信用口座を利用したリスクとリターンを知る

信用口座で誰でも投資!ハイリスクハイリターンの仕組みを知る!

投資は信用で始められる

投資、という言葉を聞くと資産に余裕のある方向けの響きに聞こえ、一般の方の多くは興味はあっても深くまでは知ろうとしないものです。自分の身に余る事なら無理はしない方がいいですし、そこまで資産を用意するのは大変です。

ですが、時代は大きく変わり、小さな元手でも投資が始められる時代になりました。例えば銀行のATMなどを見ると「投資を初めてみませんか?」という旨を伝えるポスターがいつも掲げられています。そしてわずかな元手から始められるという事も、大々的に掲げられている事でしょう。

そうした金融機関が掲げている投資というのは、所謂信用口座の借り入れを利用した投資、株価関連の物が多いです。株にはお金がまず必要と考えるのは、昔の話かもしれませんね。

信用口座はハイリスクハイリターン

株を買う際、現物というのは持ち金の中で投資をする事であり、元の資産が少額であれば、増やす事は若干困難です。センスや時勢を見極める事が出来ればじわじわ増えていきますが、中には「読みには自信があるけど、勝負できる元手が無い」という方も多いでしょう。

そんな時信用口座を作って株を買う場合、差し入れた担保の数倍程度の株を購入する事が可能です。分かりやすく言うなら、株をローンで買うという事ですね。これで資金面の問題は解決し、後は的確な判断さえあれば、元金が少なかったとは思えないくらいの利益を出す事も可能です。

しかし、あくまでも借り入れて株を買っているという事は留意してください。カードローンの借り入れでも基本的に『ローンは本来生活に必要な場合に組む』事が理想的であり、株というのは余裕のある分を投資に回すのが本来の姿です。
カードローンの使い道はしっかりと考えたい理由

株も現物のみで勝負していればマイナスになる事はありませんが。信用口座からの借り入れで勝負をしている場合、株価が暴落すれば逆にローンを増やしてしまう事になりかねません。実際銀行の投資を勧めるポスターにも「元値を割る事があります」と説明しているように、信用口座を使っての株はギャンブルでもあるとも理解しておきましょう。

できれば勝てる勝負のみに賭けよう

カードローンの借り入れであれば数十万くらいでも大きな借り入れに感じますが、赤字になった場合の信用口座の借り入れは桁が違うローンを背負う可能性も常にあります。ゆえに信用口座での投資は勝機を見極めた場合にのみ動かし、自分には手に負えないと少し手も感じたら、現物のみにするか投資はしない方がいいでしょう。

暴落すれば破産せざるを得ない状況にもなります。目先の利益に踊らされるのでは無く、大局的な視線に自信があれば、始めてみるのはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加