カードローン

恥ずかしがる必要は無い?カードローンの疑問を窓口で解決するススメ

今のカードローンに無い姿

今現在のカードローンは基本的にプライバシーが非常に重視されています。お金を借りるという事は恥ずかしい事というのが一般的な意見で、そんな微妙な感情にも配慮しているのが今のカードローンの姿と言えます。人目につかない無人機がいい例ですね。
(⇒無人機の仕組みについて

さらには借り入れに必須とも言える本人確認の電話にも配慮がされていたりと、可能な限り人目から離れ、機械でのやり取りで借り入れ返済までサポートできる体制が整えられています。昔からの借り入れ方法である証書貸付のような対面形式は随分と少なくなったと言えるでしょう。
(⇒プライバシーが考慮された電話での在籍確認について

反面、その人とのやり取りが少なくなりすぎた事による問題もあります。無人でも完結できるように配慮はされていますが、やはり人相手の事なら人がやらないといけない部分はあります。それについて少し考えてみましょう。

窓口でしっかりと確実に

カードローンと言えど、完全に無人機からしか借りれないというわけではありません。銀行では貸付の窓口があるように、消費者金融でも無人で無い店舗があります。そしてそれらの存在意義は、ひとえに直接の相談が可能な事が大きなメリットです。

例えば支払い形式がリボルビング払いだとしたら、金利手数料などを計算するのは正直面倒ですし、大体どれくらいで終わるかというのも、自分で計算するとなるとそれなりの知識かツールが欲しいところです。それに先にシュミレーションしてみても、金利といった条件は審査が終わるまで確定しません。
(⇒カードローンのリボルビング払いのメカニズム

そうなるとやはり借り入れ時に窓口相談が出来るとなると、全然違ってきます。借り入れ金額による月々の最低返済額や金利との返済ペース、使い慣れてきたら限度額の引き上げといった事まで相談でき、先の先まで見通した条件を確認する事も容易です。これは無人機相手では出来ない事で、ネット上での操作と違ってラグの無い相談が出来るという事です。
(⇒カードローンの限度額を引き上げるには

時には恥を忍んで

お金の事を人に相談するのは恥ずかしい…とどうしても思ってしまうでしょうが、相手はそもそもお金の貸付を仕事としているのですし、当然ながらこちらを見下げる事なんてありえません。相手も仕事をしていると割り切り、ローンに関する疑問は全て解消していくつもりで臨んで下さい。

カードローンに様々な仕組みが張り巡らされても、やはり中に居るのは人です。時には直接対面し、あなたのカードローン使用を助けてもらいましょう。

カードローンも時代で変わる!?インターネットを駆使したローンとは

時代はネット化

私たちの生活はインターネットの導入で著しく変化しました。弊害とも言える出来事はあれど、情報伝達の面においては格段に便利になりましたね。

情報伝達が早くなる事で盛んになる事といえば、やはり申し込みの記入、及びそれの送信です。紙面の用意が省けて情報の管理も効率的になり、巨大な機関であれば莫大なデーターを保存しなくてはならない事もあり、積極的にインターネットによる管理運営は導入されているでしょう。

そしてそれはカードローンを取り扱う金融機関にも同じ事が言えます。不況によりあらゆる業界が衰退していく中、グレー金利などによる大幅な改定をした金融業界は活発で、顧客の多さゆえに積極的にインターネットも含めた電子化を推し進めています。
(⇒金融業界がグレー金利から立ち直るまで

そして一般の方もインターネットの恩恵に預かれるようになり、カードローンの申し込み事情も変わってきました。果たしてどんな変化が起きたのでしょうか。

全てがインターネット上で片付く時代

最大の変化としては、インターネットのみの申し込み受付も増えてきた事でしょう。一昔前、インターネットはおろかパソコンすら普及していなかった頃からは考えられませんが、今となってはスマートフォンなどもあり、パソコンに準じる端末もインターネットの回線も、非常に身近な存在になりました。

その影響もあってか、インターネットを経由しての申し込みは紙面に比べて増加傾向にあります。お金が特に必要な若者がネットに対して親和性が高い為、これは不思議な事でも何でもありませんね。ヤングローンなどを使えば電話審査も無い為、ほとんど人と触れ合わず申し込みから発行まで済ませられます。

