審査無しの危険性に迫る

審査無しは危険!?違法ローンの甘い嘘に気を付けるべき理由

無審査はありえるのか

カードローンを申し込むとなると、まずは審査を受ける事になります。この審査においてはカードローンは無担保でありますので、申し込んだ方にお金を貸せるか、そしていくら貸せるかという信用の度合いを計ると言えましょう。
(⇒信頼実績が必要とされる由縁

ローンと言うのは様々な形態があれど、お金を貸し出す以上は審査が必要となります。お金と言う存在の重みが分かる事実ではありますが、やはり「審査も無しにぽんと貸してくれるところはあるのかな?」と想像してしまいますよね。

それが夢絵空事で有り得ないと分かって考えるならともかく、追い詰められてそう考えられている方は、注意が必要です。

タダより怖い物は無い

まず、最初に言うなれば、審査が一切無いカードローンというのはあり得ません。ヤングローンであれば在籍確認の電話はありませんが、審査が無いとまでは当然いきません。

もしも『審査無し!』と大々的に書いているローンがあれば、それはほぼ十中八九闇金と呼ばれる違法なローン業者を疑った方がいいでしょう。

闇金に頼った場合、確かに審査はありませんが、法外な金利と取り立てに追われ、まずまともな返済をする事は不可能です。それほどとんでもないところからお金を借りているという事なのです。

タダより怖い物は…と昔から言いますが、審査というのはいわばタダでは貸せないから行われている事であり、それをスキップするという事は別の要求、違法行為が待っていると肝に銘じておいてください。

逆に考えれば審査がちゃんとあり、同時に厳しいとなると、それは信頼のある業者という事です。審査が無いなんていう目先の甘い餌には決して騙される事無く、例え時間がかかったとしても厳しい審査を受ける事が、安全な融資を受ける為のファーストステップだと思いましょう。

心の隙間にご用心

普通に考えればそんなところに引っ掛かるのがおかしいと一笑できそうですが、お金に困って追い詰められた状態と言うのは、人によっては正常な判断力を奪うのに十分な状態です。自分は大丈夫と過信せず、そういった状況になった時こそ落着き、通常のカードローンにおいても即日融資はあるという事や消費者金融ならば審査は優しめという事を思い出し、闇金に走らないようにしましょう。

審査が無いという事は安心には繋がりません。審査があるという事の安心を思い出し、正しいカードローンを作りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加