年会費が発生するカードローンの是非を問う

年会費は本当に必要?カードローン本来の役割から考えてみる

その年会費、本当に払うの?

カードローンの中には年会費が発生する物があります。クレジットカードならともかくカードローンで何故?と思うかもしれませんが、クレジットカードのようにワンランク上の条件を通常通りの審査で付与する為であったり、或いはオプションによる付随機能の中には年会費が発生する物があります。原則として年会費が発生するなら明記されていますので、申し込みの際には必ず細部まで読んでおきましょう。特に信販系カードローンならクレジットカードとも言える存在ですので、有料プランは多いでしょう。
(⇒クレジットカードとカードローンの違い

年会費を払う事を了承して申し込み、カードローンが届くわけでありますが、出来れば申し込む前に「このカードは年会費と同じくらい価値があるのか?」という事です。特にクレジットカードと違ってカードローンは無料プランの方が圧倒的に多いので、尚の事気を付けてもらわなくてはいけません。

年会費と見比べて価値を見出そう

単純に考えて年会費というのは使用頻度と比例すると言えましょう。要は使う機会が多ければ年会費分かそれ以上の恩恵に預かれますし、その逆もまた然りです。カードローンは所謂借り入れなので、人によって使う頻度というのは大きく異なります。最低年一回、大きめの借り入れが無いとお得感はイマイチ感じれないのでは無いでしょうか?

付随機能にしても同じで、カードローンに何を求めるかで全く変わってきます。それこそ「カードローンを作ったのは借り入れ枠が欲しいだけ」という方は多いでしょう。そうなると使わない付随機能が年会費を求めてくるというのはナンセンスです。借り入れ以外に何がしたいか、何が出来るのか、自分が求めた機能がプランの中にあるのか…これらを総合して考えられないと、年会費分の元を取るというのは少し難しくなるでしょう。

逆に言えば、不要な機能を取り払えば年会費はまず発生しないという事になります。カードローンを作るという事は第一として「融資枠が必要だから」という前提の元で作られるのを忘れてはいけません。

基本的に年会費は無しの物から探す

最初に申し上げました通り、信販系カードローンのプレミアム会員でもならない限り、銀行系カードローン消費者金融系カードローンでは年会費は発生しませんし、借り入れだけに絞ってみれば各金融機関とも十分な条件を備えています。無理して年会費がかかる所から探す必要性は、今現在のローン業界で考えれば薄いと言わざるを得ないでしょう。

カードローンには付加価値を求めるよりも、純粋に借り入れ枠としての魅力を追求しましょう。付随機能の為に本来の魅力を削るメリットはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加