そしてインターネットオンリーの申し込みは人件費や印刷費などをカットしている為か、優待面も多いのが特徴です。審査が優しくなるわりには金利も控えめなおかげで、銀行系カードローンに受からない方でもそれに準じた内容で借り入れが行える事も十分あり得ます。申し込みだけなら24時間対応してくれているので、自分の時間に合わせて申し込める点も忘れてはいけません。

環境があるなら存分に利用する

インターネットは普及したとはいえ備えていない家庭も珍しくありませんが、やはりあるならこのように非常に便利になります。特に金融関係はネット環境がある事で行える選択肢というのは非常に増えるので、借り入れを考えていてネット環境もあるなら、是非利用して有利にカードローンを進めておきましょう。

操作も難しく考えるほど複雑ではありませんので、先に環境を整えてから申し込むのも検討の価値はあるでしょう。

ポイント還元をさらに強化!ネットバンキングを利用し付与を倍増!

ポイント還元は分かりやすいメリット

カードローンによってはポイント還元があるように、借りるだけに思われがちなカードローンも、突き詰めてみれば様々なところにお得が転がっているのです。ただ初めに目に入った企業では無く、自分なりに複数検討してから決める事がカードローン選びの第一歩であると言えましょう。
(⇒即決せずにカードローンを選びたい理由

ポイントが付与されるタイミングは借り入れ時や返済時が多いですが、それとは別に、さらにポイントが欲しくありませんか?実はもうちょっとだけ工夫する事で、ポイント還元のタイミングをさらに増やし、付与されるポイントを総合的に増やす事は可能なのです。

ネットバンキングを使ってさらにポイントを増やす

その為にまず用意してもらいたいのは、ネットバンキングの口座です。ネットバンキングの口座はカードローン返済時にとても役立ちますが、実はこのネットバンキングを使う事がポイント獲得の鍵なのです。

ネットバンキングはATM手数料がやや高い代わりに、振り込みの24時間対応や預金時の高金利、そして利用によるポイント付与があります。このポイント付与のタイミングというのが利点で、実は口座引き落としが発生してもポイントが付与されるのです。

つまりはただ単にカードローンを返済しているだけでも、ネットバンキングから引き落とし設定をしておけば引き落としが発生する度にポイントが付与され、利用に応じてポイントがもらえるカードローンであれば、まさにポイントの二重取りとも言える状態になるのです。

二重取りと聞くと何だか悪い事をしていると思われる響きなのですが、実際はポイント還元サービスを利用しているだけなので全く問題無く、利用のサービスとして企業側が取り計らっていますので、利用者との双方においてメリットがあると言っても過言ではありません。もらえるポイントは全て貰っておくのも、カードローンをお得に続けていくコツです。

ポイント付与は重ねて効果倍増

ポイント還元というのは、実際には単体付与であれば非常に微々たるものであるのも事実です。しかしポイント付与を複数に渡り発生させる事で塵も積もれば…の理屈でどんどん増えていきます。そもそもカードローン自体が本来借りて返すだけであると思えば、ポイントが少しでもあれば儲けものと言ってもいいでしょう。

ポイントの量もそうですが、有ると無いとでは全く印象が異なります。少しでもポイント獲得を増やし、無駄なくカードローンを返済していきましょう。

もう闇金には引っかからない!見抜く為の闇金三つの特徴!

闇金には引っかからない

カードローンの審査基準というのは一昔前に比べて厳しくなりつつも、同時に多くの方に利用してもらう為、職業などの条件を随時見直しています。今ではカードローンは学生でも持てる事から分かるように、作るのも借りるのも、日々を普通に過ごしている方なら問題無い事も多いでしょう。
(⇒カードローンの条件が見直される原因となった時代

それなのに闇金の被害に遭う方は後を絶たず、今こうしている間にも苦しめられている人が居ると考えると、この国の歪みに頭を抱えたくなります。

闇金というのはテレビでも取り上げられる事が多い違法金融業者です。その法外な金利と非人道的な取り立てにより普通のローン会社までにも悪いイメージを植え付けた張本人と言える存在で、ある意味騙される方がどうかしているような条件で、今日も誰かを騙しています。

ちょっとでも金融業界の事を齧れば見分けられる存在ですが、知らないままでは十分危険なのも事実です。よって私が良く見る闇金業者の特徴をお教えしますので、これらを見ても決して使おうなんて思わないようにして下さいね。

闇金業者の特徴を見抜く

まず闇金業者には電話をする事自体が危険です。電話番号という個人情報までも悪用する闇金業者は非常に多いので、電話して気付いて借りなかったとしても、必要な迷惑行為を行う事は良くあります。

まず闇金業者の電話連絡先の番号は携帯電話の番号である事がほとんどです。街中で見かけたチラシの連絡先が携帯電話であったならば、真っ先に疑っておきましょう。こちらの電話番号を控えられでもしたら厄介です。

次に『ブラックOK!』という謳い文句です。ブラックリストというのは実は俗称であり、実際は借り入れに際して返済が滞ったりした人の事故記録がそれに当たります。そうした俗称を使っているという事は会社という体裁から考えてもおかしいし、何より金融事故を起こした人に喜んで貸し付けをしてくれるほど、普通のローン会社の審査は甘くありません。万が一そのブラックリストに該当している自覚があれば、借り入れに関しては諦めた方がいいでしょう。

最後に大手金融業者『そっくり』の名前を謳っている事です。思わずジョークと疑ってしまう行動ですが、電柱などに貼られているチラシを見ると、ちゃんとした大手ローン会社の名前を意識したとしか思えない、一文字程度をもじったような名前が書かれています。さらには前述したブラックOKといった事も記載していれば闇金確定のようなものです。「読み間違えて…」なんていうのはあまりにも間抜けなので、名前も一応しっかり確認しましょう。

闇金には何があっても頼らないように

本当に「こんなのに騙される人の気がしれない」と言われそうな項目が多いのですが、闇金被害が絶えないという現状が「いかにして何も知らない人を騙してお金を巻き上げるか」という事がまだ横行している証拠です。

今回お教えした特徴を頭に入れておけば騙される側になる事はほとんどありませんが、巧妙化するのが犯罪です。油断せず、怪しいと少しでも思えば借りないようにしましょう。

その借り入れ、本当に増やして大丈夫?総量規制を常に意識したい理由

複数の借り入れ前にしておきたい事

カードローンを使っていると「この限度額じゃ足りない」と思ってしまう事はあるかもしれません。収入以上に使うのは関心できませんが、返せる範囲でローンを使い、ある程度大きな買い物などにも駆使していれば、場合によっては心許なくなるでしょう。

カードローンの中には希望すれば増額してくれるところもありますので、作った時よりも収入が増えているなどの要素があれば、希望してみるのが限度額を拡張する近道であり堅実な方法と言えます。

ですが、ポイントなどの独自の優待が欲しい場合、使い分ける意味でも別のカードローンを契約して、総合で限度額を増やすという方法をとられる方もいらっしゃいます。そうなると一つ注意してもらいたいのが総量規制の存在です。

総量規制によって制限される事

総量規制はかつて金融業界に蔓延していた高金利時代に、払えなかった人が続出した際に制定された決まりです。今では考えられませんが、グレー金利という上限額スレスレの金利も珍しく無く、バブル時の弊害とも言える風習でした。
(⇒グレー金利から改定されるまでの歴史

総量規制の概要ですが、これは借り入れ額は年間の収入の三分の一までとする法律であり、無理な借り入れを抑制する法律として定められました。確かに借りてでもギャンブルをしてから返そうとする人には効果があるといえ、この決まりが出来てからはより使い道を慎重に考える事が必要とされました。

ゆえに、新たなカードローンを組むにしても、この総量規制に規制される額であれば申し込み自体が無意味になる可能性は十分にあります。年収などもローン会社はきちんと把握しようとする為、申し込む前には自分の年収と今現在の借り入れ、及び限度額なども考慮してから申し込みを決めましょう。
(⇒カードローンへの申し込みは正しい情報を記載しよう

また、銀行のローンは総量規制の対象外という利点があります。使い過ぎるのが目的であれば控えたいですが、止むを得ない大きな借り入れの際には覚えておくといいでしょう。

総量規制は常に意識する

総量規制という単語とその意味は無理に覚える必要はありませんが、年収から見たローンの借り入れ額というのは、総量規制は置いておいても非常に大事な将来を見据える能力です。例えば収入が安定しないなら自分の中で「借り入れは平均年収の四分の一までにしておこう」といったルールを決めておけばより安定感は増すので、年収と借り入れの比較はいつでも頭で大雑把にでもいいので考えておきましょう。

ローンは返さないといけないお金であり、年収はあなたの支払い能力に直結しています。どんな場合でもそれを忘れないようにしておきましょう。

審査の緩さは問題じゃない?カードローンの真に必要とされる事

審査の緩いカードローン

審査の厳しくなった金融業界においては、申し込む前から「自分は融資を受けられない」と諦めてしまう方も増えてしまいました。実際度重なる不況はさらに貸し出しにも厳しい条件を生み出さざるを得ず、金融業界と言えどやはり冷え込みは隠しきれません。

とはいえ、全てのローン会社が厳しくなりすぎてしまう事はありません。「こっちではだめだったけど、あちらの会社では融資が受けられた!」という具合に、審査基準に違いがあれば基本的な緩さにも差があります。闇金などは審査が無いも同然ですが、間違ってもその緩さとは意味合いが違うのは先にご説明しておきます。
(⇒無審査ほど怖い物はない闇金の秘密

こんな時代だからこそ借りやすいカードローンが知りたい…そんな方向けに、ざっくりと審査が緩いカードローンについてご説明していきます。

消費者金融は何故審査が緩い?

大体想像されている方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融系のカードローン銀行系カードローンに比べて、全体的に審査は緩めとされています。だからと言って当然違法な金利ではあるはずもないです。

とはいえ、やはり銀行系カードローンに比べれば金利はやや高めに設定されており、限度額を増やしても銀行系カードローンのような安さにはなりません。まずその点だけは理解しておきましょう。
(⇒限度額の金利の関係

しかし、審査が緩いという事と同時に結果も早く出るというのは、急ぎの金策で頼る事もあるカードローンにおいては得難いメリットと成り得ます。即日融資も可能な会社の場合、審査の速さもあって銀行とは別次元の存在とも言える価値が見出せるでしょう。
(⇒急ぎの方は即日融資を使おう

最初のメリットと後からのメリットは=では無い

審査が緩いけど金利が高いのでは意味が無い…と思われるのは急ぎの金策でない方のご意見であり、時にはスピードこそが結果の明暗を分ける事があります。つまりは金利が安いだけでも、審査が早いだけでもというのは同軸で考えるのは少し間違っていると言えるでしょう。

最終的に自分が今何を必要としているかがポイントです。自分が一番必要としている事こそ一番の価値があります。消費者金融を選ぶならそこを重要視してみましょう。

銀行融資は交渉が命!直接お金を借り入れるのに必要な事とは?

企業なら直接交渉をしよう

カードローンの中には事業をされている方向けのプランもありますが、やはり融資の主力となるのは、今でも銀行との直接交渉での融資でしょう。

証書貸付からも分かる通り、交渉の上での借り入れというのは必要とされる事も多く時間もかかりますが、それに応じたメリットがたくさんあります。特に会社に必要な大きな借り入れというのは何度もあるものでも無いので、都度交渉も手間では無いはずです。

銀行との交渉で得られる融資にはどんなメリットがあるのか?それについて調べてみました。

銀行融資を受けるには

カードローンでもどんな物でも、借り入れを行うなら審査が必要ですが、銀行融資にもそれは当然必要です。向かい合っての審査と交渉を行うので、ただ単に必要書類を集めるだけでなく、態度や誠意といった点も大事になります。身だしなみも当然の事、交渉前にはしっかりと準備をしておきましょう。

そして会社の業績というのもダイレクトに繋がります。これは銀行側から見れば投資に近い物でもあり、業績が良くこれからの伸び代があれば当然融資枠や金利でも優待され、逆に業績が低迷していれば貸し出しを渋るのは当然の結論です。崩壊に向かう企業に貸し出しを行えば銀行としても困るので、業績や展望というのも意識しておきたいところです。

そしてすでに借り入れがあったり、事業者向けカードローンを発行していたりすると総量規制の存在が心配になりますが、そもそもその規制ゆえに大きなお金が借りられない場合の銀行です。基本的に銀行からの融資は総量規制の対象外であり、さらに銀行のカードローンも総量規制の対象外となります。銀行融資はともかく、銀行系カードローンは一般の方も頼る機会が多いので、覚えておいて損はありません。
(⇒総量規制についての対策

融資を受けたらしっかり返済

銀行からの直接融資は低金利にはなりますが、借り入れ金額が多いと月々の支払額も大きいし、借り入れ金額に対して発生する金利も少ない額とも言えないので、支払いは業績によっては楽とは言い切れません。借り入れ前にその点についても交渉するはずなので、少しでも楽に支払える条件にしてもらい、きちっと返済を続けていきましょう。

借り入れがゴールでは無く、ローンを完済して業績も伸びればようやく企業としての成功とゴールを意味します。事業主の方はその辺りも理解して、しっかりと計画を立てましょう。

こだわりすぎないカードローンを選ぶ!あなたに合ったプランを探す!

カードローンを決めるには

全く聞いた事が無いようなローン会社を選ぶのは論外としても、誰もが知っているカードローン会社でも、即決するのは如何なものか、と言わざるを得ません。

確かにキャンペーンなどを行っていた場合、迷っていて期間限定のチャンスを逃してしまう事があります。それを考えればすぐにでも申し込む事は悪い事ではありませんし、審査が早くなったとはいえ、ある程度の時間を要するカードローン申し込みは早ければ早いほど良いでしょう。
(⇒カードローン会社のキャンペーンを利用しよう

しかし、最初のうち、何も分からないとつい「一番最初に出てきたのがこの会社だったし、どこも変わらないだろうからここにしよう」と選ぶのは待って下さい。カードローンを取り扱う各社は初心者の方の想像以上に、独自の違いを設けていると言っていいのです。

人気が決めるだけじゃないサービス

ランキングサイトを見ているとやはり平均的に上位に位置するカードローン会社に目がいきがちですが、それを「あなたが求めている条件」と照らし合わせて見て下さい。確かにあまりに理想だけを追求するのは考え物ですが、だからといって妥協を重ねないといけないほどカードローン会社の選択肢は狭くありません。
(⇒ランキングサイトで条件を見比べる意味

特に金利という条件にはそれが当てはまると言っていいでしょう。金利は上限と下限の金利を見比べるのが大事であり、上限が非常に低いけど下限がそうでもない、またはその逆もあり、平均的な金利が低いだけでは、理想のカードローンにならない場合があるのです。

そして基本的な条件以外にも注目です。中にはショッピングサイトのポイントと連携している物もあり、借り入れに応じて付与されるとなれば、ただの借り入れにも付加価値を付ける事ができます。ポイント付与が少ないと思っていても、何もないのとでは比べ物にならないくらいの恩恵があります。決して軽視しない方が良いでしょう。

条件の数だけ選択肢はある

このように、一か所に絞っての考えは時に自分の条件を逆に狭めてしまい、後の借り入れの結果に反映してしまう事になるのです。ある程度のところで妥協をするのは大切な事ですが、何もかも初めから諦めてしまうのは賢いとは言えません。自分の条件をリストアップし、カードローン会社を見比べてみましょう。

一見して手間に感じますが、もしも理想のカードローンが組めた場合、それに見合う結果があなたを待っています。是非自分のカードローンを見直してみましょう。

思わぬカードローン審査の対象!?固定電話を残しておきたい理由

意外な審査の基準

カードローンの審査というのは基本的には同じであれど、基準となると各社において違いがあり「片方は通ったけど片方は落ちた」という事は十分あり得ます。
(⇒カードローンの審査において必要な基本的要素

審査の基準は変化する可能性もあり一概に言えませんが、それでも昔から残っている基本的要素は消えることなく残っており、時に「どうして関係あるんだろう?」と思う事もあるでしょう。

そして今回は今では姿を消しながらも、あれば有利とされる審査要素についてご説明いたします。必要無いと思われがちな『アレ』が実は大事なのです。

固定電話は財産の一部

それは携帯電話の普及に伴い姿を消しつつある固定電話です。会社などを経営するなら固定電話もかなり重要なポジションを占めていますが、一般家庭においては携帯電話の方が有用性が高いとされています。特にお子さんに持たせる事で連絡が容易になり、犯罪の抑制にもある程度の効果がありますね。

しかしこの固定電話、何故カードローンの審査に重要なのか?それは固定電話とそれを使えるようにする電話番号の存在が大きいのです。

様々な技術の発展により電化製品は随分とお手頃になってきましたが、その中でも固定電話、そして電話番号というのはカードローンの信用において特別な存在です。携帯電話の世代の方には少々ピンと来ないかもしれませんが、固定電話の番号を手に入れるという事はそれなりの手間と費用も必要になるのです。つまりそれの所持自体もある程度のステイタスと言えるでしょう。

そして固定電話を備えているという事は、その住居に根付いている…つまりは住所変更といった事が少ないと判断され、安定を好むローン会社側からすれば好ましく映ります。持ち家などに固定電話を備えるという事は、多少古めかしいと思われがちな考え方ですが、安定の証拠としては十二分の力を今でも備えているのです。
(⇒居住形態と審査の関係

固定電話はまだまだ必要

携帯が便利に手軽になり過ぎたせいで固定電話の解約も進んでいますが、通話料は固定電話に掛ける場合は格安であるように、ローン審査を受ける場合の事も考えればまだまだ重要な存在で、要らないからとすぐに手放さない方が良いのが分かりますね。可能であればきちんと残しておき、次の世代へとしっかり残してあげましょう。

このように、カードローンにおいては財産と判断される要素がまだまだたくさんあります。物が少ないシンプルな生活も良いですが、財産だけはしっかりと管理しておき、残し続ける事も大切ですね。

審査が厳しいローンのメリット!銀行カードローンは何故厳しい?

審査が厳しいカードローン

カードローンの審査はバブルの頃に横行していたグレー金利以来、全体的に厳しくなったと言えるでしょう。
(⇒高金利が低金利に変わるまで

審査が厳しくなった事で借り入れが出来る人がある程度絞られる事になりましたが、だからこそ今現在の改定された金利…一昔前に比べて全体的に下げられた金利にて、貸し出しを行えるようになったのでしょう。

そんな金融業界ですが、全体的に厳しくなった事を踏まえても、審査の厳しい緩いはあります。今回は厳しいと言われるカードローンについて軽く触れておきましょう。大まかな厳しいかどうかの基準を知っておくだけでも、申し込みに際してスピーディーな判断が出来るでしょう。

厳しさの信頼の銀行系カードローン

カードローンにおいて厳しい審査と言えば、やはり銀行系カードローンにおいて他ならないでしょう。そもそも私たちのお金を預ける機関なのですから、緩い方がむしろ心配になると言えますね。

従って○○銀行と銘打ってある場合、ほとんどの場合において審査基準は厳しいと見ていいでしょう。中には銀行の名前を出していても貸し出しは違う業者が行っている場合もありますが、やはり銀行の名前を使う以上、ある程度以上の審査基準はあると思った方がいいですね。

審査が厳しいとなるとやはり申し込みに気後れが起きそうですが、それは少々怯えすぎとも言えるでしょう。実際銀行系カードローンには低金利を初めとしたメリットが豊富で、長い目で見ていく場合にも、一番最初に持つにしても銀行系カードローンにしておけば、使用するにあたって困る事はほとんど無いと言ってもいいでしょう。
(⇒銀行系カードローンを優先して申し込みたい理由

ただ、銀行であるのに違いは無いのですが、インターネットオンリーのネットバンクのカードローンである場合、これよりも審査が緩めだったり早く終えたりします。金利も銀行の物と遜色ないので、ネットバンクを利用されているなら選択肢に入れておきましょう。

厳しさは長く使う為の試練

カードローンを使い過ぎる人にとっては審査が厳しいというのはマイナスな面が多く見えがちですが、ここぞという場面でしか使わない人にとってはさほどマイナスにも感じず、そして銀行系カードローンはそのような人に向けられたカードローンと言えるでしょう。

急ぐほどでもない余裕がある方は、是非一度急な用入りに備えられる銀行系カードローンを作ってみてはいかがでしょうか。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >