お得なカードローン

記事一覧

ポイントがキャッシュバックに!使い道に困らない有効活用法を公開!

還元されたポイントの使い道

カードローンの中には利用に応じてポイントが付与される物もあります。普通に借りて返してではあまり残る物もありませんが、ポイントが残るとなると返済をするのにも張り合いが出てきますね。

そしてこのポイントの使い道はどうされていますか?付与されるポイントというのは大体において、同系列の会社が経営しているショッピングサイトなどで扱えますが、買い物などをあまりしない場合、ポイントがたくさん貯まっていてもあまり有難味を感じませんよね。

どうせならもっと実用的な物に使えれば…と考える方に朗報です。会社によってはそのポイント、ある意味ではキャッシュバックのような使い方をする事も可能です。

ポイントをもっと目先の物に還元する

キャッシュバックと言えば現金化という事で心躍らせる方もいらっしゃるかと思いますが、さすがに現金化というのはあまり聞きません。ポイントを経由させ方次第では出来るかもしれませんが、手数料発生なども考えて、効率的にはあまりオススメできません。

今回はもっと目先の物に使えるキャッシュバックです。カードローンを使っている最中にもらえるポイントを使える目先の場所…そう、返済ですね。

返済というと当然現金を口座に入れたり、或いは振り込んだりするわけですが、この際に発生する手数料などをポイントで賄う事により、分かりやすく言えばあなたの現金の負担を軽くする事が可能なのです。

これは本当に分かりやすいメリットであり、振り込みの際に発生する手数料、それこそネットバンキングで返済している場合、その振り込み手数料に充てられるという事は、今まさにこの瞬間に役立っているという事に他なりません。

現金でこそ無いものの、その使い道は限りなく現金に近い使い道であり、それらに使う事で最も還元も現金として活きていると言えるでしょう。ポイントの使い道に頭を悩ませている方には特にオススメしたい、一番無駄にならない方法です。

ポイントの使い道を知ろう!

ポイントの使い道は、実は同じポイントでもかなりの用途があったりします。例えば飛行機で有名なマイルに変換する事が出来たりもするし、ポイントを知人にプレゼントしたり…ポイントによってサービスの展開は様々です。ポイント貰ったけどいらない…と一蹴する前に、是非使い道について調べてみる事をオススメいたします。

ポイントの有効活用もカードローンをお得に使う上で有用な方法です。是非自分にとって一番有意義な使い道を探してみて下さいね!

ポイント還元をさらに強化!ネットバンキングを利用し付与を倍増!

ポイント還元は分かりやすいメリット

カードローンによってはポイント還元があるように、借りるだけに思われがちなカードローンも、突き詰めてみれば様々なところにお得が転がっているのです。ただ初めに目に入った企業では無く、自分なりに複数検討してから決める事がカードローン選びの第一歩であると言えましょう。
(⇒即決せずにカードローンを選びたい理由

ポイントが付与されるタイミングは借り入れ時や返済時が多いですが、それとは別に、さらにポイントが欲しくありませんか?実はもうちょっとだけ工夫する事で、ポイント還元のタイミングをさらに増やし、付与されるポイントを総合的に増やす事は可能なのです。

ネットバンキングを使ってさらにポイントを増やす

その為にまず用意してもらいたいのは、ネットバンキングの口座です。ネットバンキングの口座はカードローン返済時にとても役立ちますが、実はこのネットバンキングを使う事がポイント獲得の鍵なのです。

ネットバンキングはATM手数料がやや高い代わりに、振り込みの24時間対応や預金時の高金利、そして利用によるポイント付与があります。このポイント付与のタイミングというのが利点で、実は口座引き落としが発生してもポイントが付与されるのです。

つまりはただ単にカードローンを返済しているだけでも、ネットバンキングから引き落とし設定をしておけば引き落としが発生する度にポイントが付与され、利用に応じてポイントがもらえるカードローンであれば、まさにポイントの二重取りとも言える状態になるのです。

二重取りと聞くと何だか悪い事をしていると思われる響きなのですが、実際はポイント還元サービスを利用しているだけなので全く問題無く、利用のサービスとして企業側が取り計らっていますので、利用者との双方においてメリットがあると言っても過言ではありません。もらえるポイントは全て貰っておくのも、カードローンをお得に続けていくコツです。

ポイント付与は重ねて効果倍増

ポイント還元というのは、実際には単体付与であれば非常に微々たるものであるのも事実です。しかしポイント付与を複数に渡り発生させる事で塵も積もれば…の理屈でどんどん増えていきます。そもそもカードローン自体が本来借りて返すだけであると思えば、ポイントが少しでもあれば儲けものと言ってもいいでしょう。

ポイントの量もそうですが、有ると無いとでは全く印象が異なります。少しでもポイント獲得を増やし、無駄なくカードローンを返済していきましょう。

一週間なら何度でも!?無金利が何度も使えるカードローンの秘密!

