カードローン

どうしても返済できない!そんなときのための債務整理

カードローンは返済シミュレーションをしっかり行っていれば、返済に困ることはまずありません。計画性のないカードローンの利用は、どうしても返済出来なくなってしまった…という最悪の事態を招きかねません。

良く自己破産という言葉を耳にするかもしれません。実は自己破産の借金返済の最後の手段なのですが、いわゆる債務整理の方法の1つです。このように、どうしても借金で首が回らなくなったという場合に債務整理という手段を取ることになります。

先に紹介した自己破産の場合、借金をすべて帳消しにしてくれます。しかし、自己破産の言葉が示すとおり、あらゆる財産をすべて返済に充てても、返済が出来ない場合に行うやり方であるため、財産という財産はすべて没収されます。つまり、債務整理の中でも最後の手段と呼べる方法であると言えます。

自己破産は債務整理の最終手段ですが、その前段階として任意整理があります。これは借り入れをしているカードローン会社と弁護士や司法書士が直接交渉することで、成立すれば、最大18パーセントの金利で、改めて返済額を計算した上で、無利息で返済を行っていくという方法です。

任意整理の場合は裁判所を利用することはありませんが、裁判所を利用して交渉する場合は特定調停と呼ばれます。交渉が成立すれば、結果として任意整理と同じように対処されます。

また、個人民事再生は負債額を定める金額まで減らした上で、原則として3年で返済するというものです。

このように債務整理にはいくつか方法があります。しかし、あくまでもカードローンは期限までに返済することが基本にあるということを念頭に入れることが重要です。

カードローンで返済が延滞してしまったらどうなるの?

カードローンはお金を借り入れできる便利なサービスです。ATMがあれば、コンビニでも簡単に利用できるために、その利便性が高まっているとともに、利用者も増えています。

しかし、カードローンは返済のことを考えずに、あまりに安易に借り入れを行ってしまうと、後々になって返済で苦しむことになりかねません。そのため、カードローンは返済が肝であることをしっかり認識する必要があります。

そして、もし返済期限までに返済できなかった場合…つまり延滞してしまった場合、当然ながら、カードローン会社からはマイナスのイメージで捉えられてしまいます。「この人は、返済期限を守らない人だ」というイメージをもたれてしまうために、次のカードローンを行う際、審査で不利になるケースも多いのです。

そして良くありがちなのが、「延滞してしまったから、連絡しづらいな…」と感じて、カードローン会社にまったく連絡を取らないということです。しかし、延滞してしまった場合、それを放置していることは最もやってはいけないことなのです。理由は何であれ、延滞してしまったときは、1日も早く、カードローン会社に連絡することが重要です。延滞の理由などを説明し、すぐに返済すれば、それだけイメージダウンは小さくて済みます。

当然ながら、返済が延滞している場合、新たなカードローンを組むことは出来ません。さらに、何度も延滞を繰り返している場合、徐々にカードローン会社からの信頼を失うことになるため、借り入れの際に断られてしまうこともあるのです。

つまり、カードローンにおいては返済がとても重要であるというのは、カードローン地獄を予防する意味でも大切なのですが、カードローン会社との信頼関係を構築する上でも大切なポイントだからなのです。それゆえに、延滞は数日程度なら目をつぶってくれるかもしれませんが、まずは延滞をしないようにしっかり返済プランを考えるようにしましょう。

カードローンの落とし穴…カードローン地獄とは?

今やクレジットカードでの買い物は当たり前のように行われています。当然、海外旅行においても必需品ではありますが、日頃の買い物…とりわけインターネットショッピングなどでもカードローンでの支払いが主体となっています。クレジットカードを利用することでポイントがたまるサービスもあったりと、クレジットカードを利用したカードローンを日頃から使っている方は増加しています。

しかし、カードローンは確かに現金のやり取りがないために、一見すれば、お金を使っているという感覚を失わせてしまうものです。したがって、今、どの程度、クレジットカードで支払っているのか、返済額は月々どのくらいになっているのかを逐一、把握しておくことが重要になります。

ところが、それを怠ったり、安易にカードを利用して買い物をしたりしていると、知らない間にどんどん返済額が膨らんでしまい、気が付いたら取り返しのつかないような事態になってしまった…というケースもあるのです。これがカードローン地獄です。

クレジットカードを利用してお金を借り入れるわけですから、当然、そのお金は返済しなければなりません。しかし、返済のことを考えずに、気のおもむくままにカードローンを利用することで、カードローン地獄へと発展してしまうのです。

もし、カードローン地獄から抜け出したいのであれば、まずはさらなるカードローンを作らないようにすることから始めましょう。新たな借金を抱えるのをやめ、今ある借金を確実に返済することが大切です。また、クレジットカードでの買い物はお金を使っていることと同じであることを十分に認識し、買い物をする際は本当に必要なものかをしっかり吟味するとともに、出来る限りカードローンではなく現金で購入するようにしましょう。

それでも、にっちもさっちも行かない場合は、親族からお金を借りて返済したり、また弁護士に相談するという方法を取らざるを得ないでしょう。

いずれにせよ、カードローンは返済のことをしっかり頭に入れて利用するようにする…返済あってのカードローンであることを強く認識することがカードローン地獄防止の第一歩なのです。

最近良く耳にする!カードローンの過払い請求って?

最近、弁護士事務所や司法書士事務所のテレビコマーシャルなどで、払いすぎた利息を取り戻せる過払い請求というものがあることを耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。カードローンを利用するに当たって、この過払い請求とはどのようなものなのか…その知識だけは頭の片隅に入れておきたいものです。

そもそも過払いとは、法律で定められた金利を超えた支払った利息のことです。この過剰に払った利息分を返還するように求める請求のことを過払い請求といいます。法で定められた金利とは、利息制限法と呼ばれる法律でであり、例えば100万円以上の借り入れの場合、15%を金利の上限として設定しています。つまりこれを越えると異邦となるのです。

ところが、もう1つ、出資法と呼ばれる法律があり、これでは29.2%という金利上限が設定されています。消費者金融などでは利用制限法違反には罰則がないため、より金利が高く設定できる出資法を基準にして、金利が設定されているのです。つまり、利息制限法と出資法とでは、上限とされる金利が異なるのです。この異なるゾーンをグレーゾーン金利と呼び、これが過払いの対象となるというわけです。

過払い請求をすれば、払いすぎた金利を取り戻せるために、メリットばかりを考えがちですが、正しく手続きを踏んでいかなければ大きな痛手を受けることにもつながります。

例えば、過払い請求をしたカードローン会社に対しては、もう二度とお金を借り入れることは出来なくなります。個人信用情報機関のブラックリストに載ることはなくとも、借り入れをしていたカードローン会社では仮理恵が出来なくなることの覚悟は必要です。

また、過払い請求をする際には弁護士や司法書士に依頼することになりますが、ここでもしっかりした信頼のおける事務所を探すことが重要になります。中にはお金だけ受け取って、何もしてくれない悪徳の業者もあるようです。事務所の見極めもまた、過払い請求をする上では非常に重要な要素となるのです。

カードローンは返済シミュレーションをしっかりと!

カードローンは言うまでもなく、簡単にお金を手に入れるサービスではなく、あくまでも一時的に借り入れをするというサービスです。それゆえ、借りたお金は必ず返済しなければなりません。つまり、返済あってのカードローンであるということを常に念頭に入れておかなければなりません。

近年、カードローンは非常に手軽なサービスとなっています。24時間営業している近所のコンビニでもカードローン用のATMが設置されているところもあります。また、その日のうちに審査が終わり、すぐにお金が手に入る仕組みになってものもあるために、よりスピーディーなサービスとなっているのです。

しかし、このようなお手軽感が、特に返済を視野に入れずに「今すぐにお金が必要になったから」と、すぐにカードローンを組んでしまうケースが増えています。100万単位の金額でも、簡単な審査で借り入れが出来る場合も多いのですが、それでも返済のことを考えずに、慌ててカードローンを組むという方もいらっしゃます。

確かにお金はいつ必要になるか分かりません。突発的に緊急事態になることだってあるわけですから、慌ててカードローンを組んでしまう気持ちも分かりますが、カードローンを利用する場合は、まずは一呼吸おいて、返済シミュレーションを行いましょう。

返済シミュレーションでは、まずきちんと返済出来るかどうかから始まり、次にどのように返済していくかを考えます。ボーナスのときはまとめて返済するかどうかなど、細部にわたって返済シミュレーションを考えるようにすれば、より理想的です。

カード会社の中には、返済シミュレーションを実際に行ってくれるサイトを持っているものもあります。月々の返済額、返済回数などを自由に設定すれば、あとは自動的に返済シミュレーションをしてくれる便利なアイテムです。こういったサービスもうまく活用することで、カードローンを賢く便利に利用出来るのです。

これは便利!無利息のカードローンなんてあるの?

カードローンを利用する際に最も気になるのが金利ではないでしょうか。返済計画を立てる上でも元金だけでなく、金利の部分も加味しなければなりません。カードローンに関しては金利とは切っても切れない関係にあるといえます。それゆえに、カードローン会社を選ぶ際には出来るだけ金利が低いところを…と考えるのは当然のことでしょう。

しかし、もし無利息のカードローンがあったらどうでしょうか?つまり借りたお金をそのまま返せば良いわけで、利息分を上積みする必要もないのです。これは大変理想的なカードローンなのですが、最近では無利息のカードローンというサービスを行っているところも増えています。

ただし、どんな場合でも無利息かといえばそうではありません。当然ながら、無利息となるには条件が設定されています。

無利息カードローンは一般的に借り入れをした日から、例えば数日、1週間、さらには1ヶ月と、カードローン会社が定めている期間内に返済すれば、無利息になるというものです。

そのため、「次の給料が入ったら、すぐにでも返済出来るんだけど…」といったように、近いうちに返済できるメドがすでに立っている場合には、きちんと返済することで、無利息で利用することが出来るのです。

また、返済が長期に及ぶ場合であっても、カードローン会社が指定する期間は無利息になるため、この期間をうまく活用して、出来る限り返済すれば、元金部分を一気に減らすことも可能です。

つまり、無利息の期間を上手に活用すれば、カードローンをする際に最もネックになる利息も、その支払い額を減らすことが出来るのです。

自分に合ったものを選びたい!カードローンの返済方法

カードローンでお金を借り入れするのはとても簡単なこと。最近ではコンビニでも借り入れが出来るようになり、また審査もスピーディーであるため、その利便性はますます高まっています。しかし、カードローンで最も大切なのは返済することであるのは言うまでもありません。きちんと返済してこそ、より便利にカードローンを使いこなすことが出来るのです。

カードローンの返済方法にはいくつか種類があります。例えば、借りたお金を一度に返済するのが一括払いです。これは借り入れ額が少なかったり、ボーナスなどまとまったお金が入った場合に利用できる方法です。

また、これまでは一定額ずつ返済していたけれども、まとまったお金が入ったから残金を一気に返済したいという場合の繰り上げ返済と呼ばれる方法もあります。一括払いは一気に返済するため、最も利息を安く抑えられる方法であるといえます。

また、リボルビング払い、いわゆるリボ払いは月々一定額を返済していく方法です。この一定額の中には元金部分と利息部分があり、必ずしも元金部分を多く返済しているとは限りません。

元金を返済していかなければ、カードローンの返済はいつまでたっても終わらないのですが、利息部分がはっきり分からないのがリボ払いであるため、一定額なら…とついつい借りすぎてしまうというデメリットがあります。

リボ払いの中にはカードローンの残高に応じて返済額が決まる残高スライド方式という返済方法もあります。最初のうちは返済額が多いのですが、その分、元金部分を返済出来るので、返済がスムーズに行えるメリットがあります。

いずれにせよ、カードローンを行う際は事前にしっかりと返済シミュレーションを行うことが大切です。その上で、その計画に沿った返済方法を選ぶようにすると良いでしょう。

知っておきたい!カードローンで一番気になる金利の話。

カードローンを利用するに当たって、一番気になるのは金利ではないでしょうか。お金を借りる以上は、利息を含めて返済しなければならない…それはカードローンを利用するに当たって、頭に入れておかなければならないことです。しかし、当然のことではありますが、出来るだけ金利が低いカードローンを利用したいところです。

カードローンと一言で言っても、大別すれば銀行系のカードローンと消費者金融などノンバンク系カードローンの2種類に分けることが出来ます。銀行系のカードローンの大きな特色は、審査が非常に厳しいということです。

そのため、審査に数日かかる場合もあるのです。しかし、それだけ「返済能力がある」ことが認められるわけですから、金利は低くなる傾向にあります。

一方で消費者金融などのノンバンク系のカードローンは、審査が銀行系に比べれば甘い部分があります。そのため、審査もその日のうちに行われ、その日のうちに指定の口座にお金が振り込まれるというケースもあるのです。ただし、金利は銀行系に比べれば、若干割高になる傾向があるのも特色です。

ただし、金利というのは、カードローンを早く返済すればするほど、低く抑えられます。つまり、「給料日前でお金がないから」とカードローンを行い、翌日、給料が入り次第、すぐに返済すれば、それだけ金利はかなり安く押さえることができるのです。

また、カードローン会社の中には、指定の日数以内に返済すれば、金利が一切かからないというサービスを行っているところもあります。もし、すぐに返済できる見込みがある場合などは、このようなサービスを存分に活用すれば、かなりの低金利、もしくは金利なしでカードローンを行うことも可能なのです。

それだけ賢く利用すれば、カードローンはあなたの強い味方になるのです。

無職だけど年金受給者…カードローンは利用できる?

カードローンを行う際には、審査を通過することが絶対必要条件となります。その審査で重視されるポイントとして、「安定した収入があるかどうか」ということが挙げられますが、果たして年金受給しており、現時点で働いていない…つまり年金で生活しているという場合はどうなるのでしょうか。

かつては、年金を担保にしたローンというのは存在しました。しかし、年金を担保にしてしまうと、年金のみで生活している方々にとっては、それが生活の逼迫につながってしまうのです。

さらに、本来の目的は医療機関を利用する場合などに限定されていたのですが、審査がゆるいこともあって、実際の目的とは異なり、遊びに使ったりするケースも目立ったため、このようなローンは廃止されました。

しかし、年金受給者がカードローンを組むことは実は出来るのです。現在、民間の金融機関などが年金受給者を対象に無担保のカードローンを販売しています。つまり、たとえ無職であっても、年金を受給している場合は、もちろん借り入れの際には審査がありますが、その震災にも十分に通過できる商品も増えています。

ただし、カードローンでお金が手に入るわけですが、あくまでも借り入れているわけであり、当然ながら、きちんと返済しなければなりません。年金を生活の糧にしているケースもあるでしょう。

返済額が増えれば増えるほど、生活を逼迫することにつながりかねません。それゆえに、返済のために新たなカードローンを組んでしまうというケースに陥ってしまうこともあるのです。年金受給者は、年金によって生活しているわけですから、きちんと無理なく返済ができるか…そのシミュレーションをしっかり立てた上で、カードローンを利用するようにしましょう。

「今無職なんだけど、カードローンの審査は通過できる?

「お金が今すぐに必要になった」といった場合などに、カードローンを使えば、簡単にお金を借り入れすることが出来ます。クレジットカードもその一種で、買い物の際にカードを提示するだけで、お金の代わりを果たしてくれるのです。

しかし、それはお金を払って購入したわけではなく、「後で払うから、とりあえず物だけ購入しておきます」ということ。つまり、カード会社からお金を借りて、商品を買っているということになります。

キャッシングカードローンを行うにあたっては、まず審査に通過しなければなりません。審査といっても、何も難しい試験に通過しなければならないというものではなく、あくまでも「この人はきちんと返済してくれるだけの能力があるかどうか」というのをチェックするのです。

お金を貸す側からすれば、このチェックをするのは当然の事で、きちんとお金を返してくれる見込みがある人かを、貸す前に調べておくことで、リスクを軽減するのです。

この審査の基準の1つとして「安定した収入があるかどうか」という点が挙げられます。そうなると、「今、私は無職なのですが、そんな私でもカードローンを行うことが出来るのでしょうか?」という疑問を抱く方もいらっしゃるかと思います。

数多くあるキャッシング会社などの中には、無職でも借り入れができるところも、けして多くはありませんが存在します。しかし、そのキャッシング会社が信頼できるところかどうかまでは分かりません。

つまり、やはり安定した収入がなければ、カードローンをするのは難しいということです。アルバイトやパート、派遣であっても、カードローンをすることが出来ます。

つまり、返済が見込める収入があるかどうか…それは大きなカギを握ります。たとえ無職であっても、アルバイトなり、派遣登録なりから始めれば、カードローンで審査を通過する可能性はグッと高くなるのです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >