった条件は出にくいのが実情です。比較的外国人の方にも平等な日本ではありますが、金融に関してはシビアにならざるを得ませんね。

ハンデがあるのを理解しよう

このように、国内のカードローンは国内に住まう方が、国内で使う事を想定して作られた物です。外国人の方は日本人であれば満たしている条件が無い状態から考えられてしまうので、作れても多少の条件の縛りがある事は予め理解しましょう。

もちろん日本においてある程度の地位があれば話は変わりますので、該当される方は申し込んでみてはいかがでしょうか。諦めるには惜しいくらい便利なのが日本のカードローンなのですから。

申し込み前にチェック!カードローン選びに失敗しない三つのポイント

カードローンは申し込む前からが大事

カードローンの説明を見てその便利さに気付き、申し込みをしようと思われている方にお聞きしたい事があります。

それは「申し込み先を決める際にどこを見て決めたのか?」という所ですね。テレビCMやインターネット広告などを頻繁に出している大手企業なら失敗のリスクも下がりますが、初めて申し込むなら勝手が分からず、申し込もうと思ったきっかけになった場所にそのまま決めてしまいかねません。もちろんそれでもいいですが、出来る事なら良い条件でカードローンを始めたいと誰もが思うでしょう。
(⇒即決しないカードローンの作り方

そこで最低限見ておきたい、自分に見合っていてさらに失敗しない為の見ておきたいポイントをお教えいたします。基本的ではありますが、最初は誰もが見落としがちな点でもあります。見直す意味でもしっかりおさらいしておきましょう。

これだけは押さえておきたい三つのポイント

まず最初に見るべきなのは金利ですね。金利というのは低ければ低いほど返済が楽になるのでむしろ見ていない方のほうが少ないのですが、上限金利と下限金利となると、下限金利の方にばかり目がいきがちです。
(⇒金利は上限と下限を見ておくべし

下限も上限もどちらもあなたにとって無関係というわけではありません。自分が借り入れる前にどちらになるか予め検討しておき、そのうちどちらになるかで申し込み先を考えていきましょう。

次に見るべきは返済日ですね。これに関しては複数の日にちから自由に選べるものと一定周期の中で自由に返済するものと二種類あります。返済日なんて払えば一緒…と思われがちですが、給料日などの兼ね合いで近い日取りなどにしておかないと、ちょっと足りなくなって泣きついても事故扱いになり、今後に重大な影響があります。自分が守れる日にちであるか否かというのは想像以上に重要なのです。
(⇒一定期間内で自由に返せるプランとは?
(⇒返済日を守る事の大切さ

そして最後に貸付枠ですね。これは多ければ多いほど使い道は増えるわけですが、上限額が高いところが相対的に金利が安いとは限らないのです。なので自分が必要なほどの上限と負担になりにくい金利のバランスを見る意味でも、枠の確認は重要になってきます。過ぎたるは及ばざるが…と言いますが、カードローンでもそれは同じですね。

まずはこれだけ見てもOK

他にもカードローンは各社ごとに独自とも言えるサービスを備えている事がありますが、やはり今回挙げた基本的な部分が勝っているのが第一です。まずはこれらだけでも見ていただき、余裕が出てくれば他の要素を鑑みるのでも遅くはありません。

カードローンを最初に借り入れるとなると不安もありますが、今回のポイントを押さえたカードローンは優良な物が多いのが特徴です。必要な時には恐れずに利用してみましょう。

解約も選択肢に!最高のカードローンを手に入れる為にしたい事

最高のカードローンを組む為にするべき事

カードローンに申し込む以上、やはりその人その人における理想の条件があると思います。例えば低金利なのが何よりも優先であるとか、限度額はあればあるだけ好ましい等々…カードローンの理想は様々です。

しかし金利にしても限度額にしても言える事は、カードローンの条件を良くするなら様々な面において良くしないと、部分的に良くするというのは難しいという事です。特に先ほどから挙げている金利と限度額は密接しており、両方を良くしないと原則として条件を良くするのは難しいでしょう。
(⇒限度額と金利の離れられない関係

