解約が示す最高のカードローン作りへの影響

解約も選択肢に!最高のカードローンを手に入れる為にしたい事

最高のカードローンを組む為にするべき事

カードローンに申し込む以上、やはりその人その人における理想の条件があると思います。例えば低金利なのが何よりも優先であるとか、限度額はあればあるだけ好ましい等々…カードローンの理想は様々です。

しかし金利にしても限度額にしても言える事は、カードローンの条件を良くするなら様々な面において良くしないと、部分的に良くするというのは難しいという事です。特に先ほどから挙げている金利と限度額は密接しており、両方を良くしないと原則として条件を良くするのは難しいでしょう。
(⇒限度額と金利の離れられない関係

カードローンの扱いにも慣れてくると「最高の条件のカードが欲しい!」と思ってしまうのは当然の流れです。しかしそのまま作るとなると最高の条件に届かない事があります。それはカードを複数所持するような形になってしまうのが原因であるのが考えられます。でしたら、思い切ってしまうのも時には必要です。

解約する事で次に活きる意味

そう、思い切って今使っているカードローンを解約してしまうのも手なのです。カードローンは作るのが大変でやっと作れたし、便利だから勿体無い…と思っていませんか?確かにそれも一理ありますし、収入や資産に大きな余裕があれば、そのまま作ってしまって構いません。

しかし、注意すべき点としては信用機関に記録されている情報があります。ここにはあなたの借り入れや審査の可否や事故記録も残っており、カードローンを所持しているという事自体も記録されているのです。

カードローン自体を持っているという事は契約中と記載され、実はローン会社によってはカードローンを契約しているだけでも「借り入れと同等に扱う」事があるのです。借り入れがすでにある状態では審査に響くように、カードローンの契約自体が審査に支障をきたす可能性は十分にあるのです。
(⇒所持するカードローンを絞りたいわけ

同時に、信頼実績を積む為にはカードローンを所持して使うのが近道なのも事実です。ゆえに本命のカードを作る前にそこそこのカードローンを作って不自由なく使い、信頼を積んだと判断すればすっぱり止めて新たに申し込む…という方法は最高の一枚を持つ為にも有効なのです。

思い切りは良く、そこまでを慎重に

しかし、今現在使っているカードが借入枠の見直しが可能な場所であったならば、そこで積んだ信頼をそのまま使った方が楽な場合があります。最初から本命のカードローンを作り、じっくり限度額を拡張していく…というのも選択肢としては魅力的です。
(⇒再審査で限度額を見直してもらう

解約するには思い切りが必要ですが、判断するまでは「今の会社に再審査はあるのか、そして最大でどこまで良くしてくれるのか」というところをきちんと見ておきましょう。慎重さも伴ってこその大胆さです。カードローンはお金に関わるので、そこは踏まえておきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加