カードローンとキャッシングの住み分け

住み分けはどうする?キャッシングとカードローンを同時に持つ場合!

余分な機能はどうする?

カードローンを複数枚持つという事はあまりオススメできません。そもそも総量規制によって持てないという事もありますが、使い過ぎや審査への影響を考えれば、持つ枚数は可能な限り減らして、これという一枚に絞り込めるのが理想です。
(⇒総量規制が与えるカードローンへの影響

クレジットカードを申し込んだ際、キャッシング機能を付ける事が出来ます。名称こそ違えどお金を借り入れる機能であるのは一緒で、信販系カードローンとも呼ばれるように、借り入れ枠として判断されます。

そうなると「とりあえずキャッシングを使ってみたけど、やっぱり銀行系カードローンが欲しい」と思うかもしれません。クレジットカードの本分はやはりショッピング枠であり、キャッシング枠というのは銀行系カードローンの性能に比べて、物足りないという面があるのは事実です。

そしてカードローンを申し込めば必然的にカードローンに加えてクレジットカードのキャッシング機能という、ローンの枠を二つ持つ事になります。そうなるとキャッシング機能はどうするか悩む事でしょう。今回はカードローンを組んだ場合のキャッシングの使い道について考えてみましょう。

海外用と割り切ってみる

クレジットカードというのは海外で使える物が多く、同時にキャッシング枠も対応している事が多いのです。これがまず最大のポイントです。

カードローンの中にも海外対応してくれる物もありますが、キャッシングに比べて事前に用意する事が多めで、それでいて借り入れのみという事でクレジットカードの方が海外において強いのが現状です。

クレジットカードにキャッシングを積む事により、海外にて買い物にも使えつつ、現地通貨の引出も可能となっています。これは通貨の変換の手間も省けるという事で、海外用と割り切れば十分住み分けは可能です。

いっそのこと機能を外す

クレジットカードに付けた機能だから、キャッシングを外すなら解約するしかない…と思っていませんか?実はキャッシング機能は個別で取り外せる機能なのです。

キャッシング機能を付けるという事はやはり紛失時のリスクも増えますし、何よりはカードローン審査にも影響します。全く使わないと判断すれば、置いておくよりも解除する方が良い場合もあるでしょう。

カード裏面の問い合わせ先に電話してキャッシング機能停止の旨を伝えましょう。もしくは大幅に限度額を減らしてリスクを減らしつつ、万が一の為に置いておくという選択もあります。

住み分けは一応可能

解除方法もお話ししましたが、海外キャッシングなどを使うならカードローンと住み分けは十分に可能なのが、クレジットカードのキャッシング機能と言えましょう。特に家計に余裕があるなら二枚持ちくらいなら審査も問題は少ないですし、わざわざキャッシングを外さなくていいでしょう。

カードローンもキャッシングもここ一番で役立つので、自分にとって特に便利な方から持つ事を検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加