カードローン

返済忘れを無くそう!ネットバンキングの定時振込でミスを無くす!

カードローン返済で怖い事

カードローン返済で誰でも起こり得て、そして怖い事はうっかりが招く返済ミスです。それもお金はあるのに振り分けを忘れた…というミスが珍しくありません。

カードローンで返済日を守る事は非常に大切であり、例えうっかりミスでも然るべき場所に遅延が記録され、今後のローンに関して影響を与えかねません。だからこそ、カードローンは返済を第一に考える必要があるのです。
(⇒信用機関に記録される情報

特に振り込みにて返済を行っている場合、このうっかりが起きやすくなります。口座があるなら口座引き落としにしておくのも手ですが、引き落としにするには手続きが必要で、少額であれば振込にしておく方が楽ですよね。では、どうやったら振り込み忘れは防止できるのか。

ネットバンキングの定時振込が防止してくれる

カードローンと言えばネットバンキングが相性が良いですが、ネットバンキングは24時間返済が出来るだけでなく、振り込み忘れを防止してくれるシステムも実は備えているのです。

それは定時振込というシステムです。このシステムはネットバンキングの口座から毎月決まった日にちに振り込みの予定がある場合、予め金額と振込先を設定しておけば、自動的に日時に合わせて振り込んでくれるという便利な物です。

この定時振込というのは引き落としでは無く、振り込みを決まったタイミングで行ってくれるのがポイントです。ゆえに口座引き落としに必要な手続きや時間が必要無く、自分のネットバンキングの専用ページにて設定をしておけば、後は勝手に振り込みが完了しているというわけです。ネットバンキングの口座にお金を入れておくという事だけは忘れないようにしましょう。

カードローン以外でも役立つ定時振込

定時振込はカードローンだけの為のシステムというわけでなく、必要に応じて仕送りや振り替えなど、様々な用途に使えます。毎月の決まった事というのは惰性で行っているとついうっかりを生み出します。それを機械が代行してくれるのは非常に便利で、あなたの生活をよりシンプルにしてくれると言っても過言ではありません。

カードローン以外にも使えるとは書きましたが、ローン返済のように日付を厳守する場合は特に便利です。使ってしまう前に振り込めるように設定しておきましょう。

年会費は本当に必要?カードローン本来の役割から考えてみる

その年会費、本当に払うの?

カードローンの中には年会費が発生する物があります。クレジットカードならともかくカードローンで何故?と思うかもしれませんが、クレジットカードのようにワンランク上の条件を通常通りの審査で付与する為であったり、或いはオプションによる付随機能の中には年会費が発生する物があります。原則として年会費が発生するなら明記されていますので、申し込みの際には必ず細部まで読んでおきましょう。特に信販系カードローンならクレジットカードとも言える存在ですので、有料プランは多いでしょう。
(⇒クレジットカードとカードローンの違い

年会費を払う事を了承して申し込み、カードローンが届くわけでありますが、出来れば申し込む前に「このカードは年会費と同じくらい価値があるのか?」という事です。特にクレジットカードと違ってカードローンは無料プランの方が圧倒的に多いので、尚の事気を付けてもらわなくてはいけません。

年会費と見比べて価値を見出そう

単純に考えて年会費というのは使用頻度と比例すると言えましょう。要は使う機会が多ければ年会費分かそれ以上の恩恵に預かれますし、その逆もまた然りです。カードローンは所謂借り入れなので、人によって使う頻度というのは大きく異なります。最低年一回、大きめの借り入れが無いとお得感はイマイチ感じれないのでは無いでしょうか?

付随機能にしても同じで、カードローンに何を求めるかで全く変わってきます。それこそ「カードローンを作ったのは借り入れ枠が欲しいだけ」という方は多いでしょう。そうなると使わない付随機能が年会費を求めてくるというのはナンセンスです。借り入れ以外に何がしたいか、何が出来るのか、自分が求めた機能がプランの中にあるのか…これらを総合して考えられないと、年会費分の元を取るというのは少し難しくなるでしょう。

逆に言えば、不要な機能を取り払えば年会費はまず発生しないという事になります。カードローンを作るという事は第一として「融資枠が必要だから」という前提の元で作られるのを忘れてはいけません。

基本的に年会費は無しの物から探す

最初に申し上げました通り、信販系カードローンのプレミアム会員でもならない限り、銀行系カードローン消費者金融系カードローンでは年会費は発生しませんし、借り入れだけに絞ってみれば各金融機関とも十分な条件を備えています。無理して年会費がかかる所から探す必要性は、今現在のローン業界で考えれば薄いと言わざるを得ないでしょう。

カードローンには付加価値を求めるよりも、純粋に借り入れ枠としての魅力を追求しましょう。付随機能の為に本来の魅力を削るメリットはありません。

複数のカードローンを持つ前に!自分の管理できる容量を考えたい理由

カードローンの枚数とは

先日久々に会った友人と話をしていて、友人が財布を開けた時の事でした。色とりどりのカードがカード入れに収まっており、まるでそこだけ何かカラーリングを施したような光を反射していました。

後で聞いてみたら全てクレジットカードとカードローンらしく、何か事情があったのか聞いてみると、ただ単に「カードが好きでなんだか綺麗だから」という、コメントに困る事を笑顔で言われてしまいました。

カードローンを複数持つ事には確かに信頼の証とも言えますが、それは同時に借り入れ枠を複数所持しているという事です。それは場所によっては借金をしていると同義に見なされる事もあり、それを考えると信頼とは逆のレッテルとも言える証です。
(⇒カードローンを複数持つ意味

実際のところ、信頼の証というメリットか借り入れというデメリットか悩んでいたのですが、その友人の懐事情を聞いた時、私の中では一つの結論が固まりました。

やはり整理はしておきたいカードローン

カードが好きで…というだけで所持しているだけならある意味良かったかもしれませんが、友人は複数のカードローンから借り入れをすでに行っており、返済をしている真っ只中でした。さらにそのうち一枚はすでに限度額らしく、もう借り入れが出来ないと苦笑していました。

正直苦笑どころでは無いとは思うのですが、これがカードローンを複数持つ事の一つのデメリットでは無いか、と私は思ったのです。

友人はきちんと返していると言っていましたが、返済口座がバラバラでちょくちょく入金ミスしていると言っていました。ご存じかと思いますが、基本的にカードローンにおいて支払いが遅れるという事はご法度です。

しかもその原因が『複数のカードがあって管理しきれていないから』という物であれば、それはもう貸し出しをしている側からすれば頭が痛い状況でしょう。恐らくこのままいけば次回の更新は怪しいところです。
(⇒カードローン更新について

私が複数のカードを持たない理由が「管理が大雑把でどれがどれだけ使っているか分からないのが嫌だから」という理由でしたが、今回の結論でそれはより確実なものとなりました。限度額まで借りたとは言っていても決して金銭的に困っている友人では無く、だからこそ今回の大雑把さに繋がったのではないでしょうか。

カードローンは管理だけでも厳格に

カードローンというのはお金を借りる事であり、そこには返済に加えて利子の発生や返済日などの忘れてはならない要素がたくさんあります。複数枚のカードローンを持ち、それを使う事は忘れていない要素を増やすという事に他なりません。うっかりミスが取り返しのつかない状況を招く事もあるカードローンは、やはりこれと決めた一枚を持つ方が良さそうです。

私の今回の件での結論はこうなりましたが、もちろんその全てをきちっと管理できる方なら問題無いでしょう。自分が想像できる範囲で、前もってどれだけ必要かというのを、今一度しっかり考えておきたいですね。

カードローンアプリはどこまで使える?スマホを使って操作してみた!

スマートフォンで快適にカードローンを操作

カードローンの中には専用のサイトで操作可能な場所も増えてきて、インターネットでの営業を上手く利用する会社も増えてきました。特にネットバンキング系カードローンであったらばインターネットの親和性も高く、ほとんどの事が出来ると言えるでしょう。
(⇒カードローンと相性の良いネットバンキングとは

そしてスマートフォンの存在もインターネットに順応したローン会社にとっては追い風です。スマートフォンは多機能携帯電話と呼ばれるだけあってたくさんの機能がありますが、中でも注目すべきはパソコンに勝るとも劣らないブラウジング機能です。この存在はパソコンを苦手としていた方でも容易に同等の事が出来、それがさらなるカードローンの発展の一部に繋がります。

それはスマートフォンに自社専用のアプリケーションを作る事でした。インターネットが出来るなら専用サイトにアクセスする事が可能であり、そこでスマートフォンを使った操作が可能でしたが、アプリケーションはそんな手間をアプリ内で可能とするのが目的です。iPhoneを愛用している私は早速いくつか試してみました。

アプリケーションはまだ難あり

今回使ったのは消費者金融系カードローンネット対応している銀行系カードローンのアプリケーションでしたが、結果を言えば双方ともまだ難ありで、カードローンとして機能させるなら、アプリでは無く専用サイトにアクセスする必要がありました。

消費者金融系のアプリはGPSを使った支店検索やローンの計算など補助的な要素が揃っていたのですが、肝心な返済といった要素は持ち合わせておらず、さすがにこのアプリで全てを完結させるわけにはいきませんでした。反面、今から使おうか検討している方なら、試しに入れてみてもいいと言えます。

そして銀行系の方のアプリなのですが、少々言いにくいのですが、アプリ内で操作しようとしたらインターネット上の専用サイトに誘導されて、そちらで操作する事になりました。つまるところ、アプリというよりは自社ホームページのリンク集といったところでした。そうなるとお分かりかもしれませんが、アプリというには少々物足りなく、自分でサイトをブックマークするだけでも事足りるのが現状でした。

スマートフォンでも専用サイトにアクセスが必要

他にも他社のアプリケーションはありましたが、説明やレビューを見るからにまだまだブラウザ上と同等の操作が可能な物は見当たらず、現状ではスマートフォンの使い慣れたブラウザアプリで専用サイトをブックマークしないと、完全な利用は難しそうでした。

ただ、専用サイト自体はスマートフォンに最適化されていたりと普通に使えるし、ブラウザからの操作が快適では無いという事はありませんでした。まだまだ発展途上なカードローンのアプリたちですが、今後の展開には期待が持てそうでした!

確認は忘れずに!利用明細から分かるカードローンのプラン

カードローンにも振り返る事は必要

一時期蔓延していたグレーゾーン金利から打って変わり、現代のスタンダードとも言えるカードローンは制定された決まりの元、貸出から返済まで厳格な管理が行われています。

払い過ぎに対する注意はいつの時代でも喚起されていますが、上記のようにローン周りの決まりが厳格化してきた今では過払いの発生は稀となっていると言っていいでしょう。それゆえに借りて返す事に注力していけますね。

しかし、だからといって自分の借り入れ状況の把握を怠っていい理由にはなりません。どんな時代であれお金にまつわる事でいい加減なままで許されるはずはありませんし、普段からしっかりしておかないと思わぬ場所で足をすくわれる事になりかねません。

自分の履歴を知るには

そこで確認しておきたいのが利用明細の存在です。これにはあなたの借り入れと支払いの状況が記載されており、ローンに関するあなたのライフログとも言える存在です。

一見して「利用明細を確認するのは当たり前では?」と思われますが、カードローンの利用明細に関しては毎月ご丁寧に送られてくる場所は少なく、基本的に請求制となっていると思っていいでしょう。これにはやはり明細にかかる費用、紙代をカットするのが主目的となっています。だからこそ、昔に比べて金利手数料をカット出来ているのでしょうね。

さてこの利用明細の確認の意味ですが、念のための過払い確認であると同時に、あなたの今後の支払いペースを考えるのにも重要な役割があります。というのも残金も記載されているので月々の支払いで割ってみると分かりやすく計算できるし、そこに任意返済分を組み込めればさらに目標を明確化する事ができます。
(⇒カードローンを早く終わらせるなら任意返済を利用しよう

利用明細は頼めば送ってもらえますが、インターネット関連が充実している企業のカードローンなら専用サイトに向かう事により、電子明細としてサイト内で自分の利用状況を確認する事が可能です。さらに増額といった操作も備えている事がありますので、インターネット環境をお持ちの方なら是非利用してみて下さい。
(⇒ネットを利用してカードローンを操作

今を見て未来を決める

カードローンを月々の引き落としに任せて、さらにそのまま利用明細も見ないままだといつ終わるのか全く分からなくなってしまい、そうなるとふとした瞬間に不安になるものです。逆に把握しておけば「後○か月で終わるぞ!」とモチベーションも維持できるし、任意返済を利用しての実績も分かれば減っていくのに充実感も感じられます。

利用履歴から得られる情報は自分の事とはいえ、想像以上に役立つ情報が満載です。これを機に普段ご確認されない方は、一度見てみる事を強く推奨いたします。

銀行系カードローンの隠れた魅力!信頼を損なわない借り入れを利用!

銀行系カードローンの隠れた利点

カードローンというのはお金を『借りる』という行為です。ビジネスとして成り立っているし、そのおかげで生活が回っている方もいらっしゃいますが、世間体という目で見るとどうしてもお金を借りる行為には負のイメージが付き纏います。
(⇒何故ローンには悪いイメージがあるのか

当然すでに借り入れの有無があるかもカードローンの審査基準に加えられており、信用機関を参照した上で、借り入れ状況を調べて重要な判断材料となります。借り入れがすでにある場合、やや審査は厳しくなると言わざるを得ません。
(⇒信用機関に保管されている情報

しかし、実は借り入れ先によってその印象も変わるという事をご存じでしたか?その点において言えば、銀行系カードローンには一種の優位性があると言えるでしょう。

信用のある機関からの貸し出し

銀行系カードローンについてどんな印象をお持ちですか?やはり審査前に思い浮かぶ点と言えば審査が厳しいという事ですね。審査が厳しいと当然時間もかかってしまう為、お急ぎの方にとっては倦厭してしまいそうなイメージです。
(⇒銀行系カードローンの審査の厳しさとメリット

しかし、それこそが今回解説する、銀行系カードローンの隠れた利点なのです。厳しいという事は審査に通りにくいという面も備えており、必然的に持てる人と良い条件で使える方というのは、限られてしまうのが当然の流れです。

そして、それこそがメリットです。最初に借り入れがあると悪いイメージが…とお話しさせていただきましたが、その借り入れ先が厳しい審査のある銀行だとしたら、どうなるでしょうか?

そう、例え借り入れがあったとしても、銀行の厳しい審査を潜り抜けられた方となると、相応の信頼があって借り入れを行っているという事になり、借り入れがあるという事実でもかなり印象が違うのです。簡潔に言うなら、銀行系カードローンを持っていて使っていても、それなりの信頼はあるという見方に繋がるのです。

印象はローンにおいて非常に大事

印象なんかでどうにかなる問題じゃない…とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実際はそうした建前も、カードローンにおいては審査の時でも条件見直しの時でも、きちんと反映されてしまうものなのです。普段の行動が大事という事は社会においても共通している事項ですね。
(⇒条件を見直してもらうには

印象の与える力についてはご理解していただけたと思いますが、特別構える必要はありません。誠実に対応していけば、信頼のある銀行カードローンもいつか手に入っている事でしょう。

カードローンはここまで来た!申し込みを自動で行える契約機とは!

自動化が進むカードローン

無人機やインターネット上で手続きが完了するカードローン申し込みから分かるように、カードローン業界はどんどん自動化が進んでいます。
(⇒カードローンに使われる無人機の特徴

審査も仮審査に至っては機械による審査が導入されており、今後さらに技術が発展すれば、最後の認可くらいしか人の手が及ぶ部分は無くなるかもしれませんね。それほどこの金融業界は最新の技術が常に投入されており、お金が関わる事へおの技術の発展が望まれている証拠とも言えるでしょう。

そしてその一環として未来を感じさせる技術があります。それは一部の銀行にて導入されている契約機と呼ばれる物です。名前だけで見れば最初に挙げた無人機を想像されるかもしれませんが、実際その存在は無人機にかなり似通った特徴があると言えるでしょう。

ほぼ全ての業務を行える契約機とは

契約機というのは主にそのカードローンを取り扱っている銀行に設置されている事が主です。銀行でカードローンを申し込むなら後日郵送かインターネットからの申し込みかがベターですが、銀行内で自分で操作できて、そして素早く審査出来るのがこの契約機の特徴です。

申し込みが行えるのが基本として、なんとカードの受取まで行ってくれるのも無人機に似ている特徴と言えます。ゆえに急いでいる場合の融資でも対応が早いのが嬉しいですね。銀行で行うという事もあり、困ったら銀行員の方に聞けるのもポイントでしょう。
(⇒急な用入りに対応できるカードローン

さらに驚きなのが、利用限度額の変更も承っている点です。限度額というと基本的に人間でしか変更できないようなデリケートな部分だと思われていましたが、銀行に置かれているだけあってそうした部分も素早く行えるのか、自分の操作でそこまで可能というのは凄いですよね。この機械を見ていると完全自動化も遠くない未来だと感じます。

契約機で手間を減らす

契約機で減らせる手間は銀行側だけでなく、私たち借り入れる側としても余計な気を遣ったりわざわざ記入用紙に書いたりと、そうした手間も解消してくれます。特に限度額変更は本来ならかなりの手間の上で行うものですので、そこまで機械化しているのは驚嘆に値するでしょう。

手間は減っても最終的には人間が認可しているという事を忘れてはいけません。機械相手だからと横柄な事はせず、慎重に審査に挑みましょう。

まずは知りたい二つのカードローン!銀行と消費者金融の違いを学ぶ

借り入れ先は銀行だけでは無い

昔の融資と言えば銀行のみの業務と言えましたが、無担保ローンが普及し出してからは一概に言えず、様々な企業が金融業としてローン会社を立ち上げています。
(⇒昔と今の融資方法の違い

無担保ローンと言えばカードローンが今現在のスタンダードです。ゆえに古くから金融業に携わっていた銀行も当然カードローンを始め、テレビなどで良く聞く金融会社、所謂消費者金融もカードローンに移行しています。

ローンを組むにあたり大体はこの二つに分かれていますが、その違いとは何なのか?今回は基礎となる点についてご説明いたします。

借り入れと言えば銀行

銀行と言えば借り入れ先として名高く、カードローンが主流となってもそれは変わりません。むしろカードローンが一般に広く使われ出すに従い、より存在感を増したと言えます。

銀行系カードローンは借り入れ先が同じく銀行である為、審査も厳しく時間もかかりがちですが、それに見合った金利とサービスが用意されています。出来る事ならまずは銀行系のカードローンから始め、そして末永く付き合う事がカードローンの効率の良い運用と言えるかもしれません。
(⇒カードローンを最初に銀行で作りたいワケ

消費者金融も負けていない点

それに対して消費者金融というのは、つまるところ一般企業という位置づけも当てはまります。それゆえに銀行に比べて金利と言った根幹部分が劣る特徴もありますが、何もネガティブな点だけでは、それこそ今まで金融業として生き残っていません。

消費者金融は審査のスピーディさに見えるとおり、銀行系カードローンとは違った利点を備えています。さらにキャンペーンなども銀行に比べて活発に行っているので、場合によっては短期間の借り入れなら銀行よりお得な場合も多々あります。
(⇒カードローンはキャンペーンも魅力的

以上の点を加味しての選び方

今回挙げた違いは非常に大まかな点ではありますが、要点を掴んだ物となっています。この事から分かるのは何もどちらか片方が優れているというわけでは無く、場合によって使い分ける事が大事だという事ですね。それに関しては他の記事で詳しく解説させていただいてますが、金利重視の長い目で見た場合は銀行、スピーディーに借りて返しての場合には消費者金融と覚えておきましょう。

他にも信販系もありますが、まずはこの二つを覚えておけば困る事はありませんので、以上の特徴を踏まえたカードローン選びを心がけて下さいね。
(⇒信販系カードローンの特徴とは?

主婦の方がカードローンを作るなら知りたい、家計の為の使い道とは!

様々な方が申し込めるようになったカードローン

学生専用のカードローンがあるように、今ではカードローンはほとんどの方が作れるようになっています。無職でも条件を満たせば作れるカードローンもあるくらいですから、その気になれば誰でも作れるようになれると言えるでしょう。

そして女性向けローンがあるなら、といわんばかりに主婦でも組めるカードローンがあります。これは専業主婦と呼ばれる家事に専念されている女性の方向けのプランであり、審査から少々通常のカードローンとは異なります。

主婦でも作れるカードローン

カードローンと言えば通常お仕事をされている方向けのローンであり、職業の違いによって審査の難度と借り入れ条件が変わるものです。
(⇒職業による審査難易度の違い

しかし専業主婦向けに作られているカードとなれば根底から変わります。職業の違い=給与の違いくらいで考えてもいい審査が少々変わり、主婦の方が申し込んだ場合には世帯全体における年収、特に旦那の方の基本年収が審査において注目されます。つまるところご自身に明確な収入が無くとも、旦那の方が相応のご職業であったならば、審査においては不自由しないとも言えますね。

しかしそうなると支払いにおいて頼りになるのは旦那の方になります。それゆえに主婦の方が作るには旦那の方の了解が必要となります。そこを踏まえて予め旦那の方と話し合って合意していれば、申し込みはさらにスムーズです。

また、世帯年収が参照されるように、家族全員が認めた場合に使うといった相互理解も必要です。カードローンにおいて多額の負債を抱えてしまった事例に「誰か一人が娯楽の為に勝手に使い込んでいた」というケースがあります。自己満足の為の借り入れは家族全員に迷惑がかかるという事をしっかり共通の認識として、常に理解しておきましょう。

幅広く申し込めるようになったカードローン

主婦の方もそうですが、まさにほとんどの方が作れるようになったのが今のカードローンです。ですがその分使い道を理解してないまま浪費してしまう方が増えてしまったのは事実でもあります。再三の注意になってしまうようで申し訳ないですが、必要なお金を貸してもらえるのがカードローンです。その意味するところはいつも考えていただきたいものです。

特に主婦の方だと家計を任されている事も多く、カードローンの管理も任される事があります。その場合は特に使い道は相談の上使うようにしたいですね。

金利選びは最初も肝心!利用規約に隠された選ぶ基準を見直す

カードローンは慎重に

カードローンをお作りになられる方にはやはり急いで借り入れが必要な方もおられるでしょう。迅速な借り入れも可能なのがカードローンであり、実際速さを求めてカードローンを選ばれた方も少なくないでしょう。
(⇒即日融資も可能なカードローンを選ぶ

ですが、もしもお急ぎで無くていざという時の為に…と思ってカードローンをお作りになられる場合、慎重にカードローンの利用規約を読んでいただいて、それに納得してから審査を受けてもらいたいところです。

何故そう言うかと申しますと、大前提としてカードローンを申し込むという事は「利用規約を読んで同意した」と見なされており、利用規約を読んでいない、或いは流し読みしたとしても読んだものとして扱われているのです。つまり、知らなかったとして規約を破ってしまっても、悪いのは当然こちらになるのです。

そして、今回良く読んでもらいたいという理由として、カードローンの中でも重要視されやすい金利が大きく関係しているのです。

可能な限り変更可能な金利が望ましい

まず金利というのは審査が仮審査が通って本審査で決められる事が多いです。そして本審査で金利が決定するという事は審査通過として、間もなくカードが発行されるという事です。
(⇒仮審査と本審査の違い

そして金利というのは一度決まってしまえば、変えるにはある程度の利用実績と期間が必要となります。利用実績も期間も当然時間が必要なもので、尚且つ金利を下げられるというのは長くカードローンと付き合っていくにあたり、非常に重要ですよね。
(⇒カードローンの審査は利用実績が大事

しかし会社によってはこの金利が固定制な物もあり、そうなると最初の審査以外にチャンスは存在しないという事になります。

となると金利以外は満足していたとして今後長く付き合っていきたいとしても、金利が一切変わらないという事はそのままの金利で我慢するか別のカードを作らないといけないという事であり、常に双方にデメリットが発生した状態になってしまうのです。

長く付き合える物を最終的に選ぶ

もしも金利が変更できないとしても「その場しのぎだし、これで実績を積んでより良いカードを狙う」という事情があるならまだしも、そうでないならやはり長く付き合えるカードを選ぶに越した事はありません。利用規約は自分ではどうしようも無いので、まさに最初が肝心と言えるでしょう。
(⇒今のカードを解約してより良いカードローンを作る

利用規約は正直に言えば項目が多い上に読みにくい文書がほとんどですが、知っておくべき事はたくさん詰まっています。かならず申し込み前には目を通しておき、控えもしっかりと取っておきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >