大きな買い物に強い証書貸付の使い方

まだまだ現役!大きな買い物には昔ながらの証書貸付が役立つ理由

昔の借り入れ方法にも目を向けてみる

カードローンは昔から存在するローン方法に比べて、極めて便利な形式のローンと言えます。メリットを語ればキリがありませんが、一度審査さえ通過すれば自由に借り入れと返済を行う事が出来るのが最大の特徴で、借り入れとは言え自由に使えるお金にプラス出来るというのは非常に魅力的で、私たちのローン方法においてスタンダードになるまでに進化を遂げました。
(⇒借り入れ自由なカードローンの魅力と注意点

そうなると旧来の使いにくいとも言える借り入れ方法はもう用無し…に思われがちですが、カードローンは言わば『手軽さに特化したローン』であり、手軽にする為に若干他の要素も犠牲になっているのは事実です。カードローンが流行り過ぎて尚且つメリットが多すぎる為、他の借り入れ方法のメリットが薄れて見える状態と言えば分かりやすいでしょうか。

特に今回紹介する証書貸付に関しては一昔前のスタンダードであっただけあり、まだまだ見逃せないメリットがあると言えます。事業主の大きな借り入れ等の場合はまだまだ使われる事も多い、証書貸付についてご説明いたします。

面倒さもあってこそのメリット

証書貸付というのは基本的に担保を用意しなくてはなりません。住宅ローンやマイカーローンもこれのほぼ同系列と言える存在で、こちらは買うべき物を支払えなかった時の為の保険みたいなものと思えばいいでしょう。

最大のメリットは借り入れ額の大きさです。カードローンだと一般的に100万足らずの限度額が多いですが、証書貸付は住宅丸ごと購入の為のローンを組んだりする事もある為、借り入れ額というのは桁が違うと言わざるを得ません。

さらに金利もかなり安いのが特徴です。そもそも証書貸付は多額のお金を担保を元に貸す業務ですので、多額の借り入れに高い金利では払えないのは当然と言えばそうですね。マイカーであればカードローンの限度額によっては手が出せる金額と言えますが、やはりそれでも証書貸付の方が長い目で見ていけば、大きな買い物では優秀でしょう。

今も昔も確実な借り入れ

カードローンに比べて借り入れの際に都度審査が必要、リボ払いといった融通が利く返済方式が無いなど、利便性において劣りはしますが、やはり企業などをしていて大きな出費があるなら、今でも頼られるのはこちらの証書貸付です。一般の方の普段使いには向かない反面、マイホーム購入の際にはお世話になる事もある、覚えておいて損の無いローン形式です。

都度審査が必要な手間も、困ったらすぐ借りようとする悪癖防止になると思えばある意味メリットです。大きなローンを組む場合、こちらを優先してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加