カードローン

サイトマップ

ページ 1 of 4 : 次のページ

投稿

口座開設は必須?銀行カードローンの最初の疑問を解消!

銀行カードローンの最初の疑問

カードローンと言えば消費者金融のイメージが強いと思われますが、金融業という事で当然銀行もカードローンを発行しています。
(⇒銀行カードローンの基本

銀行と言えば昔ながらの証書貸付がまだ行われていますが、時代の変化と共に銀行のローンの主力も、カードローンに移っていると言っていいでしょう。それほどカードローンが便利な存在として認められている証拠でしょうね。
(⇒借り入れがカードローンに移行していった背景

銀行カードローンを作るにあたって最初の疑問があると思います。それは「銀行でカードローンの借り入れをするなら、その銀行の口座は必要あるのか?」という事ですね。

基本的には開設は自由

まず多くの銀行カードローンに言える事としては、基本的にその銀行の口座を作る必要は無いという事です。口座を持っていないと取引しない…という考え方ではやはり古く、借り入れの敷居を無理に高くしていると判断したのでしょう。

だから引き落としにするにしても他行口座を指定する事が可能ですし、お勧めされたからといって無理に作る必要はありません。口座を複数作ってわざわざ移し替えるよりも可能な限り一か所にまとめる事により、支払いや納金も楽でしょう。

但し、金融機関によっては口座の開設が必須となっている場合もあります。その場合は作らないといけなかったり支払口座が固定される事もありますので、その場合は詳しく説明を聞いておきましょう。

また、金融機関側が指定する口座を設定しておけば、一部の優待を受ける事が可能です。特にネットバンキングに多い傾向なので、作るのが手間で無ければついでと思って開設しておき、カードローンの支払いにも便利な場合も多いので、活用してみるのも有効な手段と言えます。
(⇒引き落としに便利なネットバンク

ある程度は好みで問題無し

銀行などであるなら口座開設も推奨される事も多いですが、基本的には好みで判断しても問題はありません。優待を受けたいなら開設してもいいし、一か所にまとめたいならわざわざ作る必要はありません。逆の発想としては、自分が使っている銀行のカードローンを選ぶという手もあります。

カードローンを使うにあたり、口座の用意はほぼ必須です。自分が使いやすい方法を考え、作るか否か判断してみましょう。

使わないのも有効活用法!?カードローン温存のメリット!

カードローンの使用の有無

カードローンをいざという時の為に作っておいたものの、とりわけすぐに用途があるわけでも無く、使わないまま置いているだけ…そうなっている方いらっしゃいませんか?実際のところアンケートにおいても「作ってはみたけど特に使ってはいない」という方も非常に多く、作成者=利用者の図式にはなっていない事が分かりますね。

そうなると「やっぱり作っておいて使わないと何か問題があるのだろうか」と思われる方もいらっしゃるかと存じます。確かにクレジットカードには使用履歴が無いと年会費が発生する物が多い為、似たような存在に思われがちなカードローンにも不安になる方もいらっしゃるでしょう。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

備えておけるのがカードローン

ですが、とりあえず安心していただきたいのは「カードローンは審査を通過して発行後、使うかどうかはご本人の自由」である事です。カードローンの特徴の一つとして用途自由という物がある為、使わないのも基本的に自由になっているのです。

これはカードローンの大きな強みと魅力であり、フリーローンであれば契約後はそのまま貸し出しが始まり、そして返済を行っていくわけでありますが、カードローンは契約後に融資枠が用意されますが、そこから限度額内ならどれだけ引き出しても、逆に一切手付けずでも構いません。

これはカードローンが数あるローンの中でも生活に密着していると言われている点であり、不要なら引き出さないでおく事で、必要な時まで枠を温存しておけるのです。普段使わないならいざ大きな出費が発生した時にでも、余裕のある枠のおかげで応対、そして月々マイペースに返しながらも余裕が生まれたら任意返済を行う…このような自由な使い道ができるのも、カードローンの人気の一つです。
(⇒任意返済でカードローンを素早く終わらせる

使う時まで使わないのが秘訣

少し身もふたもない言い方をするなら、カードローンは使わないに越した事が無い部分があるのも事実なのです。借り入れるとそれは返済の義務の発生を意味するので、生活の為にも意味の無い借り入れやギャンブルと言った用途での借り入れは行わないのが吉という物です。

浮いた枠は常にいざという時まで使わない、と思うのもカードローンの正しい有意義な使い道の一つです。あなたの生活に必要な場面を見極めておきましょう。

アルバイトでも作れるメリットは?限度額が低いカードローン活用法!

チャンスは使うべきか否か

ローンと言えばそれなりの立場に居る人が大きな買い物に使うイメージが強く、カードローンもローンであるがゆえ、どうしても安定した仕事でないといけないと思う方が多いです。それに加えて不況による正規雇用の激減から、ローンと言う物が遠くに思われがちです。
(⇒どのような仕事だったらカードローン発行に有利なのか?

ですが、それは単なる思い込みとも言えます。何故なら最近のカードローンは学生でも作れるように、お仕事に関わらず申し込み、及び発行が可能なのです。

そしてアルバイトの方でも作れるようプランもあり、所得も関係なく作れるのですが、当然条件は最低限の枠に限定され、金利も上限まで発生すると思っておいた方がいいでしょう。
(⇒アルバイトの方でも作れるカードローンについて

カードローンの目指すべきは豊富な限度額に加えて低金利なのが常識ですが、果たしてアルバイトなどのうちに作るメリットとは何なのか?私が感じた事を挙げていきます。

求める物によって決める

まず、最初の申し込みから良い条件でカードローンを作りたいなら、少々現実的では無いと言わざるを得ません。弁護士や医者といったご職業なら最初からかなりの条件で借り入れ枠を用意してもらえますが、さすがに年収や安定性も鑑みれば、アルバイトの身分では少々それは難しいでしょう。

しかし、だからと言って今作る事によるメリットが無いわけではありません。今少しだけの借り入れ枠が必要なら作っておいてもいい理由があるのです。

カードローンの増枠には信頼実績が必要が必要なので、返済を重ねていく事が大事です。そうなると「今ちょっと借り入れが必要だけど、いいカードが欲しいから我慢…」とするよりも、限度額が低くとも今後の為、何よりは今の用入りの為に作る事で、ただの限度額が低いカードローンでは無くなるのです。長い目で見れば返済実績というのはかなり今後のローンで活きてきますので、最低限度額と言われる10万でも作っておくメリットはあると言えるでしょう。

今を助け、未来に活かそう

他にも『今回とりあえず凌げたら解約でもいい』という場合でも作っても問題はありませんし、それでも返済実績になるのですから、決して無駄な申し込みにはなりません。要は『今必要な額と将来もカードローンを持ち続けたいか』という事を踏まえれば、どんな申し込みでも無駄にはならないでしょう。
(⇒解約によるカードローンのメリット

このように、アルバイトでも申し込めるように門戸を広げているのは、決して企業の無駄ではない事が分かりましたね。自分でも役立つ場面かどうか見極め、カードローンを使いこなしていきましょう。

借り入れ自由なカードローンを便利に使う知識と注意点を学ぶ

カードローンの最大とも言える魅力

人間は生きているとほぼ必ずと言っていいくらい、不測の出来事に遭遇します。出来事によって解決の為に必要な方法は異なりますが、人生において最も不測に追い込む要素といえば、やはり限られてきます。

それは急なお金の用入りですね。例えば結婚式やパーティーといった目出度い出来事から、事故による怪我や自然災害による被害といった不運など非常に様々です。しかしそれらに共通して言えるのは急なお金の用立てであり、普段から蓄えておくのが大事ではありますが、何らかの事情で貯蓄が不足していたり、或いはすぐに引き出せないといった事は十分考えられます。

そこであなたの力になってくれるのはカードローンです。ローンと聞くとあまりいい印象をお持ちでない方もいらっしゃいますが、カードローンはとりあえず用意しておく事のメリットがたくさんあります。

カードローンの利点と注意

カードローンは銀行融資と違い都度の審査は必要無いのがポイントで、一度審査を通過してカードを発行してもらえれば、定められた枠内で自由に借り入れが可能です。

そしてそれは非常に生活に密着した存在と言え、先に挙げた不測の事態により出費がかさんだ場合、わざわざその度に審査を受ける事無く借り入れられ、明日どころか今日必要な場合でも間に合わせる事が可能です。
(⇒24時間対応ATMを利用する

それゆえに財布の足りない現金代わりとして持ち歩く方も多いですが、その場合には注意点もあります。それは自制心の有無という事です。

まず財布の中に現金が少なくても必要無いなら当然借り入れは論外です。カードローンは枠内であればいくらでも引き出せる事が感覚を鈍らせて借り入れを気軽にしすぎてしまい、結果として後になって返済利息に苦しむ方もいらっしゃいます。

そして給料日まで食費が足らなくなったという事情ならともかく「ギャンブルをしたいから」などという理由もNGです。ギャンブルといった不確定要素が強いものにローンを持ち込むのは極めてリスクが大きく、のめり込んだ結果として転落人生に陥る方もいらっしゃるのです。

必要な物に絞って使う

そう考えるとカードローンが怖い物だと思われてしまいますが、正しい使い方をしていればこれほど便利な物もそこまで無く、クレジットカードと違って現金が借り入れられるというのは、やはりどんな支払いでも対応が可能であり楽であります。
(⇒クレジットカードとカードローンの違い

生活に密着した存在なら、あなたの生活にどうしても必要な物に使う事で、カードローンは余裕のある豊かな生活を支えてくれるのです。借り入れが必要か否かしっかり判断を行い、カードローンを上手く使いこなしてみましょう。

今あるカードローンを利用した、好条件へのステップアップ法紹介!

カードローンはステップアップを狙う

カードローンをお申込みになられた方で、このような経験はありませんか?それは「発行は出来たけど求めた条件に比べて物足り無い内容になってしまった」という状態です。そんな状況のご当人になれば複雑な気持ちかもしれませんが、実際のところ、これは非常に良くある事と言っても過言ではありません。

カードローン発行にあたってはローン会社が厳正なる審査を経て、その人の職業や信頼実績を考慮して融資枠を決定します。こちらの希望はあくまでも希望であり、最終的には希望と信頼実績のバランスによって決まります。ゆえに信頼実績が足りない場合は多少枠が狭まるか、あまりにも大きな要望であれば落とされる可能性が十分にあります。
(⇒信頼実績でカードローンの条件は決まる

では、信頼実績を一番確実に得る方法とは何なのか?信頼を得る為には、まずは希望条件内で無くとも作ってみる事から始めてみましょう。

信頼実績をステップアップさせるには

カードローンを作る事が何故信頼実績を得る方法となるのか?それはカードローンの返済実績が大きく関わっているからなのです。千里の道も一歩から、とは言いますが、それにも当てはまる事になります。

信頼実績で大きいのは、やはり何があれ「遅延無く返済をしてきたか」に集約されます。期日に返済をするというのは当然の事ではあるのですが、その当然を守ってもらわないとカードローンというビジネスは成り立たず、遅延が酷い人には貸し出しすら行ってくれなくなるでしょう。
(⇒カードローンの返済期日を守るべき理由

しかし、返済期日を守る事でそれは確実に『貸したら返してくれる』という信頼に繋がり、より多く借り入れてもらう事でローン会社の利益にもなるのですから、限度額に関しても増額に応えやすくなるのです。

もっと極端な話をするなら、用入りになった場合にまずは審査が通りやすいカードローンを作って借り入れ、それを着実に返済していって信頼が十分になったら、そのカードローンは解約して、本命とも言えるカードローンをより良い条件で作る、という方法があります。カードローンを複数所持するのは微妙だし、どうせならずっと使える一枚が欲しい!という場合にはこれも有効な方法と言えましょう。
(⇒解約してカードローンを整理してみよう

信頼実績があれば広がるカードローンの幅

このように、発行したカードの限度額が少なくとも悲観する事はありません。最初にカードローンを発行できた事である一定以上の信頼はあるという事を自覚し、今のカードローンを利用してさらなる好条件の足掛かりにする、くらいの前向きな気持ちでも問題無いでしょう。

信頼があればカードローンの条件も良くなり、さらに便利さは増します。その為の準備期間を手堅く過ごす事も大切なのです。

比較検討を簡単に!ランキングサイトの賢い見方を伝授!

様々な基準を見るには

カードローンを選ぶ基準というのは、挙げていけばキリがありません。さらにその人が求めている条件によって細分化しますし、一言で語るのは少々難儀します。最低限注意してもらいたい点はありますが、それと基準とはまた別の話ですね。
(⇒カードローン申し込み前に最低限知ってもらいたい事

基準を知る為にはまずどうすればいいのか?それはやはり複数のローン会社との比較による各項目の優劣ですね。ある会社は金利が最も安く、ある会社は最も限度額が多い等々…全てが最高値の企業というのは無いと割り切った方がいいでしょう。となれば、最高値の順から見た平均値の割り出しが最も効果的と言えるでしょう。

しかし金利や限度額毎に並べ、その平均値を割り出す作業というのは、かなり骨が折れる事になります。計算も必要ですし、数字が苦手な方にとっては正直途方も無い量に頭を抱えるでしょう。

ランキングサイトで簡単に比較基準を作る

ですが、やはり今はインターネットの時代です。ネット上には人の興味が向く話題については有志の方々が有益な情報を掲載したサイトを作っており、情報源としては基本的に無料な上に役立つ中身ばかりという、まさに情報化社会ならでは宝庫と言える状態です。

そんな中でもカードローンを選ぶ際に役立つのが、比較ランキングサイトと呼ばれるところです。もしもすでにカードローンについて情報を検索したのなら、一度は目にした方も多いのではないでしょうか。それほど、今では種類も豊富なサイトとなっています。

このサイトの利点は最初に説明した『各項目におけるランキングを項目ごとに綺麗に並べられている』というところです。例えば金利だったら上限金利や下限金利も踏まえた金利の優秀な順に並べてくれるおかげで、すぐさま理想の金利を用意するローン会社が見つかります。
(⇒上限金利と下限金利の双方で決める

そして一つの部門だけでなく、各項目のランキングから平均的に上位に位置するカードローンを選ぶ事により、全体的に優れたカードローンの絞り込みも楽にできます。絞り込みにかかる時間と言うのは馬鹿には出来ず、急いでいるけどしっかりした情報が欲しい…という方には大きな力となってくれるでしょう。

自分だけのランキングを持とう

但し、数値だけでランキングを見て、それで決めるのもちょっと待って下さい。確かにハズレはないかもしれませんが、数値以上…例えば利用に応じてポイント還元もあるなど、数値化できない利点も存在しているし、期間限定キャンペーンをしているなども考えられます。そうなると鵜呑みにするだけでなく、自分なりの基準でさらに絞り込むというのも大事になってきます。
(⇒ポイントが発生するカードローンを利用しよう

自分で絞り込んだ企業で、今度は自分の中でランキングを作ってみましょう。すると答えはより絞られてくるので、自分にとっての最高の一枚を作っておきましょう!

無理しない節約で楽々返済!お金も時間も節約できる方法とは?

節約すべきものを考えよう

節約というのはカードローン返済においても非常に大事です。カードローンは早期の返済が好ましいので、当然無駄遣いを避ける事は基本であり、生活の一部に返済という物が存在しているという事を意識しておきましょう。

しかし節約と一口で言っても、一体何を節約するのか分かりませんね。お金の出費を抑える事もそうですが、他にも節約できる物を抑える事により、カードローン返済の金銭的負担だけでなく、他の負担も抑える事は出来るのではないでしょうか?

ただ漫然と節約するよりも、抑えられる物を明確化しておく事は、より分かりやすい目標に繋がります。今回は節約すべき点というのをより分かりやすい形にしてみましょう。

節約できる物は節約するに越した事は無い

節約にあたって必要な物を挙げるとするなら、やはり私はインターネット環境を一番挙げたいところです。インターネットとパソコンは特に情報の収集や処理に関して在るべき形を大きく変えた存在と言っても良く、カードローンに関してもランキングサイトで効率よく情報を集めたり専用サイトで利用状況を確認できたりします。そしてこれらが節約に繋がります。

カードローンの中にはインターネット限定取引なる物もあります。これは文字通りインターネットから操作する事に特化したシステムであり、まさにインターネットが普及した時代の象徴とも言えます。

こうしたインターネットでの借り入れと返済は、普通にATMを使うよりも手数料が少ない場合が多いです。指定された口座までの振り込みが無料という事もあり、引き出しに専用のATMを使えば、手数料無料で全て借り入れを行う事も可能です。(⇒自社ATM活用の手引き

そして家で操作できるという事は金銭以外にも節約できます。それは『時間』の節約です。この時間というのは余裕があるようでもあっさり過ぎ去ってしまい、足りない時間というのは恐らく生きている誰もが感じている事でしょう。

家に居る時間というは比較的自由な時間であり、そんな時間のわずかな部分でカードローンを操作できるという事は、あなたにとっての時間の節約に他なりません。忙しい時間を無駄にしないカードローンはスマートにあなたの生活をサポートしてくれるでしょう。
(⇒カードローンを空いた時間で操作する

節約は無理をしない事

今回記載した節約というのは、あくまで生活に負担を大きく必要としない方法です。節約と称して食事を抜いたりしては健康に害を及ぼし、その結果で返済にも影響を及ぼす事は十分考えられます。取り入れられる節約法を選んでおきましょう。

金銭と時間を無理なく節約する事で、生活には余裕が出てきます。その余裕を返済に使う事で、あなたの生活の負担は確実に減っていく事でしょう。

使ったら返済しよう!カードローンを使い続けるなら心がけたい決まり

返済もセットで計画的に

カードローンでお金を借りたのなら次は返済について考えていきましょう。カードローンは簡単にお金を引き出せる為勘違いしやすいのですが、あくまでも『借りているお金』であるという事を忘れてはいけません。

今回はカードローン基礎の最後とも言える返済についてです。この段階を完璧にする事はカードローンにおいて最も重要ですので、最後までどうかお付き合い下さい。

返済日の把握は完璧に

まずは返済日だけはしっかりと覚えて守るようにしましょう。返済日を忘れるというのはにわかには考え難いですが、何事にもうっかりは付き物です。油断だけはしないようにしておきましょう。

返済日というのは基本的に一定の決められた日の中から給料日に最も近い日を選択するか、もしくは一定日数以内ならいつでもいいタイプの二つが多いです。

まず前者の場合、決められた日にちに、支払い方法によって定められた月々の金額を払っていく返済方法です。決まった日にちを守るという事が前提となりますが、その分スケジュールが決まっているので予定は立てやすく忘れにくいと言えます。私は主にこちらを使っていますが、スケジュール帳と併用するならこちらの方が都合がつけやすいですね。

後者であれば例えば支払い日数が三十五日以内なら、最後に支払った日にまた日数が更新されますので、どんどん返していける方ならこちらもいいですね。ただ、感覚がまちまちの場合は忘れやすいのはこちらなので、カレンダーなどにチェックを入れたいところです。
(⇒返済日が選べるローン

都合のいい返済方法を選ぶ

返済方法はATMからの入金、銀行口座からの引き落とし、口座振り込みの三種類があります。日にちと違い、各方法によりかなりオススメとそうでないものの差が激しいです。

まず一番のオススメはやはり口座引き落としです。口座引き落としというのは最初の手続きにおいて銀行口座の指定がやや面倒ですが、それさえ終われば口座にお金さえ入れておけばいいし、手数料もとられないので楽かつお得な方法です。私もこれにしていますが、やはり面倒が無いのは魅力的です。

そしてATM返済をサブ…任意返済に利用しています。カードローンはいかに余分なお金を随時返済していくかで完済までの時間も金利も異なり、当然早い方が良いです。そうなると口座から月々の最低金額を引いてもらいつつ、余ったお金は給料日前には返済に充てる…という方式です。専用のATMなら手数料も発生しなくてオススメです。

銀行振り込みなのですが、実は私は使った事がありません。というのも「振り込み手数料はこちらが負担」なので、余計なお金を払う事になってしまうのです。少額でも手数料も返済に充てれば利子の一部程度にはなる事を考えれば、この方法はオススメできないのです。

完済して真の終わり

そして返済を続けて完済すれば、ようやくカードローンの全てが終わったと言える状態です。ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

初心者の方が一連の流れを理解できるようにと申し込み、借り入れ、返済の三大プロセスに絞ってご説明させていただきました。私の経験上の意見も交えておきましたので、よりリアルな借り入れのイメージの助けになれば、と思います。

イメージが掴めれば後は実践あるのみです。極端な話、お金は借りないに越した事は無いのですが、それでもローンを組む機会というのは、この社会を生きるにあたって意外と機会があるものです。その際の知識として、是非お役立て下さい。

相続は慎重に!借り入れ名義人が亡くなった後の支払いについての知識

ローンの引き継ぎとは

カードローンの支払いは借り入れ金額や返済ペースによっては、非常に長い時間をかけて返さないといけません。可能であれば任意返済にて素早く完済にもっていきたいところですが、やはり家計の事情もあれば難しい場合もあります。
(⇒任意返済で完済を目指す

そしてあまり考えたくない事ですが、支払いが長引き過ぎると借り入れ名義人の方が亡くなられてしまう事もあるかもしれません。少々ネガティブにも思われそうな発想ですが、人間は生きていると何があるか分かりません。不慮の事故や突然の病に伏してしまう可能性が全くないとは言えないのです。

出来る事ならご健在のうちに終わらせたい返済ですが、ご家族の方にとっては残った支払いがどうなるか気がかりなところですね。万が一に備えて、借り入れ名義人の方が亡くなられた後の事も知っておきましょう。

継続か放棄か選ぼう

まず亡くなられた方に支払い途中の借り入れがあった場合、戸籍上の実子の方に相続権が発生する以上、支払い義務もその方が負わなければなりません。言い方は悪いですが、家族と言えどあまり交流が無かったり不仲であったならば、ローンまで背負うというのは釈然としないでしょう。

ですが、それに関しては過度に不安になる事はありません。相続権は放棄可能であるように、借り入れがあったとしても自分の物で無いのなら、放棄する事で支払い義務も放棄する事が可能です。だったらすぐさま放棄すればいい…と思うかもしれませんが、それもまた待った方がいいのです。

相続放棄する事で支払い義務は発生しませんが、もしも財産を残していたとしても、その相続も放棄しなくてはなりません。財産も借り入れも相続に関しては同時に行わないといけないので、財産だけ相続して支払いは放棄…という風には出来ないのです。

大切な方の死後に考えるのも酷な話ですが、借り入れ総額と財産の総額を確認し、相続か放棄かを選ぶようにしましょう。財産が多いようなら相続してそこから返済…という具合にしてもいいし、財産がわずかで借り入れが大きければ、無理して返す必要もありません。

前を向いていく為に

相続に関して最後の注意点として、一定期間内に相続か放棄かの意思を示さなければ、自動的に相続扱いになる事には十分注意しておきましょう。多大な借り入れがあったのに放棄を忘れて自分が背負う事になった…という事にはならないように、辛い期間ではありますが、出来るだけ早く結論を出しましょう。

借り入れを相続しないと逃げたように思われるかもしれませんが、前を向いて生きていくには、まずは私たちの生活が第一です。無理なようなら迷わず放棄し、亡くなった方の分も前を向いて生きていきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >