審査も佳境の電話による確認について

ここを越えれば間もなく審査終了!電話による在籍確認の豆知識!

仮審査の通過後に必要な事

カードローンの審査には主に仮審査と本審査があります。仮審査においては融資自体が可能かどうかを見極める役目が多いので、この審査さえ通ればとりあえず融資は受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

そこでようやく本審査、融資の詳しい内容を決める為の査定が始まります。その一環としてあなたがお仕事をされている為の在籍確認として電話がかかります。この電話に出る事により審査は佳境に入ると言っても過言ではありません。

カードローンの中にはほぼ全ての手続きをインターネットで行える物もありますが、やはり直に声を聞いての確認は必要です。電話と言うと少し不安に思われている方も多いので、どんな事をするのか、簡単に知っておきましょう。

電話と言えど心配はほぼ必要無し

あなたの在籍確認を行うわけですから、当然職場に電話がかかってくる事になりますね。となると「会社にカードローンの審査を受けている事がばれる」と思うと、今後の事も考えてあまりいい気はしないでしょう。

ですが、それに関しては気に病む必要はありません。カードローン会社からの電話とはいえ「ローン会社の者ですけど○○さんはご在籍ですか?」とストレートに聞く事はありません。大抵は別件での電話で社名なども取り繕ってくれているので、心配をしているような事はほとんどありません。カードローンもお金を取り扱う微妙な事柄なので、その点に関しては向こうも配慮してくれています。

なので決して自分から「今日ローン会社から電話があります」という旨を伝える必要はありませんし、電話後もローン会社からだったと報告しなくて構いません。自白してしまう方が気まずい事になるでしょう。

話す内容に関してですが、こちらも在籍の確認さえ終わればすぐに切り上げてもらえる場合がほとんどです。仕事に大きな支障をきたすような長時間の説明はありませんので、出る事だけをとりあえず考えておけばいいでしょう。

ただ、場合によっては融資枠の大幅変更といった理由の説明があれば受ける事があります。その場合は申し込み時に知らせた携帯からある程度の時間を取って話す事になるので、余裕があればすぐに説明を受けておきましょう。

電話の後はいよいよ大詰め

電話に出る場合でも特別な事を話す必要はありませんので、電話に出た時点で本審査におけるあなたのやるべき事は終わったと言っていいでしょう。とはいえこの後審査結果が決まるわけですので、あまりにも問題のある態度や言動であれば融資枠に多少の見直しが起こる場合はあります。余計な事は言わないように、とりあえず聞き手に回っておきましょう。

時代は変わりましたが、やはり金融関係だとまだまだ電話における確認や電話自体の有無は大きな意味合いがあります。いつでも出られる携帯電話と審査に有利に働く固定電話を備えておき、職場に電話をもらうなら、出られる時間帯を通知しておきましょう。
(⇒固定電話が審査に役立つ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加