カードローン

その借り入れは本当にお得?時には借り入れよりも優先すべき事とは?

カードローンの優先順位

カードローンは一度作る事が出来れば、いざという時に非常に便利な存在です。借り入れタイミングも目的も自由に行えるのですから、非常に小回りが利くのが魅力的です。
(⇒用途が自由なカードローンの魅力

それゆえ「ちょっと足りないから借り入れよう」という場合でも気軽に扱えるのですが、そういう場合にこそ待ってもらいたいと私は考えます。そしてカードローンの優先順位というものを考えてもらいたいのです。

最後の手段としておくのも選択肢

カードローンを使うという事はお金を借りる事であり、お金を借りるという事は、今自分の手元にお金が無いという事です。当たり前の事を…と思うかもしれませんが、それでも思い出してもらいたい事は『どこからお金を引き出せるか』という事です。

確かに今すぐ必要で銀行もやってないし、現金をすぐさま引き出せるのはカードローンだけ…という場合なら仕方がありません。むしろそうした場面に対応できるのがカードローンの強みであり、有効活用法と言えるでしょう。
(⇒24時間対応のカードローンの使い道

ですが、銀行口座に余裕があって、尚且つ今引ける状態でカードローンに頼るというのは、どうでしょうか?口座に入っているのが公共料金の引き落とし分などであれば手を付けてはいけませんが、それが預貯金であったら、どうするべきか?

貯金に励まれている方には少々抵抗があるかもしれませんが、後々の事を考えれば、私としてはカードローンに頼る前にご自分のお金である、預貯金をやりくりしての運用をオススメしたいですね。

カードローンはお金を借りている状態になりますので、当然金利が発生します。そうなると借りた分を返す際には当然借り入れた金額以上の出費が後々発生する為、言い方は悪いですが結果で見ればマイナス支出が増える事となります。

しかし、預貯金内で済ませる事が出来れば、あなたのお金で事が済むのですから、貯蓄が減ったとしても余裕がある時にまた貯めればいいので、金利を払う必要も返済に追われる事も無くなります。カードローンが非常に便利であるがゆえにこの優先すべきお金の引出先が逆転し、結果として損をする方が多いのは少々皮肉な状況とも言えるかもしれませんね。

カードローンは本当にいざという時に使う/h3>

借りた額が少なくすぐさま返済出来れば金利手数料も最小限で大きな差は無いかもしれませんが、ある程度借り入れも増えると金利の差も大きく開いてきます。それを踏まえてカードローンの優先順位を考えたいですね。

とはいえカードローンにもキャンペーンにより無利息になる事があったり、一週間なら何度でも無利息のカードもあります。それらの利便性は時として預貯金を切り崩すよりも素早くあなたを助けてくれる事でしょう。
(⇒一週間なら何度でも無利息になるカードローン!

今回は金利による負担に焦点を当てた記事でしたが、場合によってはそれでもカードローンを使う方が良い事もあります。あくまで余裕がある時を前提に、どちらを使うかすぐさま判断できる力が欲しいですね。

仕事は無くてもカードローンは組める!その場合に必要となる物は?

仕事とカードローンの関係性

カードローンの審査においては今現在の仕事というのが重要な審査基準として、多くの意味合いを持ちます。当然社会的に認められている、収入的にも安定している職業であったならば、有利なだけでなく向こうから声をかけてくる事すらあるでしょう。
(⇒カードローンに有利な職業とは?

ではその逆ではどうなのか?アルバイトでも作れるカードローンというのは有名ですが、それよりも条件が厳しいと思われる、無職の場合はどうなのか?一見して無茶な要求に見えますが、カードローンの門戸は随分と開かれていました。

条件さえ整えれば誰でも作れるカードローン

実はカードローンは現在無職の方でも作る事は可能なのです。いくらカードローンが作りやすくなったと言っても…とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、もちろん条件付きにはなりますが、本当に作る事が可能です。

まず、収入があるという事が最大の条件と言えます。無職で収入があると聞くと不思議に思えますが、世の中には様々な収入源となる仕事外の行動があり、転売といった行為も一種の収入として判定する事は出来るでしょう。つまるところ、カードローンを組むのに必ずしも仕事が必要というわけでは無いのです。

ですが、借り入れ条件は決して良い物を用意できるとは言えません。恐らくは最低融資枠の十万程度を見ておき、金利に関しても融資側が定めた上限まで上がるのは止むを得ないでしょう。どうしても融資側としては安定した収入と認められないとリスクになってしまいますので、カードローンが発行できるだけでも良しとしなくてはなりません。

