カードローン

複数から借入のある人は注意 カードローンの利用に「多重」は禁物

お金を借りる、カードローン、という商品の市場では「多重」という言葉は、借りる側にとって非常に重要な言葉になります。どのように重要かというと、借りる側が多重にお金を借りている、ということになると、貸す側にとってみるとそれはリスクとなって捉えざるを得ない、ということです。

一般に、いろいろな消費者金融やカードローンからお金を借り、返済が複数になってしまった結果、支払うことができなくなる、いわゆる多重債務者は、金融業界の信用機関に金融事故を起こしたということで登録されてしまいます。

このような人は、数年間経過してその登録が消滅するまでは、再びカードローンなどを利用することはほぼ不可能です。このように多重債務者が審査に通らないというのはよくある話ですが、実は、一般の人がカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。

その原因は、「無茶な申込み、利用をしている」多重申込の人が該当します。多重申込みとは、短い期間でカードローンなどの商品に何度も申込みを重ねることを言います。つまり、申し込んでも審査に通らないため、何度もいろいろなところに申し込むといことになるのです。申込件数が多ければ多いほど、どんどん審査には通り難くなるので悪循環になっていることになかなか気づけないのかもしれません。

そもそも、借りる側はお金に困っているので一生懸命、申込みを繰り返すわけですが、カードローン会社からみると、この多重申込みはとても悪い印象、リスクが高いとみなされるわけです。個人信用情報機関というところに登録されてしまうのです。

いろいろな会社に多重申込みをするということは、とにかくお金を計画的に用立てることに困っている、自転車操業、自己破産などを企んでいるといったように映ってしまうのです。カードローン会社も、利益を出さなければいけない企業ですから、貸したお金はしっかりと回収し、そして利息もきっちりと回収しなければいけません。つまり、少しでもリスクのある人には、お金を貸すことはできないのです。

カードローンには使用目的不要! その代り利率がちょっと高めです

ローンには、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、旅行ローン、フリーローン、カードローン、などいろいろな商品が用意されています。これらを大きくわけると、何のためにお金を借りるのか、という使用目的がはっきりしているものと、特に目的は無くいろいろな用途で使用することが目的という2つに分けられます。

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは、その名の通り、使用目的が決まっているローンです。ローンを申し込む際には、その使用目的を明確に示す必要があり、申込書には明確な使途の記入、そして証明する書類等を併せて提出することになります。

一方、特に使用目的を限定することなくお金を借りることができるローンとしてフリーローンなどがあります。カードローンもその一つになります。前述の使用目的が決まっているローンと比べ金利が少し高いこともありますが、自由にお金を使えるという点で大きなメリットがあります。

ローン会社は、お金を貸す以上は、必ず返済をしてもらわなければいけません。申込者の返済能力があるのか、ないのか、といった点が審査のポイントになるわけで、同時にリスクとなるわけです。

このリスクについて、ローン会社は、金利や保証人の設定、借入限度額などで担保を取りますが、前述の目的別ローンも、そういう意味で使用目的を定める代わりに、カードローンと比較して金利が低めであったり、融資可能額が高額であったりするわけです。

カードローンは、どんな目的で使っても良いわけですから、カードローン会社にとってみると何らかリスク回避のための担保や設定が必要になります。上限無くキャッシングされては、返済してもらえなくなる恐れがあります。

そこで、カードローンは、使用目的は限定されず、全国のATMでキャッシングができる、申込みも全国でいつでも可能、保証人は不要であるといった気軽さ、簡便さを売りにする代わりに、目的別ローンに比較して、金利が高めに設定されたり、融資限度額が低めに設定されていたりします。

保証人が不要で気軽な便利なカードローン 身近なサービスです

モノの貸し借りには、必ず返却というものがあるように、お金の貸し借りには返済がありますね。当たり前の話ですが、このお金の貸し借りに当たり前の返済ができなくなるケースも、ある意味付き物と言えます。

借りる側としては、当然返すつもりで借りるわけですが、やはりお金は一つ間違えると魔物になってしまい、なかなか返済できなくなるのです。そもそも、お金に困るから、お金を借りるわけですから、計画的にお金を借りなければ確実な返済もできないのです。

このようなお金の貸し借り、いわゆる資金の融資では、何かを担保としたり保証人を必要とすることは一般的と言えるでしょう。しかし、カードローンについては、基本的に保証人を必要としないケースが多くあります。

これは、カードローンを利用する人の返済能力を勘案し返済意思を担保としているのです。お金を借りる理由は人によって様々ですが、カードローンという商品は、ターゲットとする利用者層を定め、返済能力と返済意思をある範囲内で担保とすることができるのでしょう。

