カードローン

どこまで使える?カードローンが対応できる状況を考察してみよう!

カードローンの使い道は

カードローン、即ちローンという物は大体において、大きな買い物の際に足りない部分を補う役目があると言えます。ローンの中でもより自由な用途が魅力のカードローンなら、日々の生活の中で生じるちょっとした部分にも使える事でしょう。

そうした部分があってこそ私たち消費者の生活に最も根ざしたローン形態となりましたが、そうなるとローン本来の用途…大きな買い物、それこそ住宅や車といったローンの力を借りなくてはならない買い物においては通用するのか?

そもそもマイホームには住宅ローン、車にはマイカーローンという専用ローンもありますが、敢えてカードローンで組む事は出来るのか、そしてメリットはあるのか?有担保のローンとよくよく見比べてみましょう。
(⇒大きな買い物をする際に組むべきローン

カードローンはどこまで使える?

証書貸付の事をご存じの方ならお分かりかもしれませんが、やはり基本的にはカードローンよりも低金利な有担保ローンの方が、数百万以上の単位の借り入れなら便利な面が多いのは否めません。カードローンというのはローンの中でも最高の手軽さがある分、じっくり払うなら昔ながらのローンの方が有利な場面が多いのです。

車であれば数十万で買える物ならカードローンでも十分対応可能ですが、お手ごろな車を買うなら人によっては貯蓄で賄える場合もありますし、マイカーローンを組む事が出来ると考えれば、カードローンのメリットはポイント還元があれば付与されるくらいでしょうか。とはいえ下限金利のカードローンであるなら3%くらいで借り入れられる場所もあるので、その場合はマイカーローンの金利と相談して使い分けてもいいかもしれません。
(⇒ポイント還元があるカードローンを使ってみよう

そして住宅購入となると数千万単位にのぼる事もあり、カードローンの限度額ではどれも少々物足りないと言わざるを得ないでしょう。部分的にカードローンから…というのもローンが大変になるだけで現実的ではありません。どうしてもと言うなら、住宅ローンの支払いが残りわずかでカードローンの限度額内で返済可能なら、車と同じく金利によってはカードローンの支払いに切り替える場合の方が良い事もあります。

大きな買い物の少し手前くらいが一番頼れるカードローン

このように書くと中途半端に感じられるかもしれませんが、車や住宅と言った「人生において高額な物」よりも日常生活の中でつい予算をオーバーしてしまったというような「生活において起こり得る範疇」の補佐が一番カードローンに向いていると言えます。

言葉にすると曖昧ですが、学費や事故などによる医療費にぴったり、と書けばその重要性は伝わる事でしょう。あくまでも他のローン形態の得手不得手を理解するのがカードローンの上手い使い方では無いでしょうか。

カードローンを絞ってみよう!厳選する事で得られる将来へのメリット

カードローンを複数組むという事

カードローンを組む際に気になるのはやはり各社毎の特徴ですね。金利や限度額と言った基本的な要素の違いから会社独自のサービスまで、例を挙げていけばキリが無く、同時にそれは豊富な選択肢があるという事ですね。
(⇒カードローン各種の提供サービスの違いを理解するメリット

そうなると一枚に絞り切れず、場合によって使い分けた方が良いのではないか、と思う方もいらっしゃると思います。例えば特定の期間なら何度借り入れを行っても無利息のカードと限度額が大きく低金利のカードの二枚持ちならば、ちょっと足りない時は無金利カードを、大きな借り入れが必要な時なら限度額が大きいカード、という風に使い分けるなら、かなり有効なカードローンの運用と言えましょう。

しかし、目移りした結果複数のカードを所持するのはあまり褒められた事とは言えません。おまとめローンといった借り入れの一元化もあるように、複数の会社からの借り入れは金利的にもよろしくありませんし、あまりポンポンと申し込みをしていると、そのうち本命と言えるカードローンが組めなくなるかもしれないのです。

カードローンを絞りたいワケ

カードローンを申し込んでいて、複数の審査に通過すると「自分は信用がある」と思いがちです。確かに信用が無ければ複数のカードローン通過なんていう芸当はできませんし、その分生活にも余裕がある事の裏付けとも言えます。

しかし、申し込みや借り入れの状況はリアルタイムに記録され、それが借り入れ審査の基準として使用されているという事を忘れていてはいけません。複数のカードローンもまた、基準の一つとして参照されているのです。
(⇒借り入れ状況などをリアルタイムで記録する信用機関とは