しかし、限度額が低い分借り入れられる金額も少ないので、リボルビング形式で言えば月々の最低返済額も極めて低いものになります。数千円からある程度前後するくらいですので、収入がちゃんとあれば無理なく返済していける金額です。借り入れ額が少ないなら余裕のある時の任意返済をする事で素早く完済する事も可能です。仕事が無いと収入の安定も難しそうですが、余裕が出来たら返済に回しておきたいところです。
(⇒任意返済でカードローンを楽に返す

仕事にこだわりすぎないカードローン

カードローンと言えばお金の借り入れなので、当然お金に余裕がある方に多くの融資枠が与えられます。しかしカードローンも金利で利益をあげていかなくてはならない以上、多くの方に使ってもらうのがベターです。その為に仕事だけにこだわり過ぎず、誰でも借りられる環境作りを構築しているのです。

仕事が無くても借りられるとはいえ、収入が安定しにくい状況で多くの借り入れを行うのは危険が伴います。出来る事なら早急に収入源を見つけるなどして、余裕を持ったカードローンの利用を推奨いたします。

その名前、聞いた事ある?知名度が低いローン会社にご用心!

知名度は信頼と実績から

隠れた名店…なんていう例えがあります。確かにメジャーな物ばかりが良い物では無いというのは事実ですが、メジャーになるまでにはやはり誰かからの利用の過程があって成り立つ物であり、もしもそれが名前だけであったならば、今日に至るまでに業界の競争において淘汰されていたでしょう。

それはカードローン会社にも言える事です。金融業界と言えば羽振りが良さそうな響きであり、確かにお金を扱うだけあって、現在まで残っている会社はある程度以上の地位を築いているのは事実でしょう。

そして現代まで残る企業は多くの方に利用されたからこそ残っています。それは利用されるに値する条件やサービスが揃っていると同時に国が定めた基準を満たしている証拠でもあります。ランキングサイトなどを複数閲覧しても名前が挙がるような場所はまさにそれらが当てはまる企業と言えるでしょう。
(⇒カードローン選びにランキングサイトを使う

知名度はあなたの身を守る

どうして私がそこまで知名度にこだわるのか?それはお金を借りるという非常に慎重に行うべき事だからであり、知名度の低さというのは大きなリスクを伴うからなのです。

お金を借りた人のエピソードで『散々な取り立てに遭った』という物があります。これは実際のところ所謂闇金と呼ばれる詐欺に引っかかってしまったからであり、大手の金融会社ならそんな事はせず、何より脅迫も含めた取り立ては国のルールに反するのです。

そしてそんな違法行為を平然と行うのは、それこそ名前も聞いた事が無いような金融会社であり、社名も実態も不確かな集団です。信頼のあるランキングサイトなどではまず目にかからないような名前が特徴と言えます。
(⇒あなたの身を滅ぼす闇金の特徴について

このように知名度というのは、時として安全の度合いを表す最も分かりやすい単位であり、覆せない要素とも言えます。良い条件のみを追求するより、まずは名前で絞り込んでおく方法も有効なカードローン選びの方法と言えましょう。

カードローンは安全の確保が最優先

日の無いところには煙が立たないとは言いますが、信頼が無い会社は人に知られないものです。知られてないけど条件がいいから…と鵜呑みにせず、社名で検索を行うなどした方が安全です。詐欺会社はリストアップされている事があります。

これでまずは知名度の大切さがお分かりいただけたと思います。テレビCMや比較サイトなど、知名度がある会社はいくらでも目にする機会があります。漠然とでも名前の響きくらいは頭の片隅に置いておきましょう。

信用口座で誰でも投資!ハイリスクハイリターンの仕組みを知る!

投資は信用で始められる

投資、という言葉を聞くと資産に余裕のある方向けの響きに聞こえ、一般の方の多くは興味はあっても深くまでは知ろうとしないものです。自分の身に余る事なら無理はしない方がいいですし、そこまで資産を用意するのは大変です。

ですが、時代は大きく変わり、小さな元手でも投資が始められる時代になりました。例えば銀行のATMなどを見ると「投資を初めてみませんか?」という旨を伝えるポスターがいつも掲げられています。そしてわずかな元手から始められるという事も、大々的に掲げられている事でしょう。

そうした金融機関が掲げている投資というのは、所謂信用口座の借り入れを利用した投資、株価関連の物が多いです。株にはお金がまず必要と考えるのは、昔の話かもしれませんね。

信用口座はハイリスクハイリターン

株を買う際、現物というのは持ち金の中で投資をする事であり、元の資産が少額であれば、増やす事は若干困難です。センスや時勢を見極める事が出来ればじわじわ増えていきますが、中には「読みには自信があるけど、勝負できる元手が無い」という方も多いでしょう。

そんな時信用口座を作って株を買う場合、差し入れた担保の数倍程度の株を購入する事が可能です。分かりやすく言うなら、株をローンで買うという事ですね。これで資金面の問題は解決し、後は的確な判断さえあれば、元金が少なかったとは思えないくらいの利益を出す事も可能です。

しかし、あくまでも借り入れて株を買っているという事は留意してください。カードローンの借り入れでも基本的に『ローンは本来生活に必要な場合に組む』事が理想的であり、株というのは余裕のある分を投資に回すのが本来の姿です。
カードローンの使い道はしっかりと考えたい理由

株も現物のみで勝負していればマイナスになる事はありませんが。信用口座からの借り入れで勝負をしている場合、株価が暴落すれば逆にローンを増やしてしまう事になりかねません。実際銀行の投資を勧めるポスターにも「元値を割る事があります」と説明しているように、信用口座を使っての株はギャンブルでもあるとも理解しておきましょう。

できれば勝てる勝負のみに賭けよう

カードローンの借り入れであれば数十万くらいでも大きな借り入れに感じますが、赤字になった場合の信用口座の借り入れは桁が違うローンを背負う可能性も常にあります。ゆえに信用口座での投資は勝機を見極めた場合にのみ動かし、自分には手に負えないと少し手も感じたら、現物のみにするか投資はしない方がいいでしょう。

暴落すれば破産せざるを得ない状況にもなります。目先の利益に踊らされるのでは無く、大局的な視線に自信があれば、始めてみるのはいかがでしょうか。

カードローンは正しく便利に!使ってはいけない使い道も理解しよう!

カードローンにおけるタブー

カードローンにおいて悪い話を良く聞きますが、それは極端な例と言ってよく、ほとんどの利用者が決まりを守って返済し、適切な扱いをしています。そもそも悪い噂通りの事が多ければ、金融業界自体が破綻していたでしょう。昔と違い無理なく返せる仕組みが作られていますので、導入から恐れているのでは少々先が不安ですね。
(⇒昔のローン業界が改定されるまで

とは言え火の無いところに煙は立たないというように、使い方を誤れば自らの身を滅ぼすような、悪い噂の代表格と言える金銭的な破綻に近付くのも事実です。これは全体から見ればわずかでしかない比率なのですが、それでも噂が流れるのはひとえにあまりの失敗の内容の酷さです。普通に使っていれば考えにくいですが、時には自制の為に悪い例を見るのも必要な事です。今回はその典型例を見てみましょう。

ローンをローンで返す悪循環

まずカードローンの使い道として間違っている場合に、金銭的な破綻は発生します。カードローンの使い道は自由なのが魅力ですが、だからと言って何でもホイホイと使っていいものではありません。自由に引き出せるという事は時に「いくらでも使っていいお金」と勘違いする方を生むのです。これに関しては常に「借りているお金である」という自覚があれば大丈夫です。
(⇒カードローンの使い道は決めておこう

そして使い過ぎてしまった結果、返す事が困難な金額になりかねません。カードローンの支払い方式がリボルビング払いが多い事から全く返せないという事にはなりにくいのですが、ギャンブルなどで使い過ぎて限度額まで使い込んでしまう場合には、注意が必要です。

そして返済に充てる為に別のローンを使って…というのが、所謂典型的な金銭破綻型の例です。最近は審査も厳しくなっている為に借り入れが多い方への貸し出しはかなり制限されますが、万が一闇金などに手を出してしまえば終わりです。ローン返済のためのローンというのは絶対に避けて下さい。

危険は常に頭の隅に

ここまでの話を聞いて「何でそんな事をするか理解できない」と思えるようなら、問題は無いと言っていいでしょう。しかしギャンブルなどで破綻する方は本当に自制が出来なくてこうなってしまう事もあります。趣味にギャンブルがある方はどうぞお気を付け下さい。

カードローンだけではありませんが、お金にまつわる事は全て便利さと危険性も合わせ持っています。お金は無限では無いという事を常に心に刻み、節度を持った使用をすれば、とても便利な物になるでしょう。

一週間なら何度でも!?無金利が何度も使えるカードローンの秘密!

無金利を上手く使おう

無金利と聞くと詐欺を心配されるかもしれませんが、基本的にこのキャンペーンを行っているのは大手各社だけですし、それに期間限定である事が大半ですので、安心して使ってみましょう。
(⇒無利息期間を利用してみよう

無利息期間というのは大抵数か月が限度であり、尚且つ初めて借り入れを利用される方が限定の、所謂初見さん向けのキャンペーンですね。初めて借り入れを行うなら色々と不安も多いでしょうし、そういう意味だと無金利期間があるというのは敷居が大きく下がっている風に見えますね。

そして「この無金利期間が何度でも使えればいいのに!」と考えてしまうのは、有り得ないと思っていても夢想してしまいますよね。ですが、その夢はより限定的とはいえ、現実に存在しているのです。

一週間なら何度でも無利息

『例え何度でも、一週間の間なら完全に無利息!』というカードローンが存在しているのをご存知でしたか?無金利期間というのは言い方は悪いですが、ローン会社側にとっては利益にならない期間であり、それを何度でも行うというのは底が知れないと思いますが、利益も上がっている理由は後述いたします。

まず、この一週間無利息を利用する場面としては「今すぐお金が必要だけど、三日後には給料日で完済できる程度の金額」と言うのが例として最も正しいですね。三日間で言えばまだ無利息期間は続いていますので、三日後に返済する際には利息は一切なく、本当に借りたお金を返すだけの「咄嗟の時の予備資金が入った口座」とほぼ同等の扱いで使えます。これに関しては急な用入りに使われる事が多いカードローンとしては、圧倒的な利点と言えるでしょう。
(⇒良くあるカードローンの使い道は?

ですが、最初に記述した通り、そのままではローン会社としては運営が難しいです。なので反面として、一週間を過ぎれば消費者金融系カードローンと同程度のちょっと高めの金利が発生します。決して違法な金利ではありませんが、うっかりして一週間過ぎてしまった…という場合には少々損をした気分になるかもしれませんね。

場合によってはカードローンの複数所持も

このように一週間無利息カードローンは分かりやすいメリットとデメリットがあります。それゆえに運用法も分かりやすく「一週間以内で返せるならこちらを使い、ある程度の大きな金額をゆっくり返したい時は低金利カードローンを使う」というように、二枚持ちの使い分けが特に活きるカードローンが、この一週間無利息を使いこなす方法の一つでしょう。

カードローンを複数持つという事は避けたいですが、このカードに限っては複数の方が便利です。ある程度の信頼実績があるなら、是非二枚持ちを狙ってみてください。

まずは金融機関選びから!三種類の中からカードローンの方針を選ぶ!

豊富な選択肢から

カードローンには主に銀行系カードローン消費者金融系カードローン信販系カードローンの三種類があります。

三つとも個性があり、同時に線引きなどの都合で初めて選ぶ時などはどうしても迷ってしまいますよね。そこで今回は三種類のカードローンの大きな特徴を記載しますので、まずはこの三つの金融機関から絞り込む為のお手伝いを致します。初めて借り入れを行う方は是非参考にしてみて下さい。

大きな借り入れに特に強い銀行カードローン

金利といったカードローンにおいて基本となる基準で優れているのは、やはり銀行系カードローンです。どこよりも低金利というのは大きなポイントであるのは言うまでもありませんね。

そして低金利が最も活きるのは大きな借り入れが必要な時です。借り入れ額が大きいと必然的に返済も長期間に及び、金利もかさんできます。低金利はそんな負担を軽減してくれるし、充実した限度額を用意してくれるのもやはり銀行です。
(⇒限度額と金利の変動について

反面、審査は厳しく時間もかかるので、急いでいる時の借り入れ時には間に合わない事も予測されます。欲しい時に借り入れ出来ない事は時には致命的です。銀行カードローンは余裕をもっての申し込みをオススメします。

とにかくスピーディーな消費者金融系カードローン

今はとにかく急いでいて、一刻も早い融資が欲しい!という方は消費者金融系カードローンを選ぶと良いでしょう。消費者金融系カードローンと言うと一時期の悪いイメージを抱きがちですが、それは昔の話と思っていただいて構いません。
(⇒イメージ回復に努力した消費者金融

基本的な条件緩和もそうですが、やはり最大の魅力はその審査の速さです。無人機も導入して24時間借り入れ返済といった業務にも対応させているので、即日融資をどんな場合でも行ってくれるのは消費者金融だけでしょう。悪いイメージにとらわれず、急いでいれば是非利用したいところですね。

一枚で使い道多数の信販系カードローン

先に紹介した二つのカードローンに比べてどっちつかずにも見える条件の信販系カードローンですが、クレジット機能も持ち合わせているという唯一の特徴があります。

これは買い物といった普段使いの枠に加えて借り入れに使える枠もあるという事で、用途によって二つの役目を使い分ける事が可能です。買い物に関してはクレジット機能がお得な事もあって、これ一枚で随分と他のカードの整理が可能です。スマートに収支を管理したいという方には最適な一枚になってくれるでしょう。

三者三様、自分の用途に合わせて

以上が各金融機関毎における特徴です。皆さんの用途に即したカードローンはありますか?どこを選んだとしてもそれなりのメリットはありますが、やはり自分に合った場所を選ぶことにより、そのメリットはさらに増大します。

金融機関で全てが決まるわけではありませんが、大まかな方針は決まります。無理の無い返済も含めた金融機関選びをしましょう!

クレジットカードと違う?定義が曖昧な信販系カードローン真の姿とは

より間違いそうになるカード

カードローンとクレジットカードは別物とはいえ、カードの見た目や金融機関発行という共通点がある為、ファイナンス知識が無いと多少分かりにくのは事実です。

中でも銀行系カードローン消費者金融系カードローンはまだクレジット機能が付いていないから分かりやすい部類にはなりますが、信販系カードローンになればクレジットカードとしても使える為、より違いが不鮮明と言えます。

クレジットカードが欲しい、信販系カードローンが欲しいと思った時に、この二つは意外と間違いやすく、違いを見抜けるかどうが不安な方も多いでしょう。そこで違いや特徴について学んでおきましょう。

買い物ならクレジットカード、借り入れなら信販系

まず最初の結論を言うのであれば、クレジットカードが欲しいだけで現金借り入れ機能が必要無いなら、キャッシング機能を外す事により普通のクレジットカードになり、キャッシングを付ける事で信販系カードローンになると言えます。

言葉にすると分かりにくいかもしれませんが、要はキャッシング機能がカードローンとしての似たような機能であるとされ、同時にカードローンとしてカウントされれば信用系カードローンになると言われます。これに関しては業界においても線引きが曖昧で、特に一般の方であれば持て余している表現になりがちです。

強いて言うなら、キャッシングは翌月の一括払いの借り入れ、それをリボルビング払いで借り入れて返済する事でカードローンと呼ぶとも言われています。そうした借り入れ形態だけでしか判断できない事が、カードローンとキャッシングの違いの曖昧化を招いていると言えましょう。

定義化はそれぞれ人次第

クレジットカードにキャッシング機能を付ける=信販系カードローン、という定義が一番近いかもしれません。それでも一括りでキャッシングと言っている方も多く、人の見方によって答えは様々です。ただ、お金を借り入れる行為であるとの認識さえあれば大丈夫ですので、深く考えず、必要なタイミングで使うのが大切です。

クレジットカードの枠と借り入れの枠は別々に用意されていますので、いっしょくたに考えないようにして利用していきましょう。

夢のような存在!?無金利期間を利用してリスク無しのカードローン!

低金利以上の存在

低金利というのは、カードローンを作る、作ろうとしている方なら誰もが目指している目標と言っても過言ではありません。私たち利用者にとっては安ければ安いほど理想的でしょう。

低金利にする方法はたくさんありますが、代表的なのは銀行が発行しているカードローンを選ぶことが近道と言えばそうなりますね。審査に時間が必要で厳しいというのが課題ですが、それさえ越えれば非常に心強い一枚となってくれます。

後は信頼実績を積む事が必要とされますが、どれも時間がかかるのが難点とも言える方法です。有効な方法という意味では間違いありませんが、場合によっては手っ取り早く低金利が必要な、緊急の事態もあるでしょう。

そんな時に、初めてカードローンを作る場合にも関わらず、無金利で借り入れる方法があるのです。低金利では無く『無』金利です。

どうすれば無金利になるのか

そもそもローン会社は金利を取る事で利益を出しており、無金利なんてところはどこも無い…というのも最もです。実際常に無金利では全く会社の利益になりませんし、ある程度の条件を持って無金利期間が発生すると思っておきましょう。

無金利というのは基本的にキャンペーンによって執り行われるものです。一番多いのが『初めて借り入れられる方は○か月無金利!』という内容です。インターネットなどで複数のローン会社のサイトを見ていれば、こうしたキャンペーンを大々的に宣伝している場所も少なくありません。
(⇒ランキングサイトで複数のローン会社を検索

なので無金利期間というのは初めて借りる方向けに行われるキャンペーンで、期間内だけは金利が発生せず、そして期間内に完済してしまえば本当にこちらは余分なお金を払わなくていいという事です。それゆえに「急ぎでお金が欲しいけどすぐに返せるから、金利は出来るだけ少ない方がいい…」という方には最適です。簡単に言えばデメリット無しでお金が借りられるといえば、その凄さが伝わるでしょうか。

無金利期間を把握しよう

当たり前ですが、無金利期間が終われば当然利息の発生が始まります。無金利期間というのは本当に各社において全く違うので、無金利以内で返すなら必ずいつまでか把握しておきましょう。一週間のみという場合もありますので、無金利という響きに浮かれすぎないようにしましょう。
(⇒一週間なら何度でも無利息カードローン!

期間限定とはいえ、無利息というのは非常に大きなメリットです。活かすタイミングは限られますが、これを使いこなせばデメリット無しでカードローンを借り入れられるので、是非利用してみましょう。

使ってみよう!ネットバンキング系カードローンの使用感レビュー!

ネットバンク系のカードローンはどう操作する?

前回の記事にてインターネットでカードローンの申し込みは完結できる事をお伝えいたしましたが、ネットバンキング系のカードローンの借り入れは果たしてどう行うのでしょうか?

ネットバンキング系のカードローンは銀行系カードローンにインターネットの利便性を併せた存在ですが、実店舗が無い為借り入れはどうするの?と疑問に思う方は多いでしょう。

そこで今回は発行できたネットバンキング系カードローンを使い、借り入れるまではどうするか、一緒に体験していきましょう。意外と簡単&尚且つ便利なので、活用する術を知って便利に使いましょう!

ネットバンク系カードローンを使ってみた

やはりネットバンキング系のカードローンですから、インターネットで操作できなければ話になりませんね。もちろんその点は完全対応と言ってよく、簡単操作で指定口座に振り込まれます。

専用サイトにログインしてキャッシング申し込みを選択し、借入希望額を指定。確認の上OKを押せば終わりです。インターネットが扱えるならほぼ迷う事は無いでしょう。強いて言うなら、同じネットバンキングの口座を持っていると24時間対応してくれるのがポイントでしょう。ネットバンキング系でカードローンを作るなら、せっかくですので専用口座を作っておくのも合理的ですね。

次に電話での申し込みです。電話というと時間外もありそうに思えますが、私が申し込んだネットバンキングでは、24時間オペレーターの方が対応してくれるので、借り入れ以外にも分からない事があればいつでも聞けるのはありがたいです。ただ、電話だと14時30分以降は翌営業日の取り扱いになるらしく、もしもお急ぎの場合はインターネットの方からお願いします、とのアドバイスをもらいました。やはりオペレーター対応というのは便利ですね。

そして利用する方も多いATM借り入れです。これは注意したいのは利用手数料が無料と有料の物があるという事です。このネットバンキングは専用のATMこそありませんが、コンビニ系のATMからなら概ね手数料無料で操作できるので、面倒はありませんでした。コンビニは24時間営業が基本なので返済も自分のタイミングで返済でき、操作性も特に問題はありませんでした。画面の案内に沿っての操作で問題はありません。

ネットバンキング系カードローンは借り入れも簡単

作ってみたのはいいものの、借り入れまでの操作が分からずに使えない…という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、実際やってみたところ、インターネット借り入れならカードに付いてきた説明書通りにすればすぐに出来て、電話なら聞けるし、ATMもしっかり案内が出てくるので、初めてでも十分操作は可能でした。

ネットバンキング系カードローンはインターネットでの操作も完全対応していて、尚且つ電話も24時間対応、コンビニATM手数料と、普通の銀行系カードローンよりも使い勝手は良好だというのが私の使用感でした。ネット環境があれば申し込みから利用までとても簡単なので、私としてはどこよりも一番オススメできます。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >