年金暮らしでもカードローンは作れるのか?

年金暮らしでカードローンは作れる?安心した老後の為に持ちたい理由

安心した老後の為に

お歳を召され、仕事からも退いたら、いよいよ老後の生活に突入です。今までお仕事に忙殺されていた方も多く、したくても出来なかった事も多いでしょうし、まさに第二の人生の始まりと言ってもいいでしょう。

老後の生活の支えと言えば、やはり今までの蓄えに加えて年金が生活費の一助となる事でしょう。その為に年金を払い続けてきたのですから、もらえる物はきちんと手続きを経てもらえるようにしておきましょう。

しかし近年の不況は様々な金銭的な負担を市民に強いています。その中でかつては将来安泰とまで言われた年金も大幅な支給金額のカットが遂行され、お年寄りでお仕事から引退された方々の生活を圧迫しています。

その中でお仕事をされていた時の蓄えと言っても、給与面でも不振が続く世の中で仕事をされていると、どうしても心許なくなってしまいますよね。だからと言って年金もあてにならない…厳しい世の中です。

そんな時、いざと言う時に使えるお金…借り入れの枠があれば、最悪使わなかったとしても、安心して過ごす事ができます。でも若いうちに作ってカードローンを作ってなかったから、と諦められる方もいらっしゃいますが、それは少し早い結論です。

年金でも作れるカードローン

カードローンを作るなら今現在のお仕事が審査に影響する事から、すでに退職された方は少々審査を不安に思うかもしれません。

ですが主婦の方でも独自の審査によってカードローンが発行されるように、年金での収入が主となっているご年配の方でもカードローンは発行できるのです。

但し、限度額などは働いている方に比べて振るわないですし、ご年配と言ってもさすがに七十歳を越えているとかなり厳しいものとなります。定年退職が一般的に六十五歳くらいだとしたら、五年間のうちにはカードローンの審査を受けておきたいところになります。ただ、これも資産や審査を受ける銀行との大きな取引があったなどの実績があれば、結果は変わる事もあります。カードローンを作る前は、ご自身の身の回りをもう一度整理して見てみましょう。

生涯付き合っていくカードローン

理想で言えば二十代から三十代の間で作っておきたいカードローンですが、退職後に作れても万が一の状況への備えとしては十分です。特に定年退職後は再度の就職も年齢的に難しいので、いつどんな事があるか分かりません。ある程度の、いつでも使える融資枠はきっとあなたの安心に繋がります。

カードローンは若いうちだけでなく、老後も使える便利なローン方法です。必要になる前に、出来るだけ有利な条件のうちに作っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加