一戸建てが与えるカードローンへの影響

今も価値がある一戸建て!カードローンでも有利になるその秘密とは?

住まいとカードローン

近年の不況により、お住まいが持家という方はすっかり減ってしまいましたね。住宅ローンの条件の緩和や土地代の暴落によりマイホームというのは随分コストが下がりましたが、不況になると給与が下がり正規雇用も厳しくなりますので、逆に遠のいてしまった印象すらあるでしょう。

相対的に持家自体の価値が下がったような昨今ですが、やはり財産である事には変わりなく、ある程度の余裕のある家庭であれば、マイホームを目指しているご家族も珍しくありません。

そして持ち家があるという事は、財産が影響するカードローン申し込みにおいても、審査基準の一助になる可能性は十分にあります。

一戸建てと賃貸のカードローン審査における違い

今では一人暮らしの方を中心に居住形態の中心を占める、マンションや借家といった賃貸ですが、カードローン審査においてはこれらの居住形態も審査において影響するのはご存じでしたか?

まず傾向で言うなら、基本的に一戸建ての持家の方が審査に際して有利と言われています。もちろん絶対条件というわけでは無いのですが、カードローンを作る以上、少しでも有利な条件で作るのは理想ですよね。

理由に関しましてはまず固定電話と同じで、その住所にどれくらい定着しているか、これからもするかがポイントとなります。住居も含めた安定性を好むローン業界において、財産と安定を意味する持家は貸し出す場合において魅力的でしょう。
(⇒固定電話がカードローン審査で有利になる理由

そして、最大の要因とも言えるのは財産ですね。住宅ローンなどにおいては担保として借り入れを行うくらいなのですから、大きな財産として見なされるのは間違いありません。例え住宅の支払いが終わってなくとも家を買えるくらいの信用はあるという事ですし、すでに無事に支払い終了しているなら、それはさらなる信頼に繋がる事でしょう。

持家は住居以上の意味も持つ

このように、一戸建ての持家というのは非常に大きな意味を多数持ち合わせています。不況ゆえに家を買うという行為からみんな遠ざかっていますが、財産として残る物として、そして信用の証としてまだまだ価値がある物なのは間違いありません。一戸建てを建てた直後はある程度家計も心許なくなりますし、その備えとしてもカードローンを作っておくのはメリットが多いですね。

カードローンは住居のお金までは引き出せずとも、そこに住まう方々の生活を支える力になってくれます。ご家庭があるなら、是非一枚は作っておきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加