銀行カードローンの審査が厳しい理由

審査が厳しいローンのメリット!銀行カードローンは何故厳しい?

審査が厳しいカードローン

カードローンの審査はバブルの頃に横行していたグレー金利以来、全体的に厳しくなったと言えるでしょう。
(⇒高金利が低金利に変わるまで

審査が厳しくなった事で借り入れが出来る人がある程度絞られる事になりましたが、だからこそ今現在の改定された金利…一昔前に比べて全体的に下げられた金利にて、貸し出しを行えるようになったのでしょう。

そんな金融業界ですが、全体的に厳しくなった事を踏まえても、審査の厳しい緩いはあります。今回は厳しいと言われるカードローンについて軽く触れておきましょう。大まかな厳しいかどうかの基準を知っておくだけでも、申し込みに際してスピーディーな判断が出来るでしょう。

厳しさの信頼の銀行系カードローン

カードローンにおいて厳しい審査と言えば、やはり銀行系カードローンにおいて他ならないでしょう。そもそも私たちのお金を預ける機関なのですから、緩い方がむしろ心配になると言えますね。

従って○○銀行と銘打ってある場合、ほとんどの場合において審査基準は厳しいと見ていいでしょう。中には銀行の名前を出していても貸し出しは違う業者が行っている場合もありますが、やはり銀行の名前を使う以上、ある程度以上の審査基準はあると思った方がいいですね。

審査が厳しいとなるとやはり申し込みに気後れが起きそうですが、それは少々怯えすぎとも言えるでしょう。実際銀行系カードローンには低金利を初めとしたメリットが豊富で、長い目で見ていく場合にも、一番最初に持つにしても銀行系カードローンにしておけば、使用するにあたって困る事はほとんど無いと言ってもいいでしょう。
(⇒銀行系カードローンを優先して申し込みたい理由

ただ、銀行であるのに違いは無いのですが、インターネットオンリーのネットバンクのカードローンである場合、これよりも審査が緩めだったり早く終えたりします。金利も銀行の物と遜色ないので、ネットバンクを利用されているなら選択肢に入れておきましょう。

厳しさは長く使う為の試練

カードローンを使い過ぎる人にとっては審査が厳しいというのはマイナスな面が多く見えがちですが、ここぞという場面でしか使わない人にとってはさほどマイナスにも感じず、そして銀行系カードローンはそのような人に向けられたカードローンと言えるでしょう。

急ぐほどでもない余裕がある方は、是非一度急な用入りに備えられる銀行系カードローンを作ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加