カードローンの審査基準は各社によって違うので一概に言えませんが、ただカードローンを所持しているだけでも「借り入れと同等」に扱われる場合があり、借り入れがあると当然融資する側としては返済が滞る可能性を考えてしまうので、上限が低くなったり、審査に落とされる事も十分に考えられるのです。

カードローンは必要な物に絞るべし

最初に手に入れたカードローンは実績などの関係もあって自分が望む条件にはなりにくいです。しかしそれを使い続けていれば実績となり、次への足掛かりとなってくれます。その足掛かりをどれだけ少なくするかが、理想のカードローン所持への近道と言えるでしょう。

自分が求めるカードローンをしっかりと見据えておき、余計なカードローンは組まないように意識してみましょう。

ここを越えれば間もなく審査終了!電話による在籍確認の豆知識!

仮審査の通過後に必要な事

カードローンの審査には主に仮審査と本審査があります。仮審査においては融資自体が可能かどうかを見極める役目が多いので、この審査さえ通ればとりあえず融資は受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

そこでようやく本審査、融資の詳しい内容を決める為の査定が始まります。その一環としてあなたがお仕事をされている為の在籍確認として電話がかかります。この電話に出る事により審査は佳境に入ると言っても過言ではありません。

カードローンの中にはほぼ全ての手続きをインターネットで行える物もありますが、やはり直に声を聞いての確認は必要です。電話と言うと少し不安に思われている方も多いので、どんな事をするのか、簡単に知っておきましょう。

電話と言えど心配はほぼ必要無し

あなたの在籍確認を行うわけですから、当然職場に電話がかかってくる事になりますね。となると「会社にカードローンの審査を受けている事がばれる」と思うと、今後の事も考えてあまりいい気はしないでしょう。

ですが、それに関しては気に病む必要はありません。カードローン会社からの電話とはいえ「ローン会社の者ですけど○○さんはご在籍ですか?」とストレートに聞く事はありません。大抵は別件での電話で社名なども取り繕ってくれているので、心配をしているような事はほとんどありません。カードローンもお金を取り扱う微妙な事柄なので、その点に関しては向こうも配慮してくれています。

なので決して自分から「今日ローン会社から電話があります」という旨を伝える必要はありませんし、電話後もローン会社からだったと報告しなくて構いません。自白してしまう方が気まずい事になるでしょう。

話す内容に関してですが、こちらも在籍の確認さえ終わればすぐに切り上げてもらえる場合がほとんどです。仕事に大きな支障をきたすような長時間の説明はありませんので、出る事だけをとりあえず考えておけばいいでしょう。

ただ、場合によっては融資枠の大幅変更といった理由の説明があれば受ける事があります。その場合は申し込み時に知らせた携帯からある程度の時間を取って話す事になるので、余裕があればすぐに説明を受けておきましょう。

電話の後はいよいよ大詰め

電話に出る場合でも特別な事を話す必要はありませんので、電話に出た時点で本審査におけるあなたのやるべき事は終わったと言っていいでしょう。とはいえこの後審査結果が決まるわけですので、あまりにも問題のある態度や言動であれば融資枠に多少の見直しが起こる場合はあります。余計な事は言わないように、とりあえず聞き手に回っておきましょう。

時代は変わりましたが、やはり金融関係だとまだまだ電話における確認や電話自体の有無は大きな意味合いがあります。いつでも出られる携帯電話と審査に有利に働く固定電話を備えておき、職場に電話をもらうなら、出られる時間帯を通知しておきましょう。
(⇒固定電話が審査に役立つ理由

カードローンに適性年齢はあるの?一般的な見方から分かる方針とは

カードローンに適性年齢はあるのか?

人間は生まれてからずっと年齢を重ねていきます。年齢を重ねる毎に自分を含めた身の回りは変化し、出来る事が増えれば、同時に出来なくなる事というのも出てくるでしょう。それは自然な事ですね。

カードローンもそのうちの一つです。カードローンというのはお金を借り入れる行為ですので、その行為に相応しい年齢、自分の行動に責任が持てる年齢である二十歳以上である事が求められます。無論二十歳になったからと言って無条件に貸し出してくれるというわけではありません。
(⇒カードローン申し込み前に最低限必要な知識

二十歳以上になれば申し込みは可能ですが、カードローン自体に適性年齢というものは果たしてあるのか?調べてみて分かる事がありました。

カードローンに向いた年齢

申し込みは二十歳以上であれば可能ですが、もしも最高の条件のカードローンが欲しいなら、そのまますぐに申し込むのは多少微妙と言えるでしょう。何故なら、カードローン契約において好ましい年齢というのは、二十代半ばから三十代と言われているからなのです。

単純に考えれば「若ければ若い方がいいのではないか?」と思われるでしょうし、実際そうした若者向けにヤングローンと呼ばれるローンも用意されていますが、通常のカードローンにおいては「働き盛り」で尚且つ「ある程度の地位を築いている」事が一番好ましいとされます。

そうなると二十歳だとまだ学生であったり、会社に就職していてもまだ仕事を始めて経験が浅く不安定と見なされ、申し込みに関してはイマイチ信用が得いにくいというのが実情です。学生であれば学生用カードローンを検討する方が無難です。

その点二十代後半から三十代にかけては仕事において最も勢いがある年齢です。責任ある立場に就いている人も少なく無く、役職持ちなどであればさらに良い条件が与えられる事も十分考えられます。基本的には役職=高収入&安定ですし、これに関しては納得ですね。

年齢相応にカードローンを良くする

とは言え、年齢を重ねていても仕事が不安定だったり転職をして入社歴が短ければ、年齢の法則だけでは上手くいかない事も当然あります。あくまでも一般的に言われている年齢相応である事が大事ですので、それを基準に申し込みも場所を選んだり希望条件を変えたりと、自分に見合ったカードローンを作るようにしましょう。

カードローン申し込みは急ぎ過ぎても、遅すぎてもタイミングを逸してしまいますが、決して焦る事無く、ここぞというタイミングを見据えましょう。

ローン初心者の方必見!最初に知ってもらいたいカードローンの基礎!

ローンの歴史

ローンはお金の借り入れですので、一昔前から個人法人問わず必要とされ、金融業界は盛んにお金を動かしてきました。個人ならば出産などの急で大事な費用の捻出、法人で言えば会社の基礎を築く、設備投資など大きなお金が必要な場合に用いられ、私たちの生活に身近な存在であったと言えましょう。

しかしながら昔の貸付方法の証書貸付などを見れば分かる通り、借り入れには非常に手間と時間が必要で、特に急な怪我などによる入院といったアクシデントに対応するには難しく、その点は顧客も企業側も悩みの種でした。

そこで発案され現在に至るまで、すっかりローンの方法のスタンダードとして定着したのが『カードローン』です。どうしてこの方法が現在のローン業界に定着し、そして使われているのか?それは理由を見ればよく分かる事でしょう。

カードローンの基本的な要素

銀行などに向かい都度審査を受け、そしてようやく借り入れまでこぎつけるのが旧来のローンの方式だったのは最初にご説明した通りです。もちろん今でも企業が大きな金額を借り入れるならそちらの方法を使う事もありますが、個人においてはほとんどがカードローンになっていると言っていいでしょう。
(⇒企業が受ける銀行融資とは?

カードローンにももちろん審査はありますが、まず最大の違いとして一度審査に通れば借り入れが自由に行えるという点があります。これは旧来のローンで言えば考えられない方式であり。それこそがカードローンがメジャーになった理由と言えるでしょう。

そして借り入れが自由なら、返済も都合に合わせて都度行う事も、ATMを利用する事で簡単に行えるのです。もちろん返済日に決められた金額を返済しないといけないのは当然ですが、それ以外にも余裕があればちょっとでも多めに返済を進めておく事で、利息といった面で早く負担を減らす事が可能なのです。インターネットを利用すれば24時間返済も可能な会社もある為、返済も便利になったと言えます。

ローンを組むならカードローンを知ろう

とはいえ、今までローンを組んだ事が無く、急にお金が必要になった方なら銀行からの貸付以外は想像できず、不便な思いをする事があると存じます。カードローンが金融業界で当然となったとはいえ、必要無かった人には不可解な点は多いでしょう。

なのでこの記事においてはカードローンの漠然とした概要、そして便利さについて書かせていただきました。気になる利用方法は他の記事にて分かりやすく説明させていただきますので、是非ともそちらも参照していただき、カードローンを利用した賢く豊かな生活の一助にしていただければ幸いです。

これから始めるカードローン!まずは申し込の流れを知ろう!

これからカードローンを始める方に

皆さんこんにちは。恐らくこの記事を読んでくださっている方は、カードローンについて調べている、もしくは調べ始めている方が多いと存じ上げます。そしてカードローンについて知りたいと思い、尚且つこの記事を参考にしようと思っていただけて嬉しいです。

調べ始めている方が多いという事は初心者の方が多いという事です。そこで今回は、カードローンを初めて借りる方向けに申込書と金融機関の種類をご説明、そして私の推奨方法をご紹介したいと思います。初めての方がより楽に、そしてより良いカードを作れる為に私の見た物、そして経験した事を元に書いていきますので、是非参考にしてみて下さいね。

まずは申し込みをしよう

カードローンを作るにはまず審査が必要です。これは作った事が無い方でもご存知かもしれませんが、申し込み方法も様々なのは意外とご存知無い方も多いのです。

基本的に紙面での申し込みが印象に強いと思われますが、カードローンは今ではインターネットに対応している所も多く、申し込みからインターネットで行える場所も多いのです。

パソコンとネット環境があるとインターネットからの申し込みは便利な点が多く、私としてもこのインターネットからの申し込みの方が多かったりします。中には借り入れ返済まで操作可能な場所もある為、ローン会社を選ぶ際にはこうしたインターネットでの対応力を参考にするのもいいでしょう。申し込みをインターネットで行うと紙面よりも早い場合が多いのでおすすめです。

銀行か消費者金融か

カードローンには信販系という種類がありますが、基本的にカードローン単体が目的で申し込むなら銀行系か消費者金融が発行した物の中から選ぶ事になるでしょう。クレジットカードも欲しいなら信販系も選択肢に入りますが、基本的にカードローンは二種類の金融機関から選ぶと思っておけばいいでしょう。

どちらを申し込むべきかですが、私としてはやはり銀行系カードローンをおすすめします。お急ぎなら審査の早い消費者金融系カードローンでもいいですが、カードローン単体の性能で見た場合、それはやはり一目瞭然です。

銀行系カードローンは低金利で豊富な最大の限度額と、カードローンの基本的に必要とされている要素が優れている為、カードローンが必要になった場合、誰でも安心して使えるのが特徴です。次にお話する要素の都合で最初から最大条件というのは難しいかもしれませんが、それは消費者金融でも同じ事なので、それならより安い方となると、当然銀行系カードローンになってしまうのです。

消費者金融のメリットというのはキャンペーンなどをチェックして利用タイミングなどを考えないとお得にするのは難しいので、総合的に考えて初心者向きとは言えません。まずは銀行系カードローンを目指す事を目標としましょう。

大まかな流れを理解し、申し込んでみよう!

さて、これがまず最初に申し込むまでの流れとなります。
これでまずは申し込みは完了です。次の記事では実際に使う方法をお教えしていきますので、まずは最初の審査を通過する事を目指しましょう!
(⇒カードローンを使ってみよう!

隙間時間を活用!インターネットを利用した忙しい方向けカードローン

忙しい方には時間が必要

社会人として働きだすと、学生の頃に比べてかなりの多忙となる事が多いです。仕事というのは基本的に常に時間に追われるような形になりますので、特に慣れるまでは常に時間の不足を感じてしまうでしょう。

そんな中お金が用入りになり、カードローンを申し込んで発行されたのはいいものの「時間が無さすぎて借り入れも返済も凄く面倒…」となってしまう事はありませんか?ローン会社側もそれを見越して24時間対応のATMとの提携をしたり、無人機の導入で借り入れと返済の自由化を図っていますが、忙しくて時間が無い事の根本的な解決は難しいでしょう。
(⇒無人機が導入されたローン業界の背景

となると、一番余裕のあるタイミングといえばどこなのか?それは必然的に自宅に居る時間ですね。明日も仕事なら当然早く休む方が先決ですが、それでも多少の隙間時間なら取る事は難しくありません。そもそもそんな時間も無いとダウンしてしまいますね。

そんな隙間時間を利用して借り入れと返済を行えるサービスはご存知ですか?今となっては一般家庭に多く普及しているアレを使うのです。

インターネット上では自宅に居ながら24時間対応

それはインターネットですね。回線やパソコンを用意する必要はありますが、今ではリーズナブルなお値段になっていますし、スマートフォンをを使えば携帯電話のついでに小型のパソコンでインターネットが出来るようなものですね。
(⇒ローン業界が次々と参入するインターネットとは

そして基本的にインターネットを使えば、家に居ながらにして24時間いつでも、借り入れや返済が可能なのです。借り入れや返済の際にはネットバンクなども必要になってくる事もありますが、操作に加えて残高の確認なども出来て非常に便利ですよね。
(⇒ネットバンクを利用したお得なカードローン運用

さらにまだ申し込まれていない方でも、インターネット受付をしているなら、会社の営業時間外でもデータを送信し、翌営業日に確認してもらえます。これも忙しい方がマイペースで申し込める秘訣であり、手間の少なさも相まって自分の時間を犠牲にせずに済みます。

忙しい方こそインターネットをフル活用

カードローンは申し込みにも利用にも時間がかかる…そう思っていませんでしたか?確かに一昔前はそうだったかもしれませんが、インターネットが普及した今、自宅に居ながら借り入れ返済が可能な時代になっています。

所要時間も可能な限り削られていますので、生活にも難なく盛り込めるはずです。忙しいと諦めず、隙間時間で出来る事を出来るだけしておき、楽にカードローンを申し込んでみましょう。

キャンペーンは確認してる?かなりお得なカードローンのキャンペーン

キャンペーンはフル活用

カードローンを選ぶ際、基本的な条件のみを見ていませんか?もちろん金利といった条件は扱いやすく、そして長くカードローンを使い続けていく上で必須ですし、軽視していいなんて事はありません。
(⇒基本的な条件以外で見るべきところ

しかし、カードローンは時折キャンペーンなるものを大々的に執り行っています。これには様々な意図がありますが、大部分の目的としては新規顧客の開拓であり、初回のみの物が多いとはいえ、その恩恵は時に先に挙げた基本的な要素が優れていたとて、キャンペーン中の方が総合的にお得な場合も十分にあります。

カードローンのキャンペーンとはどんなものがあるのか?今回は良くあるキャンペーンを見て、是非カードローン選びの際の参考にしてみて下さい。

やはり一番の魅力は金利キャンペーン

カードローンを使っていく上で特に最初に魅力的に映るのは、やはり金利の値ですよね。カードローンの金利には上限金利と下限金利がありますが、そのどちらも低いに越した事はありませんよね。

そしてカードローンのキャンペーンには金利にまつわる物が非常に多く、そして結構な頻度で開催されています。期間限定の特別な低金利や、無金利まで引き下がっている時があり、この時は始める場合は最大のチャンスとも言えます。極端な話をするなら「今すぐ必要だけどそれ以降は使うつもりは無い」という方であれば、金利引き下げ期間中に借り入れて完済も終わらせ、早々に解約するのも手なのです。
(⇒無金利キャンペーンを駆使しよう

金利のキャンペーンは大体において「初回借り入れのみ」と「期間内なら何度でも低金利」の二種類が多いようです。自分のケースに合わせてキャンペーンを選ぶのもいいでしょう。

還元が嬉しいポイント優待キャンペーン

カードローンによってはポイント還元が設けられている事があります。これは利用に応じてポイントが付与されるサービスで、ポイントは主に同系列の会社が経営するショッピングサイトなどで利用可能です。

そしてこのポイントに関わるキャンペーンだと、利用に応じてもらえるポイントにが倍になったり、一定値の大きなポイントが利用金額に関わらず付与される場合があります。どちらにせよカードローンを利用して残る物…自分に還元される利益があるというのは非常に心弾みます。上手く使って好きな物を手に入れたりしましょう。

まだまだ豊富にあるキャンペーン

このほかにもキャンペーンというのは各社のサービスに応じて様々な物があります。キャンペーンは大体において期間限定も多く、カードローンの審査にかかる時間がある程度未知数である為、魅力的で自分に噛み合う内容だったら早めに申し込む方がいいでしょう。

キャンペーンというのは広告では無く公式サイトから見る事もできます。目星を付けたサイトは定期的に覗いて見て、キャンペーン中を狙って申し込むのも悪くないですね。

カードローンはいつ作る?最高の状態で使えるタイミングを知ろう!

カードローンの作り時を考える

カードローンというのはフリーローンと違い、借り入れ枠が決まってもすぐに使わないといけないわけでは無く、そのまま置いておく事も出来ます。

とはいえお金を借りられる枠を置いておくという事は、盗難や使い過ぎのデメリットが側にあるとも言え、それを嫌って借り入れが必要になるまで作らない、という意見もあります。暗証番号があるとはいえ盗難に遭えば危険性は高いので、無理して作って精神衛生を悪くする必要はありません。
(⇒暗証番号の管理を徹底したい理由

但し、やはりカードローンを便利に使うなら作るタイミングというのは重要です。必要になってからか、それとも事前に備えるか。そして自分を取り巻く環境はどんな時か。

最も有利な時に、最も優れた一枚を作っておく

そこで私が考える最もカードローンを作っておきたいタイミングというのは『今すぐ必要で無く、尚且つ若いうちで仕事も安定している時』が最もいいタイミングであると言えます。

まず今すぐ必要で無いという点ですが、これは作って置いておくのに抵抗がある方ならともかく、カードローンというのは「作っておけばいつでも借りられる」という事が大切です。極端な話ですが、必要な時にすぐ借りられない…今からカードローンを作ってとなると、即日融資でも無い限り、カードローンの利点の一つが潰れてしまうとも言えるでしょう。
(⇒即日融資をしてもらうなら

そして仕事と年齢も大事です。特に仕事に関しては「転職するならカードローンを先に申し込んでおくべき」と言われるくらい大事で、ローン会社がいかに現職を審査基準として重視しているかは察せますね。今作れば限度額も豊富だけど、次の転職先の仕事だと最低限しか作れない…という事はままあります。年齢に関しては年相応の年収があるか役職に就いていればそれなりに対処可能ですが、仕事に関してはそうこう簡単に出来ないものです。
(⇒カードローン審査を有利にする職業とは

作れる時に作っておくのが最も有効

カードローン最大の魅力はやはり借り入れ枠を自由に使える機動性です。そしてより使い道を豊富にしてくれるのは低金利と限度額です。それらを併せ持った状態で使うならご説明通りに備える事で、最大のパフォーマンスをカードローンは発揮してくれます。
(⇒金利と限度額の関係

無理して作る必要が無いのには変わりませんが、いつでも使えるように備えておきたい!という方は是非このチャンスを逃さないようにして下さい!

複数の借り入れは順序を定める!安心してリスクを減らす返済方法とは

複数借り入れがあるなら

カードローンは基本的に複数持たず、これと決めた一枚を持つ事が好ましいです。おまとめローンという存在もあるくらいなのですから、やはり借り入れは一か所に絞って、無駄なくシンプルに返済を続けていくのが好ましいと言えるでしょう。
(⇒借り入れを一本化して返済を楽に

とは言え、場合によっては一か所からの借り入れでは足りずに、複数のカードローンを作って借り入れを増やさないといけない可能性もあります。ローンを払う為のローンというのは極めて危険ですが、何か大きな出費であるなら止むを得ない事もあります。
(⇒カードローンの返済の為にローンを増やす事の危険性

そうなると気を付けたい事は多いですが、今回は返済における優先順位について考えていきましょう。

返済には順番も考える必要がある

返済の優先順位と聞くと勘違いするかもしれませんが、返すところと返さないところにするというわけでは断じてありません。返済日を守って全て滞りなく返していく事を前提とします。
(⇒カードローンにおける返済日厳守の大切さ

ここで返済順というのは「どこから早く終わらせるべきか」という事です。基本的にカードローンは借り入れ額が大きいほど長期的な返済となり、金利が高いほど利息として払う分が増えます。この二つの共通点は「最終的に返済額が大きくなる」という事ですね。

従って、まずは借り入れ額が大きく金利が高いところの返済を最優先として、任意返済も増やして積極的に返していきましょう。ただ、ローンは完済してしまえば当然金利は発生しません。もしも終了間近のローンがあれば一括で終わらせ、これ以上の金利の発生を抑える事が肝心です。
(⇒任意返済でカードローンを素早く完済

リスクの高い順に終わらす

より簡単に一言で表すなら「自分にとってリスクが高い順に終わらせる」という事ですね。リスクというのはひとえに金利のことであり、最終的な返済額が大きくなるところから終わらせる事により、リスクは徐々に減っていくというわけです。金利が少ないところは無理に払おうとせずに、最低額を地味に返していくだけでも当面は問題無いでしょう。

複数借り入れはリスクが増えますが、それを減らしていく事を考えれば問題ありません。確実に大きな物から完済していきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18