カードローンとフリーローンの違いと特徴

カードローンとフリーローンは違う?自由な借り入れ二種を検証!

二つの自由なローン

カードローンの最大の特徴は借り入れが自由なタイミングで行える事と用途が自由な事が挙げられます。旧来の借り入れであれば用途が限定される事も多く、私たちの生活の中でちょっと必要なお金としては小回りが利きませんでした。そこで登場したカードローンが愛用されるのは当然の流れかもしれませんね。

自由と言えばカードローンが真っ先に思い浮かびますが、カードローン以外にも自由な用途で使えるローンがあるのをご存じですか?目的などを決めて有担保で借りられる証書貸付にもメリットはありますが、やはり目的が自由なローンというのは面倒の少なさから気になりますよね。

フリーローンとカードローンの違い

その名前はフリーローンです。すでに名は体を表すと言わんばかりですが、自由と言えどカードローンとは違った特徴がありますので、双方のどちらかを利用せざるを得ない時、選んで使えるようになりましょう。

まずフリーローンは審査を終えて融資が決定した場合、カードローンのように「与えられた枠内での自由な出し入れ」では無く、決まった金額が全額振り込まれる事になります。カードローンのように「50万の枠があるから今回は10万だけ借りよう」という風に細かく分けた借り入れが出来ないのが難点です。

また、カードローンは一度契約を結ぶと、酷い遅延などが無い限りはローン会社から契約を切られる事は無く、借り入れの返済が終わってもまた限度額に応じた借り入れが可能です。しかしフリーローンは完済すれば借り入れの契約はそこで終了となり、再びフリーローンを借り入れる際には再度の審査が必要です。審査というのは今現在の状態が反映される為、以前と仕事が変わって収入が著しく減ったら借り入れられる金額が下がった…という事も有り得ます。
(⇒返済日が遅れる事のデメリット

こうして聞くとカードローンの使い捨てのような印象があるフリーローンですが、メリットもあります。それは完済時に契約が終了するという事です。

カードローンというのは、契約をして使わなくてもカードローンを所持しているという情報は残り続け、尚且つ使っていなくても契約があるだけで「借り入れ中」と見なすローン会社もあります。それが不都合ならカードローンなら解約しないといけませんが、フリーローンであるなら完済すれば契約終了、何の借り入れも無い状態にできます。これを活かして『一番良い条件のカードローンが欲しいけど、それまではフリーローンで信頼を積もう』という審査に備えた万全の使い方も出来るのです。
(⇒欲しいカードローンの為に今あるローンを整理する

後に残さないならフリーローンも選択肢に

良くも悪くも『後腐れが無い』のがフリーローンの魅力と言えます。極端に言えばそれに魅力を感じないなら、カードローンの方が圧倒的に使い勝手には勝るでしょう。本当に一度きりしかローンを組まない、と割り切れる場合でもフリーローンでいいでしょう。

以上の理由からフリーローンの方がオススメですが、次のカードの事を思えば使い分けもできます。将来を見据えた運用をしてこそフリーローンは活きるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加