カードローン

イメージだけで決めるべからず!信頼回復の為の消費者金融の努力とは

何故悪いイメージが生まれたのか

カードローンだけでなく、ローンという行為自体には、未だに悪いイメージが植えつけられています。便利で頼らざるを得ないにも関わらず、どうしてそう思われるのか?そこには一昔前の高金利による貸付、その後の経済悪化による破産が背景として存在しています。
(⇒高金利が蔓延していた時代からの変遷

中でも消費者金融というのは銀行に比べてより高金利であり、一部の業者においては法定外の高金利を騙して押し付けていて問題になった事もあり、銀行に比べてさらに危ないという印象を持たれる事になってしまいました。

かく言う私も調べるまでは正直消費者金融のメリットについて懐疑的になっていたものですが、やはり自分で見た情報以外は時に事実と異なる部分もあります。今回は消費者金融が行ってきた信頼回復の軌跡を見ていきましょう。

悪いイメージがあったからこその企業努力

失敗があってこその改善と言うと世間からの目は厳しくなってしまうのですが、それでも何もしないよりはよっぽど良く、そして消費者金融の信頼回復の為の企業努力は、銀行系カードローンと住み分けをするくらいにまで発展していました。

まず無人審査と親切な窓口対応の双方を兼ね備えているというのがポイントです。お金を借りるという行為ゆえに人目を気にする方向けの無人機導入に加え、それとは逆に相談できないと不安という方向けに窓口による応対、この二つを併せ持たせているのは多くの顧客のニーズに応えてくれているという事です。初めは無人機で借りたけど返済プランを練り直したい…そんな場合にぴったりな万能スタイルの応対です。
(⇒無人機で人目を気にせずローンを始める
(⇒窓口対応も利用してみたい理由

さらに積極的にインターネットからの申し込みを始めとした操作を取り入れたのも消費者金融です。あらゆる顧客に快適に使ってもらう為の努力は惜しまず、家に居ながら操作できる時代の先駆けとなったと言えるでしょう
(⇒ネットでも審査可能なカードローン

イメージだけで決めつけず、まずは相談してみよう

このように、悪いイメージだけを持ってしまって申し込みをしないのは勿体ないくらい、今の消費者金融は努力を重ねて使いやすく進化していると言っていいでしょう。むしろ厳しい時代があったからこそ今は大幅に良くなっているので、場合によっては銀行系以上の丁寧な応対をしてもらえます。

イメージで金融機関を選ぶ時代は随分前に終わっていると考えていただき、いかに自分に合っているか否かでカードローンを決めるようにしたいですね。

外国人でも作れるカードローン!まずは最低条件を確認しよう!

外国人の方はカードローンが組めるのか

カードローンは今や学生の方でも主婦の方でも組む事ができるほど門戸が広がっており、ご自身の状況に関わらず申し込めるものとなり、より一層便利になりました。
(⇒学生でも組めるカードローン
(⇒主婦がカードローンを組む時の審査の違い

そうなると申し込めない人の方が少ない…と思われますが、やはり外国人の方であれば「本当に自分も申し込めるのだろうか?」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか?

外国人の方は特にある程度の期間日本に住む場合、カードローンやキャッシングといった『日本円』を引き出せる物があると非常に便利で、私も日本に住まう外国人の友人が居て、同様の理由でたくさんのカードローンを持っていました。やはり通貨の換金というのは手間もコストもバカにならず、借り入れを利用した方が総合的に便利なのが分かります。
(⇒カードローンとキャッシングはどちらがいいの?

条件さえ整えば作る事は可能

この事から分かるように、外国人でも申し込む事は可能であり、尚且つ発行してもらう事も可能です。しかし、当然のように制約や条件はあります。

まず、これからも日本に住むという点が重要視されます。ローン会社側からすればいつ祖国に帰ってもおかしくない外国人の方にお金を貸すのは通常以上にリスキーです。それゆえに永住権が有るか無いかで審査の厳しさは変わってきます。帰化でも同様ですね。

似たようなもので外国人登録証があれば申し込めますが、こちらの方は期間が決まっており、身分証明証にはなりますが、永住権に比べて審査はやや厳しくなります。やはり外国に帰られてしまっては利用も見込めませんし、更新やその他の理由から倦厭されがちなのは否めません。