カードローンの扱いにも慣れてくると「最高の条件のカードが欲しい!」と思ってしまうのは当然の流れです。しかしそのまま作るとなると最高の条件に届かない事があります。それはカードを複数所持するような形になってしまうのが原因であるのが考えられます。でしたら、思い切ってしまうのも時には必要です。

解約する事で次に活きる意味

そう、思い切って今使っているカードローンを解約してしまうのも手なのです。カードローンは作るのが大変でやっと作れたし、便利だから勿体無い…と思っていませんか?確かにそれも一理ありますし、収入や資産に大きな余裕があれば、そのまま作ってしまって構いません。

しかし、注意すべき点としては信用機関に記録されている情報があります。ここにはあなたの借り入れや審査の可否や事故記録も残っており、カードローンを所持しているという事自体も記録されているのです。

カードローン自体を持っているという事は契約中と記載され、実はローン会社によってはカードローンを契約しているだけでも「借り入れと同等に扱う」事があるのです。借り入れがすでにある状態では審査に響くように、カードローンの契約自体が審査に支障をきたす可能性は十分にあるのです。
(⇒所持するカードローンを絞りたいわけ

同時に、信頼実績を積む為にはカードローンを所持して使うのが近道なのも事実です。ゆえに本命のカードを作る前にそこそこのカードローンを作って不自由なく使い、信頼を積んだと判断すればすっぱり止めて新たに申し込む…という方法は最高の一枚を持つ為にも有効なのです。

思い切りは良く、そこまでを慎重に

しかし、今現在使っているカードが借入枠の見直しが可能な場所であったならば、そこで積んだ信頼をそのまま使った方が楽な場合があります。最初から本命のカードローンを作り、じっくり限度額を拡張していく…というのも選択肢としては魅力的です。
(⇒再審査で限度額を見直してもらう

解約するには思い切りが必要ですが、判断するまでは「今の会社に再審査はあるのか、そして最大でどこまで良くしてくれるのか」というところをきちんと見ておきましょう。慎重さも伴ってこその大胆さです。カードローンはお金に関わるので、そこは踏まえておきたいですね。

カードローン申し込み前の疑問を解決!主な質問三つを徹底解説!

カードローン申し込みに際して思うのは

カードローンの申し込みはある程度クレジットカードやキャッシングの申し込みの経験があれば要領は掴めていると思います。どのカードもそれぞれ特徴はあるのですが、必要記入事項における情報は似通った部分も多いです。
(⇒カードローンのクレジットカードの主な違いとは?

しかし、初めての方の場合は説明文通りに書いて申し込むだけでいいとはいえ、見落としがちだったり、根本的な部分で分かりにくい部分や勘違いがあったりしてもおかしくはありません。利用規約にしてもそうですが、こうした申し込みに関して分かりにくい部分は、ある程度慣れた方でも疑問に思うものです。

そこで今回はカードローン申し込みにおいて、よくあると言える疑問について見ていきましょう。初めて申し込む方は是非ご参考にして下さい。

カードローンによくある疑問3点

最初に最も初歩的な疑問ですが、カードローンが申し込める年齢に関してです。カードローンは何歳以上から申し込みが可能になるのか?

それは二十歳から可能となっています。成人してからが社会的な責任が増す代わりに自分の自由も増えますが、まさにそれと同じと思っていただいていいでしょう。従って二十歳であれば在学中、つまり大学生などでも申し込みは可能です。学生用カードローンもあるように、今では職業に関わらず幅広い層からの申し込みが可能です。

しかし一応条件には書かれていませんが、上は七十歳くらいまでだと思っておけばいいでしょう。さすがに年金暮らしでも作れるカードローンもあると言えど、高齢にも限度があるのです。

次に身分証明証が必要である事です。これは公的な物であれば比較的何でもいいと言え、運転免許証やパスポート、健康保険証など自分に都合の良い物で構いません。より手軽に作れる住民カードでも問題無いでしょう。

しかし、このコピーを送る場合でも若干ではありますが、物によって少し印象が変わります。例えば運転免許証や住民カードは誰でも作れるといえますが、健康保険証、それが会社から発行されている物なら、仕事の証明に加えて正社員やそれに準ずる役職以上であると証明できますので、そちらを優先して送ってみましょう。

最後に保証人についてですが、これは勘違いされている方が多いのですが、基本的にカードローンにおいては必要ありません。だからこそカードローンが手軽で人気のある理由と言えますね。

やや例外としては、主婦の方であれば旦那の方の収入が参照されますので、旦那の方の同意が必要となります。保証人は必要無いとはいえ、お金に関わる事です。家族とは予め話し合っておきましょう。

これらを先に踏まえておく

以上の3点が比較的良くある疑問です。初めて申し込まれる方のうち、いくつが疑問として残っていましたか?それが今回の内容で解決していれば光栄です。

カードローン申し込みにはまだまだ注意点はありますが、今回の基礎を踏まえておけば、記入自体は例もあるので大丈夫でしょう。記入事項はきちんと読み。利用規約に関しても長いとはいえ、最低一度は目を通しておきましょう。

年金暮らしでカードローンは作れる?安心した老後の為に持ちたい理由

安心した老後の為に

お歳を召され、仕事からも退いたら、いよいよ老後の生活に突入です。今までお仕事に忙殺されていた方も多く、したくても出来なかった事も多いでしょうし、まさに第二の人生の始まりと言ってもいいでしょう。

老後の生活の支えと言えば、やはり今までの蓄えに加えて年金が生活費の一助となる事でしょう。その為に年金を払い続けてきたのですから、もらえる物はきちんと手続きを経てもらえるようにしておきましょう。

しかし近年の不況は様々な金銭的な負担を市民に強いています。その中でかつては将来安泰とまで言われた年金も大幅な支給金額のカットが遂行され、お年寄りでお仕事から引退された方々の生活を圧迫しています。

その中でお仕事をされていた時の蓄えと言っても、給与面でも不振が続く世の中で仕事をされていると、どうしても心許なくなってしまいますよね。だからと言って年金もあてにならない…厳しい世の中です。

そんな時、いざと言う時に使えるお金…借り入れの枠があれば、最悪使わなかったとしても、安心して過ごす事ができます。でも若いうちに作ってカードローンを作ってなかったから、と諦められる方もいらっしゃいますが、それは少し早い結論です。

年金でも作れるカードローン

カードローンを作るなら今現在のお仕事が審査に影響する事から、すでに退職された方は少々審査を不安に思うかもしれません。

ですが主婦の方でも独自の審査によってカードローンが発行されるように、年金での収入が主となっているご年配の方でもカードローンは発行できるのです。

但し、限度額などは働いている方に比べて振るわないですし、ご年配と言ってもさすがに七十歳を越えているとかなり厳しいものとなります。定年退職が一般的に六十五歳くらいだとしたら、五年間のうちにはカードローンの審査を受けておきたいところになります。ただ、これも資産や審査を受ける銀行との大きな取引があったなどの実績があれば、結果は変わる事もあります。カードローンを作る前は、ご自身の身の回りをもう一度整理して見てみましょう。

生涯付き合っていくカードローン

理想で言えば二十代から三十代の間で作っておきたいカードローンですが、退職後に作れても万が一の状況への備えとしては十分です。特に定年退職後は再度の就職も年齢的に難しいので、いつどんな事があるか分かりません。ある程度の、いつでも使える融資枠はきっとあなたの安心に繋がります。

カードローンは若いうちだけでなく、老後も使える便利なローン方法です。必要になる前に、出来るだけ有利な条件のうちに作っておきましょう。

主婦の方がカードローンを作るなら知りたい、家計の為の使い道とは!

様々な方が申し込めるようになったカードローン

学生専用のカードローンがあるように、今ではカードローンはほとんどの方が作れるようになっています。無職でも条件を満たせば作れるカードローンもあるくらいですから、その気になれば誰でも作れるようになれると言えるでしょう。

そして女性向けローンがあるなら、といわんばかりに主婦でも組めるカードローンがあります。これは専業主婦と呼ばれる家事に専念されている女性の方向けのプランであり、審査から少々通常のカードローンとは異なります。

主婦でも作れるカードローン

カードローンと言えば通常お仕事をされている方向けのローンであり、職業の違いによって審査の難度と借り入れ条件が変わるものです。
(⇒職業による審査難易度の違い

しかし専業主婦向けに作られているカードとなれば根底から変わります。職業の違い=給与の違いくらいで考えてもいい審査が少々変わり、主婦の方が申し込んだ場合には世帯全体における年収、特に旦那の方の基本年収が審査において注目されます。つまるところご自身に明確な収入が無くとも、旦那の方が相応のご職業であったならば、審査においては不自由しないとも言えますね。

しかしそうなると支払いにおいて頼りになるのは旦那の方になります。それゆえに主婦の方が作るには旦那の方の了解が必要となります。そこを踏まえて予め旦那の方と話し合って合意していれば、申し込みはさらにスムーズです。

また、世帯年収が参照されるように、家族全員が認めた場合に使うといった相互理解も必要です。カードローンにおいて多額の負債を抱えてしまった事例に「誰か一人が娯楽の為に勝手に使い込んでいた」というケースがあります。自己満足の為の借り入れは家族全員に迷惑がかかるという事をしっかり共通の認識として、常に理解しておきましょう。

幅広く申し込めるようになったカードローン

主婦の方もそうですが、まさにほとんどの方が作れるようになったのが今のカードローンです。ですがその分使い道を理解してないまま浪費してしまう方が増えてしまったのは事実でもあります。再三の注意になってしまうようで申し訳ないですが、必要なお金を貸してもらえるのがカードローンです。その意味するところはいつも考えていただきたいものです。

特に主婦の方だと家計を任されている事も多く、カードローンの管理も任される事があります。その場合は特に使い道は相談の上使うようにしたいですね。

カードローン審査は誤魔化せない!?信用機関から分かるあなたの情報

あなたの情報を記録する機関とは

カードローンを作るという事は審査を受ける必要があります。審査にあたっては申し込む方の名前を始めとした住所などのパーソナルデータを記入し、身分証明証のコピーを送る必要があります。つまりは私たちの個人情報を伝えないといけないわけですね。

しかし言い方は悪いのですが、これらの情報はアバウトであったりとか、事実と違っていたとしても調べられる限度があります。嘘を付くという事はカードローン審査において後に大きなマイナスとなるのですが、やはりローン会社側もそれは想定しないといけません。
(⇒カードローン審査に嘘の記述が良くない理由

そこで最低でも今までの借り入れといった、ローンに大きく関わる情報だけは正確に把握する必要があります。そこでローン会社が利用しているのが、信用機関と呼ばれる場所です。

あなたの信用情報が集まる場所

信用機関というのは、カードローンと言った審査への申し込みから借り入れ状況、さらには過去に支払いに遅延があったのかどうかなど、まさにあなたのローンにまつわる情報がリアルタイムに記録されています。従って同時申し込みや同じ場所への再度の申し込みなどが不利になるというのが良く分かりますね。
(⇒同時申し込みを控えるべき理由

従っていくら自分で記入する部分を飾ってもローン面に関しては一切虚飾が出来ない為、まさに今までの行動が審査時に反映されるのです。特に遅延と言った事故に関しては致命的なマイナスとなり、酷い場合では仮審査の時点で常に落とされ続けるだけとなります。

そして世間ではブラックリストと呼ばれる破産宣告をされた方ですが、このブラックリストという単語自体は専門用語では無く俗称です。とはいえ破産宣告の記録は残り続ける為、当然カードローンやクレジットカードなども審査に関しては不可能となるでしょう。

ただ、こうした悪い情報も含めた全ての記録は保存期間が決まっています。この期間を過ぎれば白紙に戻る為、そこからはまたチャンスはあります。白紙の状態というのはローンの信頼実績も存在していないという事なので厳しい部分もありますが、カードローン審査に有利な職業など、条件を満たせばチャンスはあります。気を取り直して申し込みをしてみましょう。
(⇒信頼実績を得てさらに良いカードローンを目指す!

あなたの行動によって登録される情報も変わる

カードローン審査に通ったとしても、そして落ちたとしても信用機関のせいではありません。信用機関に記録されている情報は全てあなたの行動であり、あなた次第でその情報は有利にも不利にも働くのです。

信用機関にお願いすれば自分の信用情報を閲覧する事が可能です。もしも借り入れなどが多岐に渡っていれば、一度は確認しておく事も大事です。
(⇒自分の信用情報を確認してみるには

<1 2 3 >