キャッシングはカードローン代わりになるか

キャッシングがあるならカードローンは必要?二つの性能を徹底比較!

カードローンの代わりになりえるか

クレジットカードをお持ちになった方でキャッシング機能という物を付帯させた事はありますか?これはクレジットカードのショッピング枠に加えて現金を引き出せるキャッシング枠を貰える事により、いざと言う時に現金での借り入れが可能です。
(⇒クレジットカードとカードローンの違いについて

そして借り入れと言えばやはり低金利の銀行カードローンが有名です。銀行と言えば一昔前の証書貸付による大きな借り入れも応じている事もあり、信頼も抜群です。
(⇒信頼ある銀行カードローンの秘密

そうなると疑問に思うのは『クレジットカードのキャッシングは銀行カードローンの代わりになるの?』という事ですね。クレジットカードも欲しいけどカードローンも作っておきたい…と思う方には悩ましい問題ですよね。そこで銀行カードローンとキャッシングを見比べてみました。

どちらを優先するかによって決める

先に結論を言うのであれば、ただ単に借り入れ枠が欲しいなら銀行系カードローンを作る方が有意義であるという事です。餅は餅屋と言いますが、やはり借り入れなら銀行のカードローンです。借り入れに関しては現状一番なのではないでしょうか。

まずキャッシングと銀行カードローンの最大の違いは、その借り入れ限度額にあります。キャッシングというのは言わばクレジットカードの付帯機能であり、メインとは言いにくい部分も持ち合わせています。ゆえにクレジットカードのショッピング枠に比べてキャッシング枠は大体数分の一くらいに抑えられる事が多い為、大きな現金が必要な時には物足りません。

他にも金利でも少々高く付き、クレジットカードであるにも関わらずキャッシング機能の方が重要に思えるなら、いっその事銀行カードローンも作ってキャッシング機能は使わないのも手ではあります。

一枚兼任に価値を見出せるか

とはいえキャッシング機能付きクレジットカードは信販系カードローンとも呼ばれるように、信頼実績があれば、カードローン並みに限度額が充実する事もあります。そうなるとクレジットカードも使えるカードローンのような感覚にもなりますので、有用性の高い一枚になる可能性を秘めている存在とも言えますね。

とは言え長い目で見ればカードローンなら銀行の方が優れているのも事実ですので、先にカードローンも作るつもりなら、審査に受かりやすくする為にもクレジットカードからキャッシングを外しておいてもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加