個人間でのお金の貸し借りの危険性

どんな仲でも気を付けて!個人間のお金のやり取りは人を狂わせる!

頼るのもほどほどに

困った時に助け合うのが家族や友人であり、誰もが一度は家族に頼って様々な面倒を見てもらった事はあるでしょう。そしてそれは、時折金銭問題に発展する事もあります。

カードローンと言った業者からお金を借りるのは、向こうは業務で利息を取る事で成り立っている関係であり、お互いに利害が成り立っている状態です。会社とお客様の関係というのが実情なので、割り切った状況であるのは言うまでもありません。

しかし家族や友人から借りる場合、多くの人は利息などは取らないし、善意による貸し付けと言った状態になっているでしょう。誰もがこの関係を成り立たせる事が出来るなら、もしかしたら金融業というのは成り立たなくなっているのかもしれませんね。

個人間でのお金のやり取りは可能な限り避ける

ですが、現実は甘くありません。カードローンでも返済が滞ればペナルティがありますし、個人間でも返すのが遅れれば不信に思うのは当然です。恩赦で待つ事はあっても、それが長引けばお互いの間柄に不協和音が鳴り響くでしょう。

金の切れ目は縁の切れ目…という言葉があります。何もお金だけの付き合いでは無いとは思っていても、やはり金銭のやり取りはお互いの心に何かしらのしこりが残るものです。支払いが滞れば「信頼していたのに」と思うのは当然ですし、すぐには表に出さなくとも、内心に満ちてくる疑心は信頼関係をすぐさま壊しにかかるでしょう。

そして踏み倒して逃げるような事があれば、お互いの関係はその時点で終わったような物でしょう。金額によっては貸した側にも甚大な被害が出てしまい、探し出して訴えられても、借りた側は文句なんて言えるはずもありません。事実そうした問題はどこでも起こっており、最悪の場合は犯罪に発展する事だって珍しくないのです。

ここまで読んで「そんな事は無い」と思っていませんか?確かにそう思えるくらい信頼できる人が居るのは素晴らしい事なのですが、私がそうしたお金で関係を壊した人を見た事がある以上、完全に安心は出来ないのです。

後腐れない関係を築こう

個人間のお金のやり取りは避けるべきですが、例えばジュース代の100円を借りたなど、少額のやり取りであればさして問題にはなりにくいですし、咄嗟の現金が足りない時の食事代の立て替えなどもそうでしょう。しかし度を過ぎてしまえば同じ問題です。親しき仲にも礼儀ありという事を忘れず、お金に関してはルーズにならないようにして下さい。

困った時の大金はきちんと審査を受けてローン会社で借りるようにし、友人や家族に迷惑をかけない事を胸に刻み、誠実に立ち振る舞いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加