借り入れを増やす前に意識したい総量規制

その借り入れ、本当に増やして大丈夫?総量規制を常に意識したい理由

複数の借り入れ前にしておきたい事

カードローンを使っていると「この限度額じゃ足りない」と思ってしまう事はあるかもしれません。収入以上に使うのは関心できませんが、返せる範囲でローンを使い、ある程度大きな買い物などにも駆使していれば、場合によっては心許なくなるでしょう。

カードローンの中には希望すれば増額してくれるところもありますので、作った時よりも収入が増えているなどの要素があれば、希望してみるのが限度額を拡張する近道であり堅実な方法と言えます。

ですが、ポイントなどの独自の優待が欲しい場合、使い分ける意味でも別のカードローンを契約して、総合で限度額を増やすという方法をとられる方もいらっしゃいます。そうなると一つ注意してもらいたいのが総量規制の存在です。

総量規制によって制限される事

総量規制はかつて金融業界に蔓延していた高金利時代に、払えなかった人が続出した際に制定された決まりです。今では考えられませんが、グレー金利という上限額スレスレの金利も珍しく無く、バブル時の弊害とも言える風習でした。
(⇒グレー金利から改定されるまでの歴史

総量規制の概要ですが、これは借り入れ額は年間の収入の三分の一までとする法律であり、無理な借り入れを抑制する法律として定められました。確かに借りてでもギャンブルをしてから返そうとする人には効果があるといえ、この決まりが出来てからはより使い道を慎重に考える事が必要とされました。

ゆえに、新たなカードローンを組むにしても、この総量規制に規制される額であれば申し込み自体が無意味になる可能性は十分にあります。年収などもローン会社はきちんと把握しようとする為、申し込む前には自分の年収と今現在の借り入れ、及び限度額なども考慮してから申し込みを決めましょう。
(⇒カードローンへの申し込みは正しい情報を記載しよう

また、銀行のローンは総量規制の対象外という利点があります。使い過ぎるのが目的であれば控えたいですが、止むを得ない大きな借り入れの際には覚えておくといいでしょう。

総量規制は常に意識する

総量規制という単語とその意味は無理に覚える必要はありませんが、年収から見たローンの借り入れ額というのは、総量規制は置いておいても非常に大事な将来を見据える能力です。例えば収入が安定しないなら自分の中で「借り入れは平均年収の四分の一までにしておこう」といったルールを決めておけばより安定感は増すので、年収と借り入れの比較はいつでも頭で大雑把にでもいいので考えておきましょう。

ローンは返さないといけないお金であり、年収はあなたの支払い能力に直結しています。どんな場合でもそれを忘れないようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加