カードローン

有担保カードローンを使う前に知っておきたい、無担保との違いとは?

カードローンの無担保と有担保

カードローンは基本的に無担保のお金の借り入れを指します。今まで借り入れと言えば銀行の証書貸付がメインで有担保が基本でしたが、担保不要の信用貸付のカードローンは敷居も下がってきているので、より消費者に近いローンと言えます。

しかし証書貸付の有担保の方が大きな枠を用意しやすいように、カードローンにもかつての証書貸付のような担保が必要な物が用意されてきています。それでいて消費者に使いやすいようにカードとしての体裁を保っている物はどんな特徴があるのでしょうか?

有担保でカードローンの特徴

有担保カードローンの最大の特徴は、住宅といった大きな買い物などに使う、それこそ証書貸付のような使い道に対応する為のカードローンです。通常の無担保カードローンは手軽さゆえに生活費などの急な出費の補填が主な用途でしたが、有担保カードローンはまさに無担保カードローンの『手軽に使える分大きな買い物には物足りない』部分を埋めるカードローンと言えましょう。

反面で文字通り担保が必要となり、特に住宅カードローンと呼ばれる物になると、家を担保に入れる事に加えて生命保険がセットになっている場合があります。ローンが払いきれない場合は家が担保となるように、万が一支払う方が無くなった場合は保険によって支払いが免除されるようなシステムとなっています。二重の保険が用意されているのも証書貸し付けに酷似しています。

そこまでするだけあって、上限額は無担保に比べて大幅に増加しており、金利も大幅に下げられています。この点は無担保では不可能なレベルで設定されているため、住宅という人生において上位とも言える大きな買い物を大幅にサポートしてくれるでしょう。そしてそれほど大きな買い物であるにも関わらず、カードローンという形態を保っているのも特徴です。返済終了後、余裕があれば再度使う際に面倒が少ないのも魅力でしょう。

無担保と有担保の違い

担保を用意するというのは住宅や証券などを求められる事もあり、借りるにはそれなりの準備が必要ですが、その分大きな買い物にはより役立つ特徴が多くあります。担保なしというのは手軽になる代わりに貸付側のリスクも考慮した上限設定ですので、もしも複数のカードローンを組めるなら、双方を用意しておく事も将来の備えになるでしょう。
(⇒複数のカードローンを作るなら

カードローンの使い分けには慣れと知識が必要となりますが、使い分けを判断できるようになれば非常に便利な物に変わります。他の記事も参照していただき、是非カードローンの特徴を掴んでおいてください。

信頼をそのまま反映!取引のある銀行でカードローンを組むメリット!

普段の縁は大切に

人間の縁というのは巡り巡ってくるものであり、昔の縁が今になって役に立つ…という事はわりと珍しくありません。ゆえに情けは人の為ならず…という言葉が日本に広まったのかもしれませんね。

少し本題とずれてしまいましたが、カードローンにもそれに近いものが役立つ事があります。極端な話をしてしまえば、例えば仕事の関係で銀行の口座を作る事になってしまったとしたら、それは銀行との縁が出来たと言っても構いません。特に事業者の方であれば、大きな取引ゆえに銀行の役員の方とも懇意になったりする事も珍しくありません。

そして、そんな仕事での大きなお金を預けているとなると、銀行からすればお得意様と言える存在です。特別待遇というと何だか不正な聞こえにもなりますが、カードローンを作る上で大切な印象というのに影響するのは不思議ではありません。

大きな取引は向こうにとってもプラス

事業者であればやはり大きなお金を銀行に預けるわけですし、それと同時に資金源というのはいくつあっても無駄ではありません。そんな時に、銀行系カードローンを作る事を検討してみましょう。事業者向けカードローンを作るのも手ですが、限度額によっては銀行系カードローンの方が金利面で好都合の場合も少なくありません。

銀行系カードローンと言っても、何も取引の無い他行のローンを作ろうというわけではありません。そこの普段からお世話になっている銀行にさり気なく相談する形で、カードローンを作るかどうかの事を聞いてみましょう。

審査の厳しくなったローン業界において効果を疑う方も多いですが、こうしたコネクションというのは想像以上に効果を発揮する事があり、さらに普段の信頼においてもダイレクトに銀行側に伝わっているというのは、非常に大きなポイントです。何の接点も無いところであれば把握も時間がかかりますが、普段の付き合いがあればどういった状況かも分かってもらえますし、ある程度の算段は付けてもらえる事でしょう。

取引を増やし、より親密に

公平であるのが審査の条件ではありますが、普段からの取引があれば向こうから勧めてくる事も珍しくなく、勧めてくる以上はそれなりの条件を用意してもらえる事も十分考えられます。普段の付き合いというのは社会において重要なファクターになりますが、カードローンにおいてもまさにそれが言えますね。

銀行と仲良くしておくのは決してマイナスではありません。下心をあからさまにするのは問題ですが、支障が無い程度の関係は築いておいてそんは無いと言えましょう。

最悪の事態を回避しよう!返済期日に間に合わない場合の応対方法

本来であれば守らないといけない事

再三言われている通り、カードローンにおいて返済日を守るのは重要な事であり当然の事であります。お金を借りたら返す義務が発生するのは当たり前ですよね。

本当ならうっかりでは済まされない事態ではあるのですが、忙しい日々を送っていると、つい疲労も手伝って返済期日を忘れていたり、土日祝日を考慮せず入金が遅れてしまった…という事も考えられます。もちろんそうならないのが理想であり基本でもあるので、返済については期日とペースを踏まえた計画を事前に練っておくのが好ましいです。
(⇒事前に返済プランを練っておこう

それでもどうしても間に合わない、となったらしておくべき事があります。「どうせ遅れるんなら何をしても同じ…」と諦めるのは論外です。最悪のケースを回避する事もまた、カードローンを利用していく上で必要とされる事なのです。

連絡は基本であり忘れてはならない事

支払い期日に遅れるようなら、まずはローン会社に、当日前には連絡する事が肝要です。とても分かりやすいですが、これが何よりも重要となります。

だからと言って言い訳を重ねても仕方ないので、遅れる旨を伝え、そして何日後に入金可能かを明確にしてから連絡するようにしましょう。ここでも今まで支払ってきた実績が問われ、もしもこれが初めてだとしたら、こうして予め電話する事で比較的穏和に事を済ませる事ができるでしょう。
(⇒利用実績と信頼はどんな場面でも重要

但し、どれだけ信頼があっても遅延は遅延に変わりなく、今までの信頼によって電話などの受け答えが穏便になっても、信用機関には事故として記録されるし、遅延損害金もしっかりと発生します。こうなった場合はすでに遅く、最悪の場合更新されなかったり、その場で利用停止になっても文句は言えないのです。

どんな場合でも誠実に

何度も言うようですが、期日に支払えなかった時点である程度の措置が取られたとしても、こちらは何の文句も言えません。それでも誠実に申し出るという事は無意味では無く、ローン会社も人間ですので、措置が若干マシになる可能性はあるのです。記録が残ったとしても、そのローン会社における印象を和らげておく事は、今後に響く重要な要素と言えるでしょう。

当然ですが、予め期日を守り続けていれば、こうした面倒事は一切ありません。その事を踏まえ、最悪の事態にならない事を最優先で心がけて下さい。

専用サイトでいつでも確認!カードローン明細はインターネットがお得

インターネットを使って出来る事

カードローンを取り扱う多くの会社はインターネット対応を済ませています。情報収集や金銭のやり取りがインターネットへと移った事による当然の動きですね。

これにより私たちがカードローンを使う際にも恩恵が発生します。特に忙しい方にとっては自宅に居ながら操作が出来るという事で、隙間時間を利用して余裕のある日程で行えるというのは、インターネットが普及した世の中において便利です。
(⇒忙しい方こそインターネットを利用したカードローン

その操作の中でも特に重要なのが、利用明細の照会でしょう。インターネットに対応しているカードローンなら大体において利用可能な基本サービスの一つと言えます。

明細照会の重要性

カードローンは返済プランをしっかり練っておくのが完済を目指す上でとても大事で、返済プランを任意返済も交えた臨機応変な変化をさせていくなら、自分の利用状況を把握しておくのは基礎であり忘れはならない事です。
(⇒任意返済で手早く楽に

しかし最近は利用明細を送ってもらう際に、手数料を請求される事も珍しくありません。これはインターネットの普及の背景以上に石油などの高騰による印刷費や紙代の値上がりにより、昔のように紙媒体が気軽に使えなくなっている事が関係しています。ゆえに利用明細も無いまま、終わらない支払いに首を傾げている方も少なくないでしょう。

ですが、インターネット照会に対応しているなら、利用明細を随時確認する事も可能です。紙媒体であれば頼んでから送付してもらう…というタイムラグがありますが、インターネットなら専用サイトにログインする事でいつでも確認できるし、さらにそこから支払い枠の変更なども操作できるので、スマートフォンなどをお持ちならそれこそどこでも確認して、さらにネットバンキングがあればどこからでも振込も可能です。
(⇒カードローンはネットバンキングで楽々返済

専用サイトはいつでも活用

わざわざ専用ATMに向かうなら時に営業時間なども制限される事がありますが、専用サイトなら24時間いつでも確認&操作が可能です。随時返済が理想的で常に返済プランを変更したい方にとって、この専用サイトは大きな力となってくれるでしょう。

専用サイトの多くは無料で利用する事が可能です。会員登録が必要の場合もありますがそれも無料である事が大半なので、インターネット環境があるなら気軽に登録しておきましょう。

まだまだ現役!大きな買い物には昔ながらの証書貸付が役立つ理由

昔の借り入れ方法にも目を向けてみる

カードローンは昔から存在するローン方法に比べて、極めて便利な形式のローンと言えます。メリットを語ればキリがありませんが、一度審査さえ通過すれば自由に借り入れと返済を行う事が出来るのが最大の特徴で、借り入れとは言え自由に使えるお金にプラス出来るというのは非常に魅力的で、私たちのローン方法においてスタンダードになるまでに進化を遂げました。
(⇒借り入れ自由なカードローンの魅力と注意点

そうなると旧来の使いにくいとも言える借り入れ方法はもう用無し…に思われがちですが、カードローンは言わば『手軽さに特化したローン』であり、手軽にする為に若干他の要素も犠牲になっているのは事実です。カードローンが流行り過ぎて尚且つメリットが多すぎる為、他の借り入れ方法のメリットが薄れて見える状態と言えば分かりやすいでしょうか。

特に今回紹介する証書貸付に関しては一昔前のスタンダードであっただけあり、まだまだ見逃せないメリットがあると言えます。事業主の大きな借り入れ等の場合はまだまだ使われる事も多い、証書貸付についてご説明いたします。

面倒さもあってこそのメリット

証書貸付というのは基本的に担保を用意しなくてはなりません。住宅ローンやマイカーローンもこれのほぼ同系列と言える存在で、こちらは買うべき物を支払えなかった時の為の保険みたいなものと思えばいいでしょう。

最大のメリットは借り入れ額の大きさです。カードローンだと一般的に100万足らずの限度額が多いですが、証書貸付は住宅丸ごと購入の為のローンを組んだりする事もある為、借り入れ額というのは桁が違うと言わざるを得ません。

さらに金利もかなり安いのが特徴です。そもそも証書貸付は多額のお金を担保を元に貸す業務ですので、多額の借り入れに高い金利では払えないのは当然と言えばそうですね。マイカーであればカードローンの限度額によっては手が出せる金額と言えますが、やはりそれでも証書貸付の方が長い目で見ていけば、大きな買い物では優秀でしょう。

今も昔も確実な借り入れ

カードローンに比べて借り入れの際に都度審査が必要、リボ払いといった融通が利く返済方式が無いなど、利便性において劣りはしますが、やはり企業などをしていて大きな出費があるなら、今でも頼られるのはこちらの証書貸付です。一般の方の普段使いには向かない反面、マイホーム購入の際にはお世話になる事もある、覚えておいて損の無いローン形式です。

都度審査が必要な手間も、困ったらすぐ借りようとする悪癖防止になると思えばある意味メリットです。大きなローンを組む場合、こちらを優先してみましょう。

カードローンはどう使う?他のローンでは出来ない事を比べてみた!

タイミングを見極める

借り入れと言えばすっかりカードを利用したローン…カードローンが借り入れのメインとなっていますね。私も借り入れた事があるカードローンですが、やはりこの手軽さというのは他のローンに無い利点と言えるでしょう。

しかし世の中には他にもたくさんの借り入れ方法があるのも事実で、例えば証書貸付は多額のお金を低金利で借り入れられますし、フリーローンはついつい使い過ぎを防止できる特性とカードローンのような自由に使える用途を持ち合わせています。

実際のところ、この二つを使い分けるだけでもローン方面は何とかできます。車やマイホームといった大きな買い物であれば証書貸付の方が頼りになりますし、そこまでいかなくともそれなりに大きな出費が予測されるならフリーローンでもいいでしょう。

では、カードローンというのはどの場面で力を発揮するのか?最初に説明した手軽さこそが、私にとっての利点だと思うのです。

生活にすぐに組み込める強さ

証書貸付もフリーローンにも欠点として『借り入れの都度審査を受ける為時間がかかる』という点があります。完済した時点で借り入れ記録は無くなるので次回以降の審査には有利かもしれませんが、ローンをいざという時の備えと考えるには少々小回りが利きません。
(⇒余計な借り入れ枠を減らすメリット

カードローンはその点、一度作れれば使うも使わないも自由で、借り入れの度の審査もありませんので、真面目に返済しているなら実質上何度でも使えるローンなのです。つまりは日々の生活の急であり突発的な出費に対応する力が強いのです。
(⇒真面目な返済が大事な理由

従って急な用入りでなかなか思うようにいかないもの…冠婚葬祭や事故による負傷といった、予期せぬ出費には滅法強い存在と言えます。現に私もそうした場面で頼ったローンというのは予め作っておいたカードローンであり、おかげで時間を浪費せずにスムーズに事を進められました。

困った時こそカードローン

結論で言えば、急な出費で時間が無ければ無いほどカードローンは輝くという事が分かりました。都度審査というのは想像する以上に手間であり、欲しい時に使えないというジレンマも抱えているのが事実です。カードローンは仕事を変える前に作っておくのが大事と言われるように、備えにしておくのが一番良い使い道だと私は思うのです。

今でもカードローンは急な出費に備えられるように、現在未使用の一枚を持っています。ここぞという時の安心感もカードローンのメリットでは無いでしょうか。

もう引き落としは安心!自動融資で使わないカードローンをフル活用!

引き落としは万全に

皆さんは公共料金の支払いはどの方法で支払ってますか?コンビニエンスストアなどで専用の振込用紙にてお支払されている方も散見されますが、やはり一番多いのは口座引き落としですね。

お金を入れておくだけで毎月自動的に引かれるので払い忘れが起きにくいし、カードローンの支払いでもお馴染みのネットバンクを使えばポイントに変えられるのが便利ですよね。
(⇒ネットバンクでお得なカードローンの支払い方法

ですが、自動引き落としには欠点もありまして、例えば複数の引き落としを一つの口座で管理している場合、引き落とし金額が大きくなると、お金が手元にあっても残高不足になる事がありますね。口座は随時確認しておくべきなのですが、そもそもお忙しい方向けとも言える口座引き落としなので、確認漏れが出てきてしまう事も十分に考えられるでしょう。

引き落としというのは例え一円でも足りないと完遂できませんので、毎月ギリギリでやりくりされていると、計算ミスも起きがちです。そんな時にカードローンが役に立つのはご存じでしたか?

自動融資で確実な引き落としを

カードローンのオプションの中に、自動融資というシステムがあります。これは特定の口座から公共料金などを引き落とす場合、不足分が発生した際にそのカードローンから足りない分だけを自動的に融資してくれるシステムです。

これを設定するにはカードローンを作ってさらに特定の口座などの条件が必要な場合がありますが、毎月口座引き落としをしている場合にうっかりミスを無くしてくれる便利な機能であり、引き落としのミスは電気やガスといった機能をストップさせたり、さらには信用にも関わってきますので、それらを未然に防いでくれるという事はかなり大きな意味合いを持ちます。一枚は備えておきたいカードローンの役目としては、非常に有意義な機能といえるでしょう。