永住権や帰化に加え、日本における安定した身分というのも当然求められる事から、日本人に比べて満額といった条件は出にくいのが実情です。比較的外国人の方にも平等な日本ではありますが、金融に関してはシビアにならざるを得ませんね。

ハンデがあるのを理解しよう

このように、国内のカードローンは国内に住まう方が、国内で使う事を想定して作られた物です。外国人の方は日本人であれば満たしている条件が無い状態から考えられてしまうので、作れても多少の条件の縛りがある事は予め理解しましょう。

もちろん日本においてある程度の地位があれば話は変わりますので、該当される方は申し込んでみてはいかがでしょうか。諦めるには惜しいくらい便利なのが日本のカードローンなのですから。

あなたは知ってた?限度額と金利の変動が一緒になっている理由!

カードローンにおける重要な項目

カードローンを作ろうと思ったらまずは各社の条件を見比べる方が多いですよね。最近では各項目毎に会社の基準を見比べたサイトもありますし、インターネットがあれば比較検討も便利ですよね。
(⇒比較型ランキングサイトを参考にする

その中でやはり見るのは限度額と金利ですよね。二つとも実際利用するにあたって大きなウェイトを占めており、この項目だけで決められている方も少なからずいらっしゃるでしょう。そして限度額と金利を見比べていて、不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは限度額が高ければ高いほど金利が安くなっていく法則ですね。限度額が高いという事は当然収入にも余裕がある方となり、限度額が低い場合がその逆だとしたら、限度額が低い方からたくさん金利を取るというのは、初めてカードローン作りをされる方には不可解だと思います。しかし実際事情を知ると、納得の理由がありました。

限度額と金利の関係

カードローンというビジネスは、借り入れ額が大きいほど相対して金利から得られる利益が増える為、限度額が低く少額しか借り入れられないなら、金利が高めでも会社としてはあまり利益になっていないのです。ゆえに限度額が低いのに金利が高くなってしまった…というのは、会社側からしてもそれが限界という事なのです。アルバイトでも作れるカードローンだと金利も上限まで達する事が多いので注意ですね。
(⇒アルバイトでもカードローンを組むには

限度額が高いなら金利も何故安くするのか。それは限度額を引き上げる事で、一度にたくさん借りてもらう為に金利を引き下げているのです。いくら限度額が多くても金利が高いなら、誰もたくさん借りるなんて事はしませんよね。

そして先にご説明した通り、金利が安くとも多額の借り入れをしてもらえば企業側は大きな収益になるので、金利を引き下げて借りやすい状態にしておくという事なんですね。金銭的に余裕があれば大きな買い物が増えるのも道理で、限度額を大きく引き上げるローン会社側も理に沿っていると言えるでしょう。

二つの関係は常に密接している

このように、金利を引き下げたいなら限度額を上げないといけませんし、限度額を引き上げるには仕事や信頼が大事となります。この事から分かるように、一日でどうこうなるものではありませんので、限度額を満額まで欲しいなら、一度は借り入れと完済しておくのも必要かもしれません。
(⇒限度額を引き上げる為にしなくてはならない事

大きなお金が必要になってから焦っても遅いので、普段からカードローンに関して有利になるように、お金周りはしっかりと管理しておきましょう。

家計をシンプルに!返済用口座を作って事故を無くす考え方を学ぶ

あえて口座を作るというスタイル

カードローンの支払いには口座引き落としが便利です。口座に入れておくだけという事は、給与振込口座を引き落としに充てる事により、手間らしい手間無く返済を行う事が可能です。

このように返済の手間を減らすのは大事ですが、口座引き落としを行う場合、敢えて返済用の口座を作るというのも手であります。カードローンを作る場所によっては専用の口座を作らないといけないように、口座を返済用に割り当てるのは実はメリットもあるのです。

手間を増やすという事は逆行しているようにも見えますが、今回はそのメリットについて見てみましょう。

返済用口座のメリット

例えば口座を一つお持ちとして、そこに給与の振込をお願いしており、そこから光熱費といった諸雑費を全て引き落とし管理していたとします。

今まではそれで何とかなっていたけど、そこにカードローンの返済分まで加わると、どうなるでしょうか。いくら支払いが残額スライド式のリボルビング払いだとしても、他の光熱費などがかさんだ場合、引き落としが失敗してしまう事も無いとは言い切れません。