無金利を上手く使おう

無金利と聞くと詐欺を心配されるかもしれませんが、基本的にこのキャンペーンを行っているのは大手各社だけですし、それに期間限定である事が大半ですので、安心して使ってみましょう。
(⇒無利息期間を利用してみよう

無利息期間というのは大抵数か月が限度であり、尚且つ初めて借り入れを利用される方が限定の、所謂初見さん向けのキャンペーンですね。初めて借り入れを行うなら色々と不安も多いでしょうし、そういう意味だと無金利期間があるというのは敷居が大きく下がっている風に見えますね。

そして「この無金利期間が何度でも使えればいいのに!」と考えてしまうのは、有り得ないと思っていても夢想してしまいますよね。ですが、その夢はより限定的とはいえ、現実に存在しているのです。

一週間なら何度でも無利息

『例え何度でも、一週間の間なら完全に無利息!』というカードローンが存在しているのをご存知でしたか?無金利期間というのは言い方は悪いですが、ローン会社側にとっては利益にならない期間であり、それを何度でも行うというのは底が知れないと思いますが、利益も上がっている理由は後述いたします。

まず、この一週間無利息を利用する場面としては「今すぐお金が必要だけど、三日後には給料日で完済できる程度の金額」と言うのが例として最も正しいですね。三日間で言えばまだ無利息期間は続いていますので、三日後に返済する際には利息は一切なく、本当に借りたお金を返すだけの「咄嗟の時の予備資金が入った口座」とほぼ同等の扱いで使えます。これに関しては急な用入りに使われる事が多いカードローンとしては、圧倒的な利点と言えるでしょう。
(⇒良くあるカードローンの使い道は?

ですが、最初に記述した通り、そのままではローン会社としては運営が難しいです。なので反面として、一週間を過ぎれば消費者金融系カードローンと同程度のちょっと高めの金利が発生します。決して違法な金利ではありませんが、うっかりして一週間過ぎてしまった…という場合には少々損をした気分になるかもしれませんね。

場合によってはカードローンの複数所持も

このように一週間無利息カードローンは分かりやすいメリットとデメリットがあります。それゆえに運用法も分かりやすく「一週間以内で返せるならこちらを使い、ある程度の大きな金額をゆっくり返したい時は低金利カードローンを使う」というように、二枚持ちの使い分けが特に活きるカードローンが、この一週間無利息を使いこなす方法の一つでしょう。

カードローンを複数持つという事は避けたいですが、このカードに限っては複数の方が便利です。ある程度の信頼実績があるなら、是非二枚持ちを狙ってみてください。

夢のような存在!?無金利期間を利用してリスク無しのカードローン!

低金利以上の存在

低金利というのは、カードローンを作る、作ろうとしている方なら誰もが目指している目標と言っても過言ではありません。私たち利用者にとっては安ければ安いほど理想的でしょう。

低金利にする方法はたくさんありますが、代表的なのは銀行が発行しているカードローンを選ぶことが近道と言えばそうなりますね。審査に時間が必要で厳しいというのが課題ですが、それさえ越えれば非常に心強い一枚となってくれます。

後は信頼実績を積む事が必要とされますが、どれも時間がかかるのが難点とも言える方法です。有効な方法という意味では間違いありませんが、場合によっては手っ取り早く低金利が必要な、緊急の事態もあるでしょう。

そんな時に、初めてカードローンを作る場合にも関わらず、無金利で借り入れる方法があるのです。低金利では無く『無』金利です。

どうすれば無金利になるのか

そもそもローン会社は金利を取る事で利益を出しており、無金利なんてところはどこも無い…というのも最もです。実際常に無金利では全く会社の利益になりませんし、ある程度の条件を持って無金利期間が発生すると思っておきましょう。

無金利というのは基本的にキャンペーンによって執り行われるものです。一番多いのが『初めて借り入れられる方は○か月無金利!』という内容です。インターネットなどで複数のローン会社のサイトを見ていれば、こうしたキャンペーンを大々的に宣伝している場所も少なくありません。
(⇒ランキングサイトで複数のローン会社を検索

なので無金利期間というのは初めて借りる方向けに行われるキャンペーンで、期間内だけは金利が発生せず、そして期間内に完済してしまえば本当にこちらは余分なお金を払わなくていいという事です。それゆえに「急ぎでお金が欲しいけどすぐに返せるから、金利は出来るだけ少ない方がいい…」という方には最適です。簡単に言えばデメリット無しでお金が借りられるといえば、その凄さが伝わるでしょうか。

無金利期間を把握しよう

当たり前ですが、無金利期間が終われば当然利息の発生が始まります。無金利期間というのは本当に各社において全く違うので、無金利以内で返すなら必ずいつまでか把握しておきましょう。一週間のみという場合もありますので、無金利という響きに浮かれすぎないようにしましょう。
(⇒一週間なら何度でも無利息カードローン!

期間限定とはいえ、無利息というのは非常に大きなメリットです。活かすタイミングは限られますが、これを使いこなせばデメリット無しでカードローンを借り入れられるので、是非利用してみましょう。

カードローン利用を少しでも嬉しく!ポイント還元を利用しよう!

カードローンでお得を生む

カードローンはお金を借りて、そして借りた金額と定められた金利に応じて利息を払い、その利息が金融機関側の利益となります。若干身も蓋も無い言い方をするのであれば、カードローンでお金を借りる事で私たちの直接的な利益にはなりません。それでも金融業が成り立っているのは、ひとえにお金が欲しい時に用意してもらえるという事が大事であり、まさに時は金なりという言葉を体現した業種と言えますね。
(⇒欲しい時に用意出来るカードローンの魅力

急にお金が必要になってカードローンで借り入れる事で何とか助かり、その後は返済が待っています。返済は当然であり大事な事ですが、人間どうしても「どうせ返済しないといけないのなら、せめて何か特典が欲しい」と思ってしまうはずです。勝手な考え方かもしれませんが、借りた後に残る利息を見ていると、やはりご褒美的な物を求めるのは致し方ない事です。
(⇒返済を大事にしたい理由

カードローン返済の為にはやはり多少の節約をしての任意返済もしたいですし、慣れない返済になると何か見返りが欲しくもなるでしょう。そこで少しで借り入れをあなたに還元してくれる、ポイント制度があるカードローンを作ってみてはいかがでしょうか?

話題のポイント還元をカードローンにも

カードローン業務を行っている会社や金融機関においては、中にはポイント還元制を設けたショッピングサイトを運営している場所もあります。複合企業として様々な分野で活躍している企業なら珍しく無く、IT化している企業に特に多い制度と言えましょう。

そしてそうした企業が発行しているカードローンの場合、同社が経営しているサイトなどで利用可能なポイントが、借り入れや返済の際に付与される事があります。カードローンと言えば利息が残るだけとネガティブに考えてしまいがちな方には嬉しい特典と言えましょう。

当然、付与されたポイントは同系列の企業が運営しているサイトで使う事が出来るので「カードローンを返済していたらポイントが貯まったので何か買おう!」というように、副次的とはいえカードローン利用の恩恵が感じられる事でしょう。多少前向き過ぎに感じるかもしれませんが、ローン返済にはそれくらいが健全な精神を保つ上で必要です。どんな時も前向きに、完済を目指していきましょう。

特典はフル活用しよう

カードローン単体では抵抗があるという方でも、ポイント還元があるとなんだか借りやすく、ただ単に損したと考えがちな方でも嬉しい点ですね。但しポイント欲しさにカードローンを組むというのは本末転倒ですので、あくまでも使った時の心ばかりの還元と理解しておきましょう。

カードローンによってはこれ以外の特典が用意されている場合があります。せっかく借りて返すなら何かある方が嬉しいのは当然ですので、しっかり利用しましょう。

年会費は本当に必要?カードローン本来の役割から考えてみる

その年会費、本当に払うの?

カードローンの中には年会費が発生する物があります。クレジットカードならともかくカードローンで何故?と思うかもしれませんが、クレジットカードのようにワンランク上の条件を通常通りの審査で付与する為であったり、或いはオプションによる付随機能の中には年会費が発生する物があります。原則として年会費が発生するなら明記されていますので、申し込みの際には必ず細部まで読んでおきましょう。特に信販系カードローンならクレジットカードとも言える存在ですので、有料プランは多いでしょう。
(⇒クレジットカードとカードローンの違い

年会費を払う事を了承して申し込み、カードローンが届くわけでありますが、出来れば申し込む前に「このカードは年会費と同じくらい価値があるのか?」という事です。特にクレジットカードと違ってカードローンは無料プランの方が圧倒的に多いので、尚の事気を付けてもらわなくてはいけません。

年会費と見比べて価値を見出そう

単純に考えて年会費というのは使用頻度と比例すると言えましょう。要は使う機会が多ければ年会費分かそれ以上の恩恵に預かれますし、その逆もまた然りです。カードローンは所謂借り入れなので、人によって使う頻度というのは大きく異なります。最低年一回、大きめの借り入れが無いとお得感はイマイチ感じれないのでは無いでしょうか?

付随機能にしても同じで、カードローンに何を求めるかで全く変わってきます。それこそ「カードローンを作ったのは借り入れ枠が欲しいだけ」という方は多いでしょう。そうなると使わない付随機能が年会費を求めてくるというのはナンセンスです。借り入れ以外に何がしたいか、何が出来るのか、自分が求めた機能がプランの中にあるのか…これらを総合して考えられないと、年会費分の元を取るというのは少し難しくなるでしょう。

逆に言えば、不要な機能を取り払えば年会費はまず発生しないという事になります。カードローンを作るという事は第一として「融資枠が必要だから」という前提の元で作られるのを忘れてはいけません。

基本的に年会費は無しの物から探す

最初に申し上げました通り、信販系カードローンのプレミアム会員でもならない限り、銀行系カードローン消費者金融系カードローンでは年会費は発生しませんし、借り入れだけに絞ってみれば各金融機関とも十分な条件を備えています。無理して年会費がかかる所から探す必要性は、今現在のローン業界で考えれば薄いと言わざるを得ないでしょう。

カードローンには付加価値を求めるよりも、純粋に借り入れ枠としての魅力を追求しましょう。付随機能の為に本来の魅力を削るメリットはありません。

返済コストを下げよう!カードローン返済を長いスパンで考えてみる

返済にもコストがかかる

カードローンでお金を借り入れた場合、返済もスタートするわけなのですが、返済にも当然借りた分以上にコストが発生します。それは利息だけと思っていませんか?よくよく考えてみて『借り入れた以上に返済時にかかるお金』というくくりで見た場合、様々なコストが発生していると言えます。

ローンである以上利息は払うのは当然として、それ以外にコストが発生するとしたら、可能な限り他を抑えたいと思うのは当然です。では、一体どんなコストが存在するのでしょうか?

まず最も分かりやすい物としては、お金を返済する際に発生する手数料ですね。特に銀行振り込みを利用して返済をしている場合は振込手数料が発生しますし、ATMから返済を行うとしたら、提携先に手数料を取られる事も珍しくありません。これらが返済の際に主だった「利息以外のコスト」ですね。
(⇒返済方法の違いとは

実際利息に比べれば微々たるものかもしれませんが、長期的な返済になったとして毎月一回は発生すると計算したら、年額にして数千円を超すと考えたら、わりと馬鹿にならない値である事がよく分かります。銀行振り込みなら金額によってさらに手数料が割り増しになりますので、せめて他の方法に切り替える事を検討したいですね。

可能な限り返済コストを下げる

まず最初の解決策としてはカードローン返済を口座引き落としに変更する事ですね。口座引き落としは基本的に手数料は発生しないので、月々の引き落とし額を多めにしておけば、都度任意返済をしなくとも順調な返済が可能です。
(⇒任意返済とは?

次に手数料を下げるとしたらATM返済なのですが、これは提携先ATMを使う事で手数料が発生すると最初にご説明しました。なので、提携先では無く、自社ATMから返金をすればいいのです。例で言えば銀行系カードローンならその銀行のATMより返済すればいいのです。

立地条件などにより離れていれば手間になりますが、自社ATMを使いに行くついでに窓口で返済の相談も出来たりすると考えれば、メリットは十分あると言ってもいいでしょう。何より任意返済であるならATMからの操作が非常に便利なので、なるべく自社ATMまで向かうようにしたいですね。
(⇒カードローン返済の相談は窓口にて

年間くらいのスパンでコストは考える

「一回一回が大した節約にならないんならそこまでこだわらなくてもいいんじゃないの?」と思うのは最もですし、利便性=手数料と割り切れるならそれでも問題ありません。しかしこうした微々たるコストは常に年間支出で考える事が大切であり、年間で見た金額で何が出来る?と考えられるようになれば、見方はグンと変わるはずです。

一回一回のコスト削減でも出来る事はありますから、自分にとって身近で必要な物で考える癖を付け、浮いたお金でストレス解消をしてみましょう。

無理しない節約で楽々返済!お金も時間も節約できる方法とは?

節約すべきものを考えよう

節約というのはカードローン返済においても非常に大事です。カードローンは早期の返済が好ましいので、当然無駄遣いを避ける事は基本であり、生活の一部に返済という物が存在しているという事を意識しておきましょう。

しかし節約と一口で言っても、一体何を節約するのか分かりませんね。お金の出費を抑える事もそうですが、他にも節約できる物を抑える事により、カードローン返済の金銭的負担だけでなく、他の負担も抑える事は出来るのではないでしょうか?

ただ漫然と節約するよりも、抑えられる物を明確化しておく事は、より分かりやすい目標に繋がります。今回は節約すべき点というのをより分かりやすい形にしてみましょう。

節約できる物は節約するに越した事は無い

節約にあたって必要な物を挙げるとするなら、やはり私はインターネット環境を一番挙げたいところです。インターネットとパソコンは特に情報の収集や処理に関して在るべき形を大きく変えた存在と言っても良く、カードローンに関してもランキングサイトで効率よく情報を集めたり専用サイトで利用状況を確認できたりします。そしてこれらが節約に繋がります。

カードローンの中にはインターネット限定取引なる物もあります。これは文字通りインターネットから操作する事に特化したシステムであり、まさにインターネットが普及した時代の象徴とも言えます。

こうしたインターネットでの借り入れと返済は、普通にATMを使うよりも手数料が少ない場合が多いです。指定された口座までの振り込みが無料という事もあり、引き出しに専用のATMを使えば、手数料無料で全て借り入れを行う事も可能です。(⇒自社ATM活用の手引き

そして家で操作できるという事は金銭以外にも節約できます。それは『時間』の節約です。この時間というのは余裕があるようでもあっさり過ぎ去ってしまい、足りない時間というのは恐らく生きている誰もが感じている事でしょう。

家に居る時間というは比較的自由な時間であり、そんな時間のわずかな部分でカードローンを操作できるという事は、あなたにとっての時間の節約に他なりません。忙しい時間を無駄にしないカードローンはスマートにあなたの生活をサポートしてくれるでしょう。
(⇒カードローンを空いた時間で操作する

節約は無理をしない事

今回記載した節約というのは、あくまで生活に負担を大きく必要としない方法です。節約と称して食事を抜いたりしては健康に害を及ぼし、その結果で返済にも影響を及ぼす事は十分考えられます。取り入れられる節約法を選んでおきましょう。

金銭と時間を無理なく節約する事で、生活には余裕が出てきます。その余裕を返済に使う事で、あなたの生活の負担は確実に減っていく事でしょう。

キャッシングでも還元は可能?カードローンとの還元の違いを調べる

キャッシングはカードローンと同等?

カードローンに似たような機能として、キャッシングの存在があります。これはカードローンとクレジットカードの違い以上に分かりにくく、さらに実際の定義の違いも曖昧とされています。

一つ言うとすればキャッシングは信販系カードローンとも呼ばれており、使い方の違いによりキャッシングともカードローンとも呼ばれていると言われています。
(⇒分かりにくいカードローンとキャッシングの違い

クレジットカードと言えばショッピングの金額に応じてポイント還元されるのが有名ですが、クレジットカードに付帯されるカードローンと酷似した機能…キャッシングでは果たして付与されるのでしょうか?カードローン利用によるポイント還元を期待している方にとっては気になる事項ですね。

付帯するクレジットのポイント次第でもあるキャッシングの還元

最初に言うなればキャッシング機能付きクレジットカードが信販系カードローンと呼ばれている以上、もちろんキャッシング利用でもポイントが還元される場合はあります。ショッピング枠とキャッシング枠においてはやや系統も異なる為か、詳しい記載が見当たらないようなら問い合わせてみましょう。

そしてクレジットカードに一緒に付帯しているというのに注目です。クレジットカードは発行会社によって還元されるポイントが異なりますが、キャッシングの際に付与されるポイントもクレジット機能と同じである事が多いのです。

つまりは欲しいポイントが還元されるクレジットカードにキャッシング機能を付ける事により、カードローンのように借り入れメインで使っていても欲しいポイントが貯まっていくという事になり、カードローンで付与されるポイントをさらに自分好みに選り分けて選ぶ事も可能というわけなのです。

ポイントの重要性によって変える

しかしながら信販系カードローン、キャッシング機能というのは銀行系カードローンに比べて限度額も金利もやや心許ないのが実情です。ポイント還元にばかり着目していると基本的な条件で損をする事も考えられますので、あくまでも一要因と捉えておいた方がいいでしょう。

還元されるポイントが日常生活においてどれだけ使用頻度が高いかどうかで、ポイント還元の重要性は変わります。本当に必要な物を見失わないようにカードローンは選びましょう。

キャンペーンは確認してる?かなりお得なカードローンのキャンペーン

キャンペーンはフル活用

カードローンを選ぶ際、基本的な条件のみを見ていませんか?もちろん金利といった条件は扱いやすく、そして長くカードローンを使い続けていく上で必須ですし、軽視していいなんて事はありません。
(⇒基本的な条件以外で見るべきところ

しかし、カードローンは時折キャンペーンなるものを大々的に執り行っています。これには様々な意図がありますが、大部分の目的としては新規顧客の開拓であり、初回のみの物が多いとはいえ、その恩恵は時に先に挙げた基本的な要素が優れていたとて、キャンペーン中の方が総合的にお得な場合も十分にあります。

カードローンのキャンペーンとはどんなものがあるのか?今回は良くあるキャンペーンを見て、是非カードローン選びの際の参考にしてみて下さい。

やはり一番の魅力は金利キャンペーン

カードローンを使っていく上で特に最初に魅力的に映るのは、やはり金利の値ですよね。カードローンの金利には上限金利と下限金利がありますが、そのどちらも低いに越した事はありませんよね。

そしてカードローンのキャンペーンには金利にまつわる物が非常に多く、そして結構な頻度で開催されています。期間限定の特別な低金利や、無金利まで引き下がっている時があり、この時は始める場合は最大のチャンスとも言えます。極端な話をするなら「今すぐ必要だけどそれ以降は使うつもりは無い」という方であれば、金利引き下げ期間中に借り入れて完済も終わらせ、早々に解約するのも手なのです。
(⇒無金利キャンペーンを駆使しよう

金利のキャンペーンは大体において「初回借り入れのみ」と「期間内なら何度でも低金利」の二種類が多いようです。自分のケースに合わせてキャンペーンを選ぶのもいいでしょう。

還元が嬉しいポイント優待キャンペーン

カードローンによってはポイント還元が設けられている事があります。これは利用に応じてポイントが付与されるサービスで、ポイントは主に同系列の会社が経営するショッピングサイトなどで利用可能です。

そしてこのポイントに関わるキャンペーンだと、利用に応じてもらえるポイントにが倍になったり、一定値の大きなポイントが利用金額に関わらず付与される場合があります。どちらにせよカードローンを利用して残る物…自分に還元される利益があるというのは非常に心弾みます。上手く使って好きな物を手に入れたりしましょう。

まだまだ豊富にあるキャンペーン

このほかにもキャンペーンというのは各社のサービスに応じて様々な物があります。キャンペーンは大体において期間限定も多く、カードローンの審査にかかる時間がある程度未知数である為、魅力的で自分に噛み合う内容だったら早めに申し込む方がいいでしょう。

キャンペーンというのは広告では無く公式サイトから見る事もできます。目星を付けたサイトは定期的に覗いて見て、キャンペーン中を狙って申し込むのも悪くないですね。

1