一つ注意点を挙げるとするなら、この自動融資は一度設定すると常に有効状態となりますので、不足分が発生したら融資が毎回発生する事です。いざという時の備えとしては優秀ですが、事情があって不要になった場合はきちんと無効に設定しなおす事が必要となります。その点だけは忘れないようにしましょう。

自動融資は出来れば設定しておこう

常に自動融資が有効になると聞くと少々不安に思ったりするかもしれませんが、むしろそのカードローンを普段使わないようなら、本当にいざという時にだけ自動的に機能する物になります。カードローンを普段使いしない方向けの機能でありますので、もしも使い道が特に無い状態であれば、まさかの為に即時に対応してもらう為に設定しておけばいいでしょう。インターネットがあれば設定切り替えも楽にできます。
(⇒専用サイトで楽々操作する

使わない方にこそ有効と言える自動融資です。眠っているカードローンの活用法としても是非ご検討下さい。

カードローンを家族で使うには!便利だからこそ知っておきたい心がけ

家族の為にローンを組むなら

カードローンは一人暮らしなど、頼れる相手が近くに居ない時でも役立つ場面は多いですが、お金が色々と用入りになるのは、やはりお子さんを抱えたご家族からと言ってもいいでしょう。学費や病気、あるいは家族サービスなど、急な物から計画的な物まで、出費は数え切れません。

最近は主婦の方でもカードローンに申し込める為、中にはご家族単位での出費で使う為に、家族全員でカードローンを検討する事があるでしょう。一度作れば借り入れが自由に行えるので、急な出費に備える意味では証書貸付などよりもスピーディに借り入れが可能なので、もしもに備える意味でも万全ですね。

共有する為に

しかし、一度作れば借り入れが容易な分、必要な事が出てきます。それは家族の為に使う物である以上、ご家族の全員が共通の意識を持って、家族の借り入れを共有する事です。

例えば子供が怪我をして入院する場合、急な場合で借り入れざるを得ないなら、それはもちろん必要な出費と言えます。しかし、例えば誰かが必要でない物…趣味などに使う物に多くの借り入れを勝手に行えば、どうなるでしょうか?

お金の借り入れというのはあくまで借りているという認識を家族全員が持ち、そして家族で返していくという心がけが必要です。そうなれば誰かの我がままで借り入れをしてしまった場合、本当に家族で返していく事に疑問を持たないでしょうか?

昔から家族間でもお金のやり取りは慎重に行うべきと言われていますが、誰かが勝手な借り入れを行って、それが元で諍いに発展する事も珍しくありません。それを未然に防ぐ為にはカードローンは家族の為であり、必要不可欠な出費に充てるの必要とされているのです。

従って借り入れ前は家族会議…はやり過ぎかもしれませんが、せめてカードを作った名義人の方を含めた年長者、保護者などが話しておき、返済プランに関しても月々どれくらいでどれだけかかるか、大雑把でもいいので余裕のある返済計画を想定しておきましょう。利息の計算に関しては近頃はメール対応してくれるローン会社も多いので、気になった事は全て聞いておきましょう。

家族一丸でローンを賢く使う

少々大げさに聞こえるかもしれませんが、これを徹底するだけでも借り入れ事故の防止に繋がりますし、要は声掛けの類の物ですので難しい事はありません。普段から会話を行っている家族なら自然に馴染む事でしょう。

お金の問題は慎重に行うべきですが、家族全員が協力すれば難しい事はそこまでありません。普段の何気ない会話からコミュニケーションを取っておき、必要な事を隠さない家庭環境を作っておきましょう。

年金暮らしでカードローンは作れる?安心した老後の為に持ちたい理由

安心した老後の為に

お歳を召され、仕事からも退いたら、いよいよ老後の生活に突入です。今までお仕事に忙殺されていた方も多く、したくても出来なかった事も多いでしょうし、まさに第二の人生の始まりと言ってもいいでしょう。

老後の生活の支えと言えば、やはり今までの蓄えに加えて年金が生活費の一助となる事でしょう。その為に年金を払い続けてきたのですから、もらえる物はきちんと手続きを経てもらえるようにしておきましょう。

しかし近年の不況は様々な金銭的な負担を市民に強いています。その中でかつては将来安泰とまで言われた年金も大幅な支給金額のカットが遂行され、お年寄りでお仕事から引退された方々の生活を圧迫しています。

その中でお仕事をされていた時の蓄えと言っても、給与面でも不振が続く世の中で仕事をされていると、どうしても心許なくなってしまいますよね。だからと言って年金もあてにならない…厳しい世の中です。

そんな時、いざと言う時に使えるお金…借り入れの枠があれば、最悪使わなかったとしても、安心して過ごす事ができます。でも若いうちに作ってカードローンを作ってなかったから、と諦められる方もいらっしゃいますが、それは少し早い結論です。

年金でも作れるカードローン

カードローンを作るなら今現在のお仕事が審査に影響する事から、すでに退職された方は少々審査を不安に思うかもしれません。

ですが主婦の方でも独自の審査によってカードローンが発行されるように、年金での収入が主となっているご年配の方でもカードローンは発行できるのです。

但し、限度額などは働いている方に比べて振るわないですし、ご年配と言ってもさすがに七十歳を越えているとかなり厳しいものとなります。定年退職が一般的に六十五歳くらいだとしたら、五年間のうちにはカードローンの審査を受けておきたいところになります。ただ、これも資産や審査を受ける銀行との大きな取引があったなどの実績があれば、結果は変わる事もあります。カードローンを作る前は、ご自身の身の回りをもう一度整理して見てみましょう。

生涯付き合っていくカードローン

理想で言えば二十代から三十代の間で作っておきたいカードローンですが、退職後に作れても万が一の状況への備えとしては十分です。特に定年退職後は再度の就職も年齢的に難しいので、いつどんな事があるか分かりません。ある程度の、いつでも使える融資枠はきっとあなたの安心に繋がります。

カードローンは若いうちだけでなく、老後も使える便利なローン方法です。必要になる前に、出来るだけ有利な条件のうちに作っておきましょう。

カードローンの更新はどうするの?更新される為に心がけるポイント!

契約期間の有無

カードローンは一種の契約を貸し出し側と結び、その上で融資を受ける事を指します。証書貸付などであれば担保を元に契約を行い、借り入れの都度返済までの契約を結ぶものですが、一度契約すれあば出し入れ自由なカードローンは少々異なる特徴があります。

簡単に言うなれば、どちらかと言えばクレジットカードの契約と似ていると言えば分かりやすいでしょう。無担保の信用貸付はクレジットカードの仕様に通ずる部分も多く、実際のところ、キャッシングなどを付けたクレジットカードはしばしばカードローンとの違いが疑問視されています。
(⇒カードローンのクレジットカードの違い

カードローンにも存在する契約期間

では、そんなクレジットカードにも似たカードローンの契約期間とはどうなっているのか?それはクレジットカードに同じく使用期限が設けられており、更新といった内容も同じとなっています。

カードローンは期限が過ぎたカードは使えなくなり、同時に更新されたカードが送付されてきます。この更新は原則問題が無ければ自動更新となり、また新たに期限が延長されたカードが送られてきます。更新したい場合でも面倒な手続きはありませんので、その点に関してはご安心下さい。

ただ、自動更新だからといって漫然と更新が履行されるわけではありません。更新は契約の見直しも兼ねており、その際に条件が変わる事もあるのです。

カードローンにおいては支払日を守る事が大事であり、例えどんな事情があっても期限を過ぎれば事故として扱われ、信用機関に記録される事になります。そうなれば契約内容の見直しとして限度額が下げられたり、それに伴って金利が上がるなどありますが、最悪更新自体が見送りとなり、その時点でカードローンが無効になる事があります。

見送りになったとしても支払いが残っていれば当然払う事になります。そうなると今後のカードローン作成に重大な悪影響を及ぼしますので、そうならないように常日頃から注意しておきましょう。

普通に使う事を第一に

後半は少々物々しい話に見えるかもしれませんが、普通通りに使って返していればまず更新見送りにはなりませんので、普通の使い方をしていれば問題ありませんね。当然の事を守れないから契約不履行となるだけの話ですので、特別身構える事は無いでしょう。

カードローン、それも良い条件のカードとなれば末永く付き合う事が望ましいです。なのでついうっかりで更新見送りにならないように、支払日が近づいて来たら確認を怠らないようにしておきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >