闇金業者の甘い言葉に騙されないようする

違法な業者にご用心!あなたの弱みに付け込む闇金業者とは?

甘い言葉には裏が付きもの

カードローンについて色々な知識を得ていくと、ブラックリストという言葉を耳にする事があります。実際はブラックリストという専門用語は存在していないのですが、金融関係の重大な事故記録を残している人を総称してこう呼ばれています。信用機関などがその情報は握っています。
(⇒カードローンの審査に関わる信用機関とは?

所謂ブラックリストに載っている状態では新規借り入れ枠を作る事は絶望的で、例えばマイホームなどのローンを組む証書貸付の一環も不可能になってしまい、想像する以上に生活に影響を与えます。しばらくの間大きな買い物の為にローンが組めないという事は、ひっそりと信頼回復を待つしかないのです。

そんな重大な状態でも借り入れが出来ると謳った広告を見た事はありますか?主に電信柱に張り付けられている聞いた事も無いような名前のローン会社が「即日300万用意!」や問題となっている「ブラックリストOK!」と言った事を書いている広告です。ブラックリストでも借りれるというのは、事故を起こした後も尚往生際が悪い方であれば、魅力的な響きに思えますね。

世の中はそんなに甘くない

しかし、そうした場所で借りるのは絶対に止めて下さい。そもそもテレビといったメディアで聞いた事も無いようなローン会社自体疑ってかかるべきなのです。

ブラックリストに続きローン関係で怪しい響きを持つ単語として闇金という言葉があります。端的に言えば違法な金融業者であり、ブラックリストでも尚借り入れを探している、或いは金融知識が皆無な方を騙す事を目的としている団体と思えばいいでしょう。

闇金業者は基本的に払えないような高額な金利や先にお金を振り込ませようとするなど、違法とされる行為で利益をあげようとしている集団です。ちょっと考えればおかしいと分かるし、ましてやローンに関してある程度知識を身に付けている方ならすぐさま違法と気付くルールを押し付けてきます。

こうして聞くと騙される人なんて居ないのでは、と思うかもしれませんが、現実問題としてこのような弱みに付け込んだ犯罪は後を絶ちません。借りてしまったら最後、どんな手段を使っても取り立てようと執拗な迷惑行為も辞さないので、どんなに追い詰められていても、怪しい金融業者には連絡しないようにして下さい。

借り入れが不可能なら諦めるのも必要

闇金というのは、借り入れ不可能で諦められない方が被害に遭っている事が大半です。借り入れられないような状況に陥ったのは自業自得ではありますが、そうなると真面目に更生するか、最悪の場合は破産宣告という手もあります。まともなローン会社から融資が受けられないなら、いっそ借り入れは諦めるのも大事です。

今は無理でも、数年も待てば事故記録も破産宣告の記録も抹消されます。その時まで出来る事をしておき、次に使う時は余裕を持ったローンを組めるようになっておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加