一週間なら何度も無金利のカードローンとは

一週間なら何度でも!?無金利が何度も使えるカードローンの秘密!

無金利を上手く使おう

無金利と聞くと詐欺を心配されるかもしれませんが、基本的にこのキャンペーンを行っているのは大手各社だけですし、それに期間限定である事が大半ですので、安心して使ってみましょう。
(⇒無利息期間を利用してみよう

無利息期間というのは大抵数か月が限度であり、尚且つ初めて借り入れを利用される方が限定の、所謂初見さん向けのキャンペーンですね。初めて借り入れを行うなら色々と不安も多いでしょうし、そういう意味だと無金利期間があるというのは敷居が大きく下がっている風に見えますね。

そして「この無金利期間が何度でも使えればいいのに!」と考えてしまうのは、有り得ないと思っていても夢想してしまいますよね。ですが、その夢はより限定的とはいえ、現実に存在しているのです。

一週間なら何度でも無利息

『例え何度でも、一週間の間なら完全に無利息!』というカードローンが存在しているのをご存知でしたか?無金利期間というのは言い方は悪いですが、ローン会社側にとっては利益にならない期間であり、それを何度でも行うというのは底が知れないと思いますが、利益も上がっている理由は後述いたします。

まず、この一週間無利息を利用する場面としては「今すぐお金が必要だけど、三日後には給料日で完済できる程度の金額」と言うのが例として最も正しいですね。三日間で言えばまだ無利息期間は続いていますので、三日後に返済する際には利息は一切なく、本当に借りたお金を返すだけの「咄嗟の時の予備資金が入った口座」とほぼ同等の扱いで使えます。これに関しては急な用入りに使われる事が多いカードローンとしては、圧倒的な利点と言えるでしょう。
(⇒良くあるカードローンの使い道は?

ですが、最初に記述した通り、そのままではローン会社としては運営が難しいです。なので反面として、一週間を過ぎれば消費者金融系カードローンと同程度のちょっと高めの金利が発生します。決して違法な金利ではありませんが、うっかりして一週間過ぎてしまった…という場合には少々損をした気分になるかもしれませんね。

場合によってはカードローンの複数所持も

このように一週間無利息カードローンは分かりやすいメリットとデメリットがあります。それゆえに運用法も分かりやすく「一週間以内で返せるならこちらを使い、ある程度の大きな金額をゆっくり返したい時は低金利カードローンを使う」というように、二枚持ちの使い分けが特に活きるカードローンが、この一週間無利息を使いこなす方法の一つでしょう。

カードローンを複数持つという事は避けたいですが、このカードに限っては複数の方が便利です。ある程度の信頼実績があるなら、是非二枚持ちを狙ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加