ただし、カードローンでも保証人が必要となるケースもあるので注意する必要があります。利用者が学生の場合は、保証人を求められます。また、多重債務者もそもそもカードローンを利用すること自体は非常に難しいわけですが、場合によっては可能となることもあるようで、この場合は、保証人や担保を設定することが必須となるわけです。

これは、つまりは、返済に一部信用が無い、返済能力の部分での信用が十分ではないということです。利用者本人の信用が一般に照らして足りないため、保証人を必要とするわけです。

また、カードローンでも、消費者金融のカードローンでは保証人を必要としなくても、銀行や信販系のカードローンでは保証人が必要となるケースがあるようです。利用者が未成年の場合は、保護者を保証人とする必要があります。

保証人の要否については、利用者の年齢や立場、カードローン会社によって一概には言えませんから、利用前に各カードローン会社に問い合わせをしてみる必要があります。いろいろな会社に問い合わせてみて、保証人を必要としないカードローンを利用した方が余計な手間も不要となります。上手に利用することをおすすめします。

カードローンの借入には 方法や利率 事前に勉強しておこう

カードローンで借入するにあたっては、借入方法、借入利率、借入限度額、借入スピードなどいろいろと気になることがあると思います。カードローンを利用する前にこれら気になる点は解決しておいた方がいいでしょう。

カードローンの借入方法には、振込型のキャッシングとATMを利用するキャッシング、カードローン会社窓口でのキャッシングなどの方法があります。振込型は、パソコンや携帯電話、電話などの端末から簡単な手続きをすることで予め登録していた金融機関口座に現金が振り込まれる方法です。

ATMを利用する方法は、カードローン会社が提携する全国の銀行やコンビニのATM/CDを利用し現金を引き出すというものです。24時間年中無休利用できる、全国どこでも利用できるという点がメリットとなります。

借入利率とは、利息や金利とも呼ばれることがあります。借りる金額、いわゆる借入元金に対して、後に返済する際に上乗せされる金額のことを支払利息といい、その利息をどのくらいの率にするかというのが借入利率です。

この借入利率は、お金を貸す商品、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、キャッシング等など、あらゆる借入についてかかる費用であり、法律で上限利率は定められており年率で示されます。この借入利率の水準は、市場の状況、利ザヤや信用リスクなどを考慮して決定されるもので、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2タイプがあります。

カードローンの各契約については、借入限度額というものが設定されます。審査に通ったからといって幾らでも上限無く貸すことはできません。それは、返済能力がどの程度あるかということがカードローン会社のリスクにつながるからです。

つまり、カードローン会社は、貸す相手がどのような属性を持つ人なのか、年齢、職業、年収などの属性を評価し、カードローン会社が借入限度額を設定します。当然ながら若い年齢層の学生などは低く、安定した収入がある会社員などは高い設定となります。

その他、新規利用のケースは借入限度額を低くしておいて、その返済実績が信用あるものであることが確認できれば、借入限度額の上限も引き上げられることもあります。カードローンの借入に関しては、各カードローン会社のホームページなどでも詳しく説明されています。

どうせ利用するならお得なキャンペーン時に カードローン

カードローンと言っても、いわゆる借金です。昔のサラ金のようなイメージもまだまだ残っているといえましょう。実際には、昔のイメージとは程遠く、敷居が低く、非常に気軽に利用しやすく、手続きも簡便になっています。

カードローン会社や消費者金融も、もっともっと気軽に利用してもらい顧客を増やそうと工夫をしていますね。テレビCMも随分と増えました。かわいらしい女性や俳優さんが出演し、透明性のある印象を与えるCMが多くなりました。

このような各社の工夫の中に、キャンペーンとして利用者には「無利息」をプレゼントするケースが多くあります。利息とは、カードローン会社が貸すお金に対し上乗せする分ですね。借りる側にとっては、この利息が少なければ少ないほど良いわけです。

カードローン会社が行うキャンペーンは、初めて利用する人を対象に、初回利用時には無利息とするもので、例えば、借り入れ全額に対し30日間無利息にしたり、借り入れ金額の一部だけを180日間無利息にするなど、いわゆる「お試し」的なサービスです。

「お試し」「キャンペーン」ということですから、当然、カードローン会社の思惑があってのことではあります。しかし、このようなお得なサービスは賢く利用することです。どうせお金を借りるのであれば、何もキャンペーンなどをしていなカードローンよりも、キャンペーンで無利息としているカードローンの方が良いに決まっています。

本当に必要な時は、無利息期間を過ぎても利用することになるのですから、借りる側としても、少しお金に困ったときなど、無利息という、いわゆるエサを上手に利用してもバチは当たりません。特になるものは、賢く利用しましょう。

ブラックにならないように!カードローンに金融事故は禁物!

カードローンを利用するからには、少なくとも「ブラック」という言葉とその言葉が何を言っているのかを知っておくことが必要です。「ブラックリスト」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、このようなリスト自体は存在しません。

カードローン会社は、利用申し込みがあると必ず審査を行い、利用申し込み者にお金を貸してもきちんと返済能力があるのか、ということを調べます。カードローン会社は、お金を貸すことで利益を上げる会社ですから、貸したものはきちんと金利を加えて返済してもらわなければ成り立ちません。

審査の際には、申込者が過去に返済を滞納したり自己破産や債務整理と言った金融事故を起こしていないかということを、信用情報機関に問い合わせます。ここでいう信用情報機関が所有している金融事故情報というものを「ブラック」と呼んでいるわけです。

信用情報機関に金融事故情報として記録されてしまうと、カードローンはほぼ利用できないと言っていいでしょう。記録されるとはどういうことか。過去、カードローンを利用した際に、返済期限までに支払いがなく、更にある一定期間以上も返済が無い場合、金融事故として記録されてしまいます。

1日でも返済期限を遅れてしまうだけで、「短期延滞」と記録され、例え、すぐに支払いをしたとしても、「延滞解消」と記録されるのです。そのような性質を持つ人だ、ということが記録されてしまうのです。当然、カードローン会社は、容易にお金を貸してくれないでしょう。リスクが高いわけですから。

また、債務整理や自己破産といった情報も記録されます。このような段階の情報になると、返済が全て終わっても、その後5~10年は事故情報として信用情報機関に残されます。その期間は、カードローンはもちろん、住宅ローンも、自動車ローンも組めなくなります。

つまり、カードローンを利用する際には、とにかく滞納、支払いが遅れるなどといった約束違反は絶対に避けなければいけません。ちょっとしたことが、後に困ったことになってしまいます。「信用」の二文字で成り立つ取引です。利用者側は利用者としての責任できちんと利用する姿勢が必要です。

いろいろなカードローンを使っているなら?! 一本化を是非検討!

最近では、カードローンも非常に手軽に利用しやすくなりました。職業に就いていない専業主婦でも配偶者の収入が一定の条件を満たしていれば、特に配偶者の同意書などを提出しなくてもお金を借りることができるようになっています。つまり、旦那さんにばれることなくお金を借りられるわけです。

このように非常に敷居の低くなったカードローンですが、その代りに、いろいろな会社のカードローンを利用することができてしまうため、いわゆる多重債務といったような状況になる人も増えるわけです。

複数のカードローンを利用すると、そもそも借り入れ金額は、総合すると多額になりますし、支払い先も複数になるため滞納が始まると督促も複数から来ることになります。一社への返済を済ませるために、ほかのカードローンを利用したり、といたちごっこになってしまうのです。

このような複数のカードローンの利用状態から抜け出すためには、いろいろな方法があります。自己破産や任意整理、民事再生といった法的な措置もあることはありますが、これは金融事故となります。つまり、お金をかしている金融業界側にとってみると貸したお金を返してもらえない事故、ということになり、以後、返済能力が無い、お金は貸せない、ということになるのです。

そこで、基本的には計画的にでも少しずつでも時間がかかっても返済する意思がある、ということを前提とした方法があります。それは、複数の借り入れ先をひとつのカードローン会社にまとめてローンを組むという方法です。一本化、おまとめローンとも呼ばれています。

複数先に返済していたときは、各カードローン会社にそれぞれ返済していたため、返済額は合計すると高めになってしまいますが、一本化にすると、月々の返済額はより抑えられる可能性もあります。

カードローンの一本化には、金利についてしっかりと考慮しなければいけません。一本化は、複数からの借り入れ分を全ておまとめローンで一括返済してしまうことになりますが、この時利用するおまとめローンは、それまでの利用よりも低い金利を選ぶことです。

複数の借り入れにより月々の返済そのものだけに捉われて、状況がいつまでも改善しない状況にあることに早く気づき、おまとめローンの利用による一本化を検討することが重要です。返す意思はあるのに、どうしても返済そのものが追い付かないという現実は、非常にやりきれません。

限度額があるのは困ってしまう しかし総量規制には対象外あり

消費者金融などお金を貸す金融業からお金を借りることについては、貸金業法という法律で規制されています。従来は、今より比較的簡単にお金を借りられたり、もっと高い額でお金を借りることができました。複数の金融業者からお金を借りてしまう人も多くなり、多重債務者が自殺を選んでしまうなど社会問題化となった時期がありました。

このような社会問題を解決し、健全で安心してお金を借りられるマーケットとすることを目的に、貸金業法は改正されました。この改正では、総量規制と言って、借り入れるお金の限度額を制限することになり、限度額は、年収の3分の1までとされました。

このような総量規制で借入の限度額が定められると、本当にお金を必要としている人たちにとっては困った話です。そこで、注目したいのは、この総量規制には、対象があることです。総量規制は、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協といった銀行系の金融機関からの借り入れは対象にならない、ということです。また住宅ローンや自動車ローンも対象になりません。

つまり、総量規制によってお金を借りられない、というような心配も、銀行系の金融機関の貸金サービス、つまり、カードローンを利用すれば良いわけです。カードローンは、銀行系金融機関からお金を借りる際にカードが発行されることから、そうよばれます。

そのカードを使って、ATMからお金を引き出すことができたり、返済することができたりします。ATMもあちこちにあり、そして営業時間も長いことから、大変利用しやすく便利なサービスとなっています。

以上のように、銀行系のカードローンを利用することで、借り入れの限度額が制限される総量規制に関する心配ごとは無くなるということです。カードローンや消費者金融、キャッシング、総量規制、限度額などいろいろな言葉がありわかり難いかもしれません。貸金業法などの法律を理解すれば、解決することも多くあるはずです。

専業主婦でも利用できますカードローン 書類があれば申し込めます 

従来、専業主婦でも審査にさえ通れば、キャッシングを利用することが可能でしたが、支払い能力の無い人がキャッシングなどを利用し返済できず取り立てにあう、というようなことが深刻な社会問題化となっていました。

この問題化を解決すべく、2010年に法律の改正があり「総量規制」といってお金の貸し借りには支払い能力に応じた一定の制限を設けることになりました。専業主婦の方は、基本的には収入がありませんから、キャッシングを利用するのであれば、配偶者の同意書や年収を証明する書類を提出しなければいけません。

しかし、この総量規制は、銀行が運営する消費者金融からの借り入れ、つまり銀行カードローンの場合は対象外となります。つまり、専業主婦の方でも、自分の身分証明と旦那様の収入証明でお金を借りることができます。旦那様の同意書は必要あないのです。身分証明は、運転免許証や健康保険証などです。旦那様に知られることなくお金を借りられるというわけです。

専業主婦の方が借りられる金額、カードローンの借り入れ可能額はどれほどなのでしょうか。専業主婦とはいえ、友人の結婚や知人のお祝い、突然の出費、まとまったお金は必要な場面もあります。

当然、銀行カードローンでも審査は必要です。専業主婦自体は収入が無いわけですから、専業主婦の人はもちろん審査、収入のある旦那様も審査されることになります。ここで理解しておくべきは、あくまで収入のない専業主婦へお金を貸すということであり、それは収入のある旦那様がいることが条件となることです。

キャッシングとカードローン どちらも同じ?特徴をつかもう!

「キャッシング」と「カードローン」何が違う?

普段の生活でよく耳にする「キャッシング」と「カードローン」という言葉ですが、とりあえずは「お金を借りる」という意味でほぼ同じ目的で使用するもの、という認識のほか、何が違うのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

実際に、これらの違いを詳しくしらなくても困らないといえば困らないかもしれませんね。ただ、これらのメリットを有効に活用するためにも、ある程度の違いは知っておいた方が良いでしょう。

「カードローン」はいわゆる「ローン」

ローンは、日常よく見聞きしますね。住宅ローン、マイカーローン、教育ローンととにかく日常生活の中に当たり前に溢れているのではないでしょうか。説明するまでもないと思いますが、ローンは、ある大きな買い物をした際にローン会社にそのお金を支払ってもらい、ローン会社には分割してお金を返済するという金融商品になります。昔は「月賦」と呼んでいました。

今では、ライフスタイルに合わせてお金を支払う場面では、とにかくローンが用意されるようになりました。歯科治療のデンタルローン、海外旅行のトラベルローン、結婚式や新婚旅行のブライダルローンなどがあります。また、特に使い道目的が決まっていなくても良い多目的ローンというのもあります。

このローン、いくらの金額まで組めるのか、という点については、審査を通して決まり、クレジットの枠とは分けられます。返済方法は、返済金額を決めるものと、一定の返済額によるリボルビング方式もあります。

このような「ローン」は、以前からあったわけですが、近年、このローンに専用のカードを発行することで、ATMからも現金を借りることができたり、ATMからローンの返済ができたりするようになるなど、利用が便利になりました。こうして、「カードローン」と呼ばれるようになったわけです。

「キャッシング」は現金を借りるサービス

「キャッシング」は、元は、一括で返済することを約束して現金を借りるサービスです。カードローンは大口融資を受けて分割返済するものであり、キャッシングは小口融資を受けて一括返済するもの、となります。

しかし、このような定義も、いまでは前述したようにどちらも小口融資が可能ですから特に「カードローン」と「キャッシング」の違いはないということになります。どちらも、気軽にお金を借り、簡単に返せるといった点で、日所に使いやすく便利になったわけです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >