カードローン

返済の基本を学ぶ!返す事を最優先すべきそのスタイルを身に付ける

カードローン返済の基礎

カードローンを借りる前に考えておきたい事は何ですか?使い道もそうですが、私としてはやはり借りているお金である以上、完済までのプランやペースを考えてもらいたいところです。
(⇒便利なカードローンの使い道を考える

いきなり返済の事を考えたら借りる前から気が重い…と思われるかもしれませんが、使う事よりも返す事に重きを置いておかないと、カードローンの無駄遣いで自分の身を滅ぼす事になりかねません。返済が遅れる事によるデメリットは非常に多い為、返せるあての無いままくらいなら借りない方が健全であるとも言えるでしょう。
(⇒カードローンをきちんと返したい理由

そこで今回は返済の基礎についてまずは知り、具体的にどんな返済をしていけばいいか、イメージできるようにしておきましょう。

早く返すのが最大のお得

まず基本的にカードローンの返済は月々決まった最低額を払っていくリボルビング形式が大半です。つまりこちらからアクションを起こさない限り、その最低金額だけを用意しておけばいいという事ですね。
(⇒カードローンで使われているリボルビング払いについて

但し、この支払いだと利息から引かれていく為、支払いは長くなりがちです。そこでカードローンにおいては任意返済を行うのが大事です。余裕がある時に少しでも多めに返す事で、利息も含めた支払いが素早く終了する事でしょう。

また、ここで心がけて欲しいのが「月々の最低金額+毎月余裕のあるお金」で払っていく事を習慣付ける事です。はっきり言ってリボルビング払いの最低金額はかなり余裕のある金額である分、利息の返済すらまともに出来ない事があります。そうなると最低額の支払いが慢性化していると利息により想像以上に支払いが遅れるのです。

そこで予め余裕のある分を算出しておき、それを毎月の支払いに追加して計算しておくのです。先に用意しておけば忘れにくいですし、最初から算段しておけば返済プランの相談をした際にスムーズに事が運べる事でしょう。

余裕がある分は全て返済くらいでもいい

プラスした分にさらに上乗せできるようになれば支払いはより早く、お得に終わります。そこまで支払いに寄せすぎると困る…という場合には無理をしない方がいいですが、素早く返済する事は最終的には自分のためになります。削れる部分を削る習慣は実生活において役立つ部分も多いので、是非心がけてみて下さい。

カードローンはマイペースに返せるのが魅力です。きつい時は最低額でもいいですが、可能な限りそのペースを速め、終わらせる事を目指しましょう。

直接出向けない方に!テレホンバンキングで楽々カードローン!

遠隔操作が可能になった時代

カードローンの審査もインターネット上で行えるようになったように、わざわざお店にまで出向く必要性は極めて減ったと言えるでしょう。

遠く離れていても操作が可能になった背景には言うまでも無くインターネットの影響が大きいですが、やはりカードローンを利用される方にシニアの方も多い以上、インターネットを介しての操作に慣れない方というのは今でも多く存在しています。

可能な限り人間同士の対面を減らす事で気軽に利用してもらいたい金融業界側の配慮ではありますが、それに馴染めない方向けのサービスももちろん用意しています。もしもインターネットでの操作が慣れない、もしくは不安に思う方は、テレホンバンキングを使ってみてはいかがでしょうか?

電話でのやり取りで遠くから操作

テレホンバンキングというのは銀行の口座の入金チェックなどでも使われているように、カードローンにおいても多くの会社が導入しているサービスの一つです。電話さえあれば使用可能なので、インターネット接続できる端末よりは敷居は比較的低いのではないでしょうか。電話なら固定携帯問いませんが、通話料は自分が負担しなくてはならないので、出来れば固定を使った方がいいでしょう。

使い方としてはそれこそ多岐に渡ります。引っ越しなどによる個人情報の変更届と言ったものから借り入れ限度額変更の手続き、盗難や紛失などの緊急の連絡も承っているので、ほとんどの事が電話上でも行えるという利点は大きいですね。

中でも自動音声による応対の場合は人と直接話さなくてもいいので、操作さえ分かればこちらの方が素早く変更などが可能となります。慣れていれば自動音声のガイダンスだけでも全ての操作を終了できる事でしょう。

もちろん電話という事で、オペレーターの方と直接話す事も可能です。自動音声に従って電話取り次ぎをお願いすれば変わってもらえますが、混雑している事も多いので、ある程度時間の余裕のある時に行いたいですね。

オペレーターの方に変わってもらえれば分からない点は親切に教えてもらえます。無理だと思ったら遠慮せず、オペレーターの方を呼び出してもらいましょう。

電話もまだまだ使える

電話での応対はインターネットに比べて時間による制限やスピードに劣る部分も多々ありますが、直接相談できる、話を聞いての確認が可能という面を考えれば、信用性の面ではまだまだ劣っておりません。特にお年寄りの方ならこちらを愛用されている方も多く、今後もテレホンバンキングは一定以上の需要があると言えるでしょう。

電話という通信手段はまだまだ利点も数多くあります。カードローンは堅実に借り入れと返済を行う事が好ましいので、利用できる物は何でも利用しましょう。

複数借り入れをまとめよう!一本化にはこんなにもメリットがあった!

カードローンをシンプルに

カードローンの支払いは複数であればあるほど、支払いにおける負担が増えていきます。金利といったお金に関わる事から支払日に振り分けといった人的な手間まで、総合的に見てメリットがあるとは言い難いです。
(⇒複数の借り入れを管理するには

まず最初にそうならない為にはカードローンを必要以上に作らない事が最重要で、この時点で防止出来ているなら特に問題はありません。そのままより良い一枚を目指して信頼を重ねたり、別の本命とも言えるカードローンを作ってもいいでしょう。
(⇒信頼実績でカードローンの条件を変える

ですが、すでに複数の借り入れがあり「何とか返せているけどやっぱり大変!」という状況に陥っている方もいらっしゃるでしょう。そんな場合は借り入れを一本化してみてはいかがでしょうか。

カードローンの負担は一本化で減らせる

銀行のおまとめローンと言うと最近良く耳にするのでは無いでしょうか?これは複数存在している借り入れを一か所から借りて返済する事で、今後はその一か所にまとめたローンを支払い続けるという方法です。

利点は支払いを一か所にまとめた事による、支払いの手間の大幅緩和です。複数の場所にしていれば日にちが別々であったりとか、任意返済の際にも別々に用意して振り分けて…という手間が無くなるという事です。これは返済を続けていく上で非常に効率的です。

また、支払い利息面でも複数に存在していれば、その分余計な支払いも増えるという事です。金利の計算などを行う場合でも二度手間以上にかかってしまい、正しい振り分けにも迷ってしまう事になるでしょう。負担を減らせるのは手間だけでなく、金銭面でも有効なのです。

余談ですが、一本化というのは他のローンを完済するという事に繋がります。完済すれば当然終わらせたローンからの信頼は上がりますので、今後も借り入れる予定があるなら、その信頼を元に金利や限度額を改定してもらうようにするといいでしょう。
(⇒カードローンの条件を改定してもらうには

一本化のメリットは多数

カードローンをまとめて一つにするというのは手続きも必要ですが、それを補って余りあるメリットがたくさんありましたね。元々ローンというのは複数であればあるほど大変になるものでしたし、いつでも使えると言えどカードローンを無暗に増やしたりせず、使う用途も考えて作るようにしましょう。

カードローンを使うなら役立つ一枚に絞って使い、借り入れやすく返しやすい環境を常に心がけておきましょう。

身分証も楽に送信!今ある物が申し込みを楽にする!

カードローンには身分証が必須

カードローン申し込み書に記載する情報は常に正しい物で無くてはなりません。申込書に嘘の記載があれば簡単にばれるし、今後の事も考えるとリスクは非常に多いと言わざるを得ません。
(⇒カードローンの嘘は何故ばれる?

そして嘘が付けないように…というと物騒ですが、身分証明証のコピーを送付しなくてはいけません。基本的には運転免許証や健康保険証、他にも外国人の方であれば外国人登録証などが必要になります。そしてこの際に記載内容と身分証明証情報が一致していないと、審査の際にかなり怪しまれる事になり、不利になります。
(⇒外国人の方がカードローンを申し込む上で必要な物

この身分証明証もコピーをする手間を考えると、少々面倒に感じてしまう事があるかもしれませんし、コピーとは言えそのまま送る事に抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメしたい方法があります。

ネットを使って身分証明証もスマートに

そう、最近ローン業界でも活発に使われているインターネット経由での申し込みを使うのです。インターネット環境というのはスマートフォンなどでも身近になり、日常的に使う方も随分と増えましたね。
(⇒インターネットを導入するローン業界の動き

そして申し込みだけでなく、証明証も送る必要が出てくるのがカードローンの審査です。申込書はフォームを使えばいいけど、証明証はどうやって送るの?とお思いでしょうが、心配ありません。スマートフォンしかり、今では携帯電話の標準機能となったカメラの出番です。

使い方は簡単で、自分の身分証明証をカメラで写し、指定のアドレスまで添付して送信するだけです。スマートフォンであれば専用のアプリを使ってより簡単に送信できる物もあり、非常に手軽です。

これによりわざわざコピーする手間は省け、さらに悪用されるリスクもより減らす事ができます。送付もわざわざ投函する形ではありませんので、空いた時間で家に居ながら済ませる事も可能です。
空いた時間でカードローンの操作をするには

手間は極限まで減らしてみよう

カードローンの申し込み、そしてそこから発生する手間というのは、正直に言ってしまえば結構な物となります。しかしそこはローン会社も理解しており、インターネットを駆使した方法も取り入れた簡略化に励んでいます。今後もより進化を続けていくので、さらに簡単に、そして確実な審査を期待したいですね。

尚、携帯のカメラが無くともデジカメで撮った物をパソコンに取り込んでの送信でも構いません。今用意できる方法で楽に申し込みを終えましょう。

キャッシングでも還元は可能?カードローンとの還元の違いを調べる

キャッシングはカードローンと同等?

カードローンに似たような機能として、キャッシングの存在があります。これはカードローンとクレジットカードの違い以上に分かりにくく、さらに実際の定義の違いも曖昧とされています。

一つ言うとすればキャッシングは信販系カードローンとも呼ばれており、使い方の違いによりキャッシングともカードローンとも呼ばれていると言われています。
(⇒分かりにくいカードローンとキャッシングの違い

クレジットカードと言えばショッピングの金額に応じてポイント還元されるのが有名ですが、クレジットカードに付帯されるカードローンと酷似した機能…キャッシングでは果たして付与されるのでしょうか?カードローン利用によるポイント還元を期待している方にとっては気になる事項ですね。

付帯するクレジットのポイント次第でもあるキャッシングの還元

最初に言うなればキャッシング機能付きクレジットカードが信販系カードローンと呼ばれている以上、もちろんキャッシング利用でもポイントが還元される場合はあります。ショッピング枠とキャッシング枠においてはやや系統も異なる為か、詳しい記載が見当たらないようなら問い合わせてみましょう。

そしてクレジットカードに一緒に付帯しているというのに注目です。クレジットカードは発行会社によって還元されるポイントが異なりますが、キャッシングの際に付与されるポイントもクレジット機能と同じである事が多いのです。

つまりは欲しいポイントが還元されるクレジットカードにキャッシング機能を付ける事により、カードローンのように借り入れメインで使っていても欲しいポイントが貯まっていくという事になり、カードローンで付与されるポイントをさらに自分好みに選り分けて選ぶ事も可能というわけなのです。

ポイントの重要性によって変える

しかしながら信販系カードローン、キャッシング機能というのは銀行系カードローンに比べて限度額も金利もやや心許ないのが実情です。ポイント還元にばかり着目していると基本的な条件で損をする事も考えられますので、あくまでも一要因と捉えておいた方がいいでしょう。

還元されるポイントが日常生活においてどれだけ使用頻度が高いかどうかで、ポイント還元の重要性は変わります。本当に必要な物を見失わないようにカードローンは選びましょう。

発行されたカードを使ってみよう!借り入れまでの簡単ノウハウ伝授!