つまり、すでに口座引き落としが多い方ほど事故が起こりやすいという考え方ですね。給与振込口座でさらに貯蓄も管理しているなら余裕もありそうですが、貯金の場合は定期にしておいた方がいいという意見もあり、そうなると引き落とし特化の口座というのはシビアな計算が必要になり、その分ミスが起きやすいのです。

予め完全に計算しておいて予算を入れておくというのが一番ではありますが、毎日の生活には常に変化と予期せぬ出来事があり、言葉で言う以上に難しくなります。返済用の口座があれば最低額以上を常に入れておけばミスはありませんし、カードローン完済に重要な任意返済の際にも計算が楽になります。

口座に複数の役割を持たせるとどうしても計算が複雑になりがちですが、役目を単一化すればその分計算は楽になります。好みによって集中型と分散型に分けても良いでしょう。

使い終わった口座も無駄にはならない

無事に完済すれば口座は解約しても問題はありません…が、再び借り入れの際にはその口座が使えるし、銀行カードローンであればその銀行の口座を作っておく事は何かと便利な事もあります。カードローン自体を使わなくても銀行口座としての役割は果たせるので、解約する場合にはある程度考えてからでも遅くはありません。

口座を作るにあたってもこれだけ選択肢があるカードローンです。申し込み前には情報を整理し、口座も含めた観点で見ていけるとよりお得に扱う事ができるでしょう。

申し込み前にチェック!カードローン選びに失敗しない三つのポイント

カードローンは申し込む前からが大事

カードローンの説明を見てその便利さに気付き、申し込みをしようと思われている方にお聞きしたい事があります。

それは「申し込み先を決める際にどこを見て決めたのか?」という所ですね。テレビCMやインターネット広告などを頻繁に出している大手企業なら失敗のリスクも下がりますが、初めて申し込むなら勝手が分からず、申し込もうと思ったきっかけになった場所にそのまま決めてしまいかねません。もちろんそれでもいいですが、出来る事なら良い条件でカードローンを始めたいと誰もが思うでしょう。
(⇒即決しないカードローンの作り方

そこで最低限見ておきたい、自分に見合っていてさらに失敗しない為の見ておきたいポイントをお教えいたします。基本的ではありますが、最初は誰もが見落としがちな点でもあります。見直す意味でもしっかりおさらいしておきましょう。

これだけは押さえておきたい三つのポイント

まず最初に見るべきなのは金利ですね。金利というのは低ければ低いほど返済が楽になるのでむしろ見ていない方のほうが少ないのですが、上限金利と下限金利となると、下限金利の方にばかり目がいきがちです。
(⇒金利は上限と下限を見ておくべし

下限も上限もどちらもあなたにとって無関係というわけではありません。自分が借り入れる前にどちらになるか予め検討しておき、そのうちどちらになるかで申し込み先を考えていきましょう。

次に見るべきは返済日ですね。これに関しては複数の日にちから自由に選べるものと一定周期の中で自由に返済するものと二種類あります。返済日なんて払えば一緒…と思われがちですが、給料日などの兼ね合いで近い日取りなどにしておかないと、ちょっと足りなくなって泣きついても事故扱いになり、今後に重大な影響があります。自分が守れる日にちであるか否かというのは想像以上に重要なのです。
(⇒一定期間内で自由に返せるプランとは?
(⇒返済日を守る事の大切さ

そして最後に貸付枠ですね。これは多ければ多いほど使い道は増えるわけですが、上限額が高いところが相対的に金利が安いとは限らないのです。なので自分が必要なほどの上限と負担になりにくい金利のバランスを見る意味でも、枠の確認は重要になってきます。過ぎたるは及ばざるが…と言いますが、カードローンでもそれは同じですね。

まずはこれだけ見てもOK

他にもカードローンは各社ごとに独自とも言えるサービスを備えている事がありますが、やはり今回挙げた基本的な部分が勝っているのが第一です。まずはこれらだけでも見ていただき、余裕が出てくれば他の要素を鑑みるのでも遅くはありません。

カードローンを最初に借り入れるとなると不安もありますが、今回のポイントを押さえたカードローンは優良な物が多いのが特徴です。必要な時には恐れずに利用してみましょう。

ローン返済のお供に!家計簿をつけると返済が捗るのは本当だった!

カードローンを使うならしておきたい事

カードローンを使うなら、可能であれば借り入れ前から「どれくらい月々返済に回せるか」というのを把握し、明確な返済プランを立てておきたいものです。
(⇒先に返済プランを明確にしたいカードローン

いい加減な金銭感覚ではカードローンはむしろ危険と言わざるを得なく、借り入れを重ねた破滅というのは、カードローンだけに及ばずあらゆるローンで叫ばれているものです。
(⇒重ねた借り入れが招く事態

金銭管理というのは日々の生活だけでなく、カードローンを上手く使っていく上では欠かせないものです。その為にどうすればいいのか?私なら家計簿をつける事を推奨いたします。

金銭管理がカードローン返済の基盤を作る

カードローンの返済が滞る方の共通点として、先にも挙げた金銭感覚がいい加減であったりして、カードローンから借り入れたお金も大雑把に使いがちです。使い道があって借りるという事は当たり前なのですが、その使い道を本当に必要な物か否か判断していないのが問題です。
(⇒カードローンの正しい使い道とは

そこで家計簿をつけてみましょう。家計簿がつけるのが面倒で続かないという方はエクセルやスマートフォンの家計簿アプリといった、記入が楽な物を選んで使ってみましょう。入力すれば収支の合計値がすぐに出るというのは非常に楽です。

家計簿をつける事で出来るのは自分が使った物の品目に金額、そしてそこから返済にいくら割り当てられるかという事です。使った物を記録しておけば無駄を省く際に一目瞭然で、さらに返済ペースが目に見える事でモチベーション維持にも繋がります。残りの借り入れ額も記載して減らすように計算できれば、その効果はさらに増すと言えるでしょう。

ローン返済だけで無く日々の生活にも役立つ家計簿

カードローンを借りた際には是非始めて欲しい家計簿ですが、可能なら常日頃かつける癖を付けておきましょう。家計簿というのは日々つける事で効果があり、カードローンを借りている間だけつける…というスタイルでは、意外と短い期間であっても続かないものです。

その点毎日つけていれば書き方や要点も分かるし、何より日頃から節約の癖も付くので、カードローンの返済が始まっても的確なお金の振り分けが出来るはずです。カードローン返済も積み重ねがものを言うので、日々のちょっとした努力が実を結びます。

家計簿で無駄を省き貯金が増えるのを見ていくと、やりがいも出てきます。素早くローンを終わらして貯蓄に励むなら、是非家計簿に取り組みましょう。

どんな仲でも気を付けて!個人間のお金のやり取りは人を狂わせる!

頼るのもほどほどに

困った時に助け合うのが家族や友人であり、誰もが一度は家族に頼って様々な面倒を見てもらった事はあるでしょう。そしてそれは、時折金銭問題に発展する事もあります。

カードローンと言った業者からお金を借りるのは、向こうは業務で利息を取る事で成り立っている関係であり、お互いに利害が成り立っている状態です。会社とお客様の関係というのが実情なので、割り切った状況であるのは言うまでもありません。

しかし家族や友人から借りる場合、多くの人は利息などは取らないし、善意による貸し付けと言った状態になっているでしょう。誰もがこの関係を成り立たせる事が出来るなら、もしかしたら金融業というのは成り立たなくなっているのかもしれませんね。

個人間でのお金のやり取りは可能な限り避ける

ですが、現実は甘くありません。カードローンでも返済が滞ればペナルティがありますし、個人間でも返すのが遅れれば不信に思うのは当然です。恩赦で待つ事はあっても、それが長引けばお互いの間柄に不協和音が鳴り響くでしょう。

金の切れ目は縁の切れ目…という言葉があります。何もお金だけの付き合いでは無いとは思っていても、やはり金銭のやり取りはお互いの心に何かしらのしこりが残るものです。支払いが滞れば「信頼していたのに」と思うのは当然ですし、すぐには表に出さなくとも、内心に満ちてくる疑心は信頼関係をすぐさま壊しにかかるでしょう。

そして踏み倒して逃げるような事があれば、お互いの関係はその時点で終わったような物でしょう。金額によっては貸した側にも甚大な被害が出てしまい、探し出して訴えられても、借りた側は文句なんて言えるはずもありません。事実そうした問題はどこでも起こっており、最悪の場合は犯罪に発展する事だって珍しくないのです。

ここまで読んで「そんな事は無い」と思っていませんか?確かにそう思えるくらい信頼できる人が居るのは素晴らしい事なのですが、私がそうしたお金で関係を壊した人を見た事がある以上、完全に安心は出来ないのです。

後腐れない関係を築こう

個人間のお金のやり取りは避けるべきですが、例えばジュース代の100円を借りたなど、少額のやり取りであればさして問題にはなりにくいですし、咄嗟の現金が足りない時の食事代の立て替えなどもそうでしょう。しかし度を過ぎてしまえば同じ問題です。親しき仲にも礼儀ありという事を忘れず、お金に関してはルーズにならないようにして下さい。

困った時の大金はきちんと審査を受けてローン会社で借りるようにし、友人や家族に迷惑をかけない事を胸に刻み、誠実に立ち振る舞いましょう。

引き落とし口座は常に確認!うっかり防止する確認メールを設定しよう

引き落としは常に確認

カードローンの管理において注意したい事の一つに、今現在の自分の残高の確認があります。これは特にカードローンの返済を口座引き落としで行っている方には非常に重要な注意点となります。

返済を口座引き落としにしている場合、例え一円でも足りないと引き落としが実行できない為、結果として遅延扱いになってしまいます。カードローンの支払期日を遅らせた場合のデメリットは非常に大きく、カードローンは返済日の厳守が大切です。

とは言え、口座引き落としで複数の支払いを管理している場合、他の出費がかさめばギリギリの予算だった場合、どこかに綻びが出てくる可能性は捨てきれません。そうならないように多めに入れておきたいところですが、他の防止策は無いのか、考えてみました。

お知らせメールで確認の癖をつける

そこで見つけたのがカードローンを使うのに色々便利なネットバンキングの機能です。ネットバンキングには複数の便利な機能がありますが、引き落としのミスを防ぐ機能の一環もここにあったのです。

ネットバンキングを経営している会社によってはお知らせメールという機能があります。このお知らせメールというのは口座に振り込みや入金などがあった場合、リアルタイムでお知らせのメールが、指定されたメールアドレスにまで送信されるというものです。基本的には不正利用を早急に発見する為に役立ちますが、それだけではありません。

引き落としが発生した場合にも、このお知らせメールは届くのです。これがどういう風にうっかり防止に役立つかといいますと、このメールが届いた時に「残高はあとどれくらいかな?」と疑問を持って調べる事により、どれくらいの引き落としがあって残りの引き落としには足りるかどうか、というのを確認する癖が付きます。

どんな事でも確認する癖というのはカードローンを使っていく上で大切で、お金を扱う以上はこのこまめさが大事であると言えます。引き落とし日から返済額や残高の確認など、見ておくべき点はたくさんあります。

確認は多少し過ぎるくらいでもOK

自分の口座の残高というのは生活費を始めとして、返済などの引き落としも行っている、言わばあなたのお金のライフラインです。そうなれば確認するのは当然であり、常に必要以上である蓄えが求められます。神経質なのは直した方がいいかもしれませんが、確認をマメにする事は大雑把になるよりは随分とマシである事は理解しておきましょう。

お知らせメールは当然携帯電話のメールアドレスでも受信できるので、どこにいても把握できるのが利点です。メインバンクにネットバンキングを使っているなら、必ず登録しておきましょう。

咄嗟の用入りに対応する!消費者金融の速さの仕組みとは!

咄嗟の時の対応力

カードローンを必要とするパターンに、急ぎの融資を求める場合があります。そんな時に魅力的なサービスと言えば即日融資の存在ですね。
(⇒即日融資の存在を知る

即日融資というのは、審査が終わればその日のうちに貸し出しを行ってくれるという事です。かなり魅力的なサービスですが、それを行うには必要とされる事があります。

それは審査の速さですね。様々な技術の導入によりカードローンの審査はどんどん早くなっていますが、それでも銀行系のカードローンは低金利など条件が良い分、審査にはしっかりと時間をかける傾向が顕著です。

となると即日融資を頼るにはどうすれば…と思った時こそ、普段は避けられがちな消費者金融のカードローンの出番です。

速さは時にどんな条件よりも優先される

消費者金融と聞くと金利の高さといった要素でどうしても避けられがちですが、急な用入りですぐに必要な場合、銀行系カードローンは対応しきれない事が多いです。銀行系カードローンは予め作っておいていざという時に備えるのが望ましい使い方です。

その点消費者金融というのはとにかく審査の速さが魅力的です。店舗によっては無人機によって24時間審査と借り入れを可能にしている事もあり、まさに即日融資と抜群の相性を持っていると言えます。
(⇒カードローンの無人機について

そういう意味では、急ぎの時は銀行に申し込む場合、速さの都合で申し込み自体が無意味になる事も考えられます。申し込み自体が無意味になるのは痛手であり、そうなると消費者金融に申し込んで間に合わせる方が、よっぽど有意義と言えるでしょう。

速さと安定は使い分ける

速さという点で特化すればやはり消費者金融のものですが、金利といった長く使う面ではやはり銀行系カードローンに軍配が上がるのも依然とした事実です。この二つを検討するのに求められるのは、自分の状況において最も適切な物の判断という事でしょう。

即日融資と無人機の組み合わせと言えばやはり消費者金融です。このメリットが活きるタイミングは思いのほか多いので、万が一の状況を想定するなら是非覚えておきましょう。

アルバイトでも作れるって本当?カードローンを作れる基準を見直す!

カードローンは職業に左右されるのか

カードローンも銀行融資と同じで、やはり今現在のご職業によって発行しやすさが変わってきます。昔から安定しているという職業においては向こうから声がかかる事も多いくらいで、そうしたご職業なら自分から申し込めば、審査を通過しやすいだけでなくて、限度額も最高が十分に狙えるでしょう。
(⇒審査に有利な職業とは

だからと言って、職業によって完全に借りられないという事は一概に言えません。カードローンを作るならより良い条件で作る事が好ましいですが、急いでいる時にはそうも言ってられないし、早めに一枚作っておいてしっかり返済しておく事で、信用を得ておいて条件を良くしてもらうのも選択肢として挙がります。
(⇒きっちり返済を行って信用を得よう

特にアルバイトといった立場だと不況である都合上最高条件でカードローンを組むのは難しいですが、作るだけであるなら方法はちゃんとあります

条件を満たしてカードローンを作る

主に申し込みサイトなどで「アルバイト、主婦の方でも申し込み可能!」と掲げられている会社は文字通り申し込みが可能ですが、他にも特定の条件を満たす事で職業に限らず借り入れが可能になったり、審査に有利になったりします。

それはカードローンを発行している会社に注目してみましょう。例えばショッピングサイトと並行してローン業務も行っている会社の場合、そこのショッピングサイトで使える会員アカウントも登録している場合、上記のような優待を受けられる可能性があります。

さらにそうした会員優待をしている場合、申し込みフォームの記入が楽になったりしますし、キャンペーンなどを行っていれば、会員向けのポイントがサービスとして受けられる可能性もあります。カードローンだけでなくそちらも気になっているなら、いい機会という事で登録を一緒に済ませておくのも合理的でいいですね。
(⇒キャンペーンを利用した申し込み

簡単に諦めず、条件を再確認

このように、確かに仕事によって有利不利こそあれど、作る事は出来るのが分かりますね。アルバイトでも可能とはいえ公務員などと比べれば限度額を大幅に引き上げるのは難しいですが、それでもいざと言う時の選択肢が増えるのは嬉しいですね。無理の無い範囲で借りて返せばそのうち条件変更も可能となるでしょう

ご自分の仕事のせいで、申し込む前に諦めていませんか?今回お教えした点も踏まえ、カードローン作りに新たな選択基準を設けてみて下さい。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >