銀行融資を受ける際に必要な事

銀行融資は交渉が命!直接お金を借り入れるのに必要な事とは?

企業なら直接交渉をしよう

カードローンの中には事業をされている方向けのプランもありますが、やはり融資の主力となるのは、今でも銀行との直接交渉での融資でしょう。

証書貸付からも分かる通り、交渉の上での借り入れというのは必要とされる事も多く時間もかかりますが、それに応じたメリットがたくさんあります。特に会社に必要な大きな借り入れというのは何度もあるものでも無いので、都度交渉も手間では無いはずです。

銀行との交渉で得られる融資にはどんなメリットがあるのか?それについて調べてみました。

銀行融資を受けるには

カードローンでもどんな物でも、借り入れを行うなら審査が必要ですが、銀行融資にもそれは当然必要です。向かい合っての審査と交渉を行うので、ただ単に必要書類を集めるだけでなく、態度や誠意といった点も大事になります。身だしなみも当然の事、交渉前にはしっかりと準備をしておきましょう。

そして会社の業績というのもダイレクトに繋がります。これは銀行側から見れば投資に近い物でもあり、業績が良くこれからの伸び代があれば当然融資枠や金利でも優待され、逆に業績が低迷していれば貸し出しを渋るのは当然の結論です。崩壊に向かう企業に貸し出しを行えば銀行としても困るので、業績や展望というのも意識しておきたいところです。

そしてすでに借り入れがあったり、事業者向けカードローンを発行していたりすると総量規制の存在が心配になりますが、そもそもその規制ゆえに大きなお金が借りられない場合の銀行です。基本的に銀行からの融資は総量規制の対象外であり、さらに銀行のカードローンも総量規制の対象外となります。銀行融資はともかく、銀行系カードローンは一般の方も頼る機会が多いので、覚えておいて損はありません。
(⇒総量規制についての対策

融資を受けたらしっかり返済

銀行からの直接融資は低金利にはなりますが、借り入れ金額が多いと月々の支払額も大きいし、借り入れ金額に対して発生する金利も少ない額とも言えないので、支払いは業績によっては楽とは言い切れません。借り入れ前にその点についても交渉するはずなので、少しでも楽に支払える条件にしてもらい、きちっと返済を続けていきましょう。

借り入れがゴールでは無く、ローンを完済して業績も伸びればようやく企業としての成功とゴールを意味します。事業主の方はその辺りも理解して、しっかりと計画を立てましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加