カードローンを使用してみる

カードローンが発行されたら次のステップです。カードローンが発行されたとしたら、すぐにでも利用しなくてはいけない状況である事も予測されます。そもそも潤沢な貯蓄がある方ならカードローンをわざわざ作るメリットはさして多くないですし、借り入れが必要になってから発行したという方も少なからずいらっしゃられるでしょう。

そこで今回はカードローンを実際に使ってみるにあたり、お金の借り入れ方法を見ていきましょう。そこまで難しい物ではないのですが、せっかく作ったのに借り入れ方法がわからないのであれば必要な時に利用出来ずに勿体ないですね。各方法ともしっかり覚えて実践してみましょう。

ATMから引き出してみよう

まずは最も基本とも言われるATMからの引き出しですね。これはその銀行や提携先のATMから必要な金額を指定して引き出す方法で、利用者の方も多いのでは無いでしょうか。銀行などであれば相談窓口もあるので、質問などがあればすぐに質問できるのもポイントです。たまには窓口を利用して、わからない事は全て解決するようにしておきましょう。
(⇒窓口相談のススメ

基本的に操作ガイダンスが表示される為迷う事はほぼ無く、無人支店で無ければ上記のように教えてもらう事もできる為、迷う心配はほぼありません。後述する振り込みよりもシンプルな操作で済むので初心者でも安心、出来れば一度は経験しておいてもいい方法でしょう。

但し、専用では無く提携ATMの場合、提携先への手数料という事で幾分か余計な費用が発生する事も多くなります。多額というほどではありませんが、積み重なるとバカに出来ない値ですので、可能であれば専用ATMを探しておきたいところですね。
(⇒専用と提携先によるATMの違い

振り替えの手間を省く銀行振込

自分の口座から引き落としにしていた費用が急に足りなくなった!という経験はありませんか?そんな場合には銀行振込を使ってみましょう。

銀行振込は手数料の有無はまばらですが、利点としては直接口座にお金を借り入れる為、借り入れてからまた口座に振り込んで…という手間が省けます。例えばインターネットでの借り入れ返済に対応している企業の場合、家に居ながらにして借り入れと口座への振り替えが出来るという事を意味しています。

他にも電話による指示でも振り込んでもらうことは可能ですが、やはりインターネットがある事でより一層強みが輝く借り入れ方法と言えるでしょう。

借り入れた後は有効に使う

カードローンを借り入れるとなると、今現在はこの二つが主流となっています。昔のように窓口のみであったなら多少変わりますが、やはり現代の借り入れの主力がカードローンである以上、この二つの方法を覚えておく事は大事です。実際に申し込みから発行までできた方なら然したる苦労もなく操作できるはずですので、頑張って下さいね。

カードローンを使うという事は借り入れるまででは無く、借り入れたお金を使い、そして返済まで済ませる事が重要です。次回はその返済方法について学んでいきますので、確実に一つづつ覚えていきましょう。
(⇒カードローン返済について

無人機は何が違う?ほぼ通常通りに業務を行うその謎に迫る!

無人機で気になる事

最近のカードローンによる貸し出し、そして審査には無人機が多く使われています。無人機というのは文字通り対面して行う貸し出しとは完全に異なる物で、プライバシーや借り入れのしやすさの面で、カードローンの多くにこの方式が採用されています。いつでも借りられるカードローンならではの導入法と言えるでしょう。無人機は主に消費者金融の街中などの支店に多く見られます。

お金を借りるとなると人目が気になる、という方でも気軽に使える反面、一つ気になる事がありますね。それは疑問に思った際に分かる事でしょう。

それは質問や操作が分からない時に「誰に聞けばいいんだろう?」という事ですね。誰も見当たらない分腰を据えて申し込み等に専念できますが、やはり誰も居ないとなると困った時に解決のしようがない風に思われがちです。

無人機だからと言って人が居ないわけではない

しかし、完全に無人で機械処理なのが無人機ではありません。セキュリティもそうですがカードローンの審査となるとやはり人の目で確かめないといけない部分があり、例え仮審査は無人機で行えたとしても、本審査においてはきちんと担当の方がチェックしているものです。
(⇒仮審査と本審査の違い

それなら何故無人機と呼ばれているのか?それは基本的にその場に居合わせているわけでは無く、遠隔操作といった形で審査を行っているからなのです。

借り入れや審査に来たとしても人目を気にせず、それでいてナビゲーションできるのはそうしたシステムを取り入れているからであって、全く見られていないわけでは無いのです。それゆえに不正行為などはすぐに発覚しますので、セキュリティ面でも問題が無いのです。

そして質問があれば備え付けの電話を取れば、すぐにサポート担当の方と繋がります。オペーレーターの方はカードローン関係の無人機なら24時間担当の方が居る事も多いので、ご自分の都合の良い、仕事終わりの夜遅くでも迎えるのが無人機の強みと言えますね。

またもう一つの注意点として、審査を行う際にもこちらの姿が見えていますので、あまりにも姿格好に問題があれば審査面で不利になってしまう事があります。仕事終わりなどは疲れておられるでしょうが、多少の身なりは整えてから審査に挑むようにしましょう。面接と同じく、最低限の緊張感も大切です。

無人と言えど対面と遜色なし

このように、無人機といえどカードローン審査と貸し出しにおいては対面並みの設備が整えられており、24時間対応してくれると思えば通常よりも優れた点が多いのが現代の無人機の特徴と言えるでしょう。

お金の問題は精神的にも複雑な面が多く、無人機はその配慮の一環と言えます。気後れされている方はこちらを利用し、カードローンを始めてみるのもいいでしょう。

今も価値がある一戸建て!カードローンでも有利になるその秘密とは?

住まいとカードローン

近年の不況により、お住まいが持家という方はすっかり減ってしまいましたね。住宅ローンの条件の緩和や土地代の暴落によりマイホームというのは随分コストが下がりましたが、不況になると給与が下がり正規雇用も厳しくなりますので、逆に遠のいてしまった印象すらあるでしょう。

相対的に持家自体の価値が下がったような昨今ですが、やはり財産である事には変わりなく、ある程度の余裕のある家庭であれば、マイホームを目指しているご家族も珍しくありません。

そして持ち家があるという事は、財産が影響するカードローン申し込みにおいても、審査基準の一助になる可能性は十分にあります。

一戸建てと賃貸のカードローン審査における違い

今では一人暮らしの方を中心に居住形態の中心を占める、マンションや借家といった賃貸ですが、カードローン審査においてはこれらの居住形態も審査において影響するのはご存じでしたか?

まず傾向で言うなら、基本的に一戸建ての持家の方が審査に際して有利と言われています。もちろん絶対条件というわけでは無いのですが、カードローンを作る以上、少しでも有利な条件で作るのは理想ですよね。

理由に関しましてはまず固定電話と同じで、その住所にどれくらい定着しているか、これからもするかがポイントとなります。住居も含めた安定性を好むローン業界において、財産と安定を意味する持家は貸し出す場合において魅力的でしょう。
(⇒固定電話がカードローン審査で有利になる理由

そして、最大の要因とも言えるのは財産ですね。住宅ローンなどにおいては担保として借り入れを行うくらいなのですから、大きな財産として見なされるのは間違いありません。例え住宅の支払いが終わってなくとも家を買えるくらいの信用はあるという事ですし、すでに無事に支払い終了しているなら、それはさらなる信頼に繋がる事でしょう。

持家は住居以上の意味も持つ

このように、一戸建ての持家というのは非常に大きな意味を多数持ち合わせています。不況ゆえに家を買うという行為からみんな遠ざかっていますが、財産として残る物として、そして信用の証としてまだまだ価値がある物なのは間違いありません。一戸建てを建てた直後はある程度家計も心許なくなりますし、その備えとしてもカードローンを作っておくのはメリットが多いですね。

カードローンは住居のお金までは引き出せずとも、そこに住まう方々の生活を支える力になってくれます。ご家庭があるなら、是非一枚は作っておきたいですね。

あなたはどっち?審査における職業の有利不利を調べてみた!

審査において重要な点

カードローンにおいて審査というのは融資の有無だけでは無く、融資に際しての条件を決定する重要な物です。具体的には仮審査において融資可能かどうかを見て、本審査で融資内容を決定するといった具合ですが、審査の種類よりも自分がどれくらいの条件なら通るか考える方がいいでしょう。
(⇒本審査と仮審査の違い

そこで借り入れの際に少しでも有利になる条件とは何なのか?それはやはり今現在のご職業が関係しています。簡単に変えられるものでは無いのですが、やはりどういった職業が有利か知っておくのは大事な要素と言えますね。

審査において有利と言われる職業

やはり一般的にも安定している、就くのが難しいと言われている仕事の方が全体的に給与にも優れ、カードローン審査においても有利となります。こうしたご職業であればさほど用入りの際にも困らなさそうに見えますが、やはり仕事柄大きな出費の可能性もあり、その際に大きく借り入れをしてもらいたいとローン会社は考えるのです。

安定と言えばやはり公務員ですね。昔に比べて給与削減や人員も減らす方針が著しいですが、それでも安定した地位というのには変わりありません。リストラといったものが基本的に無縁なのが大きく、ローン会社側も安心して貸し出しを行えるでしょう。

そして弁護士や医者といった仕事もかなり有利です。この二つは安定に加えて基本的な年収の高さから、場合によってはローン会社側から誘いが来るほどになっています。従って自分から申し込んでも特に問題無し、ローン会社側も十分な条件を用意してくれる事でしょう。

審査においてやや厳しくなる職業

続きまして、審査の際に若干厳しくなる職業です。これらの仕事は無理とは言いませんが、やはりローン会社側が求める安定性に疑問を持たれがちで、少々難しくなるといった感じになってしまいます。

まず、自由業…俗に言うフリーランスの方は、会社からの保障などを受けていない事から、やはり審査の際に疑問視が強くなります。さらに職場などへの確認電話も出来ない事から、どうしても会社勤めに比べて不利になりがちです。

そして少々意外かもしれませんが、自営業の方も少々難しくなります。一昔前で言えば企業すると言えば融資が受けられる時代でしたが、不況による倒産が相次ぐ時代になってしまっては、一部上場などでも無いと難しくなります。事業者の方は事業者向けカードローンを申し込めばわりと受かりやすく、そして条件も良くなると言われます。一度検討してみてもいいでしょう。
(⇒グレー金利によるばら撒きの時代

職業以外にも目を向けてみる

カードローン審査においてはやはり職業が重要な審査基準になりますが、何事にも例外はつきものです。例えお仕事をされていなくても資産家であったりすれば状況は変わる事がありますし、学生向けカードローンなどもあります。

仕事以外でも有利になる条件が揃えばあなたの審査結果は変わります。仕事を理由に審査前に諦めるのではなく、もう一度自分の身の回りを見返してみましょう。

同じ物じゃないの!?カードローンとローンカードの大きな違い!

似て非なる物

カードローンはお金の借り入れが自由なタイミングで行える為、非常に便利な存在です。昔の借り入れと言えば銀行である程度の手続きが都度必要だった事を考えれば、より生活に密着したアイテムと言えるでしょう。
(⇒昔と今の借り入れ方法の違い

そしてこれからカードローンを組むという方で、似たような響きの名称を耳にした事があるかもしれません。それはあまりにも似ているので、今現在カードローンを使用されている方でも、勘違いされている方が多いのです。

その名は『ローンカード』です。カードローンのカードとローンが逆になった名称の為に同一の存在と勘違いされても仕方なく、作る直前、或いは作ってしまった後に気付くという事もあるかもしれません。ですので、似て非なるこの二つの違いを見ておきましょう。

枠内で自由に借り入れ可能なカードローン

カードローンの方が一般的に広く普及しているのでご説明は不要かもしれませんが、こちらが多くの方がお求めになられるアイテムとなります。その便利さゆえにローンと言えば、今はこちらを指す事も多いですね。

カードローンは審査の際に融資枠を予め決められて、そしてその枠内で借り入れを行う事が可能な物です。ゆえに枠内であれば再審査などは必要無く引き出す事が可能で、緊急な入用が発生しても対応が用意なのが特徴です。金融会社によっては借り入れと返済が全てインターネット上で処理可能であり、より便利な存在となります。

なのでカードローンは『一度審査を通過すればその後は自由に借り入れ可能』なのがローンカードとの違いと言えましょう。

提示する為の存在、ローンカード

では、ローンカードとは何なのか?こちらはどちらかと言うと、パスのような存在と言った方がよりしっくりくるかもしれません。

カードローンは発行されれば原則として借り入れが自由ですが、ローンカードはこちらを提示してからローンを組み始めるといったように、借り入れを行う為に見せるパスカードといった意味合いが強そうです。

ここだけ見るとカードローンの方が便利そうですが、提示して相談してからローンを組むというのは、見直す点なども見つけられて思いのほか悪くありません。無用の長物と決めつけるのは良く無いですね。

用途の違いを理解しておこう

基本的にはカードローンの方を作っておけばいいですが、中には借り入れ自由な点が怖くて、対面の機会を作る為にローンカードの方を優先される方もいらっしゃいます。ゆえにどちらが優れているかというのは、少し論点がずれているかもしれませんね。

だからこそ混同しないように、自分が作りたいのはどちらかはっきりさせておいて、スムーズに申し込みが出来るようになっておきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >